« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月28日 (火)

サンクスギビング 2017&(日本でも)ブラックフライデー?

017s 今年のサンクスギビングは、お客様を呼ばず、家族3にんだけでこぢんまりとする予定だった。
 というのも、夏からキッチンの天井の改修をDIYでやっていて吊戸棚を外したので、ダイニングに吊戸棚に入っていたものが移動していてお客様をお呼びできる状態じゃなかったから。

(↑サンクスギビングの食事に使ったテーブル・デコレーション)

020s(←一人分のテーブルセッティング)

 ところが、がお客様2人をサンクスギビングの夕食に招いてしまった。
 元々は、11月の最初の日曜日に餃子でカジュアルな食事の予定だったのだけれど、の急な出張が入ってサンクスギビングに延期になったため。
 流石にサンクスギビングに餃子は出せないので、急遽ディナーを作ることになった、という経緯。
 おまけに、怪獣の友達?知り合い?サンクスギビングの前日に来るという。
(食事に来るわけではないので、デザートとハーブティーを出すことに…)

030s(↑前菜サーモンのタルタル)

今年のメニューは、
①サーモンのタルタル:アペタイザー
②クリーミー・トマトスープ:スープ
③ローメインレタスのサラダ:サラダ
④アリスタ・ローストポーク:メイン
⑤ベークドポテト:サイド
⑥アップルパイ:デザート
⑦パンプキンパイ:デザート
⑨洋ナシのジンジャーケーキ:デザート
に、パンとスパークリング・ジュースでした。

024s(↑クリーミー・トマトスープ)

026s(↑ローメインレタスのサラダ)

028s(↑アリスタ・ローストポークとローストポテト)

034s(↑メインとサラダを一人分に取り分けたところ)

021s(↑手前:洋ナシのジンジャーケーキ、
奥:アップルパイ)

036s(↑一人分に盛りつけたアップルパイ:手前と
パンプキンパイ:奥)

039s(↑一人分に盛りつけた洋ナシのジンジャーケーキ)

 サンクスギビングデーの翌日はブラックフライデーで、クリスマスに向けて大規模なセールがある日なのだが、以前は金曜日の早朝6時くらいからセールだったのが、年々開始が早くなって、今ではサンクスギビングデーの前日からセールを始める店も多くなった。
 我が家は、今の家に引っ越してきたばかりの頃は物入りだったので、セールの開店待ちもしたけれど、今年は特に欲しいものもなくセールにはいかなかった。

 日本でも最近ブラックフライデーのセールをする店が出始めたらしいが、日本でブラックフライデーをやってアメリカほど消費が伸びるのだろうか?と疑問。

 なぜなら、アメリカでは買った商品が気に入らないからと言う理由で返品OKなので、ブラックフライデーで「お買い得だ」と、思ったら必要のないものや、複数の商品で購入をどれにするか迷った時にはとりあえず全部買って後でダブったものは返したりする。
 ブラックフライデーの後、数日は返品ラッシュで特設レジが設けられることも…
 また、ブラックフライデーのセールでクリスマスプレゼントを買うことも多いが、ギフト・レシートを貰って置いて、プレゼントされた人が気に入らなければギフトレシートを持っていけば返品してお金を受け取ることもできるので、クリスマスの翌日にも返品の特設レジが設けられる。
 アメリカのブラックフライデーのセールは返品が出ることが前提のセールなのである。
 返品が多くても、中には返しに行くのが面倒だからとそのままの人もいるだろうし、使ってみたら良かったので返品しない人もいるだろう。

 反面、日本では滅多なことでは返品できないので財布の紐も緩みにくいし、買う時にアメリカほど気軽さがなく豪快に買わないので、ブラックフライデーのセールの時に買ってしまったら、代わりに年末商戦の売り上げが減るだけなんじゃないかなぁ?と思う。
 クリスマスにお金をかけてしまったら、お正月の時にかけるお金が減るとかになりそう。
 日本のブラックフライデーのセール、『二兎を追う者は一兎をも得ず』にならないといいのだけれど…

| | コメント (0)

2017年11月25日 (土)

ポケモンGO その24 Travel and Global Catch Callenge

Img_5763s_2 11月20日から、ポケモンGOでグローバル・キャッチ・チャレンジのイベントが始まっている。

(↑グローバル・キャッチ・チャレンジの報酬)

 11月20日~26日まで(日本時間)の1週間で世界中のプレーヤーの捕まえたポケモンの数で報酬がもらえるというイベントで、報酬は…

ブロンズ:5億匹捕まえるとXPが2倍、ルアーモジュールの時間が12倍の6時間になり、ポケモンが出やすくなる
シルバー:15億匹捕まえると、ブロンズの報酬に加えて星の砂が2倍に
ゴールド:30億匹捕まえると、シルバーの報酬に、アジア地域限定のカモネギが世界中で、オセアニア地域限定のガルーラが東アジアで48時間現れる。

と、いうもの。

Img_5770s(←ツイッターのブロンズ達成のお知らせ)

 報酬は達成されるとすぐに開放されて、ブロンズとシルバーの報酬は12月2日(日本時間)まで続き、ゴールドの報酬は達成から48時間の間なので、ブロンズとシルバーは早く達成できればそれだけ報酬のもらえる期間が長くなってお得というもの。

 世界中で毎日アカウントにアクセスするアクティブ・ユーザーは2千万人くらいと言われているので、ポケモンを1週間で30億匹捕まえるには、一人当たり1週間で150匹(1日あたり22匹)捕まえれば ゴールド達成できる計算。

Img_5769s(←スマホに来たブロンズ達成の通知
日本時間の21日の午後8時頃)

 ポケモンGOのツイッターによると、イベントが始まって2日目の21日には早くもブロンズ(5億匹)を達成。
 XPが普段の2倍になり、ポケモンをおびき寄せるルアーモジュールの効果が6時間に延びた(普段は30分)。

 23日にはシルバー(15億匹)を達成して、ポケモンを捕まえたり卵を孵化させると貰える星の砂も普段の2倍になった。 

Image4(←ツイッターのシルバー達成のお知らせ)

 シルバー達成後に伝説のポケモンのレイドバトルをしたのだけれど、レイドバトルに勝ったあとの報酬画面に星の砂の入ったバブルが現れて、それを割ると星の砂が1000入っていた。
 レイド勝利後のゲットチャレンジでの捕獲に関わらず、報酬アイテムを貰う時に星の砂が1000もらえたことになる。
(新しいレイドの仕様なのか、それともグローバル・キャッチ・チャレンジのシルバーの報酬なのかは不明。)

Img_5777s(←スマホのシルバー達成のお知らせ)

 この時期、北半球は寒くてポケモンGOをするには向いていない気候の所も多いだろうけれど、今までのポケモン捕獲ペースで行くと、26日にまでにはギリギリゴールド(30億匹)達成できそうな感じ。
(この記事がUPされる頃には、達成できているかも…)

 地域限定のカモネギが欲しいのでぜひ達成できるといいなぁ…
(達成できなくても、XPと星の砂を稼ぐ機会になるからいいけれど。)

Image3 グローバル・キャッチ・チャレンジに合わせて、期間限定セールも行われているけれど、スーパー孵化装置以外は魅力的なアイテムがない(し、スーパー孵化装置はお買い得感がない)ので、私は今回は購入しなかった。

続きを読む "ポケモンGO その24 Travel and Global Catch Callenge"

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

ミシガン湖岸ツーリング その5
Muskegon South Pierhead Light
&ポケモンGO

Img_5552s Muskegonのダウンタウンを観光した後、遅いブランチ?(というかランチ)に行った。

(↑ブランチに行ったレストラン)

Img_0868s(←ホワイトボードに書かれた人気メニュー)

 ネットで評判の朝食専門のレストランで一日中朝食メニューが食べられるということと、Muskegonの灯台に近いので、食事を終えたら灯台を見に行けるからということで決めた。

 ネットで評判なだけあって、お昼近くなっているのに順番待ちの人が沢山いて、私たちも暫く外で待つ事になったので、メニューを借りて待っている間に決めることにした。

Img_0872s(←ホット・ココア)

 席に案内されて注文した後も30分くらい食事がでてくるのにかかった。

 夫はハッシュブラウンを私はパンケーキの朝食とホットココアを注文した。
 パンケーキは直径30センチくらいの皿とほぼ同じ位の大きなサイズのパンケーキでシナモン風味の香ばしいパンケーキだった。

Img_0873s(↑ハッシュブラウン)

Img_0874s(↑パンケーキと卵とソーセージ

パンケーキが大きすぎて卵とソーセージが小さく見える)

Image1s(↑灯台とポケモンGOのAR画像)

 遅いブランチを済ませた後は、Muskegonの灯台を見に行きました。
 Muskegon South Pierhead灯台とMuskegon Brakewater灯台の両方を見に行く予定だったけれど、Muskegon South Pierhead灯台で写真を撮っている時に、雨が降り始め、暫くすると大雨になってきたので近くの公園の屋根付きのランチエリアに避難。
 濡れた服を着がえて雨が小降りになってから、帰途につくことになった。

Dsc_0164s(↑Iさんご夫婦と灯台)

 9月の旅行の時は殆ど紅葉していなかったけれど、今回はスリーピングベア以外では紅葉を楽しむことが出来た。
 気温も20℃と暖かったためか、バイクでツーリングをしている人たちが沢山いました。

続きを読む "ミシガン湖岸ツーリング その5
Muskegon South Pierhead Light
&ポケモンGO"

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

ミシガン湖岸ツーリング その4
Muskegon downtown
&ポケモンGO

Image1s 日没を見届けてすぐ、まだ薄明りのあるうちにPoint Betsie Lighthouseを後にし、ホテルを予約してあったMuskegonへ向かった。

(↑ホテル周辺のポケモンGOの地図画像とAR画像
赤のジムだらけ…)

 Point Betsie LighthouseからMuskegonまで距離は約130マイル(約208㎞)車で2時間半くらい。

Imgs(↑Muskegonの町の地図、パンフレットから引用)

 灯台を出たのが7時頃で途中で食事をしてMuskegonのホテルについたのは10時半頃。
ホテルはダウンタウンの中にあり、周りはポケモンGOのジムやポケストップだらけだった。
 チェックインを済ませ、部屋に荷物を運びこんで、Iさんご夫婦にポケモンGOの散歩に行きませんか?と電話をかけたら、I旦那さんは既に赤のジムを潰すべく(Iさんご夫婦は青チーム)出かけた後だったので、ロビーでI奥さんと待ち合わせをして3人で、I旦那さんを探しながらポケモンハンティングにでかけた。

 土曜日の夜だったこともあって、夜遅くまでダウンタウンを歩いている人が結構いて、アメリカにしては治安のいい町だった。
(中にはポケモンGOをやっている人もいたと思う。I旦那さんが潰して回ったジムがすぐに赤チームに取り戻されていた。)

Img_0001s(↑Muskegonダウンタウンの地図
案内書に置かれていた無料のダウンタウンのガイドブックより引用)

 翌朝もチェックアウトの前にダウンタウンの散策ついでにポケモンGOに出かけた。

Image10s(↑左:滞在したホテル↑のダウンタウンの地図の1⃣
右:ホテルの前のロータリーにあるモニュメント、ポケモンのジムになっていた。)

Dsc_0163s(↑ホテルの向かいにあるFraunthal Center、↑のダウンタウンの地図のⓉ
↓Fraunthal Centerの前にあった銅像、ポケモンGOのジムになっていた)

Image9s ポケモンGOのポケストップやジムは観光スポットや史跡になっていることが多く、ポケストップやジムを回ると観光もできて一石二鳥。

Img_3912s(↑Muskegon Heritage Museum、↑のダウンタウンの地図のⒿ)

Img_5512s_2(←ミュージアムの壁に描かれたコルベットの絵、ポケモンGOのポケストップでした。)

 私たちがダウンタウンで散策をしたのは日曜の朝で、観光案内所も含めてミュージアムなどの殆どの施設が開いてなかったのは残念でしたが、屋外の観光ポイントや建物などの外観は見る事はできたし、(ポケモンGOのAR画像も含めて)写真も撮れたので楽しむことができました。

Img_5515s(↑Muskegon County Convention & Visitors Bureau:観光案内センター?、↑のダウンタウンの地図のⒶ
↓左:観光案内センター、右:貨車、両方ともポケストップになっていた。)

Image8s Muskegon County Convention & Visitors Bureauは、古い駅舎を観光案内センターのように使っていて、敷地内には貨車も展示されていた。

Img_5527s(↑左側の建物:Fire Barn Museum、↑のダウンタウンの地図のⒼ
右側の建物:Scolnik House、↑のダウンタウンの地図のⓁ
↓Fire Barn Museum(左)とScolnik House(右)のポケストップのディスク画像)

Image6s

Img_5519s(↑Hackley & Hume Histric Site、↑のダウンタウンの地図のⒽ
↓ポケモンGOのジムのフォトディスク画像、Hackley & HumeとヨマワルのAR画像)

Image7s

Dsc_0150s(↑Hackley Park、↑のダウンタウンの地図のⒷ)

Img_5546s(←Hackley Parkの中央の南北戦争のモニュメント
ポケモンGOのジムになっていた。)

 Hackley ParkからWebster通りを挟んで反対側の敷地にはHackley Administration Buildingがあり、石造りの時計塔のついた歴史的な建物(史跡?)だった。
 このHackley Administration Building前の銅像もポケストップになっていた。

Img_5545s(↑Hackley Administration Building)

Img_5532s(↑Hackley Public Library、↑のダウンタウンの地図のⓊ)

Img_5531s(←Hackley Public Libraryのポケストップ)

 Hackley Public LibraryからWebster 通りを挟んで向かい(Hackley Parkのはす向かいの角)に、3rdストリートに面した石造りのバラ窓の綺麗な教会St. Paul's Episcopal Churchがあって、その教会もポケストップにになっていました。

Img_5530s(↑St. Paul's Episcopal Church
↓St. Paul's Episcopal Churchのポケストップ(左)とポケモンと建物のAR画像(右))

Image5s

Img_5534s(↑Muskegon Museum of Art、↑のダウンタウンの地図のⓀ)

Img_5533s(←Muskegon Museum of ArtのポケモンGOのジムのフォトディスク画像)

 ダウンタウンには、ダウンタウンの地図に番号がついていない石造りの古い教会や歴史的建物が保存されていて、多くがポケモンGOのポケストップやジムになっていました。

 見所が沢山あって、ホテルのチェックアウトの時間ギリギリまでダウンタウンの観光をしました。

Img_5540s(

↑↓Central United Methodist ChurchとポケモンGOの画像)

Image4

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

ミシガン湖岸ツーリング その3
Point Betsie Lighthouse

Dsc_0083s Pierce Stocking Scenic Driveを見た後、時間があったら灯台に行きませんか?と、Iさんご夫妻に提案したら、I旦那さんが灯台好きで、ホテルに向かう前に近くにあったPoint Betsie Lighthouseに寄ることにした。 

Dsc_0097s Pierce Stocking Scenic Driveを出た時には既に5時をまわっていて、灯台に寄ったら時間的にきつくないかなぁ…と、心配していたのだけれど、今から行ったら日没に間に合うかも…と、私が言ったら、その手があるか…ということで向かうことになった。

Img_5490  Point Betsie Lighthouseはミシガン湖畔にある灯台。
 初稼働は1859年、1983年に自動化、現在も稼働している灯台。
 塔に隣接する建物は資料館になっていて一般に開放されているらしいが、午後5時には閉まってしまうらしく、私たちが行った時には灯台にも灯台の敷地内にも入れなかった。

Img_5492s(↑ホグホーン)

 灯台の敷地のそばにはホグホーンの建物もあって、丁度日没の時間だったためか日の入りを見に来た観光客やカメラマンや日没をバックに写真を撮るために来たカップルなど結構人がいた。

Dsc_0086s(↑灯台近くの湖岸と夕日)

 灯台近くはすぐ湖になっていて、私たちが行った日は風が強く波が荒かった。

Dsc_0104s(↑↓灯台近くの湖岸)

Dsc_0129s 

Img_5481ss Iさんご夫婦によると、灯台もポケストップになっていたらしいです。
 うちの携帯はまたもや電波の圏外で、AR画像が撮れなかったのが残念でした。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

ミシガン湖岸ツーリング その2
Pierce Stocking Scenic Drive

Slbemap2015park_web3  Pierce Stocking Scenic DriveはSleeping Bear National Lakeshore内にある1周12㎞くらいの短い道路で、一方通行。

(↑Pierce Stocking Scenic Drive付近の地図
https://www.nps.gov/slbe/planyourvisit/maps.htm
より引用)

 Sleeping Bear National Lakeshoreに入るには入園料が必要で、(2017年10月現在の)ウェブサイトでは車が15ドルバイクが10ドルだったのだけれど、(オンシーズンだったためか)バイクは13ドル徴収されたような気がする。
 Pierce Stocking Scenic Driveには見どころがいくつかあるのだけれど、私たちは4カ所で止まって観光した。

Dsc_0034s Pierce Stocking Scenic Drive(ピアス・ストッキング・シーニック・ドライブ)は紅葉の名所で、↑のカバード・ブリッジは観光案内に写真が載るくらい有名なポイントなのだが…
 私たちがツーリングに行った日は、その時期の気温の最高記録に迫るくらいの暖かい日で最高気温が23℃くらいだった。
 その日の数週間前も比較的暖かい日が続いていたので、期待していたほど紅葉が進んでいなくて殆どが緑だった。

Dsc_0034sr2(←上の画像を色補正で黄色がかった色に補正した画像)

 ←のような景色を期待していたのに…
ちょっと(かなり)ガッカリだった。
 綺麗に紅葉するくらいの温度だとしたら、寒すぎて快適なツーリング日和ではなかっただろうけれど…

Dsc_0050s(↑↓Glen Lake Overlook)

Dsc_0054s 3割くらいの紅葉で殆ど緑だったけれど、季節柄か観光客が沢山いて駐車場は満車、バイクを駐輪するのも困るくらいだった。

Dsc_0055s(↑Dune Overlook)

Dsc_0064s(↑↓Sleeping Bear Dune Overlook)

Img_5466s Sleeping Bear Dune OverlookとLake Michigan Overlookは同じ駐車場から入って、Lake Michigan Overlookは湖岸に建てられた木製のデッキ。

 Iご夫婦によるとデッキの上はポケストップだったらしいが、私たちの携帯のキャリアは圏内ではなくて確認することができなかった。

Dsc_0069s(↑Lake Michigan Overlook)

続きを読む "ミシガン湖岸ツーリング その2
Pierce Stocking Scenic Drive"

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

ミシガン湖岸ツーリング その1
&ポケモンGO

Img_5419s 9月の中旬頃、紅葉を見にアッパーミシガン半島の旅行に出かけたのだけれど、残念ながら紅葉が見られなかったので、10月になってからバイクでツーリングに行くことにしていた。

(↑ツーリングに出かける前荷物を積んだり、チェックをしているところ)

 (ツーリングと言っても私はアメリカのバイクの免許がないため、の後ろでタンデムツーリングなのだが…)

 ところが、10月になっても中々気温が下がらなくて紅葉は進まないし、予定していた10月の中旬の14日の週末はアッパーペニンシュラは雨の予報で、10月21日の週末に予定を伸ばした。

Img_3906s 当初は我が家の他に、の日本人バイク仲間のIさんご夫婦とSさんも一緒に3台で行く予定だったのだけれど、予定が1週間延びてしまったため、Sさんは参加できず、Iさんご夫婦とうちの夫婦の4人、2台のバイクで行くことになった。

Img_5434s アッパーペニンシュラは21日の夕方から雨の予報だったので、行先も変更してローアーペニンシュラのミシガン湖沿いをツーリングすることにした。

 9月にアッパーペニンシュラに行った時に朝日の写真を撮ったガソリンスタンドでIさんご夫婦と朝9時半ごろ合流。
 そこから、昼食予定地のミシガン湖近くのトラバースシティーを目指してバイクを走らせる。

Image2s(↑ハイウェイのレストエリアで撮ったポケモンのAR画像
左から:ゴース、ムウマ、カゲボウズ)

 Iさんのバイクは補助タンクも取り付けて長距離用に改造されているのだけれど、我が家のバイク(ゴールドウィング1500)はタンクはノーマルなままなので、待ち合わせのガソリンスタンドからトラバースシティーに行くまでの間に、レストエリア近くのガソリンスタンドで1度給油しなければならなかった。

Img_5437s(←手前:私が頼んだハッシュブラウン
奥:が頼んだ鞘インゲンのアジア風スパイシー炒め)

 ようやくトラバースシティーに着いた時は午後1時をまわっていて、取り敢えず遅い昼食。
 昼食を食べながら、その夜宿泊するホテルをスマホで予約を済ませた。

 I妻さんとお子さんが最近電話をガラケーからスマホに変えて、ポケモンGOに家族ではまっているという事で、食事の後少しだけトラバースシティーのダウンタウンを散策しながら4人でポケモンGOをプレーした。

Img_5438s(←トラバースシティーのダウンタウンで撮ったカラカラのAR画像)

 私たちがツーリングに行った時は、丁度ハロウィンイベントが始まったばかりで、ゴーストタイプのポケモンやエスパータイプのポケモンやドクロに関連するポケモンが沢山出ていた。

 トラバースシティーは観光地だけあって、ダウンタウンには沢山ポケストップやジムがあって、ポケモンGOで遊んだら、半日は確実につぶせるんじゃないかと思った。

Img_0864s(↑↓トラバースシティのダウンタウンの建物
ポケストップになっていた。)

Img_5439s 食事をしたレストランの近くをざっと散策した後、次の目的地スリーピング・ベア国立湖岸にあるPierce Stocking Scenic Drive(ピアス・ストッキング・シーニック・ドライブ)に向かった。

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

黒髪強要訴訟のニュースについて

Image1 生まれつき茶髪なのに、黒く染めるように強要されて不登校になってしまった大阪府立高校の女子生徒が、府を相手取って裁判を起こした。
というニュースがアメリカのYahooでも記事になっていた。

(←アメリカのスマホ版yahooニュースの記事のスクリーンショット)

 リンク先:Japanese Teen Says School Told Her to Dye Her Natural Hair Black or Drop Out
(11月1日検索)
に、よると、

 日本の18歳の公立学校の女子生徒が、茶髪の地毛を黒く染めるように学校から繰り返し強要され不登校になったため、220万円の賠償を求めて訴訟を起こした。
 弁護士によると学校は「黒く染めるか学校を辞めるか」強要してきたと主張している。
 今年の5月の朝日新聞の調査によると、57%の東京の公立高校では、茶色く染めているにも関わらず「地毛だ」という主張をする生徒もいるので、証拠として幼い時の写真を提出させており、ある学校の教師は、茶髪が地毛であることを生徒の両親に義務付けている、と話している。
 (問題のあった)懐風館高校はTIME誌の要請にコメントしていないが、高橋まさひこ校長は「学校は生徒に染髪や脱色を禁止する校則がある。学校は外国人の(地毛が黒髪ではない)生徒にも、黒く染めるように要求するだろう。」と話した。

↑のアメリカのYahoo!に記事に対してのコメントには、
「もし彼女が生まれつきの茶髪なら、地毛で通学することを許されるべきだ。」
「公立学校は日本ですらも公立学校なんだな。」
「日本では多様性と個人主義は自由のリストの上の方じゃないんだな…」
「染髪禁止なのに、(黒く)染めないから退学にしようとしてるの?」
「どうして彼ら(日本人は)髪を染めることをそこまで毛嫌いするの?」
「彼らは邪魔者は徹底的に排除したいんだよ。
画一化は調和をもたらすとして好まれている。
アメリカで好まれている異議を唱えることや個人主義は不作法だと思われてる。」
「彼女は自然の髪の色を許されるべきだよ。でも、同年代の子から虐めに備えるために、学校にとってはいい校則なので続けたらいい…」
「日本は画一化の文化なんだよ…」
「あ~、異種恐怖症の生活って…なんてバカげてるんだ。」
などがありました。

 以前に『Conformity(画一化)社会と発達障害』という記事や『教師への懲戒処分に疑問の声』という記事でも書いたのですが、日本って『みんなと一緒』に非常に拘る文化なのだと感じます。
 私はアメリカ人ほど多様性や個人主義礼賛ではないけれど、日本のような画一化に拘る社会で暮らしていくのは、かなり窮屈じゃないのかなぁ…と思います。

 それにしても、今回の黒髪強要の問題は大阪の公立学校で、日本語の喋れない外国人の生徒の編入に難色を示した教師が懲戒処分になったのも大阪の公立学校。
 地域がらなのだろうか?それとも(教育行政なども含めた)府の方針せいなのだろうか?

| | コメント (3)

2017年11月 4日 (土)

ハロウィン2017&初雪

017s 今年のハロウィンは火曜日だった。

(↑ハロウィンの食事に使ったテーブルコーディネート)

003s(↑ハロウィンの朝の裏庭
雪が降っている)

 当日は寒い日で、朝には初雪も降った。
雪が積るには気温が高かったし、午後には雪は止んだ。

017s(↑ハロウィンの食事を並べたテーブル)

 今年はパンプキンが不作だったのか、ハロウィンの1週間くらい前にはジャック・オ・ランタン用のパンプキンをスーパーで見かけなくなってしまい、今年は恒例のジャック・オ・ランタン作りをしなかった。

Image2(↑ハロウィンの食事)

 気温が寒かった事と、ジャック・オ・ランタンを飾らなかったこと、おまけに玄関のチャイムも故障してしまっていたので、今年はトリック・オア・トリートに来る子も少ないんじゃないか…と、思っていたのだけれど、午後6時くらいから7時半くらいにかけて結構やって来た。

038s(↑一人分の食事を取り分けたところ)

 昔のアメリカ映画『E.T.』などでは、ハロウィンには仮装した子どもや(中には大人も)がグループで通りを歩いてトリック・オア・トリートをしたり、パーティーに参加したりする様子が描かれていたが、今は治安が悪化しているせいか、トリック・オア・トリートには必ず大人がつき添い、子どもだけのグループで歩き回ることはない。

034s(↑デザートのカップケーキ)

 うちの近所では、寒いということと安全を考えてか、親が玄関前まで車で連れてきて子どもだけ車から降りて、トリック・オア・トリートをさせて、お菓子をもらったら車に乗って次の家に…という形が多い。

042s お菓子に毒や針などを入れる悪質な人もいるため、手作りのお菓子は警戒されて受け取られることはないので、準備するお菓子は市販のもののみ。
 特に就学前~小学校の低学年の小さな子どもは、ママ友同士でグループを作って駐車場に集合し、お菓子を積んだ車のトランクを飾りつけて待機。
 (子どもたちに見知らぬ人からお菓子をもらわないように言い聞かせた後に、)子どもたちがそれぞれ知り合いのママ友の車のトランクを巡ってトリック・オア・トリートをするトランク・オア・トリートも定着している。

007s(↑プレゼント用に作った、ミニカップケーキ) 

 トリック・オア・トリートと言うと、『E.T.』のイメージが強かっただけに、最近のトリック・オア・トリートは安全性が増した反面ワクワク感もなくなってしまい、少し寂しい気がする。

015s_2(←プレゼント用に包装した普通サイズのカップケーキ)

 

 
 

| | コメント (4)

2017年11月 1日 (水)

上水道汚染

Dsc08965 10月の第4火曜日に、領事館からのメールが来て、水道水が細菌に汚染されている(かもしれない)ということを知った。

 汚染の原因は同じカウンティ(郡)内にある水道管破裂による水圧の低下で、原因になった市と近隣の13自治体の水道水に影響が出た。

 カウンティのサイトには、「水道水を飲む場合は1分以上煮沸した後、15分以上冷やしてから飲んでください」と言う勧告が出ていた。

 その他には、手洗いに使ってもOK、シャワーや風呂も(水を飲みこまないなら)OK、歯磨きは湯冷ましを使うように、野菜や果物の洗浄も湯冷ましを使うように。
 水のフィルター(浄水器)では細菌は取り除けないので、フィルターを通した水道水は飲めません。
 勧告が解除になっても、すぐに水道水を飲み水には使わずに、蛇口を開けっ放しにして5分以上水を流してパイプに溜まった汚染水を流すこと、フィルターなども汚染されているので、フィルターなどの説明書に従ってクリーニング(掃除)して下さい。
など、細かい指示が書かれていた。
(細かい指示を書いておかないと、「勧告に詳しく書かれていなかったじゃないか!」と訴訟を起こされる可能性があるため。)

Dsc00004s 水道管の破裂がいつ起こったのかはわからないが、月曜日の夜に歯を磨いた時に口に含んだ水がエグい感じだったので、月曜日の夜には既に汚染されていたのではないかと…

 水道水がおかしいなぁ…とは思ったけれど、月曜日の夜に水道水で水差し型のフィルターで水をつくってしまい、翌朝フィルターを通した水を飲んでしまっていた。

 領事館からのメールで汚染を知って、すぐに会社にいる夫に、会社帰りにスーパーでボトルの水を買ってもらえないかと頼んだら、水道管が破裂した近くの地域では断水も起っていて、スーパーの水は売り切れているらしい。

 仕方がないので、大きな鍋で湯冷ましを作り、2つあるうちの1つのフィルター付水差しを洗ってフィルターを新しいものに交換し、湯冷ましをフィルターに通して飲み水を作った。
 その他にも、歯磨き用と食器を濯いだり、野菜を洗ったりする用の湯冷ましを作っておいた。
(おかげで、その日は鍋でお湯を何度も沸かして1日中湯冷まし作りしている感じだった。)

 私はお腹が弱くてすぐ水当たりするので、念のために正露丸を飲んでおいた。

 食事も極力水を使わないように、冷凍食品や洗浄後カットされて袋に入った葉物(野菜サラダ)とか、汚染されていない地域で買ったファストフードを食べた。
(うちの近くのレストランも勧告が出た翌日は緊急で営業を止めていたところがあった。)

120s この前の停電の時もそうだが、アメリカのインフラに問題があった場合の復旧は日本の感覚では想像できないくらい遅い。

 今回の汚染から回復するのも、我が家の住んでいる場所で月曜日の夜から数えると土曜日までで6日間、全部の地域で勧告が解除になったのは週明けの月曜日で、勧告がでてから丸1週間かかっている。

 我が家は水道水が汚染されただけで生活用水は使うことができたので、物凄く不便というわけではなかったが、断水してしまった地域では水の配給があったり、簡易トイレが設置されたりして大変だったみたい。

 このようなインフラなどの復旧の遅さは、何もアメリカが特別遅いというわけではないと思う。
 日本の復旧のスピードが世界一速いのではないかと…
改めて日本って凄いなぁ…と、思った出来事でした。

| | コメント (3)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »