« 停電 | トップページ | Multiplicity
クローンズ »

2017年12月 4日 (月)

伝説の3獣(犬) その2
ポケモンGO その25

Img_5052s この記事は元々11月の下旬にUP予定だったのだけれど、11月下旬にグローバル・キャッチ・チャレンジのイベントが始まったので、急遽記事を差し替えたため、記事を書いてから随分時間が経ってしまっている。

(←伝説の3獣解禁のお知らせ)

 9月1日からジョウト地方の伝説のポケモンが解禁になった。
 1か月毎の月替わりで、アメリカでは9月=ライコウ、10月=エンティ、11月=スイクンの順にレイドバトルに出現した。

 9月に解禁になったライコウはレイド・バトルには何度か勝つものの、レイド後のゲットチャレンジで逃げられることが多く、初捕獲は解禁1週間後だった。

Img_5056s(←初めて捕獲したライコウ)

 初捕獲の3日後と4日後に引き続き2匹目と3匹目の捕獲に成功。
 このペースで行けば、9月が終わるまでに(夏の間が使っていた)もう一つのアカウントでもライコウが捕まえられるのではないかと思っていたけれど、9月の中頃にアッパーペニンシュラの観光に出かけたため、レイド・バトルに思ったように参加できず、の使っていたアカウントでは捕獲できないまま10月になってしまった。
怪獣は2匹ライコウの捕獲に成功した。)

Image4s(↑ライコウのAR画像)

Img_5346s(←初捕獲したエンティ)

 日本では10月1日に伝説のポケモンが切り変えになったが、アメリカでは9月30日の夕方ライコウからエンティに切り替わっていた。

 30日は土曜日で忙しくレイドに行けなかったので、翌日の朝早めに起きてエンティ初レイドに挑戦。
 初めてのエンティ・レイドで捕獲に成功。
 十数分後に別のジムで2回目のエンティ・レイドに参加して勝ったけれど、捕獲できず逃げられてしまった。

 エンティには水ポケモンのギャラドスなどが使えたので、ライコウほどレイド・バトルに使うポケモンに困ることはなくて助かった。

Img_5347s(←プライベート・レイドの画像)

 3回目のエンティ・レイドに参加した時は、大学の構内のジムで、しかも丁度午後の授業が終わって学生が帰宅する時間帯にレイドがスタートしたため、講義帰りの生徒や大学の職員が次々と集まって、あっという間に参加人数が20人を超えてしまった。

 参加人数が多かったので一度バトルから逃げた後に、2つにグループを分けることになったのだが、チーム・インスティンクト(黄色)のプレーヤーの数が多かったので、黄色チームはプライベート・レイドでバトルを戦い、黄色以外のチームは別のグループを作ってほぼ同時に2グループでレイドした。

 以前にもプライベート・レイドでプレーするのは見たことがあるのだけれど、普通はチーム・ミスティック(青)か、チーム・ヴァーラー(赤)のいずれかで1つのグループを作りプライベート・レイドで戦って、黄色チームは残りのグループと組んでその他になることが多く、黄色のプレーヤーだけでグループを作って参加できるのは初めてだった。

Image6s(↑エンティのAR画像)

 同じ色のチームでグループを作ってレイドするメリットは、チーム貢献度で貰えるボーナスボールの数が多くなる(3個)こと。
 3回目のエンティ・レイドではそれまでで最多の14個ボールを手に入れることが出来て私は2匹目のエンティの捕獲に成功。
 4回目のレイドで、の使っていたアカウントを使ってレイドに勝利&捕獲に成功。
その後は捕まればラッキーくらいの軽い気持ちで何度かレイドに参加したが、捕獲はできなかった。
(ちなみに、怪獣はエンティは1匹しか捕獲できていない。)

Img_5700s(←初めて捕獲に成功したスイクン)

 日本時間の11月1日、アメリカ時間の10月31日の夕方に、伝説レイドがエンティからスイクンに変わった。

 変わった当日はハロウィンで忙しくてレイドはできなかったけれど、翌日11月1日に2回レイドに参加、2回とも勝ったけれど怪獣も私も捕獲に失敗して逃げられてしまった。

Image3s(↑2回目のレイドの様子
5人で倒すことができた。)

 翌々日、怪獣が学校に行っている間に私だけで参加したスイクン・レイドで最初の1匹をゲット。
 私が1匹目を捕獲した翌日に、ショッピングモールに買い物に行ったついでに私が4回目、怪獣が3回目のスイクン・レイドに挑戦。
 モールでのレイドでは参加人数が6人で、最初の挑戦ではプレーヤーの1人がスマホのバッテリーが切れて脱落してしまったため戦力不足で時間切れ。
 2回目は私のバッテリーパックを貸してプレーして、何とか勝つことが出来た。
 モールでのゲット・チャレンジで私は最後のボールで2匹目のスイクンの捕獲に成功。
怪獣はまたもや逃げられてしまった。

Image4(↑私が参加した1回目と3回目と4回目のスイクン・ゲット・チャレンジのAR画像)

 2匹目の捕獲に成功した私はその後、の使っていたアカウントに切り替えてスイクン・レイドに参加。
 11月に入って、最気温が氷点下の真冬日も何日かあって、ライコウやエンティと比べるとレイドに参加する人数が減って来ていた。
 熱心なプレーヤーは既に何匹かスイクンを捕獲していて、更に高いレベルのスイクンを捕まえるために1日何度もレイドを渡り歩いていて、レイドに勝っても自分の手持ちのスイクンよりも低いCP(レベル)なら、(寒いので)捕獲せずに次のレイドへ移動している人もいました。

Image5(↑の使っていたアカウントで参加した5回目~8回目と10回目のスイクン・ゲットチャレンジのAR画像)

 怪獣の6回目(私の8回目)のスイクン・レイドの途中で、寒さのため怪獣のスマホのバッテリー切れで、同じレイドのグループに再度合流することができなくて怪獣は負けてしまった。(私は勝ったけれど捕獲に失敗)
 一度レイド・バトルに勝ってしまうと、同じジムでの同じレイドには再び参加できない。
私はが使っていたアカウントがあるので、それで戦うにしても、私と怪獣の2人では伝説レイドに勝つのは無理。
 どうしようか…と途方に暮れていたら、女性2人組が現れて別のグループがそのジムに向かっていると教えてくれたので、2分くらい待っていたら8人くらいのプレーヤーが集団ゾロゾロで来て私たちも合わせて12人でレイドになった。
 無事勝つことが出来たが、私も怪獣も捕獲に失敗してしまった。

Image2(↑11回目、12回目、14回目、15回目のゲット・チャレンジのAR画像)

 のアカウントには私の10回目のレイドのゲット・チャレンジで最初の捕獲に成功。
あとは怪獣がスイクンをゲットするまで私のアカウントで付き合うことに…
 11月15日のお昼頃、怪獣の学校帰りに、近くの別の大学のキャンパス内の隣り合ったポケモンのジムで30分以内に3つのスイクン卵が次々に孵るようだった。
 私の参加しているSNSでは特に参加者募集していなかったけれど、丁度昼食の時間帯だし大学だから生徒が集まるだろうと思って行ったら案の定5~6人集まっていて彼らと一緒に3回レイドをした。

Image1(↑怪獣が初めて捕獲したスイクンとその時のゲットチャレンジのAR画像)

 3回のレイドのうちの一番最初のレイド(怪獣の11回目のレイド)で怪獣はやっと最初の1匹を捕獲。
 怪獣は続く12回目のレイドでも捕獲に成功、13回目のレイドでは捕獲に失敗したが、私もその日の3回のレイドのうち1回目でさらに1匹ゲット。

 ゲット・チャレンジで捕獲に失敗する度に、怪獣のイライラがどんどん募っていくのがわかったので、ついに怪獣がスイクン捕獲に成功して、やっと月の半ばにしてスイクン・レイドから解放されてホッとした。

 11月末までに、怪獣は4匹、私は6匹、のアカウントでは1匹、のアカウントで1匹のスイクンの捕獲に成功した。

|

« 停電 | トップページ | Multiplicity
クローンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 停電 | トップページ | Multiplicity
クローンズ »