« All Saints' Day(万聖節)とAll Soul's Day(万霊節) | トップページ | Bath&BodyWorks25
2016秋~冬 »

2016年11月10日 (木)

2016米大統領選
一般選挙&結果

Image1 11月8日はアメリカ大統領選の一般選挙の投票日だった。

(←PBSニュース
この画像の開票率30%あたりまでは何とか起きていたけれど、眠気に負けて眠ってしまい、朝起きたらトランプが勝っていた。)

 前回はオバマ大統領の2期目を決める選挙で、特に盛り上がりもなく、全部の州で投票が締め切られる前にオバマ大統領が勝った。

 今回の選挙は、民主党ヒラリーと共和党トランプという嫌われ者同士が候補者ということで、別の意味で選挙期間は盛り上がりに欠ける選挙だった。

 直前までスキャンダルだ何だで全く政策の論争がなく、米メディアではヒラリー若干有利かと言われていたけれど、蓋を開けてみたら接戦の末トランプが勝利。

Img_2055s(↑2016年大統領選挙、一般投票の結果:ウィキペディア英語より引用)

 開票も終わりに近づいてトランプ有利に傾いてくると、カナダの移民局のサイトがアクセス過多でダウンした。
 トランプが大統領になったら、アメリカから離れようと思った人たちがカナダの移民サイトにアクセスしたのだろうという事。(以前、「アメリカの永住権保持者やアメリカ市民は結婚以外ではカナダに移民できない」と書かれていたのを読んだように思ったのだけれど…)

 開票中に夜中だったヨーロッパは著しい反応はなかったが、昼間だった日本は円相場が乱れ&株が一時大暴落など、早くも大きな影響がでたようです。
(今年の夏イギリスの国民投票で、EU離脱が決まった時も混乱したけれど、それ以上の混乱ぶりのような気がする。)

 アメリカのメディアでコメンテイターも言っていたのだけれど、
ヒラリーが大統領になれば現状維持だけれど、トランプが大統領になれば(いい方か悪い方かはわからないけれど)何かが変わる、という期待があったのかも…
だそうで、オバマ現政権への不満がかなり溜まっていたのだろうとの分析だった。
(日本で2009年に、(旧)民主党が政権を取った時の感じに似ている気がする。)

 今回の選挙では、ヒラリーとトランプとどちらにも投票したくない人たちが迷った末に、民主党や共和党以外の政党から立候補した候補に票が流れたよう。
 ユタ州では無所属で立候補したマクミラン候補に民主党支持者の票が流れ、一時はマクミランの得票数がヒラリーを上回ったこともあった。
 ユタ州は元々共和党の強い地域だったこともあって、19%開票の時点でトランプが当選確実になった。
(カリフォルニア州は逆に民主党が強く、開票率0%のうちにヒラリーが当選確実に…)

 ラジオで小耳に挟んだのだけれど、今回の投票は投票前にIDを提示することが義務付けられていて、有権者の中で投票の方法がわからずに、選挙に行かなかった人もいるのではないか、と、言われていて、投票率が低さがトランプに有利に働いたのではないかということだった。

Img_2054s(↑2012年の大統領選挙、一般投票の結果。
ウィキペディア英語版より引用
2016年のと比べると、ヒラリーはフロリダやオハイオなどオバマが勝った激戦区でかなり負けている。)

 私は、第三の候補がどこかの州で選挙に勝って、ヒラリーもトランプも過半数が取れず、上位3人の候補の中から下院議員の投票で第三の政党の候補者が選ばれたら面白いのに…
と、思ったんだけれどなぁ…

 大統領選と同時に、上院議員の1/3も今回の選挙で改選されたけれど、共和党の候補がさらに議席を伸ばし、大統領も共和党、上院も共和党が優勢で、トランプが暴走しても歯止めがきくのか?(もしくはトランプにかこつけて、共和党が無茶な政策を押しとおすのじゃないか?)
 また、現在空席の最高裁の判事の席に誰が任命(任命するのは大統領だけれど、上院議員の過半数の証人が必要)されることになるのか、後任の判事に共和党寄りの判事が任命されたら、三権分立なんて意味をなさないんじゃないだろうか…

 

|

« All Saints' Day(万聖節)とAll Soul's Day(万霊節) | トップページ | Bath&BodyWorks25
2016秋~冬 »

コメント

>エルザさん
 訪問&コメントありがとうございます。
 そうですね。
トランプ不利とマスコミが煽っていたから、彼の当選には驚きましたよね。
 オバマ政権の時は移民政策がゆるゆるでしたから、これから移民ビザを取る人は大変でしょうね。
 日本はトランプの任期中が、アメリカに頼るのをやめて徐々に自立するチャンスかも…

 


>アールグレイさん
 訪問&コメントどうもありがとう~
 トランプはTPP反対ですからね。
彼は票を集めるためだけに反対していただけで、実は対案なんて持っていないように思います。
これからどうなるか不安です。
 TPPは今の取り決めも決して日本にとって有利とは言えないし、イギリスもEUから離脱するなどグローバル経済も陰りがでてきましたからねぇ…
 TPPがどう転ぶか先行きが見えないので、これから暫くの農業経営は日本もアメリカも大変だと思います。

投稿: yuuki | 2016年11月11日 (金) 11時17分

ほんとうにびっくりしましたよ。
ドル相場に、主に餌が左右されますからねー。どうなることか心配はあります。TPP?牛肉自由化を乗り切った経験から、今は直販も抱えているのでどうにかなるか・というか、どうにか乗り切らねばという気合は入ります。
 
一番の懸念は、戦火を拡大するようなことをしてくれるなよ。ってことだけですかね。

投稿: アールグレイ | 2016年11月10日 (木) 08時37分

もう、ビックリです!
アメリカ人は、安定より改革、しかも危険な改革を
選んだということでしょうか?
広場のつぶやきでも悲観的なつぶやきが多いですね。
yuukiさんのようなアメリカ国籍を持たない住民は、
これから、どうなるのでしょうね?
ヒスパニック系の方たちも…
住んでいる方たちにとっては、大変なことだと
思います。
日本は、何とかなるのではと思っています。
しかし、住んでいる方は…
決まった瞬間、不安になりましたよ。
まあ、お手並み拝見といきましょうかね。
4年の我慢かな?

投稿: エルザ | 2016年11月10日 (木) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« All Saints' Day(万聖節)とAll Soul's Day(万霊節) | トップページ | Bath&BodyWorks25
2016秋~冬 »