« ラティオス出現&8ビットグラフィック表示
ポケモンGO 42
| トップページ | The Circle
ザ・サークル »

2018年4月18日 (水)

4月の雨氷
4月のコミュニティーデー&カントー・ウィーク
ポケモンGO 43

Dsc00021s 4月15日の日曜日の朝、起きてすぐのが寝室の窓から外を見て、
「また雪だよ~」
と、言ってたので、外を見るとうっすらと積もっているようだった。

(↑15日の朝の裏庭)

Img_7986s(←怪獣の使っているバスルームの窓)

 怪獣のバスルームに体重を計りに行ったら…
ナント!
窓がすりガラスのような不透明になっていて外がぼんやりとしか見えない。

Σ( ̄ロ ̄)オヤ?

 近くによって見ると、窓ガラスに氷が張り着いているらしい。

うっひょ~(ノ゚⊿゚)ノ

また雨氷だぁ…

Img_7985s(↑窓ガラスに張り付いている氷と窓の外に見えているつらら)

Dsc00028s(↑デッキの横の生垣)

 キッチンの窓から、裏庭にあるデッキの横にある生垣も雨氷で氷でコーティングされていた。

Dsc00053s(↑生垣についている氷りついた実)

Dsc00073s2(←4月15日の朝、玄関前)

 玄関から表庭にでる小道も、パッとみると雪だけれど、よく見ると霙が固まったような不透明の氷が張っていた。

 歩くと雪のように窪んだ足跡がつくのではなく、踏んだ部分だけが薄いグレーの足跡に変わった。

 玄関前の背の低い常緑樹も…
(↓水色の矢印の先の常緑樹の梢の拡大写真)

Dsc00043s やたら艶があると思ったら…

凍っているし!

Dsc00040s

 玄関前の柵も…凍ってるぅ…

Dsc00061s(↑4月15日表庭の芝生)

 芝生も凍っている…

Dsc00067s(↑外に置きっぱなしだった車)

車も…凍っている!

Image2(↑氷りついた車)

 午前中はうちの周りは氷漬けの世界だったけれど、雨が降り続いたおかげで午後には氷も少しずつ融け始めた。

 雨氷だった15日の午後2時~5時までポケモンGOの4月のコミュニティー・デーのイベントがあった。

 コミュニティー・デーとカントー・ウィークについては続きを読むから…

4月のコミュニティーデー:

Image3(←コミュニティー・デーのお知らせ)

 4月のコミュニティー・デーは15日で、アメリカ東部夏時間では午後2時~5時までの3時間だった。

 この記事の↑で書いたけれど、当日は雨氷→その後冷たい雨の悪天候。
 SNSの仲間は室内でプレーできるアウトレットモールまで出かけると言っていたけれど、怪獣と私は日曜日は用事があって1時間しか参加できないので、アウトレットモールまで行っていたら往復の時間だけで1時間軽く超えてしまうため、いつも行く近くのモール(屋外)でプレーすることにした。

Image1_2(↑4月15日の朝、雨氷とカブトのAR画像)

 4月のコミュニティー・デーの内容は、大発生するはメリープ
イベントの3時間の間にデンリュウまで進化させると特別な技『りゅうのはどう』を覚えることができる。

Image4(↑色違いメリープ)

 ルアーモジュールの効果時間が30分から3時間に延長
タマゴの孵化にかかる距離が普段の1/4に短縮
だった。

 孵化装置とルアーモジュールはイベント開催中にセットしたものが有効で、イベント開始前にセットしたものは普段の通りだった。

Image5(↑コミュニティー・デーに合わせて販売されたコミュニティーBOX)

Img_7999s(←フィールドリサーチのタスク
下の2つがイベント期間中に手にいれたタスク)

 イベント時間中に手にいれたフィールドリサーチのタスクは、全て『メリープを3匹捕まえる』で、貰える報酬は色々だった。

 イベント終了後は恐らくメリープは野生では殆ど現れないので、イベントの翌日にはメリープ捕獲のタスクは捨ててしまった。

Image2(↑左から、色違いのメリープ、色違いのモココ、『りゅうのはどう』を覚えた色違いのデンリュウ、) 

 今回のイベントでは、私は色違いのメリープは1匹のみ、デンリュウまで進化させたメリープは色違いも含めて4匹。
 怪獣は色違い4匹ゲットできていた。

 天候が悪い中のイベントだったので、冷たい雨に濡れながらこんな所(屋外のモール)でポケモンGOをしているクレイジーなプレーヤーって私たちだけかも…と、思っていたのだけれど、イベント終了直後にモールで始まったラティオスレイドに行ったら、あっという間に(私と息子も含めて)10人のプレーヤーが集まったのは驚いたばかりか、その中の一人が、「今日のイベントにはナイスな天気だね~メリープは雨の日にブーストされて出やすくなるしさ…」と、非常にポジティブなコメントをしていのも印象的だった。

カントーウィーク:

Img_7931s(↑カントーウィークのお知らせ画像)

 3月末に始まったスペシャル・リサーチのタスクの一つに「カントーメダルをゴールドにする」と言うタスクがあって、カントー(第1世代)のポケモン151種類のうちの100種類を図鑑に登録(捕まえるか卵から孵す)とタスクがクリアになる。

 最近始めた人でもタスクをクリアすることができるように、アメリカ東部標準時の4月10日の午後4時から、カントーのポケモンが多く出現する、カントーウィークのイベントが始まった。

Image1(↑左:普段は3㎞でアメ1個のキャモメが1.5㎞に短縮。
右:ちかくにいるポケモンのリスト、カントーのポケモンばかり)

Img_7969s_2(←野生で出た『サワムラー』のAR画像)

 野生でカントーのポケモンが出やすくなるだけでなく、レイドバトルにカントーのポケモンが出るようになっている。

 その他に期間中は、報酬で貰えるアメの数が2倍になり、限定のスペシャルBOXも販売された。

 カントーウィークの終了は4月17日の午後4時頃(東部夏時間)だった。

 カントーウィークの期間中に4月のコミュニティー・デーのイベントがあったので、私たちは1時間しかコミュニティー・デーのイベント中にプレーできなかったけれど、メリープをデンリュウまで進化させる十分なアメを集めることが出来て助かった。

Image2_2(↑カントーウィークに合わせて販売された期間限定のBOX)

|

« ラティオス出現&8ビットグラフィック表示
ポケモンGO 42
| トップページ | The Circle
ザ・サークル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラティオス出現&8ビットグラフィック表示
ポケモンGO 42
| トップページ | The Circle
ザ・サークル »