« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月30日 (火)

ステンドグラスクッキーに挑戦

013s 五月の下旬に知り合いの8歳の女の子の誕生日のプレゼントにステンドグラスクッキーを焼いてみた。

 日本語のレシピによると、真ん中に穴の開いた型抜きクッキーの穴の部分に砂糖を入れて焼くだけの簡単なレシピだったので挑戦したのだが、レシピの通りの温度と時間焼いたのだけれど、グラニュー糖はグラニュー糖のままでちっとも融けない。

006s 2回目はクッキーだけ先に焼いて、後でレンジで飴を作って流し込む方法で作ってみたのだけれど、冷めると飴の部分が白濁してしまい、ステンドクラスでなくて摺りガラスクッキーになってしまった。

 どうやら、ステンドグラスクッキーに使う砂糖はグラニュー糖ではなくてパラチニット(イソマルツロース)という種類の砂糖らしいのだが、近くのスーパーを探してみても見つからない。
(我が家は田舎なので、製菓材料店なんてものはないけれど、それでも近所のスーパーの製菓コーナーには普段のお菓子つくりは問題がないくらいの品揃えはある。)

008s ネットで検索すると、飴細工用のプレーケーキというメーカーが出しているものがあったのだが、ネットで注文していたら誕生日には間に合わないので、グラニュー糖と近くのスーパーで手に入れられる材料で飴を作る方法を英語のサイトで探してみることにした。

 "the spruce"というサイトのFunfetti Lollipopsのレシピによると、基本的に水と砂糖とコーンシロップの3つの材料でできるらしいので、飴を作ってクッキーの穴に流し込む方法で作ってみたら何とかステンドクラスクッキーっぽいものができた。

v(^^*) ヤッタネッ!

 ステンドグラスクッキーができたので、2枚同じ形のクッキーの間にスプリンクル(デコレーションなどに使う砂糖などでできたトッピング)を入れてアイシングでデコレーションして無事出来上がり~

Dsc09439s(←レッドベルベッド・クリームチーズフロスティング。ミニカップケーキ)

 ステンドグラスクッキーとは関係がないのだけれど、ミニカップケーキ(レッドベルベッドにクリームチーズフロスティング)も作ってみんなで食べられるように2ダース持っていったが、小さかったのであっという間になくなってしまった。

続きを読む "ステンドグラスクッキーに挑戦"

| | コメント (2)

2017年5月27日 (土)

窓注文事件

017s 我が家は1970年代に建てられた築約40年の分譲住宅です。
7年前に中古で購入して以来、古くなった設備を色々交換してきました。

(←水色の矢印の先:今年の夏交換しようと思っている古い窓
ピンクの矢印の先:交換が終わった窓)

 表庭に面した部屋の窓も窓枠とガラスの間に隙間ができたりして断熱性がかなり悪かったので、2回に分けて交換して、残るは玄関の上の窓だけになりました。

 本当は去年の夏に交換する予定だったのですが、の父が急に入院してしまい、が日本に一時帰国したため、お金と時間がなくなってしまって交換できませんでした。

015s(←今年交換予定の玄関の上の部屋の窓)

 今年こそは…
と、いうことで、4月の末にが交換する窓をDIYのお店に注文しに行きました。
(我が家の窓の規格は古いもので、今のスタンダードなサイズではなくなっているため店頭では販売していない。そのため、セミオーダーでサイズを指定しなければいけない。)

 が注文に行った日は、特別セール期間の最終日で、15%割引の上に、レシートの番号をDIYのチェーン店の本部に送ると更に支払った金額の11%を返金するキャンペーンをやっていた。

 は注文に行く時に、以前に交換した窓の注文書と、今回注文する窓のサイズを計ったものを持っていったにも関わらず、窓枠の外側の色を白を指定するところを、間違って茶色を指定してしまった

┐( -"-)┌ヤレヤレ...マタダヨ

表庭に面した窓は5カ所あって、今までにそのうち4カ所は交換済みで、最低2回は注文しているのである。
 初めての注文なら仕方がないとしても、3度目の注文で、しかも以前の注文書を持っていっても間違って注文するってどういうことよ‼

 おまけに、翌日私に間違った色の変更に行くように命令してくる。
(-゛-メ) ムカッ
『間違ったのはなんだから、が変更にいけばいいでしょう』
と、言いたいところだが、言えば口論になるだろうし、
また間違った色を指定して来かねないので、渋々私が色の変更に行くことに…

 色の変更は簡単ではなかった。
一度前に注文したものを全部取り消して、その後白い窓枠の窓を再注文ということになった。
 セールは前日で終わってしまっているので、自動的に割引にはならず、係りの人がレジを色々操作してくれて、なんとか15%引きで買うことができた。
 レジを通す時に、11%の返金キャンペーンも使えるといわれた。

 それから暫くして、宛にDIYのカスタマーセンターから、11%の返金キャンペーンに送ったレシートの番号は対象製品ではないので、対象製品のレシートを送るように通知の手紙が来た。

 そこでまたもやが、
「お店に行って何が問題なのか調べて来て」
(o ̄∇ ̄)σイケ
と、私に指示。

(#`-_ゝ-)ピキ
「あなたが何を送ったかもわからないのに、私が店に行ってどうするの」
と、私が返事をしたら、

:「じゃあ一緒に行こう」
と、2人で行くことに…
はいつも「自分一人でやればいいのに…」と思うことも必ず誰かを巻き込みたがるのである)

 店に行ってわかった事は、色の変更前のレシートの番号は(返品したため)無効になっていて、色の変更後のレシートは(キャンペーン期間後のものだったため)キャンペーン用のレシート番号がないので、対象製品とは認識されなかったのだろう。
 変更前のレシートと、取り消しのレシートと、変更後のレシートの3つをいれて、状況を説明するメモを添えて封書で送ってみたら返金されるかもしれないと言われた。

 そして、店に行った翌日の朝、
:「もう返金の期限までに時間がないから、昨日店に行った時に言われたようにして、郵便局に行って投函しておいて」
と、いう。

(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!
いやいやいや…
「封筒に必要なものは全部入れて、宛先も書いておいたから、後は切手を買って投函して」
なら、まだわかるが、
どこに送るかもわからない。
何の準備もされていない状態のものを私に押し付けようってどういうこと?
(一緒に店に連れていったのは、私に後の手続きを丸投げしようという魂胆だったのか?)
そもそも、今回のゴタゴタはが色を間違ったから起こったことで、なぜ私が尻拭いしないといけない?

 発達障害の気の強いと暮らしていると、いつも私が尻拭いをさせられることが多いのである。
 尻拭いをして感謝してくれるならまだしも、感謝するどころか私が尻拭いするのが当然と思っていて、断ると怒りだす。
(おまけに、今回は尻拭いの後の尻拭い(返金キャンペーンの手続き)まで押し付けてくるし…)
 私が尻拭いしている限り、ミスはなくならないんじゃないか?
次から尻拭いを頼まれて断って怒りだしても、放っておこうか?と考え中。

| | コメント (5)

2017年5月24日 (水)

Wild Oats
素敵な遺産相続

Dsc09422s Wild Oatsは2016年のアメリカのコメディー映画。
邦題は『素敵な遺産相続』で2017年の6月3日に公開予定。

 映画は、元高校教師のエヴァ(シャーリー・マクレーン)の夫の葬儀のシーンから始まる。
 エヴァの長年の親友で、旦那に若い女性と浮気され駆け落ちされたばかりのマディ(ジェシカ・ラング)が(自分も一人ぼっちなのも手伝って)エヴァを献身的に慰め支えている。

Image1(←上:エヴァの夫の葬儀のシーン
中:葬儀の後の食事会で話すエヴァとマディー
下:これからのことについて話すエヴァとエヴァの娘夫婦)

 夫が亡くなってすぐに、エヴァは経済的な心配が降りかかってくる。
 エヴァの夫の生命保険の額はわずか5万ドル(約500万円)しかかかっていなく、貯金額も年金収入もごくわずか、マディーと共にこれからどうやって生活していこうか?と、ため息混じりに話すが、これといった解決策は見当たらない。

 エヴァの娘のクリスタル(デミー・ムーア)は、エヴァが一人で暮らすのは年が年なため心配なので、何かあった時の為にフザーをいつも携帯するように勧め、家もリフォームして売りに出すことを勧める。

Image2(←上から1番目:保険会社からの手紙、
上から2番目:保険会社からの小切手、
下から2番目と一番下:保険会社に問い合わせの電話をかけるエヴァとマディー)

 ある日、エヴァは夫がかけていた保険会社から手紙と小切手を受け取る。
 手紙には保険の受取額5万ドルを送付しますと書かれているのに、小切手の額面は500万ドル(約5億円)!
 驚いたエヴァはマディーに相談する。
 2人は取り敢えず保険会社に確認しようと保険会社に連絡をするが、保険会社の電話は音声案内の機械がでて、案内の通りに操作するが、(年齢のためかテクノロジー音痴のエヴァとマディーは)どうやっても人間の担当者に繋がらない。
 ついには一方的に(機械に)通話を切られてしまった、エヴァとマディーは途方にくれる。

 マディーは、もしも間違いだということに保険会社が気が付いて返金を求められたら…と心配するエヴァに、小切手を換金してエヴァの銀行口座に入れて置けば安全だし、何か言われたら年寄りだから混乱したといえばいいのよ~と説得。

Image3 2人は近くの銀行に行き、ATMで小切手をエヴァの口座に振り込もうとする。

 ところが、機械音痴の2人はATMの操作に失敗してうまく行かず、機械の前でまごまごしていると、銀行の警備員に声をかけられる。

 銀行の警備員はエヴァのかつての教え子で、エヴァが困っているようだったので声をかけただけだったのだが、後ろ暗いところのあるエヴァとマディーは思いっきり挙動不審状態になり、助けはいらないというが、結局、デスクに通されて銀行員と話すことに…

 銀行員は小切手を見て、他の州の小切手だし額が大きいので確認に3日くらい時間がかかるかも…と、話す。
 ここでもエヴァとマディーは挙動不審っぽくなって、「家のトースターにベーグルを入れたまま忘れてきたから今すぐ帰らなくちゃ…」と意味不明な言い訳を始めて、小切手を取り返して帰ろうとする。

 銀行員は急いで問い合わせて見るからと、小切手の裏にエヴァのサインを貰って※小切手を預かる。

 エヴァとマディーは確認されたら間違いだったことがわかってしまうだろうと落胆しながら銀行を後にしようとするが、銀行の出入り口の所で銀行員に呼び止められ、「確認できたので入金します。家につく頃には入金済みになっています。」と言われる。

Image5(←一番下:チャンドラー役のビリー・コノリー)

 500万ドルを手に入れたエヴァとマディーは、カナリア諸島(スペイン領)のグラン・カナリア島に豪遊に出かけることに…

 飛行機のファーストクラスをとり、でホテルの高級スイートルームに宿泊し、服も買い替えて豪遊する2人、ホテルのプールサイドで寛いでいると、初老のチャンドラーと名乗る紳士(ビリー・コノリー)に声をかけられる。

 エヴァは乗り気でないが、新しい恋人を探したいマディーは積極的で、夕方にホテルのバーで会う約束をとりつける。

 2人がグラン・カナリア島でバケーションを楽しんでいた頃、保険会社では間違って小切手を送ったことに気が付き、小切手は既に換金されていることを知る。

Image4(←下:ヴェスプッチ)

 保険会社の職員ヴェスプッチ(ハワード・へスマン)は上司から間違って支払われたお金を回収してくるように上司に命令される。

 この映画は図書館から借りてきて観たのだけれど、思ったよりも面白かったのでお勧めです。

 電話の音声案内のシーンは、(映画の中ではちょっと大げさだけれど)アメリカで暮していたら「あるある」と共感できるシーンです。
(アメリカで会社の代表の番号などに電話をかけると、誰もが多かれ少なかれ機械の音声案内で不自由な思いをしたことがあるはずで、そこを面白可笑しくした感じです。)

 あとは、間違って送られて来た小切手を換金しようとした時の2人の挙動不審ぶりが笑える。
 他にもあるのだけれど、これ以上書くとネタバレになっちゃうので、後は観てのお楽しみ…ということで…

続きを読む "Wild Oats
素敵な遺産相続"

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

母の日の食事&カップ計量のお菓子作り

004s 5月14日は母の日で、が夕食にタコライスを作ってくれました。

(←タコライスとルートビアフロート)

 オリジナルのタコライスはご飯の上にひき肉のタコスのミートを乗せただけのものだけれど、我が家ではチーズと刻みレタスとトマトをのせる『タコライス・チーズ・野菜』をタコライスと呼ぶことが多い。

001s_2(↑タコライス
上に乗っているソースは、トマティーヨで作ったグリーンサルサ

 自分で夕食を準備しなくて済むということは何と楽なことか…

011s(←デザートのレモンタルトと手作り母の日のカード)

 デザートはスーパーのベーカリーで売っていたレモンタルトを食べた。

 怪獣の手描きのポケモンのイラスト入りのカードに怪獣のメッセージも添えてもらった。
のは日本語でメッセージが書かれていたが、怪獣のメッセージは英語だった。
怪獣は日本語の文字を書く事ができないらしい。

続きを読む "母の日の食事&カップ計量のお菓子作り"

| | コメント (2)

2017年5月18日 (木)

Belle Isle Park4
ポケモンGO マグマッグの巣

001s 先週の土曜日(5月13日)に家族でBelle Isle ParkにポケモンGOをしに行きました。

Image3s(↑Belle Isle Parkで撮ったマグマッグの写真)

 私たちが出かけた日は気温も18℃と暖かく子どもたちの団体や家族連れが沢山いた。
沢山いたと言えば…

Img_3444s

(←近くにいるポケモンのリスト
9個のうち4個までマグマッグが表示されている)

 その日はマグマッグが大発生していました。
 近くにいるポケモンのリストもマグマッグだらけ。
 ポケストップをあちらこちら移動してもマグマッグが表示されない事はないくらい沢山でていました。
 ポケストップの近くじゃないところにもいたり、捕まえても捕まえても次々湧いてくる感じでした。

Image1s(←の捕獲したマグマッグ)

 マグマッグはレア度は高くないポケモンだけれど、我が家の近所では炎ポケモンが出にくいので、怪獣もマグマッグは1匹も持っていなかったです。

 マグマッグは最大HP値もCPもあまり高くなくジム戦で使えるポケモンではないけれど、進化してマグカルゴにしてポケモン図鑑に(雄と雌の両方)登録するべく家族で捕獲しまくりました。

 私のポケモンボックス(ポケモンを入れておくスペース)に余裕がなかったので、個体値の低いものは捕まえても博士に送っていたけれど、がプレーしていたアカウントはポケモンボックスに空きが沢山あったので、捕まえたマグマッグは全部保存してありました。
 保存してあった数を数えてみたら…

 その数ナント29匹

 ポケストップの近くにいるポケモンに表示されたマグマッグを全部捕まえたわけではないし、逃げられたものもいるので、お弁当を食べていた時間も含めて3時間弱で29匹捕まったので1時間に約10匹の割合で捕まえていたことになります。
(マグマッグ以外のポケモンも捕まえていたので、1時間に10匹は多いと思います。)

 今回ポケモンGOをプレーしたのは水族館と温室のあるエリアが中心でした。

 前回といった噴水の広場にも行く予定でしたが、車のブランドのシボレーのレースが6月の下旬に予定されていて、コースの設営中で入れなくなっているところがあったので今回は諦めました。

Image4s(↑怪獣がマグマッグから進化させたマグカルゴ)

| | コメント (2)

2017年5月15日 (月)

焼き鳥でパーティー

Dsc09403s 先週の土曜日、(誕生日ではないけれど近い週末ということで、)怪獣の誕生日のお祝いをしました。

(↑食事会に使ったテーブルセッティング)

Dsc09405s(←一人分のテーブルセッティング)

 昼間はお弁当を持ってBelle Isle Parkに家族でポケモンGOをしに、夕食は怪獣のリクエストで焼き鳥と枝豆で誕生パーティー?をした。

006s(↑食事を並べたところ)

メニューは
・焼き鳥
・枝豆
・稲荷寿司&海苔巻き
・生春巻き
・かき玉汁
・ケーキ(デザート)
・ノンアルコール・マルガリータ(飲み物)

011s(↑焼き鳥&枝豆)

 メインディッシュの焼き鳥は鶏もも肉を買ってきて、皮と骨を取って一口大にカットして串に刺してグリルで焼いたもの。
 串に刺すのは、たれを作ったのは私、焼いたのはでした。

008s(↑稲荷寿司と海苔巻き)

012s(↑ターキーと蟹カマの生春巻き)

019s(↑一人分を盛りつけたところ)

026s(↑ケーキ)

042s2(↑ケーキを一人分盛りつけたところ)

 ケーキ以外は居酒屋っぽいメニューだけれど、テーブルの飾り付けや盛り付けを工夫したら、パーティーっぽくなったのではないかなぁ…

| | コメント (4)

2017年5月12日 (金)

夏休み(怪獣&娘)
ポケモンGO その15‐草ポケモン・イベント‐

Dsc09307s 今年は春になってもなかなか気温が上がらず、庭の桜も4月の中旬になっても花の気配が全くなかったです。

(↑4月22日、庭の桜)

 4月16日のイースターの週末の灯台巡りナイアガラ滝の旅行から帰って来たら、我が家の周辺もようやく花が咲き始めました。

009s(←4月25日、庭の桜の木)

 我が家の庭の桜も20日頃から咲き始め、28日頃にほぼ満開。

 我が家の桜は山桜なので、開花も遅く葉と花が同時にでてくるので、ソメイヨシノのように花だけを楽しむ感じではなくお花見にはあまり向いていない感じです。

 我が家の桜の木は夫婦の寝室の窓から丁度見える位置に植えられていて、花の季節には寝室の窓から花を見ることができるし、夏は葉が茂って外からの目隠しにもなるように、上手く庭の設計がされています。

Dsc09378s(←寝室の窓から見たの桜の花)

 ようやく花が咲き始めて春らしくなって来たと思ったら、怪獣のコミカレの春学期(冬学期?)が4月一杯で終わり、5月から夏休みにはいりました。

 他州に住むの大学は怪獣のコミカレよりも少し遅く学期が終わり、5月3日(水曜日)が試験の最終日でした。

007s(←5月10日
花がほぼ終わって散って葉桜になった庭の桜)

 の最後の試験はオンラインだったので、3日の日に帰省してきて、家に帰る途中の車の中で試験を受けはじめてていました。
 帰宅して試験を終えた後、最後のレポートを書いて、友人にチェックしてもらって、深夜1時前に提出していました。
の大学のある州とは時差があるので、こちらで深夜12時を過ぎても締め切りの時間は過ぎていない。)

Img_3378s(←4月23日
我が家の近くのモールの駐車場)

 夏休みと上で書いたけれど、アメリカの大学やコミカレには日本のように学校全体が休みになる夏休みはないです。
 詳しくは以前の記事に書いたのですが、怪獣の通っている学校はセメスター制で、1年を3学期に区切ってそのうち2学期通学して、1学期は休んでもいい仕組み(休まずに通学してもOK)です。

010s(←5月10日
玄関前の芝桜)

 2学期連続して通えばどの学期に休みを取ってもいいので、秋や冬にも休みを取ることもできるのですが、夏に休みを取る学生が多いです。

 怪獣の学校が夏休みが始まってすぐ、5月5日から突然ポケモンGOの草ポケモン・イベントが始まった。

続きを読む "夏休み(怪獣&娘)
ポケモンGO その15‐草ポケモン・イベント‐"

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

Bill

Dsc09339s Billは2015年のイギリスのファミリー・アドベンチャー・コメディー映画。
 劇作家であり文豪のウィリアム・シェークスピアが有名になる前の若い頃を想像して描いたフィクション映画。
(シェークスピアが劇作家になる以前の生活は不明で、色々な疑惑や学説が飛び交っている。)

 主な役柄は、テレビの子供番組'Horrible Histories'と'Yonderland'シリーズの俳優や女優が演じている。

Image5 30歳のウィリアム・シェークスピア(マシュー・べイントン)はストラトフォード=アポン=エイヴォンに年上の妻のアン・ハサウェイ(マーサ・ホーダグラス)と3人の子どもたちと住んでいる。

 今まで色々な仕事を点々としてきたが、どれも長続きせず、その当時やっていたリュートの演奏家も首になってしまい、妻のアンにそろそろ身を固めてはどうかと勧められるが、ウィリアム(=ビル)は劇作家になりたいといいだす。

 ビルの住んでいるストラトフォードには劇作家の仕事はなく、アンは猛反対するが、ある朝ビルはこっそり家を出て都会のロンドンに向かう。

Image4 富と名声を求めてロンドンに出てきたビルだが、田舎から出てきた無名の(しかもまともなシナリオの書き方すら知らない)劇作家の需要はなく、市場で着ぐるみを着て客引きをする仕事をすることになる。

 時は1549年、ペストと戦争(カソリックとプロテスタントの宗教戦争)の時代で、スペイン(カソリック)のフェリペⅡ世(ベン・ウィルボンド)とイギリス(イギリス国教会)のエリザベス女王(ヘレン・マックローリー)が大西洋の覇権争いで対立している。
 スペインの船数多くがイギリスの海賊に略奪され沈没させられたことにフェリペⅡ世は非常に腹を立てており、イギリスに仕返しして侵略し、イギリスを再びカソリックの国に戻す機会を狙っている。

Dsc09351s(←エリザベス女王役のヘレン・マクローリー)

 そんな中、エリザベス女王は、スペインのフェリペⅡ世をイギリスに招いて、王宮で劇を上演することにする。

Dsc09373s(←クロイドン伯爵役のサイモン・ファーナビー)

 クロイドン伯爵(サイモン・ファーナビ―)は自称文豪と触れ回っていたため、女王から劇の手配と上演を任される。  しかし、クロイドン伯爵はシナリオも書けなければ、役者を集めることも演技のことについて何も知らない状態で途方に暮れる。

Dsc09372s(←フェリペⅡ世役のベン・ウィルボンド)

 イギリスに招かれたのを機会にエリザベス女王を亡き者にしようと企んだフェリペⅡ世は、暗殺団を編成して変装して招待された日よりも早くイギリスに入って暗殺の陰謀の準備を始める。

Image2 フェリペⅡ世は自分の歓迎パーティーに宮殿で劇が上演されることを聞きつけ、暗殺団を役者として宮廷に送りこみ、舞台の道具と共に火薬を持ち込み、エリザベス女王の宮殿を女王もろとも吹き飛ばす計画をたてる。

 フェリペⅡ世はクロイドン伯爵が宮廷で開かれる劇の担当になっているという情報を知り、クロイドン伯爵の家に押しかけ、自分の家来(本当は暗殺団)を役者として使ってくれれば、スペインとイギリスの友好にもなると説得。

Image1 何から始めたらいいのか途方に暮れていたクロイドン伯爵は渡りに船とフェリペⅡ世の提案に乗るが、肝心の劇のシナリオが全くできていない。

 ひょんなことで劇作家を目指しているビルの事を知り、シナリオを書いて演出もするように依頼。
 ビルは自分が書く劇が女王暗殺に使われるとは知らないまま、千載一遇のチャンスと友人のクリストファー・マーロウ(ジム・ホーウィック)に手伝ってもらって初めてのシナリオを書くが…

Dsc09361s この作品に出てくる役者は一人何役もこなしていて、例えば主役のビルをやっているマシュー・べイントンは、バーリー公爵役、イギリスのメッセンジャー役、税関の役人の役もやっている。

 クロイドン伯爵役のサイモン・ファーナビーは、フアン・ドミンゴ(暗殺団の一人)役、市場の客引きソーセージ役、ドミトリー・アレクサンドロビッチ役、毛皮商人の役もやっている。

 脇役だけでなくメインキャラクターまで複数役を演じているので、観ていて(私って白人の見分けがつかない~あれもこれも同一人物に見える~o(T^T)oと)混乱した。
 が、後で配役を見て同一人物とわかって納得がいった。
誰がどの役を兼任しているのか見つけながら観るのも面白いかも…

 他には(↑のThe game is afoot.※のシーンように)英語の有名なフレーズや言いまわしとかをパロディーにしたシーンもあった。
 そんなの英語が母国語でない私にはわからないので笑えない。
私がイギリス人だったらもっと面白く見られたのかも…

 この作品の邦題や日本での公開やDVDやブルーレイの情報を知るためにネットで調べたのだけれど、今のところ(2017年5月現在)何の情報もみつからなかったのが残念です。

続きを読む "Bill"

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

端午の節句2017

006s 今年の5月5日は金曜日で、出かける用事があったので、1日繰り上げて5月4日にお祝いしました。

(↑端午の節句に使ったテーブルコーディネート)

019s(↑一人分のセッティング)

 今年のテーブル・デコレーションはテーブルランナー等に使った幅広のリボンとバフェの上のカーラリリーの造花のみが新しく購入したもの。
(カーラリリーの造花は定価が1本税抜き5ドルのものを、セールとクーポンの割引を使って税込みで1本1.68ドルで買えた。)

014s(↑食事を並べたところ)

 他州の大学に行っているが夏休みで5月3日に帰って来たばかりなので、今年のメニューは準備が簡単な手巻き寿司にすることにした。
(メニューが手巻き寿司なので、テーブルセッティングにはナプキンではなくて、おしぼりを使った。)

Img_3413s(↑一人分の盛り付け)

 デザートは兜型のミニケーキを作った。

004s(↑兜ケーキ)

010s(↑兜ケーキ)
 
 兜ケーキは、チョコレートケーキの生地をバントレットケーキ型で焼いて、クッキーで飾りを焼いてガナッシュでケーキに張りつけたもの。

 バントレットの中央の穴に余ったガナッシュをしぼり袋に入れて詰めた。

017s(↑バフェの上のカーラリリーと菖蒲の飾り付け。
端午の節句が終わったら菖蒲を外して別の花に差し替えて七夕のデコレーションに使おうと画策中)

| | コメント (2)

2017年5月 3日 (水)

夏のテーブルコーディネート2017

004s そろそろ5月なので、ダイニングのデコレーションを夏の飾り付けに変えました。

 去年はメキシコ風にしたくて柄×柄で色使いも激しかったので、今年はその反動からシンプルな飾りつけにすることにしました。

008s(↑一人分のセッティング)

 今年のテーマカラーはオフホワイトと青、アクセントカラーに緑と黄色を使っています。
今回のコーディネートの為に買ったのは、バッフェの上に置いてある花瓶に使っている密閉用の瓶と、テーブル中央のブルーのケーキスタンドとブルーのカップ。

028s(↑バフェのうえの飾り)

 バフェに敷いてあるネイビーブルーのドイリーは、ネットで探したフリー編み図を参考にサマーヤーン(サマーセーターを編む糸)で作ったもの。
 花瓶にはひまわりとブルーのライラックの造花を飾りました。

010s(↑全体のコーディネート)

 去年の色が多い飾り付けと比べるとシンプルで涼し気だし(夏至のデザート・パーティーにも使えそう)、大皿をテーブルに並べて食事を取り分けられるので、給仕したり食べ物を取るためにキッチンとダイニングを行ったり来たりする手間がなくていいのではないかと思っています。

| | コメント (2)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »