« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

雪景色再び

Dsc09990s 去年の年末から今年の年始にかけては大雪&-10℃台まで下がる超低温だったけれど、1月の2週目から最低気温が+まで上がる日が数日あって、20日頃には雪がほぼ完全に融けていた。

(↑1月22日の裏庭)

 その後29日までは気温は下がるものの、雪は降らず路面は乾いていて運転しやすかった。

Dsc09993s(↑1月29日の裏庭)

 29日は朝から雪が降り始めで、結構量も多かった。
 朝、怪獣を学校に送って行く前に雪かきをしたのだけれど、(30分くらい)送って帰って来たら5センチくらい積っていた。
 前日までは庭の芝生が見えていたのに、朝の数時間で雪景色に戻った。

Dsc09991s(↑1月29日の玄関前)

 気温も-3℃くらいと比較的暖かった(+融雪剤を使う)ので、道路もシャーベット状で滑りやすく、非常に運転しにくかった。
 この先の予報も最高気温が氷点下だし、定期的に降雪があるようなので、暫くは雪景色が続くのではないかと…
 来週には立春なのに、春はまだ遠そう…

続きを読む "雪景色再び"

| | コメント (3)

2018年1月27日 (土)

結婚記念日2018
アメリカでの結婚の手続きなど

002s 私たち夫婦には結婚記念日が3つある。

(↑結婚記念日に作ったディナー)

 一つは入籍した日、もう一つはアメリカで結婚式を挙げた日、最後が日本で式を挙げた日です。
  今週はそのうちの一つのアメリカで挙式した記念日が25周年(銀婚式)を迎えたので、和食でディナーにすることにした。

007s(↑鰻のひつまぶし)

 アメリカで式を挙げた当時はは留学生で学生結婚だったため、日本のような挙式&披露宴できる経済力もなく、教会で式(セレモニー)だけと思っていたのだが、教会で式を挙げるためにはあれこれ手続きが必要だった。
 戸籍制度のないアメリカでは(州によって細かいところは違うけれど)、教会の神父などの宗教の儀式を行える資格のある人かシティーホール(市役所)などにある裁判所の裁判官の元で宣誓することで結婚した事になる。
(日本のように役所に書類を提出しただけで結婚した事にはならない。)

011s(↑アボカドと長芋のスモークサーモン巻き)

 教会や裁判所に行く前にはマリッジ・ライセンスなるものを市の役所や出先機関で発行してもらわなくてはならない。
 マリッジ・ライセンスは結婚をするカップルのそれぞれの生年月日や結婚歴などをフォームに記入して窓口に提出、受理されると提出したフォームと空白の結婚証明書が渡される。

009s(↑天ぷら)

 私たちが式を挙げた州では、女性はマリッジ・ライセンスを取得するためには風疹の予防接種を受けていなければならず、予防接種を受けてくるようにと言われたが、日本で既に受けているので日本語の血液検査のカードを近くの町医者に持っていって、医者に英語で風疹の抗体があることを証明する書類を書いてもらって提出した。
(医者も日本語が分かるわけでもないのに、こちらの説明を聞いてあっさり証明書をかいてくれた。さすがアメリカなんとも大雑把な…)

015s(↑牛のたたき)

 挙式には司式者(神父や牧師や裁判官など)と結婚するカップルと証人2人の最低5人必要。
 マリッジ・ライセンス(フォーム)と空白の結婚証明書を持って教会に行き、式を挙げると司式者がマリッジ・ライセンスと結婚証明書にサインをしてくれる。
 司式者の他には2人の証人のサインを書く欄があって、サインされたマリッジ・ライセンスと結婚証明書を持ってまた役所の窓口に戻ってマリッジ・ライセンスを提出してやっと結婚の手続きが終了する。
(結婚証明書の方は自分たちで保管して提出はしない)

 ざっと、こちらでの結婚の手続きについて書いたけれど、資格を持った人の司式で宣誓しないと結婚した事にはならないというのが面白いなぁ…と、思った。
(アメリカは州によって法律が違うし、私たちが結婚したのは25年も前の話だから今は違っているかもしれないけれど…)

020s(↑デザート:チーズパイ)

 余談だが、アメリカで結婚式を挙げた時に、周りの人にアメリカで結婚するなら永住ビザも取ってしまえばいいのに…と言われた。
 あの当時は9.11のテロの前で、留学生にもSSN(ソーシャルセキュリティナンバー)を発行していたし、永住ビザも取得が簡単だった。(現在のDVプログラムが始まる直前で、抽選制度ではあったけれど、今ほど認知度も高くなく抽選に当たりやすかったし、抽選でなくても手続きを踏めば簡単に取得できた。)
 まさかそれから約10年後にアメリカに母子留学するとは想像しなかったし、ましてや銀婚式をアメリカで迎えるとは思いもよらなかった。
 「人生って何が起こるかわからないよなぁ…」
と、感慨に耽った日でもありました。

| | コメント (3)

2018年1月24日 (水)

子供向け映画3作品
"The Emoji Movie"
"Diary of Wimpy Kids 4"
"Beauty and the Beast"

Dsc09893s 去年くらいからポケモンGOのイベントが頻繁に催されるので、ポケモンGO関連の記事が多くなって、映画(DVD)の記事が少なくなってしまっている。

 以前は1作品ごとに記事を書いていたけれど、更新回数が減っているので、今回は3作品まとめてリビューを書く事にします。

 "The Emoji Movie"は2017年のアメリカのアニメSFコメディ映画。
 邦題は『絵文字の国のジーン』で2018年2月17日公開予定。

Image3 アレックスの使うスマホの中にある絵文字の街テキストポリスに住む絵文字のジーン(主人公)は"meh(無関心、無頓着、退屈、倦怠)"の絵文字。

 ジーンの両親も"meh"で仕事をしている。
 絵文字の世界では、絵文字たちは自分の絵文字以外の役割や感情を表さないのが普通で、いつも自分の役割や感情の顔でいる事を求められている。

Image4 ジーンは何故か他の絵文字と違って感情豊かで、なかなか"meh"の顔ができない。

 ジーンの初仕事の日、アレックスは好意を寄せている女の子アディーに送るための絵文字に"meh"を選ぶが、ジーンは初仕事なのもあって、パニックに陥ってしまい、うまく"meh"の表情が作れず代わりに変な顔が送信されてしまう。

 ジーンは失敗の後、絵文字のリーダーのスマイリー(笑顔の絵文字)に呼びだされ、ジーンは『機能不全』だから削除されることに決まったと告げられ、(削除)ボットを差し向けられる。

Image1 その場は何とかボットから逃げられたジーンだが、テクストポリス全体をボットが徘徊していて、追われる身に…

 追われている途中で、(以前頻繁に使われていたが今は落ち目の)ハイファイブにであう。

 ハイファイブはジェイルブレーカーという海賊アプリに住むハッカーに"meh"の顔が正しくできるようになるために、プログラムを書きかえてもらえばいいのではないかと教えてくれて、ジーンとハイファイブはハッカーのジェイルブレーカー(監獄破り)を探すために絵文字アプリの外へ抜けだす…

 この作品はアニメだし、子供向けなので、あまり期待していなかったけれど、結構面白かった。
 ストーリーはありきたりなのだけれど、設定が絵文字でアニメだからこそ面白かったんじゃないかと言う作品でした。

Dsc09892s 次の作品は、"Diary of Wimpy Kid Long Haul"映画Diary of Wimpy Kidシリーズの4作目で(原作本ではシリーズ9作目)2017年のファミリー・ロード・コメディー映画。
 邦題は『グレッグのダメ日記4』で、劇場公開情報はなし、DVDやGoogle Playなどのデジタルコンテンツ(有料)で観る事ができるらしい。

 シリーズ1作目(2010年)、2作目"Rodrick Rules "(2011年)、3作目"Dog Days"(2012年)から時間が経っているためか、キャストは主人公も含めて総入れ替えだった。

Image1_2 4作目では、グレッグの家族(へフリー家族)がインディアナポリスの近くに住む母方の曾祖母の90歳の誕生日のパーティーに参加するために、グレッグとスーザン(母)、フランク(父)、ロードリック(兄)、マニー(弟)の家族5人で自動車旅行をすることになり、その様子が描かれている。

 母のスーザンは、家族の親睦を深めるため、自動車旅行の間はスマホやゲーム機などのデバイスは使用禁止と言いだして、家族全員のスマホを回収すると言いだす。

Image2 年齢が低くてスマホを使えない弟のマニー以外は不満タラタラで(特に兄のロードリックとグレッグは)激しく抵抗しますが、母のスーザンにおしきられて渋々スマホを母に渡す。

 旅の最初からスマホを取り上げられ前途多難のグレッグだか、この後、更に色々な災難?やハプニング?が襲ってくる。
 果たしてへフリー一家は無事に目的地に辿り着くことができるのか?

 この作品は家族で自動車旅行をするという設定が、以前にリビューで書いた『お!バカんす家族』という作品に似ている。
 Wimpy Kidの方は子供向けという事で、『お!バカんす家族』よりは少しお上品ではあるけれど、ゴタゴタしたハプニングが次々起こる(引き起こされる)のはほぼ一緒。
 何も考えずに軽い娯楽として観て笑うには最適な作品かもしれない。

Dsc09888s 3作品目のレビューは"The Beauty and the Beast"(邦題は『美女と野獣』)で、2017年の作品。

 フランスの民話を題材にしたディズニーのアニメを実写化したもので、映画ハリー・ポッター・シリーズでハーマイオニ役を演じたエマ・ワトソンが主人公のベルを演じるということで公開前から話題を小耳にはさんではいたのですが、ディズニーの配給という事で、個人的になかなかみる気になれなかった作品です。

Image1 ディズニーは古いアニメ作品はそこそこ質の高いものが多いのだけれど、近年~最近のアニメ作品(『アナ雪』や『フロッグ・プリンセス』は原作の影も形もないし、『ライオンキング』は完全にパクリだし)はちょっと首をかしげたくなるものも…

 ディズニーオリジナルでなくて別に原作のある実写では、『ナルニア国物語』や『スターウォーズ』などを商品化してしまった上に、『ナルニア…』は最後までシリーズを終わらせずに投げだしてしまったのが嫌で、ディズニーの実写と聞くといいイメージがなかった。

Image2_2 図書館で『絵文字の国のジーン』を見つけた時にたまたま近くに置いてあったので、話題になっている作品だし、取り敢えず観てみようかと思って借りてみてみました。

 鑑賞してみると、見る前のあまり良くないイメージとは裏腹に、この作品はアニメ作品をほぼ忠実に再現していて、好感が持てた。
 (ディズニーは古い作品のほうがいいなぁ…と思ってしまった。)
 

 

 

 

| | コメント (2)

2018年1月21日 (日)

カイオーガ出現&コミュニティー・デー
ポケモンGO 32

Img_6810s 前回で旅行の記事が終わったので、今日はポケモンGOでイベントがあったのでイベントについてと最近出現した伝説のポケモンカイオーガの記事にすることにしました。

(↑カイオーガ登場のお知らせ)

 1月12日(金曜日)の午後からカイオーガが伝説レイドに登場しました。

 去年の暮れから始まったグラードンのレイドが14日まで続いていて、週末は伝説レイドはグラードンとカイオーガの両方が出ていました。

Image1(↑カイオーガ・レイド)

