« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月30日 (月)

ポケモンGO その23
ハロウィーン・イベントAR画像集

Img_5658s (↑ピカチュウがトリック・オア・トリートに来たよ~)

 昨日の記事の続きで、今日はハロウィン・イベント中に撮ったポケモンのAR画像をUPすることにしました。

Image6s(↑魔女の帽子を被ったピカチュウ。
左:♂、右:♀)

Image8(↑左:ゴースと右:ゴースト、第1世代)

Image9(↑左:スリープと右:スリーパー、第1世代)

Image10(↑左:カラカラと右:ガラガラ、第1世代)

Image11(↑左:ズバットと右:ゴルバット、第1世代)

Image7(↑左:ムウマと中:デルビルと右:ヘルガー、第2世代)

Image12(↑左:ヤミラミと中:カゲボウズと右:ヨマワル、第3世代)

続きを読む "ポケモンGO その23
ハロウィーン・イベントAR画像集"

| | コメント (2)

2017年10月29日 (日)

ポケモンGO その22
ハロウィーン・イベント1

Img_5619s(↑ハロウィン・イベントのお知らせ画像)

Img_5418s ハロウィン(10月31日)が近づいて今年もポケモンGOのハロウィン・イベントが10月20日の午後2時半(東部夏時間)から始まった。

(←ハロウィン・イベントのお知らせ画像 その2)

 イベントのお知らせ画像にもあるように、ポケモンを捕獲したり、博士に送ったり、卵から孵したり、相棒にして歩くと貰えるアメの数がいつもの2倍になる。

Image4s
(↑今年のハロウィン・イベント中に出やすくなっていたポケモン
他にもズバットやゴルバットやクローバットやヤミカラスが出やすくなっていたけれど、私の住んでいる地域ではズバットやヤミカラスは普段から沢山でるのでスクショをとらなかった。)

Image2(↑ハロウィンイベント中に解禁になった第3世代のゴーストタイプのポケモン)

 ゴーストタイプやドクロに関係したポケモンが普段より出やすくなっていて、第3世代のポケモンのゴーストタイプ5種類が解禁になった。
 ヤミラミとカゲボウズとヨマワルには色違いが出るらしいが遭遇したことはない。
使っているSNSで金のヤミラミとピンク?のヨマワルの捕獲報告の画像を見ただけ。

Image3(↑魔女の帽子を被ったピカチュウ)

 イベント期間中には、魔女の帽子を被ったピカチュウやライチュウが出現。
卵からは魔女帽子のピチューも孵るらしい。

Image1(↑期間限定のパッケージ)

 また、期間限定でお買い得なパッケージの販売もされていて、私はスーパー孵化装置が欲しかったので、780コインのスーパーボックスを購入した。
(ちなみに
スペシャルボックスの中身は、おこう×5、プレミアムレイドパス×6、パイルのみ×10
ハイパーボックスの中身は、おこう×12、スーパーふかそうち×6、しあわせタマゴ×6、プレミアムレイドパス×6
でした。)

Image5s(↑左:ロード画面
右:ミミッキュ帽子を被ったアバター)

 ハロウィン・イベントが始まってロードの画面の絵がハロウィン仕様に変わったり、音楽がハロウィンぽいアレンジに変わったり、アバター用のミミッキュ帽子が配布になった。

 ハロウィン・イベント期間のポケモンのAR画像をこの記事にUPする予定だったけれど、長くなったので続きは明日に…

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

マダラ猫、健康診断

Img_0160s 9月の半ばごろ、シロ猫がかかっている獣医からメールが来て、シニアのペット(6歳以上)の健康診断を期間限定で特別価格でやるのでどうですか?と案内が来た。

検査の内容は、

・身体検査
・血液検査
・尿検査
・心糸条虫検査
・猫白血病検査
・検便
・胸部&腹部レントゲン

で、普段は640ドルのところ、キャンペーン期間中は260ドルで健康診断ができるというので、アメリカに来て1度も獣医に厄介になったことのないマダラ猫に受けさせることにして9月28日日に予約を取った。

(もう1匹のシロ猫は今年の4月9月に体調不良で2回獣医に受診しているし、受診した時に血液検査も尿検査もしているので、健康診断は必要ないだろうと思ったので受けさせないことにした。)

Img_0162s 検査の前は

・検査の8時間以上前から絶食(水はOK)
・前日の夜か当日の朝の便を持ってくる
・尿検査のため、検査の前1~2時間は排尿を我慢させるように

と、指示があった。

 当日の朝はシロ猫に餌をやるとマダラ猫も食べてしまうので、白猫も朝食抜き。
 朝1番の予約でマダラ猫を獣医に連れて行って検査してもらった。
尿が膀胱に殆ど溜まっていなくて採尿できなかったので、獣医で暫く預かって尿が取れたら連絡しますと言われた。

030s どれくらい時間がかかるか聞いたら、半日くらいはかかるかも…と言われたので、餌と水を取りに一度家に戻って、獣医に届けた後近くの公園で電話がかかるまでポケモンGOで暇を潰した。

 餌を届けて1時間くらいすると、獣医から連絡があったので、マダラ猫を迎えにいって、健康診断の料金と背中に小さなコブのようなものがあったので追加で検査した料金を払って自宅に帰った。

 検査の結果は翌日メールで送られてきて、背中のコブは脂肪の塊で、歯と腎臓にちょっと問題があったが年齢のためだろうという事で、その他には健康上の問題は見られなかったようだ。

 腎臓は餌を腎臓に負担のないものに変えることを勧められたが、マダラ猫は好き嫌いが激しくて、気に入る治療食がみつかるかどうか…

| | コメント (2)

2017年10月25日 (水)

再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その8
その他雑感など

Img_5162s 今回のアッパーペニンシュラ観光は9月の第3金曜日と土曜日の1泊2日の小旅行だった。

 アッパーペニンシュラは放牧が盛んなのか(それとも単に牧草の産地なのか?)、今回の旅行であちらこちらで冬に備えて牧草をロールにしているのを見かけた。

(↑↓道路沿いの牧草のロール)

Img_5165s 昔はサイレージを使って冬の間の牧草を確保していたのだとうけれど、今はロールに切り替わっているようで、あちらこちらに古くなって朽ちかけたり風化しているサイレージの跡も見かけた。

Img_5283s 牧草地や畑以外は森や林ばかり。
 森や林が多いので、紅葉をみようと出かけた旅行だったけれど、今年の9月は30℃近くまで気温の上がる日が多て暖かかった(暑かった)ため紅葉は全然進んでいなくて、緑が殆どで残念だった。

Img_5219s ドライブしていると、ちらほら紅葉の始まった木が見える程度だったのは残念だった。

Img_5277s(↑Tahquamenon Falls公園内の紅葉。
先のほうが少し紅葉しているだけで、殆どが緑の葉のまま)

Img_5225s お目当てのAu Sabel Light Station灯台にも行けなかったし、また10月にバイクでツーリングに来ようという事になったが、週末は天気が悪い日が続いていて、この記事を書いている10月の中旬の時点でも紅葉狩りツーリングは実現していない。
 

続きを読む "再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その8
その他雑感など"

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その7
The Upper Tahquamenon Fall

134s  The Upper Tahquamenon Fallは幅60m、高さ約14mの滝で、アッパー・ペニンシュラの人気の観光スポットの一つ。
 

(↑Gorge Viewingデッキからの見たアッパー・フォール)

 アッパー・フォール滝の幅は約60m強、落差は約14mの滝で、褐色の水の色からルートビア・フォールと呼ばれることもある。
 Taquamenon川が褐色なのは、水源のサイダー・スワンプの水にタンニンが含まれているため。

Img_5247s(↑トレイルの途中から見たアッパー・フォール)

 ローアー・フォールからM-123を西に進んで、アッパー・フォールの公園入り口から入る。
入り口を入ってすぐにビジターセンターと駐車場があって、滝を見るには駐車場に車を停めてトレイルを歩くことになる。

Img_5279s_2(↑トレイルの案内板)

 駐車場から舗装された遊歩道を進むとTaquamenon川に沿ってトレイルが設けられていて、滝口付近で滝を真横から見るBrink Viewingデッキと下流の滝を正面から見るGorge Viewingデッキがある。

Img_5250s(↑Brink Viewingデッキから見たアッパー・フォール)

096s(↑一つ上の画像のシャッター速度を変えて撮ったもの)

 トレイルは舗装されているか板張りのデッキで歩きやすかったが、トレイルからBrink Viewingデッキには94段、Gorge Viewingデッキには116段の階段を降りなければならない。
 途中に休憩できる広い踊り場のようなものはなかった(すれ違いのための踊り場は幾つかあった)ので、降りるのも怖かったけれど、登るのは結構きつくて息切れがした。

123s(↑アッパー・フォール滝口)

 アッパー・フォールとローアー・フォール付近は通話もできないくらい携帯の電波の状況が悪く、私の使っている携帯のキャリアではポケモンGOをプレーすることができなかったため、ポケストップやジムがあったかは不明。

120s  アッパー・フォールを見た後は、夏にアッパーペニンシュラ観光した時に行けなかったAu Sabel Light Station灯台に行く予定だったのだけれど、アッパー・フォールのビジターセンターについた頃は午後3時を回っていたこと、Tahquamenon FallsからAu Sabel Light Station灯台までは距離が約80マイルあって時間がかかりそう(片道約1時間半)だったので、灯台は諦めて帰路に着くことにした。

| | コメント (2)

2017年10月21日 (土)

再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その6
The Lower Tahquamenon Falls

Img_5222s Whitefish Point Lighthouseの後は、パラダイスの町に寄ってお土産を買った後、次の目的地Tahquamenon Fallsに向かった。
(Tahquamenonの発音もわからないので、そのまま英語で表記します)

(↑↓Lower Tahquamenon Fallの遠景)

049s 最初に向かったのはThe Lower Tahquamenon Falls。
 Lower FallsはTahquamenon川の中にある島の周りにある5つの小さな滝。

Img_5220s(↑滝の周辺のトレイル)

 島の東側の3つの滝は近くをトレイルが通っていて、横から滝を見る事ができる。
トレイルをそのまま4マイル(6.8㎞)上流に歩くとThe Upper Tahquamenon Fallに行くことができる。

053s(↑川に沿って続くトレイル)

056s(↑ローアー・フォール)

057s(↑一つ上の画像とほぼ同じ位置でシャッター速度を変えてとったもの
水しぶきがレンズについている)

Img_5235s(↑ローアー・フォール)

069s(↑一つ上の画像のシャッター速度を変えて撮ったもの)

062s ローアー・フォールを見た後は、4マイル上流のThe Upper Tahquamenon Fallに車で向かった。

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その5
Whitefish Point Light
&ポケモンGO

025s Whitefish Point Lighthouseはスペリオル湖岸のパラダイスという町にある灯台。
 1847年に建設が始まり、1849年に初稼働。
スペリオル湖にある現役の灯台で最も古い灯台。

034s 現在の灯台は強風の影響を軽減するように鉄の骨組みの塔が1861年に作られた。
 灯台は1971年にオートメーション化された。

042s(↑フォグホーンと灯台)

 Whitefish Pointの周辺はスペリオル湖の中で最も難破する船が多い地域で、灯台の敷地内にはShipwreck Museum(難破船資料館)もある。

045s Whitefish Point Lighthouseの周辺は野生動物の保護地区になっていて、バードウォッチングのポイントにもなっている。

043s(↑灯台近くの湖岸)

048s(↑↓湖岸近くにいたカモメ)

048ss

 灯台の周辺は整備されていて、灯台の資料館やバードウォッチングに訪れる家族連れや人でにぎわっていた。
 野鳥の撮影のためか、望遠レンズのついた一眼レフのカメラを持っている人も数人見かけた。

Image2(↑灯台のポケストップ)

 灯台の敷地内にはポケモンGOのジムが2つポケストップが幾つか(多分2カ所?)あった。

Image3(↑2カ所のジムのフォトディスク)

Img_5205s(←灯台周辺のポケモンGOの地図画像
2カ所のジムとポケストップが2カ所写っている)

 灯台の敷地の外にも1カ所(野生動物の保護地区の看板とバードウォッチングの看板の付近に)ポケストップがあった。

 灯台の敷地から離れると電波状況は良くなかったが、敷地内は問題なくプレーできた。

(↓灯台の敷地と周辺でのポケモンのAR写真
左:ゴースと灯台
中:マリルと灯台
右:ハネッコとスペリオル湖)

Image1s

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その4
Point Iroquois Lighthouse
&ポケモンGO

Img_5171s アッパーペニンシュラ観光の2日目はPoint Iroquois Lighthouseを最初に訪れた。

(↑Point Iroquois Lighthouse)

017s(↑Piont Iroquois Lighthouseの塔)

 Piont Iroquois Lighthouseはスペリオル湖岸にある灯台。
Soo Locksに近い灯台で、Soo Locksを通過する船舶の目印の為に建設された。

014s Point Iroquois に最初に灯台が作られたのは1855年。
最初の灯台は、塔は割り栗石製、ランタンデッキは木製だった。
 1856年に初稼働したが、11年後の調査で建物の質が疑問視されたため、近くに後継の灯台を建てることになった。

019s 現在の灯台は2代目の煉瓦製の白い灯台で、1870年初稼働。
 1962年にカナダのスー・セント・マリーにある灯台に役目を引き継いで、Point Iroquois Lighthouseは灯台の役目から引退した。

Img_5177s(↑ボードウォークから見たスペリオル湖)

 灯台の湖側にはボードウォークがあって、湖側から灯台を見る事ができる。

002s(↑灯台近くのスペリオル湖岸、石で描かれたハートマークが可愛い)

Image1(↑左:灯台近くのポケモンGOの地図画像
右:灯台とレディバ)

 灯台の駐車場にはポケストップがあって、ポケストップのディスク画像には灯台の簡単な歴史が紹介されていた。

Image2(↑左:ポケストップの画像
右:灯台の簡単な歴史の説明。)

 ポケストップはあるものの、灯台周辺の電波の状況はあまり良くなくて、ポケストップの周辺のみでかろうじてアクセスできる状態だった。

| | コメント (2)

2017年10月15日 (日)

再度アッパー・ミシガン(半島)観光3
Frying Pan Island Lighthouse
Sault Ste. Marie
&ポケモンGO

Dsc_0051s Frying Pan Island Lighthouseはセント・マリー川の河口のFrying Pan Islandにあった灯台。

 灯台は1882年に初稼働、1920年代に近くに別の灯台が建設され1937年に役目を終える。
 1988年に放棄されていた灯台の建築物はSault Ste. Marieの沿岸警備隊の敷地内に移された。

Img_5143s(←Frying Pan Island Lighthouse近くのポケモンGOの地図画像)

 現在灯台は沿岸警備隊の建物の脇に展示されているが、警備隊の敷地内には入ることができず、フェンス越しに撮影できるだけになっている。

 資料館があるわけでもなく、説明も小さな看板に少しだけで、灯台だけが目当てならわざわざいく必要はない感じがした。

Image1(↑灯台とポケストップの画像)

 灯台の周辺は歴史的な建物が移設された公園になっていて、ポケストップやジムも沢山あったので、歴史に興味があったりポケモンGOで遊ぶならいいのかもしれない。
(私たちが行った日はニューラーの巣になっていた。)

Image2(↑灯台の近くにあった船の展示とポケストップ)

 Frying Pan Island Lighthouseを見た後は、ホテルにチェックインして荷物を置いて、Sault Ste. Marieのダウンタウンに夕食を食べに行くことにした。

 Sault Ste. Marieはスー・セント・マリーと読むらしく、セントメアリーズ川を挟んで向こう岸のカナダ側にも同名の町がある。
(私が灯台の名前や町の名前を英語で表記するのは、英語で書いた方が格好がいいからではなくて、英語の発音がわからないから。特に固有名詞はお手上げで、Sault Ste. Marieも最初どう読むのかわからなかった。)

Image5(↑左上:怪獣が注文したサンドウィッチ
左下:が注文した魚のフライ
右上:私が注文したハラペーニョ・バーガー
右下:ハラペーニョバーガーを半分に切ったところ)

 私たちが食事をしたレストランの道を挟んで向かいは、観光名所のSoo Locks(スー・セント・マリー運河)があったので、食事の後に見に行った。

Image3s(↑Soo Locks)

 Soo Locks(スー・セント・マリー運河)はスペリオル湖とヒューロン湖を繋ぐ運河で、アメリカとカナダの国境セント・メアリーズ川のアメリカ側とカナダ側にそれぞれ掘られた運河で、スペリオル湖とヒューロン湖の高低差7mを克服して船舶を通すために、閘門(こうもん:Lock)が設置されている。
 アメリカ側の運河には4つの閘門がある。
 一番南側の閘門の近くには展望所があって、船舶の通行を見る事ができるし、運河の南に沿って公園が整備されていて、ビジターセンターがあって運河に関する説明や歴史などの展示を見る事ができる。

Image4s(↑一つ上の画像と同じ場所からのSoo LocksのポケモンGOの地図画像)

 運河沿いの公園にはポケストップやジムも沢山あって、私たちが行った日はハリーセンの巣になっていた。

Img_5150s(↑Soo Locksを通過する船)

 冬季(1月中旬から3月まで)は、五大湖と大西洋を結ぶセント・ローレンス川が凍結して水上交通が休止するため、Soo Locksも休止になる。

 Soo Locksを見て1日目の観光は終了、アッパーペニンシュラの観光は翌日も続きます。

 

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その2
Wawatam Lighthouse
&ポケモンGO

Image2_2 パスティーで昼食にした後は、マッキーノ・ブリッジを渡っていよいよアッパーペニンシュラへ…

(↑マッキーノ・ブリッジ)

橋を渡って対岸にあるセント・イグナスのWawatam Lighthouse(ワワタム灯台)を見に行った。

Dsc_0034s(↑近くの駐車場からのWawatam Lighthouse)

 ワワタム灯台は元はミシガン州のローアーペニンシュラの南東のオハイオ州との州境のモンローという町にあった1998年建造の観光モニュメントの灯台だけれど、湖岸から遠く離れた所にあったため灯台として機能していなかった。

Dsc_0038s 2004年に灯台の周囲の整備と共に灯台は廃止することになったため、灯台として使える場所に移そうということになってセント・イグナスの町に移設された。
(つまり、ローアー・ミシガンペニンシュラを縦断してアッパーペニンシュラへ運ばれたことになる。)

Dsc_0045s 輸送の時に解体された灯台を2006年に現在の位置に組みなおされて2006年の8月に稼働を始めた。
 灯台の名前は住民のアンケートで、かつてローアーペニンシュラとアッパーペニンシュラを結んでいた鉄道フェリーの名前SS Chief WawatawamにちなんでWawatam Lighthouseとつけられた。

Img_5130s(↑灯台へ続くボードウォーク)

 埠頭にはボードウォークと小さな公園が整備されていて、SS Chief Wawatawamに関連する展示や説明があった。

Img_5117s(↑線路の一部と鐘)

Img_5112s(←埠頭のポケモンGOの地図画像
灯台のジムでラプラス・レイドをやっていたが、電波が届かなくてレイド・バトルできなかった。)

 Wawatam Lighthouseの埠頭にはポケモンGOのポケストップ2カ所とジム2カ所があったが、私たちの使っている携帯のキャリアは埠頭の先端に進むごとに電波状況が悪くなって、灯台のジムではプレーすることはできなかった。
(カナダのキャリアのエリアだった)

 埠頭の入り口付近はかろうじて電波が届いたので、ポケモンの写真を撮影した。

Image3(↑ボードウォークに現れたコンパンとイーブィ)

Img_5133s(↑埠頭の入り口付近の公園の看板とネイティの画像)

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その1
&ポケモンGO

Dsc_0031s 今年の6月にミシガン州のアッパーペニンシュラに観光に行ったのだけれど、予定を全部こなせなかったので秋の紅葉の季節にバイクのツーリングで戻って来ようと計画をたてていた。

(↑途中のガソリンスタンドで撮影した朝日↓)

Img_5067s 9月の中旬ごろが紅葉のピークだろうと予測されていたので、9月の第3金曜と土曜の2日間、講義がなかった怪獣も連れて車でドライブ旅行に行った。

 観光の時間を多く取りたかったので、早朝暗いうちに家を出てアッパーペニンシュラへの橋のある町マキノー・シティを目指した。

Image2(↑マキノー・シティのダウンタウン)

 マキノー・シティにお昼少し前に到着。
6月に行った時には見て回ることのできなかったダウンタウンとその周辺を散策した。

Image3(↑左:ダウンタウンを走っているトローリーバス
右:ダウンタウンのハロウィンの飾り付けのショーウィンドウ)

Img_5077s(↑アイスブレーカー・マキノー・マリタイム・ミュージアム)

 ダウンタウンの近くに以前ローアーペニンシュラとアッパーペニンシュラを結んでいたフェリーの埠頭があって、コーストガードの船が埠頭の先に資料館として展示されていた。

Image1(↑埠頭と埠頭の先のジムのフォトディスクのポケモンGOの画像
ジムのある位置が船の泊まっている場所)

Img_5084s(↑鉄道で運んできた貨車をフェリーに積みかえるための設備)

 1957年にマキノー・ブリッジが開通するまでは、ローアーペニンシュラとアッパーペニンシュラを結ぶ鉄道フェリーの埠頭は物流の拠点だったが、橋の開通と共に次第に衰えた。
 1984年に積み込みが停止し、1988年に最後の鉄道フェリーが売却され、1991年に線路が取り外されでフェリー輸送の幕を閉じた。

Img_5078s(↑埠頭の先から見えるマキノー・ブリッジ)

 埠頭と資料館はポケモンGOのポケストップとジムがあった。

Img_5074s(↑アイスブレーカー資料館とホーホーのポケモンGO写真)

 船の中は資料館になっていたのだけれど、先を急ぐので資料館は見ずに外側の写真だけ撮ってこの前に来た時に行ったパスティー屋さんでお昼ご飯にした。

Image1_2(↑左上:パスティー屋さんの外観
右上:ヴェジタブル・チーズパスティー
左下:ビーフ・パスティー
右下:チキン・パスティー
ビーフとチキンにはグレービーソースがかかっているが、グレービーはかけない方が美味しかった。
ちなみに、パスティ-屋さんもポケストップです。)

Img_5094s(↑パスティー屋さんの隣のお土産屋さん
パンプキンを使った秋の飾り付けがされていた)

 今回の旅行の記事も数が多くなりそうなので、3日に1回のペースではなく1日置きの更新にしたいと思うので、次回は明後日に…

| | コメント (2)

2017年10月 8日 (日)

ハロウィンのテーブルコーディネート2017

017s 8月・9月の出来事を書いているうちに10月になってしまった。

 いつもは季節毎のテーブルデコレーションをするのが楽しみなのだけれど、今年はキッチンの天井の改装をしていて、ダイニングにまでキッチンの荷物が置かれていてやる気ほぼ0(ゼロ)。

012s(↑一人分のセッティング)

 今年のテーマカラーは黒とオレンジ。
今年はブッフェの上の飾り付けもシンプルにした。

008s(↑ブッフェのうえの飾り付け)

 今年のハロウィンは火曜日なので、(キッチンの天井も仕上がりそうもないし)家族3人でこぢんまりと食事にする予定です。

Image1(↑台所から一時的に移してきた食器や食品など)

 キッチンやその他の場所からの荷物がダイニングに置かれているので、今回のテーブルデコレーションの撮影には苦労した。

010s(↑鏡に食器を置いた棚が映っている。)

 いつものアングルで写真を撮ったら、鏡にキッチンから避難した荷物が映ってしまって、荷物が映らない角度を探すのが大変だった。

021s 早く天井の作業が一段落ついて、荷物だけでもキッチンに戻せないかなぁ…

続きを読む "ハロウィンのテーブルコーディネート2017"

| | コメント (4)

2017年10月 5日 (木)

ポケモンGO その21
秋イベント

Equinox2017s_2 アメリカの東部夏時間の9月22日の夕方から秋分の日をお祝いするイベントが開催されていた。

(←イベントのお知らせ)

 内容は
・星の砂が2倍
・2kmの卵から普段は10㎞や5㎞のポケモンが孵る
・新しいポケモンを登録するとXP(経験値)が3倍もらえる
・スーパー孵化装置の入ったボックスの発売
で、終了は当初10月2日の夕方までだったけれど、9月26日にポケモンGOにログインできない障害が起こって、期間が1日延長された。

Img_5333s(←スーパー孵化装置の入った期間限定のBOX発売)

 私たちが住んでいる地域では障害があった時間は早朝~午前中だったため、私のプレー時間とは重ならず殆ど影響はなかったので、1日延びたのはラッキーだった。

 今回のイベント期間中に卵の孵化に必要な距離が2/3に短縮される孵化装置の入った期間限定のBOXが発売されていた。

Image1(↑それぞれのBOXの内容)

 私はスーパー孵化装置だけが欲しかったので、一番安いスペシャルBOXを2つ購入したかったのだけれど、無課金で遊んでいるためジム防衛の報酬で集めたコインだけでは足りなくて、期間中1つしか買えなかった。

Image2(↑左:スーパー孵化装置
右:2㎞の卵から孵ったヨ―ギラス)

 期間中にポケストップから出る2㎞の卵に、普段は10㎞の卵からしか孵らないラッキーやメリープやヨ―ギラス、5㎞の卵から孵化するバルキーが出るというので、手持ちの孵化装置と途中から買ったスーパー孵化装置を使って孵化を促進させた。

 2㎞の卵狙いだったのだけれど、5㎞の出る確率が最も高く、次いで2㎞、その次に10㎞という感じで、2kmと10㎞の卵からヨ―ギラスが5匹も孵化して、メリープは全然出て来なくて偏りがあった。

Image3(↑エンティがレイドバトルに出現)

 秋イベントの期間中に、アメリカではライコウに変わってエンティがレイドバトルに出現。
ライコウを捕まえるのが大変だったので、期待せずにエンティ・レイドに挑戦したら、私も怪獣も最初のレイドのゲット・チャレンジで捕獲に成功してしまった。

 早々とエンティが捕まってしまったので、次のイベントが始まるまではのんびりプレーできそう。

| | コメント (2)

2017年10月 2日 (月)

リモデリング93
-2Fバスルームの蛇口の交換-

120s 8月・9月の出来事を書き終わらないうちに、もう10月になってしまった。

(↑5年前、取りつけた直後の蛇口)

 今年の8月に我が家の2階のバスルームの洗面台の蛇口の交換をした。

  2階のバスルームは5年前に改修したのだけれど、洗面台の蛇口はその時にセールで売っていた蛇口で、シャワーと同じオイルラブド・ブロンズ色の蛇口(確か一つ19ドル)セットを取りつけた。

034s(←5年前の蛇口のセット)

 激安だったためか、見た目はまあまあなのだけれど、レバーの開け閉めがスムーズでなかったり、経年劣化で緑青が出たり、レバーが外れてしまったりしていた。

 レバーが外れたと言ってもネジが外れただけで、ネジをつけ直せばまだ使えるのだけれど、はこれを機会に蛇口セットごと交換したいという。

Image2_2(↑レバーが外れてしまった古い蛇口)

 まだ使えるのに勿体ないと思ったけれど、使い勝手が良くなるなら…と言うことで、洗面台2つの古い蛇口を交換することにした。

Image1_2(↑今回取り替えた新しい蛇口セットの箱と中身)

 今回買ったのはDELTAというメーカーの蛇口。
このメーカーも高級とは言えないけれど、セール価格でも85ドル(古い蛇口の4倍以上)だった。

Image3(↑古い蛇口と水栓を外したところ)

 蛇口と水栓の交換だけなので大したことはないと思っていたけれど、パイプに溜まった汚れや蛇口や水洗の取りつけ部分の汚れを掃除するのに思ったより時間がかかった。

 蛇口と水栓とパイプを外した後の交換の手順は5年前に取りつけた時とほぼ同じなので割愛します。

Image4(↑取り替えた新しい蛇口と水栓)

 (パイプの間隔が同じなので)サイズがほぼ同じなことと、色もデザインもほぼ同じなので、交換前と交換後で見た目に劇的な違いはないけれど、レバーの操作がスムーズになったのでまあいいいか…
という感じです。

 

| | コメント (2)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »