« Niagara Falls State Park2
ポケモンGO その14‐カメラ機能‐
| トップページ | 夏のテーブルコーディネート2017 »

2017年4月30日 (日)

シロ(猫)の血尿事件&その後

Img_0066s 4月25日の朝、が「白猫の調子が悪そう」と言う。
朝はいつもが餌をあげているのだが、あまり食べないし、うずくまって震えているという。

 1階に降りていって猫たちの様子を見ると、マダラの方は元気そのものでシロの残した餌をちゃっかり平らげていたが、シロは確かに元気がなさそう。

Img_3398s(←キッチンのタイルの上の血尿?)

  いつも餌を食べさせるキッチンの一角を見ると、タイルにピンクの染みのようなものがあちらこちらに点々とついている。

 血尿か?と思って、猫のトイレを確認しに行ったら、猫トイレの近くのタイルにも、血の塊の混じった赤い液体が…

Img_3395s(←猫トイレの近くの血尿)

 これは放っておくわけには行かない。
獣医に連れていかなければ…と、思ったが、今の家に引っ越して来てから(正確に言うとアメリカに越してから)一度も獣医に連れていったことがない。
 アメリカは人間の医者もそうだけれど、獣医も当たり外れが激しくて、誰が良心的な医者なのか行ってみないとわからない(上に診療費も高額)。

 どこへ連れていったらいいのかわからないので、知り合いのM.Bさん(旦那さんが以前日本に単身赴任していた)にテキスト(ショート・メール)をしたら、自分の犬が通っている獣医を紹介してくれて、(その日はたまたま仕事が休みなので)獣医に連れていってくれるという。

Dsc09376s(←処方された薬)

 早速教えてもらった獣医に電話をかけて午後3時に予約を取り、獣医に連れていってもらった。

 検査と診察を受けて、膀胱の感染症だろうということで、朝晩2回2週間分の抗生剤が処方された。
(診察と検査と薬の処方で約140㌦)

 診察した時に、犬歯が一本ないし、歯茎が腫れているので、膀胱の感染症が治ったら口の中の治療をすることを勧められた。

Img_3405s(←抜けてしまった左上の犬歯)

 処方された薬を飲み始めて3日目の朝に、薬を飲ませようと口を開けたら、もう片方の上顎の犬歯も抜けていたし、確かに歯茎も腫れている。
 どこへ行った?シロの犬歯…

 歯が抜けてしまった翌日の朝(金曜日の朝)からシロの調子が悪く、餌を食べても吐いてしまう、水を飲んでも吐いてしまう、を繰り返して(食欲もないらしく)遂に飲み食いするのを止めてしまった。

 水が飲めないと脱水症状が怖いので、土曜日の朝一で獣医に電話をかけて連れていった。
 診てもらった結果、薬の副作用かもしれないということで、血尿が止まっているなら処方された薬は止めるように言われた。
 水も食事も取れないので、皮下に注入して徐々に吸収される栄養剤のようなもの(24時間で吸収され、水も食事もとらなくても大丈夫なもの)をうってもらって、暫く様子を見ることになった。
 消化の良い猫缶も(食べるかどうかがわからないので)一つだけ試しに買った。
 土曜日の獣医にかかったお金は、診察料は無料だったので、栄養剤と猫缶の代金だけで31ドルだった。

 この記事を書いている今も調子が悪いらしく、じっとしている。
年が年(今年で14歳)なので心配。
 

|

« Niagara Falls State Park2
ポケモンGO その14‐カメラ機能‐
| トップページ | 夏のテーブルコーディネート2017 »

コメント

>ねね!さん
 訪問&コメント&元気玉ありがとうございます~
 お陰様で今日からカリカリ(ドライフード)が食べられるようになりました。
 


>ちかよさん
 訪問&お見舞い&コメントありがとうございます。
 お陰様でずいぶん体調も回復してきました。
 ちかよさんの猫さんもシロというお名前なんですね。
やっぱり、シロ猫ですか?
 うちの猫も日本にいた頃は予防接種してたのですが、年を取るにつれて接種の後数日間体調が悪くなるようになったので、体への負担も考えて止めました。
(アメリカは狂犬病が撲滅されていないので、狂犬病の接種もしなくちゃいけないので、更に負担も大きいです。)
 実内飼いで外に出さないようにしています。
年だから、外に出ようとは思わないみたいですが…
  


>松Gさん
 こんにちは~
訪問&コメントありがとうございます。
 アメリカの病院は日本と違って医療費が点数制ではなくて、それぞれの医師が診察料を自由に決められるので、高い医者にかかっちゃうと大変です。
 床屋は…
ヘアスタイルが『短い』か『長目』しかない。
『短い』を頼むと丸坊主かGIカットになっちゃいます。
どこでやっても同じクオリティー(の低さ)なのには笑えます。
 

投稿: yuuki | 2017年5月 2日 (火) 22時47分

こんにちは。
海外生活はいろいろと大変ですね。
病院と床屋は特に難儀します。
早く良くなるといいですねー

投稿: 松G | 2017年5月 2日 (火) 16時22分

yuukiさん
家猫3才誕生日のシロちゃんと同じ名前。
14才早く元気になるといいね。
お大事にm(_ _)m
我が家のシロちゃんは、
動物病院の里親から譲り受けた
10種の予防ワクチンしているので、
お外で遊んでも、ケンカしても、
皮膚癌の心配もありません

アメリカは予防接種していなくても、
獣医さんに、見てもらえるのね。
良かった


投稿: ちかよ | 2017年4月30日 (日) 14時37分

あらら シロちゃん大変ですねぇ
日本から元気玉の念を送っていきますぅ
可愛いシロちゃん早く元気になって下さい

投稿: ねね! | 2017年4月30日 (日) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Niagara Falls State Park2
ポケモンGO その14‐カメラ機能‐
| トップページ | 夏のテーブルコーディネート2017 »