« 再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その4<br>Point Iroquois Lighthouse(灯台43)<br>&ポケモンGO | トップページ | 再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その6
The Lower Tahquamenon Falls »

2017年10月19日 (木)

再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その5<br>Whitefish Point Light(灯台44)<br>&ポケモンGO

025s Whitefish Point Lighthouseはスペリオル湖岸のパラダイスという町にある灯台。
 1847年に建設が始まり、1849年に初稼働。
スペリオル湖にある現役の灯台で最も古い灯台。

 

034s 現在の灯台は強風の影響を軽減するように鉄の骨組みの塔が1861年に作られた。
 灯台は1971年にオートメーション化された。

 

042s(↑フォグホーンと灯台)

 

 Whitefish Pointの周辺はスペリオル湖の中で最も難破する船が多い地域で、灯台の敷地内にはShipwreck Museum(難破船資料館)もある。

 

045s Whitefish Point Lighthouseの周辺は野生動物の保護地区になっていて、バードウォッチングのポイントにもなっている。

 

043s(↑灯台近くの湖岸)

 

048s(↑↓湖岸近くにいたカモメ)

 

048ss

 

 灯台の周辺は整備されていて、灯台の資料館やバードウォッチングに訪れる家族連れや人でにぎわっていた。
 野鳥の撮影のためか、望遠レンズのついた一眼レフのカメラを持っている人も数人見かけた。

 

Image2(↑灯台のポケストップ)

 

 灯台の敷地内にはポケモンGOのジムが2つポケストップが幾つか(多分2カ所?)あった。

 

Image3(↑2カ所のジムのフォトディスク)

 

Img_5205s(←灯台周辺のポケモンGOの地図画像
2カ所のジムとポケストップが2カ所写っている)

 

 灯台の敷地の外にも1カ所(野生動物の保護地区の看板とバードウォッチングの看板の付近に)ポケストップがあった。

 

 灯台の敷地から離れると電波状況は良くなかったが、敷地内は問題なくプレーできた。

 

(↓灯台の敷地と周辺でのポケモンのAR写真
左:ゴースと灯台
中:マリルと灯台
右:ハネッコとスペリオル湖)

 

Image1s

|

« 再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その4<br>Point Iroquois Lighthouse(灯台43)<br>&ポケモンGO | トップページ | 再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その6
The Lower Tahquamenon Falls »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その4<br>Point Iroquois Lighthouse(灯台43)<br>&ポケモンGO | トップページ | 再度アッパー・ミシガン(半島)観光 その6
The Lower Tahquamenon Falls »