« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

45Years 
さざなみ

Dsc08675s サンクスギブンも終わって、クリスマスの準備を始めた。
今日あたりにクリスマスツリーなどのクリスマスの飾り付けの画像をUPする予定だったのだけれど、思ったように作業が捗らず、記事にできそうもないため今日もDVDのリビュー記事をUPする事にしました。

 "45 Years"は2015年のイギリスの恋愛映画。
デイヴィット・コンスタンティンの短編小説"In Another Country"を元にした映画で、邦題は『さざなみ』で2016年4月から劇場公開されています。

Dsc08686s(←ケイト)

 イギリスのノーフォークに住むケイト(シャーロッテ・ランプリング)とジェフ(トム・コートネイ)は、子どものいない老夫婦。

 結婚40年の記念パーティーの年に、ジェフが心臓のバイパス手術を受けたため延期して5年後に45年記念パーティーをすることなり、パーティーの日を6日後に控え準備を進めている。

Dsc08688s(←ジェフ)

 ジェフは引っ込み思案で人に会うのが苦手。
最寄りの町にさえ滅多に外出しないため、記念パーティーの準備は殆どケイトが手配している。

 そんな中、ジェフはスイスの警察から、50年以上前にアルプスのクレバスに落ちて亡くなった昔の婚約者カティアの遺体が見つかった、という内容のドイツ語の手紙を受け取る。

Dsc08681s ケイトは自分に出会う前の出来事だし、あまり気にしていなかったが、ジェフは手紙が着いて以来、昔使っていたドイツ語の辞書を探したり、アルプスの氷河についての本をわざわざ町まで出かけていって図書館から借りだしたり、屋根裏を漁って昔の写真を探したり、45年の記念パーティーの段どりの話し合いにも上の空だったり、やめていたタバコをケイトに隠れて吸い始めたりでいつもの行動パターンが急変した。

Dsc08690s そんなジェフを見てケイトも次第に不安になって行き、ジェフの行動を観察するようになるのだが…

 この作品を観ての感想は、恋愛に関して「女は上書き保存。男はフォルダー別に保存。」といわれるけれど、それの見本みたいな作品だなぁ…と思った。
 あまり深く考えることもなしに昔の郷愁に浸るジェフとは対照的に、周りに気づかれないように努力してはいるものの一人になった時のケイトの心の動揺ぶりが半端じゃない。
 この夫婦に子供や孫がいれば、また別の展開になったのだろうけれど… 

 

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

サンクスギビング 2016

086s 11月24日(木)はサンクスギビング・デーだった。

(↑サンクスギビングに使ったテーブルデコレーション

018s(←23日のメインディッシュ)

 今年のサンクスギビングはの日本出張と重なるかもしれないかったため、直前まで予定が立たず、1週間前くらいに、友人との職場の同僚に声をかけたので、少人数の食事会になりました。

012s(←23日のサラダ)

 今年の食事会は2回で、23日(サンクスギビングの前日)には友人3人を招いて食事。

 24日には、の職場の同僚が3人来てくれて食事になりました。

029s(←アペタイザーのチーズボールとクラッカー)

 メニューは23日と24日はほぼ同じ。

23日は
・チーズボールとクラッカー(アペタイザー)
クリーム・オブ・トマトスープ
・ロールパン
・かぼちゃとロケットのサラダ
・マッシュポテトとグレービー
・クランベリーとピカーンと雑穀のスタッフィング
・アップル・ハニー味のターキー胸肉のロースト(メイン)
・パンプキン・バンディッドケーキ(デザート)
・アップルパイ(デザート)
でした。

016s(←左から、
グレービーソース、
マッシュポテト、
クランベリーとピカーンと雑穀のスタッフィング)

 スタッフィングは本来はターキーやチキンの中に詰めてオーブンで一緒に焼くものだけれど、丸鳥を焼かない場合は鍋や電子レンジで作る事ができ、レシピも沢山出回っています。

 23日のスタッフィングも、鍋で作るレシピを使いました。

Img_2069s(↑23日のディナー一人分を取り分けたところ)

Img_2072s(↑23日のデザート、一人分)

 24日のメニューは
メインとサラダとデザートの一つが違うだけで後の料理は23日と同じでした。

034s(←クリーム・オブ・トマトスープ)

 メインのターキーが胸肉から丸焼きに、サラダがスプリング・ミックスサラダに、デザートのアップルパイがキャラメル・アップル・チーズケーキ・タルトに変わっただけでした。

010s(←ロールパン)

 ロールパンは冷凍生地を買ってきて、室温で解凍&発酵後焼いたもの。

 当日はメインディッシュを作るのにオーブンを使うので、ロールパンやデザート類は前日までに焼いて準備しておきました。

013s(←パンプキン・バンディット・ケーキ)

 24日のデザートの一つ、キャラメル・アップル・チーズケーキ・タルトは、今年のハロウィンの時にも作ったのだけれど、タルトの皮が焦げてしまって失敗したので、サンクスギビングに再挑戦したもの。
 今回は前回の教訓を生かして、タルトの皮が焦げないようにアルミホイルで覆ってからオーブンでグリルしたらほぼレシピにのっていた写真通りの仕上がりになった。

021s(↑24日のデザート、
手前:キャラメル・アップル・チーズケーキ・タルト
奥:パンプキン・バンディット・ケーキ)

Img_2074s(↑24日のディナーを一人分に取り分けたところ)

037s(←24日のメインディッシュ)

 去年は料理をキッチンのカウンターに並べて、セルフサービスで取ってもらうビュッフェ・スタイルにしたのだけれど、今年は23日も24日もダイニングのテーブルに全部料理を並べるようにした。

 人数が少ない食事会は、ダイニングテーブルの上に並べる方が立ったり座ったり慌ただしくなくてゆっくりできると思った。

019s(↑23日、ダイニングテーブルに料理を並べたところ)

続きを読む "サンクスギビング 2016"

| | コメント (3)

2016年11月23日 (水)

初雪&ポケモンSUN&MOON

Dsc08781s 11月19日(土)に初雪が降った。
今年は特に早いわけでも遅いわけでもなく、例年通りという感じだった。

 ただ、初雪の降った前日の気温が最高気温22℃まで上がって異常に暖かい日だったので、気温の落差が激しかった。

Dsc08785s 雪といっても最初は霙状の雪が降って、次第に粒状の雪に変わっていった。
 綿雪のようなフレーク状の大きな雪ではなかった。

 気温も0℃前後と高かったこともあって、デッキの上にうっすらと積ったくらいで、翌日には融けてなくなっていた。

Dsc08792s 初雪の降った日は、がバイク仲間と今年最後のツーリングを予定していたのだけれど、雪で中止に…

 ツーリングには行けない、ツーリングに行けないなら進めようと思っていた家の改装のための板や材料を買いに行きたかったのだけれど、雪で買いに行けなくて機嫌が悪く家族に八つ当たり。

Dsc08801s の機嫌の悪さは翌日まで続いて、最悪の週末になってしまった。

 機嫌が悪いだけなら『触らぬ神に祟りなし』で放っておけばいいのだが、八つ当たりして絡んでくるから厄介。

 最近年のせいなのか、は気が短くなってきている。
 前頭葉の機能が衰えてるんじゃないの?
と、思うのだが、本人は気が短くなっていることに全く自覚がないみたい。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

『人の振り見て我が振り直せ』で、私も年だし気を付けなくちゃ…

続きを読む "初雪&ポケモンSUN&MOON"

| | コメント (4)

2016年11月20日 (日)

Miss You Alredy
マイ・ベスト・フレンド

Dsc08750s 来週のサンクスギブン(感謝祭)の準備が忙しくて、前回に引き続き今日もDVDのリビュー記事です。

 "Miss You Alredy"はイギリスの恋愛コメディードラマ映画。

 邦題は『マイ・ベスト・フレンド』で2016年11月18日(この記事がUPされる前日、日本時間では前々日)公開(予定?)。

Image1 図書館でDVDのカバーを見て、何となく面白そうだったので借りてきて観た。
裏の説明は読まずに借りたので、この作品が闘病ものだとは知らなかった。

 ミリー(トニ・コレット)とジェス(ドリュー・バリモア)は、ジェスがアメリカからイギリスのグレードスクールに転入して来て以来の親友。
 ミリーがアメリカ訛でからかわれるジェスの面倒を見たのがきっかけで、その後も何をするのも一緒、ミリーが出来婚でキット(ドミニク・クーパー)と結婚して家庭を築き2人の子どものいる幸せな生活を送り、ジェスもジェイゴ(パディ・コンシダイン)と同棲していて、お互い家族ぐるみの付き合いをしている。

Image2 ある日、仕事が忙しくなかなか定期検診にいけなかったミリーの胸にしこりが見つかり、検査の結果、悪性の腫瘍ということが判明。
 医師から他に転移がないかなどの詳しい検査と一刻も早い化学療法を勧められる。

 ショックで家族にも話せずに落ち込むミリー。
 電話で会話をしていておかしいと気がついたジェスがミリーの家を訪れて、ミリーが乳がんですぐにでも治療を始めなければならない状態であることを聞き出す。

Image3 その後、ジェスの励ましでミリーの夫のキットや家族や周りにも乳がんであることを告げてミリーの闘病が始まる。

 闘病ものはお涙頂戴という感じの作品になりがちだけれど、この作品はミリーの元々の明るい破天荒なキャラクターとジェスとの明るいやり取りのせいか湿っぽい感じはしない。

 こんな友達がいたら、闘病生活を送るとしても心強いだろうなぁ…と思った。

Dsc08775 また、ジェスができるだけミリーの治療に付き合うために時間をとられていて、不妊治療を望んでいたジェイゴとの間がギクシャクする場面などもあって、ミリーの闘病生活だけに視点が集中せず、ジェスの生活も描かれていて暗くて重い感じはしなかったところがいいところかな…とは思った。

 

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

Burnt
二つ星の料理人

Dsc08704s 今回は久々にDVDのリビュー記事です。
 ここのところ、DVDを観る時間がなかなか取れないです。
勧めていただいた作品など観たい映画は沢山あるのに…
 これから、感謝祭やクリスマスや年越しの季節なので、更に忙しくなり、図書館に通って観たい映画をチェックする機会がますます減りそう…

Dsc08726s(←アダム・ジョンズ役のブラッドリー・クーパー)

 Burntは2015年のアメリカ映画。
邦題は『二つ星の料理人』で、2016年6月に日本公開されています。

 アダム・ジョンズ(ブラッドリー・クーパー)は腕利きの料理人で、パリにある高級レストランで働いていたが、完璧主義者の上にドラッグとアルコールを常用しており、職場で繰り返しトラブルを起こし、ある日突然職務放棄して失踪してしまう。

Dsc08729s(←トニー役のダニエル・ブリュール)

 3年後ロンドンに現れたアダムは、パリで働いていた頃のレストランのオーナーの息子のトニー(ダニエル・ブリュール)に、彼が病気の父親の代わりに経営しているホテルのレストランを任せて欲しいと要求。

Image1 3年前のゴタゴタを知っているトニーは拒否するが、ある日ホテルのレストランに現れた料理評論家に出す食事をアダムに作らせたのをきっかけに、薬物依存のカウンセリングを定期的に受けることを約束させたうえで、アダムにシェフとしてレストランを任せることに同意した。

 アダムはトニーとパリの時の償いのためにレストランを三ツ星に昇格させる事を約束。

Image3s_2(↑左上:エレーヌ、右上:ミシェル
左下:デヴィッド、右下:マックス)

 三ツ星を得るために、腕利きの料理人エレーヌ(シエナ・ミラー)、ミシェル(オマール・シー)、デヴィッド(サム・キーリー)マックス(リカルド・スカルマルチョ)、らを集めてレストランの厨房に入れる。
 果たしてアダムは三ツ星を獲得することはできるのか…

Image2s
 この映画は図書館からDVDを借りてきて観ました。
映画に出てくる料理が美味しそう。
特に盛り付けが物凄く綺麗で見とれました。
 夫と一緒に観ていて、ふた昔くらい前のテレビ番組『料理の鉄人』みたいだねと話していたと共に、アダムの厨房で働くアダムも含めた腕利きの料理人全部がタバコを吸うことに違和感を覚えた。
 タバコなんか吸っていて微妙な味の違いなんて分かるの?それとも、フレンチは和食ほど味覚が鋭くなくてもOKなの?と、思った。

 

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

十五夜、秋分、十三夜、十日夜

Dsc08262s 今年は秋の月見の3つ(?)全部を見る事ができた。

(↑十五夜の月。9月15日、旧暦8月15日)

 お月見の時期は季節の変わり目のせいなのか、曇りや雨が多くて全く見れない年もあった。

013s(←十五夜の夕食
照り焼き卵バーガーとサツマイモのフライドポテト)

 今年の十五夜は9月15日だった。
9月なのでまだ暖かいだろうということで、表庭のガレージの前に折りたたみの椅子とテーブルを出して夕食にすることにした。

 夕食はお月見バーガーと、芋名月ということで、サツマイモでフライドポテトを作った。

007s(←十五夜のお供え物?のお団子)

 ススキはなかったので、特に飾りはなしで、お団子と葡萄を飾って、夕食後に食べた。

 暖かいだろうと思っていたのだけれど、日が落ちたら急に気温が下がって10℃台に…
 寒かったので急いで食べて月の写真を撮ってお月見は切り上げとなった。

Dsc08296s(↑お彼岸に作ったおはぎ)

 9月22日はお彼岸だったので、小豆で餡子を作っておはぎを作った。
今年はつぶあんときな粉をまぶしたもの2種類作った。

Dsc08380s(←つぶあんクロワッサン)

 餡子を沢山作って余ったので、残りは冷凍のクロワッサン生地で巻いて、つぶあんのクロワッサンを作った。

 これが、我が家の男どもに大ウケで、16個も作ったのにあっという間になくなってしまった。

Dsc08448s(↑十三夜の月。10月13日、旧暦9月13日)

 十三夜は今年は10月13日。
運のいいことに天気も晴れで片月見にならずに済んだ。

009s(←十三夜の夕食。
天ぷらと月見蕎麦)

 10月のお月見になると流石に寒すぎて外で食事は無理なので、お月見と写真撮影のみ十五夜と同じ場所でやって、食事は室内で月見蕎麦と天ぷらにした。
 月見そばの卵は生卵でなく、温泉卵を作って使った。

025s(←ずんだ餅)

 十三夜は栗名月と呼ばれていいて、お餅や栗をお供えするようなので、 食後のデザートには、(なぜか)ずんだ餅を作った。
 ずんだの餡は冷凍枝豆を茹でて作った。

Dsc08444s(←プチサイズモンブラン)

 また、栗を使ったお菓子ということで、プチサイズのモンブランを作った。
 マロンクリームは栗が時期的に早くて見つからなかったので、以前に作って冷凍してあったマロンペーストで作った。

009s_2(↑十日夜の月。11月9日、旧暦10月10日)

 十日夜(とおかんや)の朝は霧で、天気予報も曇りだったので、お月見は無理かも…と思っていたら、お昼くらいから陽がさすようになってきて、夕方にはほぼ晴れの天気になった。

006s(←十日夜の夕食)

 十五夜にはお月見バーガー、十三夜には月見蕎麦、十日夜には流石にネタ切れになって、『月見』という名前ではないけれど、目玉焼きを使った目玉焼き丼を作った。

010s(←ピカーン・バターフロスティング・カップケーキ)

 デザートはおはぎやお餅を作ろうにも、もうネタ切れだったので、自分が食べたかったカップケーキを作った。

 十日夜のお月見はあまりにも寒くて、玄関先で写真を撮るだけになった(多分5分もかかっていない)。

 3つのお月見ができるのは非常に縁起がいいらしい。
V(○⌒∇⌒○) ラッキー
何かいいことあるかなぁ…

 

| | コメント (3)

2016年11月11日 (金)

Bath&BodyWorks25
2016秋~冬

Dsc08611s_5 昨日は割り込みで米大統領選の記事を書いたので、今日は軽めの記事で…

(←秋の香り
左:サンライト・アップル・ツリー
右:オータム・スパイス・ストロベリー)

 11月に入って、クリスマスも近づいて来たし、丁度セールだったので、我が家のクリスマス・ギフト定番のハンドソープをまとめて買いに行った。

Dsc08620s_2(←冬の香り
左から、
ウィンター・ホワイト・ウッズ、
バニラ・スノー・フレーク、
フロステン・クランベリー、
スパークリング・ミント・ブラッサム、
スノー・キス・シトラス、
フレッシュ・スパークリング・スノー)

Dsc08623s(←クリスマス限定の香り
左から、
ジンジャーブレッド・ラテ、
ウィンター・キャンディー・アップル、
ツイステッド・ペパーミント、
メリー・ベリー・キス、
フロステド・ココナツ・スノーボール)

 冬&クリスマス限定の香りは沢山あったので、全種類は買えなかったけれど、殆どの香りは買ったと思う。

Dsc08652s(←10月に新発売になった香り、マジック・イン・ジ・エアー
左から、シャワージェル、
ボディーローション
ボディーミスト)

 ハンドソープの他には、トラベルサイス(お試しサイズ)のシャワージェルとボディーローションとボディミストを何種類か買った。

 マジック・イン・ジ・エアーはこの秋に新しく出た香りで、控えめな感じの香りが日本人の好みに合いそうな感じでした。

Dsc08633s(←ジンジャーブレッド・ラテの香り。
左から、シャワージェル、
ボディーローション
ボディーミスト)

 ジンジャーブレッド・ラテはクリスマスの香りの一つ。
甘いバニラ系の香りで、私は好きだけれど、好みが分かれる香りだと思う。

Dsc08642s(←ウィンター・キャンディー・アップルの香り。
左から、シャワージェル、
ボディーローション
ボディーミスト)

 ウィンター・キャンディー・アップルもクリスマス限定の香りで、林檎の香りがベースの甘い香り。

Dsc08632s(←ツイステッド・ペパーミントの香り。
左から、シャワージェル、
ボディーローション
ボディーミスト)

 ツイステッド・ペパーミントもクリスマス限定の香りで、ミント系のスッキリした香り。
ペパーミントキャンディーのような香りで、湿布のようなきつい匂いではなかった。

Dsc08640s(←フロステド・ココナツ・スノーボールの香り
左から、シャワージェル、
ボディーローション
ボディーミスト)

 フロステド・ココナツ・スノーボールもクリスマス限定の香り。
クリスマスにココナツ?と意外だったけれど、ココナツフレークのような優しい香りだった。

 クリスマス限定のボディーケア商品は、ハンドソープやアロマキャンドルにも同じ香りがあるものもあって、ボディー用と手洗い用と同じ香りで揃えられるし部屋中同じ香りで揃えられるのも嬉しい。

Image2(←ハンドサニタイザー
上段:冬限定の香り
下段:クリスマス限定の香り)

 ハンドソープとボディーケア製品以外には、ポケットタイプのハンドサニタイザー(アルコールの除菌ジェル)も買った。

 クリスマスギフト用の買い物をしに行った時、プラスティックのギフト用の袋とBath&BodyWorksのロゴ入りのリボンを貰ったので、ラッピングしてクリスマスの準備ををする予定です。

| | コメント (2)

2016年11月10日 (木)

2016米大統領選
一般選挙&結果

Image1 11月8日はアメリカ大統領選の一般選挙の投票日だった。

(←PBSニュース
この画像の開票率30%あたりまでは何とか起きていたけれど、眠気に負けて眠ってしまい、朝起きたらトランプが勝っていた。)

 前回はオバマ大統領の2期目を決める選挙で、特に盛り上がりもなく、全部の州で投票が締め切られる前にオバマ大統領が勝った。

 今回の選挙は、民主党ヒラリーと共和党トランプという嫌われ者同士が候補者ということで、別の意味で選挙期間は盛り上がりに欠ける選挙だった。

 直前までスキャンダルだ何だで全く政策の論争がなく、米メディアではヒラリー若干有利かと言われていたけれど、蓋を開けてみたら接戦の末トランプが勝利。

Img_2055s(↑2016年大統領選挙、一般投票の結果:ウィキペディア英語より引用)

 開票も終わりに近づいてトランプ有利に傾いてくると、カナダの移民局のサイトがアクセス過多でダウンした。
 トランプが大統領になったら、アメリカから離れようと思った人たちがカナダの移民サイトにアクセスしたのだろうという事。(以前、「アメリカの永住権保持者やアメリカ市民は結婚以外ではカナダに移民できない」と書かれていたのを読んだように思ったのだけれど…)

 開票中に夜中だったヨーロッパは著しい反応はなかったが、昼間だった日本は円相場が乱れ&株が一時大暴落など、早くも大きな影響がでたようです。
(今年の夏イギリスの国民投票で、EU離脱が決まった時も混乱したけれど、それ以上の混乱ぶりのような気がする。)

 アメリカのメディアでコメンテイターも言っていたのだけれど、
ヒラリーが大統領になれば現状維持だけれど、トランプが大統領になれば(いい方か悪い方かはわからないけれど)何かが変わる、という期待があったのかも…
だそうで、オバマ現政権への不満がかなり溜まっていたのだろうとの分析だった。
(日本で2009年に、(旧)民主党が政権を取った時の感じに似ている気がする。)

 今回の選挙では、ヒラリーとトランプとどちらにも投票したくない人たちが迷った末に、民主党や共和党以外の政党から立候補した候補に票が流れたよう。
 ユタ州では無所属で立候補したマクミラン候補に民主党支持者の票が流れ、一時はマクミランの得票数がヒラリーを上回ったこともあった。
 ユタ州は元々共和党の強い地域だったこともあって、19%開票の時点でトランプが当選確実になった。
(カリフォルニア州は逆に民主党が強く、開票率0%のうちにヒラリーが当選確実に…)

 ラジオで小耳に挟んだのだけれど、今回の投票は投票前にIDを提示することが義務付けられていて、有権者の中で投票の方法がわからずに、選挙に行かなかった人もいるのではないか、と、言われていて、投票率が低さがトランプに有利に働いたのではないかということだった。

Img_2054s(↑2012年の大統領選挙、一般投票の結果。
ウィキペディア英語版より引用
2016年のと比べると、ヒラリーはフロリダやオハイオなどオバマが勝った激戦区でかなり負けている。)

 私は、第三の候補がどこかの州で選挙に勝って、ヒラリーもトランプも過半数が取れず、上位3人の候補の中から下院議員の投票で第三の政党の候補者が選ばれたら面白いのに…
と、思ったんだけれどなぁ…

 大統領選と同時に、上院議員の1/3も今回の選挙で改選されたけれど、共和党の候補がさらに議席を伸ばし、大統領も共和党、上院も共和党が優勢で、トランプが暴走しても歯止めがきくのか?(もしくはトランプにかこつけて、共和党が無茶な政策を押しとおすのじゃないか?)
 また、現在空席の最高裁の判事の席に誰が任命(任命するのは大統領だけれど、上院議員の過半数の証人が必要)されることになるのか、後任の判事に共和党寄りの判事が任命されたら、三権分立なんて意味をなさないんじゃないだろうか…

 

| | コメント (3)

2016年11月 8日 (火)

All Saints' Day(万聖節)とAll Soul's Day(万霊節)

039s ハロウィンは1週間以上前に終わっているのだけれど、今日も引き続きハロウィン関連の記事です。

 日本でも定着してきたハロウィンの行事。
(日本では大人まで仮装してパレードするなど、子どものトリック・オア・トリートがメインのアメリカとちょっと違うけれど…)
 クリスマスと同じで、ハロウィンもキリスト教の祭日なんだろうなぁ…と、漠然と知っている人も多いと思う。
 ところが、ハロウィンはAll Saints' Day又はAll Hallows' Day(万聖節、11月1日)のイブ(前夜)ということを知っている人は少ないのではないかと思う。

Img_1964s 元々はハロウィン(All Hallows' Eveningの短縮形)は万聖節の前の日の日没から深夜までの時間帯で、それに続く11月1日の万聖節と11月2日の万霊節を合わせてAllhallowtide(万聖節の季節)と呼ばれていて、信者は万聖節と万霊節にはミサ(礼拝)に行くことになっている。

Dsc_0064s 万聖節はカトリック教会の祭日で、プロテスタントの多いアメリカではあまり知られていない。
 今年のハロウィンの前日に我が家でパーティーをした時に、ハロウィンの日はいつなのかという話がでて、アメリカ人4人のうちハロウィンが万聖節のイブだということを知っていたのは1人だけだった。

Img_1972s カトリック教徒の多いメキシコでは、万聖節と万霊節の日(11月1日と2日)は死者の日(Día de Muertos:亡くなった家族や友人にお供え物をする、日本のお盆に似た感じ。花の絵でデコレーションされた頭蓋骨の飾りをかざったり、マリーゴールドをかざったり、結構明るい)のお祝いをする習慣がある。

 不法、合法を含めてメキシコからの移民の多いアメリカでも、死者の日をお祝いするメキシコ系人が多く、ハロウィングッズと一緒に死者の日のグッズも売られている。

Img_2018s メキシコでは元々ハロウィンを祝う習慣がなく、20年くらい前まではアメリカとの国境付近で(子供が国境越えをしてアメリカに行って)トリック・オア・トリートしてくるくらいだったけれど、今ではメキシコでもハロウィンにトリック・オア・トリートに行くようになったらしい。

 アメリカの南部でもカトリック教徒が多いので、万聖節と万霊節の日と重ならないように、アメリカの大統領の選挙(一般選挙)の日は、万聖節の後の最初の月曜日の翌日(の火曜日)に決められている。(今年は11月8日)

 この記事がUPされる(アメリカとは時差があるため)翌日が大統領選の一般選挙。
 前代未聞の政策そっちのけのスキャンダル&ネガティブ・キャンペーンになっているけれど、どうなることやら…

| | コメント (3)

2016年11月 5日 (土)

ポケモンGO その5
ハロウィンのイベント

Img_1954s 今年は怪獣の夏休み期間中は週日は毎日のようにポケモンGOで1時間以上遊んでいたのだけれど、夏休みが終わったら、怪獣も学校が忙しいし、ほとんど遊ばなくなっていた。

 ハロウィンの前後(10月25日~11月2日までの期間)、ポケモンGOでハロウィンのイベントをやっていたので、久々にポケモンGOをプレーしてみた。

Image1(↑ニャース捕獲直後の画像。
飴が6個もらえている。)

Img_2023s(←ゴース捕獲の直後)

 イベントの期間中は、ポケモンを捕まえると飴が普段の2倍の6個、ポケモンを博士に送ると2個(普段は1個)貰えた。
(つまり、ポケモンを捕まえて送ると普段は飴4個だけれど、イベント期間中は2倍の8個の飴を手に入れることができた。)

 期間以前に捕まえたポケモンを送っても普段の2倍の2個貰えた。

 卵を孵した時に貰える飴も増量されていたらしいのだけれど、普段どれくらいの飴がもらえるのか、私は卵を孵した回数が少ないのでよくわからなかった。
(多分普段の2倍くらいだと思う)

Img_2001s(←相棒ポケモンのラプラスの飴のゲージ)

 相棒ポケモンを選ぶと、歩いた距離(ポケモンの種類によって、1㎞と3㎞と5㎞に分かれる)に応じて飴が1個貰えるのだけれど、ハロウィン・イベントの期間中は普段の1/4の距離で飴が1個もらえるようになった。

 レアなポケモンは捕獲で飴を増やすことができないので、相棒に選んで歩いてコツコツ飴を貯めていくしかないのですが、イベント期間中は同じ距離で4倍の飴がもらえるので、レアポケモンで、かつ飴に必要な距離の長いポケモンを連れて歩くことにした。

Img_2024s(←ハクリューの飴ゲージ。
普段は5㎞必要な所、1.25㎞で飴1個になった。)

 私は前半はラプラス、後半はハクリューを相棒に選んで歩いた。

 ラプラスはイベントの前までは1回しか強化したことがなかったけれど、期間中に5回強化できた。

 ハクリューはカイリューに進化させるのに、飴が100個必要なのだけれど、期間前は11個しかなかった飴が、捕獲と相棒ポケモンで距離を稼いで46個まで集めることができた。
(あと54個集めるのに300㎞近く歩かなければならないのは面倒だなぁ…)

Image3(↑イベント期間中に出やすかったポケモン)

 また、ハロウィンのイベント期間中は、ゴーストタイプなど普段と違うポケモンが出現しやすくなっていた。

Image2(↑イベント期間中に出やすかったポケモン)

 ニャース、ゴース、の他に、スリープ、スリーパー、ゴースト、ゲンガー、ズバット、ゴルバット、カラカラ、ガラガラが出やすかった。

Image4(↑期間中に初めて進化させたポケモン)

 イベント期間中は、ポケモンを捕まえたり卵から孵したら増量で飴がもらえるので、進化もさせやすくなって、期間中に初めて進化させたポケモンが8種類。
 ゴースは沢山捕獲できたので、ゴース→ゴーストへ10匹以上進化させたと思う。

続きを読む "ポケモンGO その5
ハロウィンのイベント"

| | コメント (2)

2016年11月 2日 (水)

ハロウィン2016

013s_2(↑ハロウィンのパーティー使ったテーブルデコレーション)

 今年のハロウィンは月曜日だったので、前日の日曜日にスナックでパーティーをした。

Image1s(↑左上:パーティ・ペペロンチーノ
右上:カナッペ
左下:7レイヤー・ディップとコーンチップス
右下:枝豆)

メニューは
スナック7種類
デザート2種類

Image2s(↑左上:ゴースおにぎり
右上:ソーセージ・ミイラ
左下:焼き鳥
右下:ゆで卵の生ハム巻き)

029s(↑キャラメル・アップル・チーズケーキ・タルト)

 デザートはキャラメル・アップル・チーズケーキ・タルトとパンプキン・パイをつくったのですが、キャラメル・アップル・チーズケーキ・タルトは焦げてしまい、パンプキンパイは写真を撮ろうと思って型からだしたら、パイの皮が崩壊してしまった。

043s(↑食事を並べたところ。
枝豆がまだ出ていない。)

046s(↑一人分の盛り付け
枝豆とディップは盛りつけていない)

 一つ一つの料理の量は多くなかったのだけれど、種類が多かったので、1種類ずつ食べたら満腹になった。

049s(↑一人分のデザートの盛り付け)

 パーティーに合わせて、ジャック・オ・ランタンも作った。

038s_2(↑パンプジンのジャック・オ・ランタンby作)

 私は料理の準備で忙しかったので、彫ったのは怪獣

039s(↑ピカチューのジャック・オ・ランタンby怪獣作)

 今年はポケモンの図案で彫った。
はパンプジン怪獣はピカチューを彫った。

 ハロウィン当日は前日にパーティーをしてしまったので、我が家では何もすることもなく、トリック・オア・トリートに来る子どもにお菓子をあげるために家で待機するだけだった。

Image1(↑ハロウィン当日のジャック・オ・ランタン)

 5時くらいからトリック・オア・トリートに回っている子をみかけたけれど、我が家の玄関ポーチの外灯は光センサーが付いていて明るいうちはライトがつかない
 日没は6時30分頃なので5時頃はまだ明るく、トリック・オア・トリートOKのサインの玄関の外灯が点かないので、子どもたちは素通り。
 あたりが暗くなり始めた6時半ころから、ポツリ、ポツリとトリック・オア・トリートの子供たちがやってきた。

 気温は10℃で寒かったことと、翌日も学校があるためか、8時くらいにはトリック・オア・トリートはほぼ終わったようだった。

 我が家に来たのは12グループ、準備していたお菓子は2/3はなくなったので、残りは自分たちのおやつにできて、丁度いい分量だった。
 8時ちょっと前に来たグループの子が、怪獣の作ったピカチューのジャック・オ・ランタンを褒めてくれて、お菓子を渡していた怪獣は喜んでいた。

| | コメント (5)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »