« ポケモンGO その2
プレーしてみた感想など
| トップページ | ポケモンGO その3
ポケモン強化や進化のコツなど »

2016年7月23日 (土)

All Roads Lead to Rome
ローマ発、幸せ行き

Dsc07692s All Roads Lead to Romeは2015年のアメリカのロマンティック・コメディー(ラブコメ)映画邦題は『ローマ発、幸せ行き』で2016年8月1日公開予定。

 ジャーナリズムを学校で教えているマギー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、去年離婚したシングルマザー。
 十代の反抗期真っただ中の娘のサマー(ロージー・デイ)を連れて、自分が10代の頃バカンスを楽しんだイタリアの田舎に夏の休暇を楽しもうとやってくる。

Image1 サマーはアメリカにボーイフレンドがいて、ドラッグでトラブルを起こして逮捕されかかっていて、「彼を助けなければ…」と、焦っていたところに、無理矢理イタリアに連れてこられたのが不満で、隙があればマギーから逃れてアメリカに戻ろうと考えている。

 マギーは娘のサマーがボーイフレンドと連絡を取るのが嫌で、こっそりサマーのスマホを捨ててしまう。
 サマーはスマホを取り上げられたことに腹をたて、母娘関係は最悪に…

Image2(←上:サマー
中:マギー
下:ルカ)

 そんな時、休暇のために借りた家で、マギーは昔の恋人のルカ(ラウル・ボヴァ)に再会。
ルカの家に招かれて、娘のサマーと一緒にでかける。

 ルカは陶芸関係の仕事をやっていて、母カルメン(クラウディア・カルディナーレ)と2人暮らしで、恋人らしき若い女性が出入りしている。
 ルカの話によると、カルメンは夫(ルカの父)を亡くして以来ボケかかっていて、何度も家から逃亡しようとしているという。

Image3 ルカがマギーにアトリエを案内している間、サマーはルカの車を盗んでアメリカへ帰ろうとしていたところに、カルメンが鍵を持って現れて、逃げたいならお互いに助け合おうと、サマーに車を運転させて、2人はルカの家から離れる。

 サマーとカルメンの逃亡に気が付いた、マギーとルカは、マギーの借りたレンタカーで慌てて追いかけることになるが…

 この作品はDVDのカバーがマギーとルカの写真なので、2人のラブコメか?と思うけれど、そうではなくて、複数のカップルや元恋人が絡みあって少し複雑

 最後はカップルたちがうまくまとまってハッピーエンドっぽい感じに…娘のサマーが意外な相手とくっつくのも面白い。
 ロマンティックコメディーだけれども、複数のカップルを題材にしたところが恋愛の部分で、内容のほうはコメディー映画の要素が強い作品でした。

 

横道:

Dsc05855s この記事作品とは関係がないのだけれど、以前書いた映画のリビューで、While We'er Youngと言う記事があったのだけれど、記事を書いた時点では邦題は『ホワイル・ウィアー・ヤング』になっていたのだけれど、最近の公開情報では邦題が『ヤング・アダルト・ニューヨーク』に変わっていた。

 それにしても、All Roads Lead to Romeにしても、While We'er Youngにしても、なんか邦題がいまいちだなぁ…「愛と青春の旅立ち(原題はAn Officer and a Gentleman)」みたいな、邦題のほうがいい題名というのはなかなかないのかもしれない。

 While We'er Youngは7月22日に公開らしいが、私的には出演している俳優のファンでない限りは、映画館にまで行ってみる作品ではないような気がする。

|

« ポケモンGO その2
プレーしてみた感想など
| トップページ | ポケモンGO その3
ポケモン強化や進化のコツなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポケモンGO その2
プレーしてみた感想など
| トップページ | ポケモンGO その3
ポケモン強化や進化のコツなど »