 金曜日の夜にはSNSに「カイオーガを捕まえた」と言う報告と画像が上がってきていました。
 翌日の土曜日は朝から、SNSで伝説レイドの参加募集の呼びかけが始まり、私と怪獣も午前中に2回カイオーガ・レイドに参加。

Image3_2(↑カイオーガのゲットチャレンジ)

 私たちが参加した2回のレイドが行われたジムは両方とも、ラッキーなことに私たちが所属しているチーム・インスティンクト(黄色チーム)のジムだったことと、参加メンバーの多くが黄色チームの所属だったので、2回とも11個プレミアムボールをゲットできました。

  私は最初のレイドでカイオーガの捕獲に成功したものの、2回目のレイドでは逃げられてしまいました。
怪獣は2回とも逃げられてしまっていました。

Img_6799s(←捕獲に成功したカイオーガ)

 カイオーガの2回のレイドで普通のレイドパスを使いきってしまったので、お昼にはレイドから抜けて帰宅しました。

 14日の日曜日にはSNSに14日限定のレイドのチャンネルができて、朝から夕方のレイドの終わる時間までSNSのコミュミュニティーメンバーの情報交換をしていたが、気温が余りにも低かったので私たちは出かけないことにしました。

 カイオーガは2月14日まで出現するらしいが、私たちの住んでいる地域は冬場の気温が-10℃前後。
 伝説のポケモンの出現の直後は、捕獲して図鑑に登録したいプレーヤーが多く、レイドに人が集まりやすいけれど、出現期間の終わりの方になってくると、人が集まらないことも多いので、出始めの2週間くらいまでに最初の1匹が捕まるといいなぁ…と思う。

Img_6786s(↑コミュニティー・デーのお知らせ)

 カイオーガの出現とほぼ同時期にコミュニティー・デーのお知らせが届いた。
お知らせによると、これから毎月1回、特定のポケモンが大発生するイベントをするようで、1月の開催時期は(アメリカの太平洋標準時で)1月20日の11時~14時までの3時間(短っ!(`0´*))。
(日本では日本標準時の1月20日の12時~15時まで)
地域の公園で開催されるということだった。

内容は、
・『なみのり』の技を覚えたピカチュウの出現
・期間中XPが普段の2倍
・ルアーモジュールの持続時間が30分から3時間に延長

Image5

 今回のイベントに合わせて期間限定のお買い得BOXも販売していたが、今回のBOXの中身も私の欲しいものはなかったので、購入しなかった。

Image14(↑イベント中の地図画像)

 イベントの当日は最低気温+2℃、最高気温が+6℃と暖かく、天気にも恵まれてプレーしやすかったので、図書館近くの公園に行くとポケモンGOのプレーヤーと思われる人が沢山いました。

 イベントのお知らせによると、公園でピカチュウ大発生ということだったが、当日プレーしてみたら公園以外の場所でもピカチュウが結構でていました。

Img_68621s(←『なみのり(一番下の黄色の丸で囲んだ部分)』を覚えたピカチュウ)

 今回のイベントの目当ては、技2(ゲージ技)で『なみのり』を覚えたピカチュウ、しかも色違いのピカチュウを捕まえること。
(ピカチュウは電気ポケモンなので、普通は水技の『なみのり』は覚えないので、イベント期間だけの特別なピカチュウということになる。
 ちなみに、『なみのり』を覚えたピカチュウをライチュウに進化させると『なみのり』を忘れて他の技に変わってしまう。)

Image13(↑左:色違いのピカチュウ、右:普通のピカチュウ)

  イベント中は『なみのり』ピカチュウが沢山出ていたのだが、中々色違いのピカチュウに出会えない。
 イベント開始後30分で1匹捕まえたっきり、その後はずっと出ず。
怪獣は3匹捕まえていた。)今回のイベントでは1匹しか捕まえられないかなぁ…と諦めていたら、イベント終了7分前に2匹連続して出現。
 個体値は低かったけれど、3匹色違いのピカチュウを捕まえることが出来た(全部♀だったけれど…)。

Image1(↑イベント中のピカチュウのAR画像。
公園近くのダウンタウンで氷の彫刻のコンテストをやっていて、そこにもピカチュウが沢山でていました。)

 沢山、ピカチュウは出ていたものの、CPの割には捕まえにくく、ボール木の実もあっという間に使い果たしてしまった。

Image12(↑左:ポケモンGOの読み込み中の画像。
右:アップデートされたポケモンBOXの画像。色違いのポケモンの左上に星のマークがついている。)

 イベントの前日にポケモンGOのアプリが更新になり、読み込み中の画像がクリスマスツリーの画像からニュー・イヤーの画像に変わり、ポケモンBOXのポケモンのアイコンに色違いの時は星のマークがつくようになった。
(アメリカでは色違いのポケモンは"shiny"と呼ばれているので、ピカピカ✨のマークがついたのかも…)

続きを読む "カイオーガ出現&コミュニティー・デー
ポケモンGO 32"

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

3泊6日・フロリダ旅行記 4日目夜
帰路&その他雑感

Dsc_0001s 夕方暗くなって、ホグワーツ城でクリスマスのショーがあると聞いたので、ホグワーツ城に向かった我が家。

(↑昼間のホグワーツ城)

 ジュラシック・パーク側からホグズミードに入ろうとしたのだけれど、入場規制がされていて遠回りしてホグズミード駅の側に誘導されてやっとホグワーツ城の近くまで行くことができた。

Night00(↑ホグワーツ城の下の岩山に雪だるまの映像が映っている)

 お城でのショーと聞いていたので、前日のディズニーのマジックキングダムのようにイルミネーションの点灯と花火かな?と思っていたら…

Night01(↑クリスマスツリーの映し出されたホグワーツ城)

 ホグワーツ城に映像を映し出してストーリーを音楽と音声で展開していくショーだった。

Night02

Night03

Night04

Night05

Night06 最後には花火が上がって、ホグワーツ城にクリスマスのデコレーションが映し出されて終わった。

ホグワーツ城でのショーを見た後は、スカル・アイランドのキングコングのアトラクションに行った。
 ホグワーツ城でのショーは1回だけでなく複数回あったようで、ショーが終わった後次の回を見るためにホグワーツ城に向かっている人もいて、キングコングのアトラクションは短い待ち時間で乗れた。

 その後、アドベンチャーアイランドを後にして、遅い夕食に行くことになった。

Image14(↑寿司ボウル)

 車で来ていたので、前日のようにシャトルバスを待つこともなく帰路に着くことができたのだが、パークを出た時間が遅かったので、またもや多くのレストランやお店の営業時間が過ぎてしまっていた。
 2日前から「ラーメンが食べたい…」と言い続けていたが見つけたのがハワイアン料理の店。
(ハワイは日本からの移民が多いので、お惣菜店では和食のアレンジ版のような料理が売られていることが多く、日本人にとっては馴染みやすい料理が多い。)
 閉店15分前くらいに滑りこんだのだけれど、ラーメンは売り切れで、すし飯の上に自分の好きな具を何種類か選んでのせてもらう『寿司ボウル』ならできると言うので、それを4人分頼むことにした。
 トッピングにはふりかけとか蟹風味かまぼこを裂いたものやマッシュしたアボカドやカリビアン風の味付けの野菜やカレー味の野菜、フライドオニオンなど日本では寿司の上にあまりのせないような具もあって、店員さんのお勧めも聴きながら選んで適当に作ってもらって持ち帰りにして、ホテルの部屋で食べた。

続きを読む "3泊6日・フロリダ旅行記 4日目夜
帰路&その他雑感"

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

3泊6日・フロリダ旅行記 4日目
&ポケモンGO

Dsc_0020s フロリダ旅行4日目はユニバーサル・スタジオのアイランズ・オブ・アドベンチャーに行った。

Dsc_0001s(↑ホグワーツ城)

 2016年の暮には、ホグワーツ特急に乗りたくてユニバーサル・スタジオとアイランズ・オブ・アドベンチャーの2つのパークの1日チケットを購入したのだけれど、2つのパークを1日で回り切れるはずもなく、今回はホグワーツ城のあるアイランズ・オブ・アドベンチャーのみの1日チケットを買うことにした。

Img_6712s(←ユニバーサル・スタジオのアプリ)

 また、前日のディズニーのチケットのように公式のチケット取り扱い店に行くのではなく、宿泊したホテル内のカウンターで購入し、ホテルのシャトルバスではなく自家用車で行くことにした。
は駐車料金がかかるのでホテルのシャトルバスで行きたがっていたけれど、ユニバーサル・スタジオへのシャトルバスの本数はディズニー・ワールドののシャトルバスと違って朝夕1往復ずつしかなく、乗り逃してしまったら帰ってくる手段がなくなってしまう。)

 朝食も途中のコンビニで購入して、車の中で食べながらユニバーサル・スタジオに向かった。

Image2(↑↓クリスマスの飾り付けのされたホグズミードとホグワーツ城周辺)

Image1 ホグズミードとホグワーツ城周辺はクリスマスの飾り付けがされていた。

Image3(↑Frog Choir)

 ホグワーツ城近くのステージでは歌のパフォーマンスをやっているのだけれど、クリスマスシーズンということで、クリスマスソングも歌われていた。

Image4(↑『3本の箒(レストラン)』の内部。
クリスマスの飾り付けがされていた。)

Image6(↑『3本の箒』のメニューのショーウィンドウ
右:クリスマスの特別メニュー)

 レストラン『3本の箒』で昼食にしたのだけれど、クリスマスの特別メニューもあったけれど、サンプルでみるとかなり量が多く値段も67ト゛ルと高かったので、4人で食べきれる量ということで、3人分食事を注文して4人で分けて食べることにした。

Image5s(↑左から、ターキーのもも肉、スペアリブ、シェパーズ・パイとサラダ)

Img_6409s(↑スース・ランディングの入り口)

 今回、アイランズ・オブ・アドベンチャーのパークチケットを買ったもう一つの理由は怪獣が小学校の時にはまっていた『Dr.Seuss(ドクター・スース)』のアトラクションのクリスマス・デコレーションを見るため。

Image8(↑↓スース・ランディングのクリスマスの飾り付け)

Image7

Img_6428s(↑グリンチのディスプレー)

 お店にはクリスマスということで、グリンチのディスプレーやグリンチ関連のクリスマス・グッズを売っていて、(パークの商戦に騙されて)ついつい買ってしまいたくなった。
(こういうテーマパーク内で売っているグッヅって、ミニーの耳のついた帽子とかグリンチの手袋とか、キャット・イン・ザ・ハットの帽子とか、魔法の杖とかローブとかパークの外では使えないものばかりなのに、いい年をした大人が買っているのを見かける。
 誘惑に弱い私は、「騙されてはいけない…」と呟きながら店の前を通りすぎるのであった。)

Image12_2(↑ジュラシック・パーク)

ハリー・ポッターとDr.Seuss以外はロスト・コンティネントで『ポセイドンの怒り』とジュラシック・パークで『リバー・アドベンチャー』のアトラクションとマーベル・スーパー・ヒーロー・アイランドで『超人ハルク』のジェットコースターとDr. DoomのFearfall(フリーフォールの逆バージョン?)を体験した。

Dsc_0015s(↑『ポセイドンの怒り』のアトラクション前)

Image13_2(↑スーパー・ヒーロー・アイランド内)

Image9(↑スパイダーマンの看板とお店。
店内はスパイダーマンの赤と青でクリスマスデコレーションされていた。)

 夕方暗くなってから、ホグワーツ城でクリスマスのショーがあると聞いたのでそれを見るためにホグズミードに戻った。

 長くなったのでショーの様子は次回に続く…

続きを読む "3泊6日・フロリダ旅行記 4日目
&ポケモンGO"

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

3泊6日・フロリダ旅行記 3日目
ポケモンGO 31

Img_6674s_2 いつもは3日に1度の更新なのだけれど、旅行記は記事数が多いので、1日おきの更新にすることにしました。

 フロリダ旅行の3日目はディズニー・ワールドのマジックキングダムに行くことにした。

 前もってネットなどでチケットを購入していなかったので、パークのチケットブースで買うという方法もあったが、並ぶのが嫌だったので、当日の朝パークに行く前にディズニーの公式チケットショップで購入しようということになったのだが…

Img_6734s(←購入したチケット)

 チケットを購入した時に軽くゴタゴタがあった。
 夫は公式のチケットショップで買うと割引になると考えていたようだが、割引にはならず正規の値段だったのが気に入らず、店頭でチケットの値段を聞いて(いつもの優柔不断力を発揮して)私に「どうする?」と訊いてきた。

 どうもこうも、その店で購入する以外の選択肢なんてあるわけがない。
 当日の朝だし、開園時間も迫っているし、これからディスカウントのチケットを探して他のお店を転々とするのも時間の無駄。
 迷うなら店に行く前に値段を調べてから迷えよ~
と、ツッコミたくなったが、「ノー・チョイスでしょ」とだけ返事をしてチケットを購入させた。

Img_6714s(←携帯にダウンロードしたオーランドの観光案内とディズニー・ワールドとユニバーサルスタジオのアプリ)

 チケット購入ついでに朝ご飯も食べに行く予定だったが、チケット購入で手間取ってしまったので時間がなく、通りがかりのスーパーでサブマリン・サンドと飲み物を人数分購入してホテルから出ているシャトルバスに乗るためにホテルに戻った。

 はシャトルバスが出るまでに40分以上あるといっていたが、ホテルに戻ったらホテルの玄関前に既に人が並び始めている。
 私だけエントランスの所で先に車から降りて、ホテルの人に聞くと、あと8分でディズニーワールド行きのバスが出るという。
 に駐車場に車を急いで停めて、そのままエントランス前に子どもたちと来るように電話をかけて、私は列らしきものに並んでいた。

Img_6713s(←ディズニー・ワールドのアプリ、アトラクションの位置と待ち時間がわかるようになっている。)

 宿泊していたホテルはディズニーのグッド・ネイバー・ホテルだったので、シャトルバスで数分で着くと思ったら、少し渋滞していたのもあって30分くらいかかってしまって、着いた時には開園時間を過ぎてしまっていた。

 開園時間が過ぎていたにも関わらず、エントランス・ゲートは混んでいた。
 というのも、持ち物検査と金属探知の検査があったため。
 おまけに入園する時には指紋と顔写真まで取られた。

 日本のディズニー・リゾートと違って、オーランドのディズニー・ワールドは食べ物の持ち込みが自由。
 入園のゲートの所で持ち物検査はあるけれど、食べ物は問題なく持ちこめたので、朝ご飯に買ったサンドウィッチと飲み物をスーパーの袋のまま持ちこんだ。

Img_6673s(←園内のクリスマスの飾り付け)

 園内はクリスマスの前ということもあって、あちらこちらにクリスマスの飾り付けがされていた。
 入園直後、メインストリート付近を歩いていたら、ラッキーなことにウェルカム・パレードの後半部分を見る事ができた。
 開園から30分以上時間が経っていたので、パレードは見られないと思っていたけれど、パレードを見る人もそんなに多くなかった。

Image2(↑ウェルカム・パレード)

 パレードを見た後、ファストパスを取ろうと発券所?に行ったのだけれど、私たちがファスト・パスを取りたかったライドは夕方までのファストパスを全て発券し終わっていた。
(アプリでファストパスを取ることもできたのだけれど、入園後チケットをアプリで使えるように登録所のような所で設定しなければならず、どちらにしろファストパスには間に合わなかった。)

Img_6177s (↑ビッグ・サンダー・マウンテン)

 ファストパスが使えないなら、スタンバイで並ぶしかない。
のスマホにダウンロードしたディズニーワールドのアプリで、待ち時間を確認して待ち時間の短いアトラクションから並ぶことに…

Img_6184s(↑スプラッシュ・マウンテン)

 ジェットコースター系のアトラクションが好きな我が家は、ビッグ・サンダー・マウンテンとスペース・マウンテンとスプラッシュ・マウンテンは乗りたい、ということで時間を調べたら、スプラッシュ・マウンテンが一番短い30分だったので並ぶことにした。

Image4_2(←スプラッシュ・マウンテンのボートの中から撮影)

 スプラッシュ・マウンテンで列に並んでいる間、私と子供たちが持ちこんだサンドウィッチと飲み物で遅い朝ご飯を食べ始めた。
 元々朝は食欲の沸かないは私たちを見て、「恥ずかしい」と、言って食べなかったが、列で待っている時間に食べればわざわざ食事の為に時間を使わずに済む。
(それに、列で並んでいる間に飲食する事を考えてか、列に沿ってあちらこちらにゴミ箱が設置されている。)
 私たちが食べ始めたら、それを見た周りの列に並んでいる人たちも食べ物を取りだして食べ始めた。
 アメリカの1食分は多くてサンドウィッチ全部は食べきれなかったので、半分は後で食べることにした。

Image14(↑トゥモローランドのモンスターズInk.のアトラクションのポケストップの画像) 

 スプラッシュ・マウンテンの後は、マジック・キングダムの周りをぐるっと回るディズニー・ワールド・レールロードに乗ってトゥモローランドに移動、怪獣はスティッチのアトラクションに行きたかったようだが、その日はアトラクションはお休みだったので、向かいにあるモンスターズINK.のショーに行くことにした。
 モンスターズINK.のショーの後は、スペースマウンテンに移動する予定だったけれど、待ち時間が2時間以上だったので、昼のパレードを見るためにウェスタンランド方向へ向けて移動した。

Image1(↑お昼のパレードの様子)

 パレードの終わった直後なら、ビッグ・サンダー・マウンテンの待ち時間も短いだろうと考えて、パレードはウェスタンランドに最も近い所で見た後、パレードが完全に終わる前にビッグ・サンダー・マウンテンに移動。
 案の定、待ち時間は45分まで減っていたのですぐに並ぶことに…

Image3(↑ビッグ・サンダー・マウンテン)

 ビッグ・サンダー・マウンテンに乗った後は、暫くトム・ソーヤの島で時間を潰した。

Img_6263s(←トム・ソーヤの島の地図
クリックで拡大)

 トム・ソーヤの島は東京ディズニーランドにもL.A.のディズニーランドにもあると思うけれど、地味なアトラクションなので、一度も経験した事がなかった。

Image5(↑↓トム・ソーヤの島)

Image8 島には人口の洞窟や建物や砦があって、特にガイド・ツアーなどはなく、各自自由に歩いて回るタイプのアトラクション。

Img_6248s(↑砦の入り口)

Image7(↑砦の内部)

 夕方近くなってパレードが始まるので、今度はパレードの最中にスペースマウンテンに乗るために、再びトゥモローランドに移動。
 パレードの最中ということで待ち時間は80分くらいに減っていたが、これ以上は短くならないだろうということで、列に並ぶことにした。
 スペースマウンテンに乗って外へ出たら、日が沈んで薄暗くなっていた。

Dsc_0114s(↑↓パイレーツ・オブ・カリビアン付近)

Image10(↑雪の結晶の形のライトアップ。
下:遠くに美女と野獣のお城がライトアップで浮かびあがっている。)

 スペースマウンテンの後は、パイレーツ・オブ・カリビアンのアトラクションに行き、その後は園中央のお城(スリーピング・ビューティーのお城?)でクリスマスの特別イルミネーションがみられるということで、そちらに移動した。

Dsc_0121s(↑お城のイルミネーションと花火)

 私たちがお城の近くに来た時に、丁度真っ暗だったお城がライトアップされて花火が上がった。
 ライトアップされたお城の横を通ってメインストリートを通って帰ることにした。

Img_6305s(↑メインストリートのクリスマスツリー)

Dsc_0144s(↑メインストリートのクリスマスイルミネーション)

Dsc_0161s(↑エントランス・ゲート付近のクリスマスイルミネーション)

 メインストリートのクリスマスのイルミネーションを満喫してマジック・キングダムを後にした我が家だったが、シャトルバスの停留所に行ってもバスが待てど暮らせどやってこない。
 うちが宿泊していたホテルだけでなく、他のホテルのシャトルバスの停留場にもなっていて他のホテル行きのバスは頻繁に来るのだが、結局1時間半くらい待ってやっと宿泊しているホテル行きのバスが来た。
 バスの運転手さんはちょっと変わった人で、バスを運転しながら伴奏を流して歌のパフォーマンスをしてくれて、乗客もノリノリで楽しんでいた。

Image17(↑夕食に行ったTEX-MEXのレストラン
ホットソースの味見のできるバーがあった)

 シャトルバスを待っている間に夕食をどこで食べようかほぼ決めていたのだけれど、あまりに長い時間待ったため、ホテルの近くのレストランは閉店してしまっていたので、少し遠かったが車で20分くらいのTEX-MEXのレストランに行った。
 閉店20分くらい前に滑りこみ何とか夕食にありつくことが出来た。

Image18(↑左から、ケサディーヤ、シーフードタコス、ブリトー
の注文した料理は写真を撮り忘れたのが残念。)

続きを読む "3泊6日・フロリダ旅行記 3日目
ポケモンGO 31"

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

3泊6日・フロリダ旅行記 1&2日目
&ポケモンGO

Img_6101s 去年の年末、ミューツーレイドの翌日(19日)から3泊5日のフロリダのオーランドに旅行に行ってきた。

(←19日の夕食をしようと立ち寄ったテネシー州のナッシュビル近郊)

 我が家は一昨年も3泊5日のオーランドのユニバーサル・スタジオに行っていて、出発時間が遅くて2日間の観光予定が1日になってしまった教訓を生かして、今回は午前中に自宅を出発した。
 出発の日の気温は暖かく+4℃で雪は残っていたものの、道路は凍結していなくて走りやすかった。

 19日は、食事と給油以外はどこにもストップすることなくひたすら運転。
 南へ向かう毎に気温も暖かくなって、出かける時はコートを着ていたが、途中でコートは必要なくなった。

Img_0006s(↑オーランドダウンタウンの地図)

 翌20日の朝早くオーランドに到着、スタバで朝ご飯を食べてホテルのチェックインまでの時間オーランドのダウンタウンを観光することにした。

Img_6113s(↑レイク・エノラ・パークのクリスマスツリー&くるみ割り人形)

 ダウンタウンに車を停めて(パーキングメーターで1時間30¢だった)まず、ビジターセンター(観光案内所)に寄ってダウンタウンの地図をもらい、見どころを聞くとレイク・エノラ・パークがお勧めというので行ってみることに…

Img_6116s(↑レイク・エノラパーク)

Img_6119s(↑レイク・エノラ・パーク)
 クリスマス前ということもあってか、公園の一角にはクリスマスツリーと巨大くるみ割り人形でデコレーションされている場所があって、多分、夜に来るとイルミネーションがきれいなのだろうなぁ…と思った。

Img_6124s(↑レイク・エノラ・パーク近くのシーダー・オブ・レバノンのオブジェ)

Img_6134s(↑オレンジ・カウンティ・リージョナル・ヒストリー・センター)

Img_6157s(↑↓オレンジ・カウンティ・リージョナル・ヒストリー・センター前の広場とワニの彫像)

Image1_2 オレンジ・カウンティ・リージョナル・ヒストリー・センター(ミュージアム)にも行ったのだけれど、有料だった事と私たちが車を停めたところは最大2時間までしか駐車できなかったので時間が気になって、外観の写真だけ撮ってダウンタウンの他の場所を散歩することにした。

Img_6139s(↑ダウンタウンの通りのクリスマスのイルミネーション。
私たちが行った時にちょうどイルミネーションの取りつけ作業をしていた。)

Img_6153s オーラスンドのダウンタウンには、無料のバスのルートが4つあって、観光スポットやスタジアムや劇場などを結んでいる。
バス停も綺麗だし、バスの車内も綺麗だった。
自転車のシェアもあって、観光地として整備されているなぁ…と思った。
 ダウンタウンを見た後は停めてあった車を出して昼食を食べに行くことにした。

Img_6150s(↑昼食を食べたレストラン)

 食べに行ったのは、地中海料理のチェーン店でアメリカの南部と東部に展開しているレストラン。

Img_6142s(↑注文したファミリーパック)

 注文したのはチキン・オルゾ・ポモドリーナのスモール・ファミリーパック(3~5人用)で29.99ドル。
 サイドメニューが2種類選べたので、ロースト・ベジタブルとビーンズを選んだ。

Img_6147s(↑一人分に取り分けた食事)

 3~5人分ということだったが、アメリカサイズなので当然食べきれず、残りは入れ物や袋を貰って持ち帰りにした。
(残りはホテルの部屋で夕食として食べた。)

 昼食を食べた後は、近くのスーパーに寄って飲み物や夕食のためのサラダ類を買ったあと、ホテルに行ってチェックイン。
 夜通しのドライブで疲れていたのでホテルの部屋でインターネットで翌日の予定を調べながら過ごし、ホテルの近くのお土産屋さんを見て回った。

続きを読む "3泊6日・フロリダ旅行記 1&2日目
&ポケモンGO"

| | コメント (2)

2018年1月 9日 (火)

ミューツー・レイドに参加
ポケモンGO その30

Image2l  まだフロリダ旅行の際の画像の処理がおわっていないので、前回の記事に引き続き今回もポケモンGOの伝説のレイドについて書きます。

 第1世代の伝説のポケモンのミューツーのレイドは去年の夏から開催されているのだけれど、招待制で、ある特定の選ばれたジムでレイドバトルに勝つと配布されるEXレイドパスがないと参加できない。

 私は今までレイドバトルに参加した数が少ないためか、去年の12月になるまでは一度も招待されたことがなかった。

Image2r 12月6日の午前中、怪獣が学校に行っている間に、ポケモンGOのスポンサー企業のスプリント(携帯のキャリア)のお店にあるジムで伝説のポケモン、ホウオウのレイドをした。
 参加人数6人の少数レイドで、参加者の中にはレベル20台の人も交じっていてかなり厳しい状態で、3回目の挑戦でやっとレイドバトルに勝つことが出来た。
 その時ホウオウは捕獲できなかったのだけれど、12月12日にSNSで一緒に6日にレイドをした人からミューツー・レイドのEXパスが届いたかどうか聞かれた。

 ポケモンGOのアプリを立ち上げて確認してみたら、EXレイド・パスが届いていたのでその事を知らせると、一緒にホウオウレイドをした人もEXパスが届いたので他に何人くらいパスがもらえたのか知りたいとSNSに投稿。
 その時点では私も合わせて8人はそのジムでのミューツー・レイドに招待されているようだった。
 招待されたのは全て初めての人ばかりで、6日のレイドで一緒に戦った人でも以前にミューツー・レイドに招待されたことのある人にはEXパスが届いていないようだった。

 レイドの日時は18日(月曜日)の午後1時30分から2時15分で、招待された人の中にはその時間は仕事の人もいて、どうやって休みを取ってレイドに参加するか考えなくちゃ…と言っている人もいた。

Image4(↑上段:レイドの始まる前の卵の状態。
下段:卵が孵ってレイドが開始したところ)

 その後もSNSで情報を交換しつつ当日を迎えた。
SNSで事前に把握していたのは8人だが、当日行ってみると14人集まっていて、参加者全員が揃っているか点呼後、卵が孵って2分後にはレイド・バトルが始まった。

Image5(↑左:ミューツー・レイドに招待されていなかったのアカウントで見たジム。
ジムに入ろうとすると…右の画像のメッセージが表示された)

 招待された参加者の中には、夫婦で招待されて参加している人や、自分のアカウントでは招待されなかったけれど、学校に行っていてレイドに来れない息子の代わりに参加したお父さんもいた。

Image1(↑ミューツー・レイドの様子)

 私のお勧めのパーティーはヘルガーとカミカミバンギラスとゴローニャとギャラドスだった。
 お勧めパーティーから推測すると、どうやらミューツーのゲージ技は『きあいだま』ではなさそう。
 参加者の殆どがトレーナーレベル30以上で14人もいたので、(ミューツーのゲージ技が『シャドーボール』だった事も幸いしたのか)バトル開始から100秒以内、私は2匹目のバンギラスで戦っている最中にミューツーを倒し、ゲットチャレンジに進んだ。

Image3(↑ゲットチャレンジの様子とレイドバトル勝利後のジム)

 参加者の殆どがミスティーク(青チーム)でおまけにジムの所属も青でインスティクト(黄色チーム)は私一人だったため、私のもらえたボールは7個だけ。
 捕まるかどうか不安だったけれど、(個体値があまり強くないミューツーだったためか)最後のボールで何とか捕獲。
 無事にポケモン図鑑に登録されてホッとした。 

 ミューツー・レイドの終わった翌日は、フロリダへのドライブ旅行に出かけた。
ドライブ旅行記は次回以降の記事で…

| | コメント (0)

2018年1月 6日 (土)

グラードン出現&ゲーム・コミュニティ
ポケモンGO その29

Img_6046s(↑グラードン出現のおしらせ)

 今日は年末に行ったフロリダ旅行の記事をUPする予定だったのだけれど、写真(画像)の整理が終わらなかったので、つなぎでポケモンGOの記事にします。

 12月14日にホウオウの出現期間も終わり、寒い中レイドバトルに出かけずに済むとホッとしていたら、翌12月15日の夕方から3世代の伝説のポケモン『グラードン』がレイドに出現するという情報がSNSに上がってきていた。

Img_6043s(←スマホに来たグラードン出現のお知らせ)

 15日の夕方ごろから、SNS(ゲームのコミュニティーのチャット)で、グラードンを見かけた情報や、レイドに勝って捕獲に成功したという報告が次々入って来ていた。

 私は15日の夕方は用事があったのでポケモンGOはプレーしていなかった。
 翌16日の朝、SNSで私と複数のメンバーにタグをつけて「図書館近くでグラードン・レイドが始まるよ~」と、チャットが入った。

 9時少し前にチャットが入って、9時40分からレイドスタートということだったので、「息子と一緒に行く」と返事をしたのだが、外を見ると雪が積っていて、ドライブウェイも車も雪かきしないと車が出せない。

Image2(↑最初のグラードン・レイドの様子)

 車を出すために雪かきしようと身支度を整えていたら、間の悪いことにが塗装の終わった車のボンネットの取り付けを手伝え!と言いだしてきた。
 5分で終わると言っていたが、5分で終わるはずもなく、9時40分のスタート時間には間に合いそうもない。

「ごめん、まだ雪かきしてるから9時40分には出来そうもない。」
と、チャットを送ったら、
「次は近くの公園の日時計のところでやるから、頑張れ」
と、返事
「ありがと、頑張る」
と、返事して、雪かきを終えて(のスマホも持って)指定された公園に向かった。

Img_6038s(←最初のグラードン・レイドのゲットチャレンジのAR画像
車の中から撮影)

 指定された公園に着いて、日時計の近くの駐車場で車を停めて待っていると、図書館近くのジムでのレイドを終えた人たちが次々に車で乗りつけてきて、その中の一人がリーダーになって声をかけて(レイド参加人数最大の)20人のプレーヤーでレイド開始。

 人数が多かったため残り時間214秒、手持ちのポケモンの4匹目で戦っている時にグラードンを倒し、ゲット・チャレンジへ…

 最初のレイドでは、怪獣のみが捕獲に成功。
私とのアカウントでは逃げられてしまった。

 レイドが終わって後で、隣に車を停めていた人と車の窓越しに話したら、次は公園の周辺にある施設のジムで別のグラードンレイドがあるので、他の人は向かっているという。
 私たちもそのジムに向かうことに…

Image3(↑2回目のレイド後のゲットチャレンジの時のAR画像:左
と、捕まえたグラードン:右)

 施設のジムで2度目のグラードン・レイドに参加。
19人の参加で、無事に勝利してゲット・チャレンジへ進み、怪獣は2匹目の捕獲に成功。
私は初めてのグラードン捕獲に成功。
のアカウントでは、またもや逃げられてしまった。

 ゲットチャレンジの後、プレーヤーたちは東に400mくらい行った所にある教会のジムでのグラードン・レイドに向かったが、私たちは無料でもらえるレイドパスを使いきってしまったので、「パスを使いきったから家に帰る」とチャットで連絡して戦線を離脱した。

 SNSのチャットによると、教会でのレイドの後ももう1カ所のジムでのレイドに向かうようだった。
(図書館近くのジムのレイドから数えると教会の次のレイドで5件目になる。)
 よく時間とレイドパスが続くなぁ…と、彼らのポケモンGOにかける情熱に感心した。

 

続きを読む "グラードン出現&ゲーム・コミュニティ
ポケモンGO その29"

| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

2018年、元旦

023s 新年、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

(↑お正月の食事に使ったテーブルセッティング)

019s(←一人分のセッティング)

 今年の年始は、抜きの私と怪獣の家族3人と猫2匹で迎えました。
 が夫の父親が体調が悪く入院したため、年末に急遽実家に帰省することになったためです。

 元日はがいないので家族3人でお寿司とロースビーフと天ぷらで夕食にしました。

Dsc_0013s(↑元旦の夕食)

Dsc_0023s(↑お吸い物)

Dsc_0025s(↑一人分に取り分けたところ)

Dsc_0030s(←デザートのアイスとクッキー)

 食事を作るのに忙しくて、デザートの事はすっかり失念していて作っていなかったので、市販のアイスとクリスマスプレゼントに焼いたクッキーの残りにした。

 翌日2日の朝は、が大学のある他州に戻るため、朝4時起きで空港に送って行った。
 ここの所朝の気温がマイナス10℃台と寒く、外に置いてある車の窓の霜取りをしないと車が出せない事が多かったけれど、2日の朝はマイナス4℃と比較的暖かく、霜が少なかったので霜取りせずに車が出せたのは助かった。

続きを読む "2018年、元旦"

| | コメント (10)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »