« Silver Lake State Park | トップページ |  Lighthouse(灯台)27
-Ludington Lighthouse- »

2016年10月 6日 (木)

Lighthouse(灯台)26
-Big Sabel Point Lighthouse-

Img_0146s 次の目的地Ludington灯台に向かったのは良かったが、スマホの電波は弱いかネット未接続のため、GPS(カーナビ)としては使えないまま。
 Ludingtonという町にあるという事はわかっていたので、Ludingtonの町の中心地をGPS専用機にセットして向かったら、Ludington State Park(州立公園)に行き当たったので、公園内にあるBig Sabel Piont灯台を先に見に行くことにした。

Img_1538s(←駐車場にあった、灯台へのトレイルの入り口を示す看板)

 公園内に入った後、道案内の看板を頼りに灯台最寄りの駐車場まで何とか辿り着く。
(それにしても、アメリカの道案内の看板は少なすぎる。
看板を頼りに目的地に辿り着けるアメリカ人は凄いと思う。)

 駐車場にあった灯台へのトレイルの入り口を示す看板には、「灯台 1.8マイル(約2.9㎞)」と書かれている。

(゜ロ゜)ギョエ~!!
片道2.9㎞って…往復で5.8㎞!

Img_1541s(↑灯台へ向かうトレイル)

 5.8㎞も歩くんだったら、ポケモンGOの5㎞の卵が最低1個は孵るじゃん!
と思い、ポケモンGOを起動するも、「GPSの信号を探しています」の表示が出て、地図すらも表示されない。

( ̄Д ̄;) ガーン

 せめて地図が出てくれれば…
どの辺を歩いているのかわかるのに…
と、思いつつ、看板の指示通りに進むとキャンプ場に入ってしまった。
キャンプ場には道案内の看板もなく、本当にこのルートであってるのか?と思いながら進んだ。

 駐車場の看板の地点からキャンプ場を通り抜けると、やっと本格的なトレイルに突入。
トレイルの入り口に案内板とトレイルマップがあったので貰って歩き続けた。

Img_1542s(←道の脇にあった地形を説明する看板)

 道の脇に所々(400m毎くらい)に、地形や生えている植物や生息している動物やトレイルと灯台の歴史などの説明の看板があって、トレイルを歩く人が飽きないように工夫はされてはいたけれど、白い砂と砂利の道が延々と続くだけで、景色に変化は殆どなかった。

 朝見た天気予報では、濃霧か曇りの天気のはずだったのに、晴れて太陽光線ギラギラ。
 木陰もあまりなく、暑かった~

Img_1549s(↑道の左側に小さく灯台が見えて来た。)

 GPSが使えないので、スマホは鞄に仕舞っていたので正確な時間はわからないけれど、45分くらい歩いた所で進行方向左手に、灯台の先端が見え始めた。
 それから400mくらい歩いて灯台に到着。
2階建ての結構大きな灯台守の住宅のついた大きな灯台だった。

Img_0142s Big Sabel Piont Lighthouseは、1867年建造。
元々はWhite River灯台と同じクリームイエローの煉瓦製だったけれど、煉瓦が劣化したので、1900年にスチールの板金で外側を覆った。

 1949年に電化、五大湖周辺で最後に電化された灯台。
その後、オートメーション化され1969年に最後の灯台守が灯台を後にした。

Img_0154ss(↑灯台近くの湖岸)

 1970~80年代には管理者がいないため、侵入者や落書きなどで灯台守の住宅は荒れ放題だったが、1983年に灯台が州の改修リストにのり、2002年に灯台の所有がSabel Point Keeper's Associationに移って改修復元を経て、現在の状態に維持されています。

 灯台守の住居は資料館とお土産屋になっていて、資料館の見学は無料。
 塔に登るのは大人5ドル12歳以下は2ドル(2016年現在)。
 資料館と塔の公開期間は5月8日から10月30日まで、朝10時から夕方5時まで。

Img_1558s 資料館の人に塔に登らないかと聞かれたのだけれど、1.8マイル歩いてヘロヘロになっていたので、更に34mの塔に登る気力がなかったので、「怖いから…」と断った。
(本当に、登っている途中でぶっ倒れそうで怖かった。)

 灯台に関する5分くらいの短いビデオを見た後、灯台守の住宅の内部を見て、お土産を買い、灯台周辺の散策をして帰ることにした。

Img_1562s 灯台へ向かうトレイルを歩いている途中、がトレイルの入り口でもらったマップを見ながら、「今歩いている道よりも湖岸よりに短いトレイルがある」と主張。
 帰りは湖岸よりの道を歩きたいと言い出した。

 灯台の周囲散策したが、それらしい道はない。
は「湖岸沿いを歩くんじゃない?」
と、こだわって湖岸に沿って進もうとしていたが、
私が「整備されていない道を草をかき分けながらよじ登ったり下りたりするのは嫌だから、急がば回れで私(と怪獣)は来た道を引き返す。
湖岸沿いに歩きたかったら、目的地(キャンプ場)で落ち合うようにしよう。」
と、言ったら、ブツブツ文句を言いながら、が来た道に戻るために私たちについて来た。

Img_0151s 後で分かったことなのだけれど、実はが言っていた『もっと短いトレイル』というのが来た道で、私たちが歩いた道よりも湖岸側には道はなかったこと、湖岸はビーチが続いているのではなくて、所々崖になっていて、湖岸沿いに歩いて目的地に辿り着くことは不可能だった。

に付き合って、冒険しなくてよかったよ~

 

おまけ:

Dsc08235s Big Sabel Lighthouseの資料館には小さなお土産品店もついていて、灯台に関するTシャツやマグカップなどを販売していた。

(←今回回った(回る予定だった)4つの灯台のフィギュアのセット)

 私は観光地に行くと、写真入りのマグネットを買うのが趣味。
 今回もマグネットを探しにお土産品店を覗いたのだけれど、写真のマグネットはなく、がっかりしていたら、灯台のフィギュアを見つけてしまった。
 サイズは4種類くらいあったのだけれど、2番目に小さいサイズはその日訪れた(行く予定だった)4つの灯台のフィギュアをセットにして売っていたので、マグネットは買わずにフィギュアを買ってしまった。

Dsc08236s(←貰ったVHS)

 その日、Big Sabel資料館で働いていた女性たち(ほとんどがリタイア後の高齢者?)は、非常に親切で、次に向かう予定のLudington灯台のことを訊いたら、
「公園を出たらどこそこの道路に入って、湖岸沿いを進むと道路沿いに灯台が見えるから、見逃すことはまずないでしょう」
と、行き方を詳しく説明してくれたり、

 灯台の外にクーラーボックスがあって、そこに水のボトル(無料)が冷やしてあるから、飲んでいってねとか、

 灯台の紹介のVHSビデオ(ひとつ前のバージョン)があるんだけれど、無料であげているから持っていって~
とか、(おまけで貰ったのはいいけれど、うちにはVHSのプレーヤーがないので見れていない。)
あれこれ、世話を焼いてくれた。

|

« Silver Lake State Park | トップページ |  Lighthouse(灯台)27
-Ludington Lighthouse- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Silver Lake State Park | トップページ |  Lighthouse(灯台)27
-Ludington Lighthouse- »