« 夏至2018 | トップページ | 6月のポケモンGOプレー
6月のコミュニティー・デー(ヨ―ギラス)
ポケモンGO 47 »

2018年6月29日 (金)

4月・5月のポケモンGOプレー
5月のコミュニティー・デー(ヒトカゲ)
ポケモンGO 46

Image2 4月はポケモンGOプレーの記事は月の前半まで書いて、5月はブログの更新自体していなくて、6月は旅行記の記事を書いていたので、プレーの様子を記事にするのは2か月半ぶり。

 4月の後半はコミュニティー・デーの後は、アースデイのイベントがあった。

Image1(↑アースデイのイベントでトレーナー全員に配布されたラプラスとピカチュウのTシャツ)
 
 4月22日のアースデイに清掃活動をするというイベントで、ポケモンGOのアプリでも参加者を募集していたが、我が家は活動の場所が遠かったので参加しなかった。

Image3(↑くさ・みず・じめんタイプのポケモンが多く出現するようになった。)

 イベント参加者の数が3000人を突破していたので、報酬でくさ・みず・じめんタイプのポケモンが多く現れるようになり、貰える星の砂が3倍になった。

Image4(↑怪獣が捕まえた色違いのホエルコ)

 アースデイのイベントと同時に色違いのホエルコ(普通のホエルコは青だけれど、色違いはピンク)が実装された。

 いつも私たちがプレーする図書館の近くで出会った女性のトレーナー(ポケモンGOのプレーヤー)は、色違いのホエルコを捕まえるために、旦那さんと旅行に行った先でもホテルの近くのポケストップ全部に(ポケモンを誘き寄せる)ルアーモジュールを仕掛け、ホテルの周りを行ったり来たり歩き回って1500匹以上のホエルコを捕まえて、やっと1匹色違いが捕獲できたらしい。
 旦那さんにはクレージーな女だと思われるし、色違いホエルコを捕まえるために歩きまわって5ポンド(約2.5㎏)痩せたと言っていた。

Image3_2 5月に入って最初のイベントは『バトルウィーク』のイベントで、アメリカ東部夏時間の5月1日の夕方から5月14日まで開催された。
(バトルウィークの開催中に日本に帰国してしまったので、アメリカでいつイベントが終わったのかはよくわからない。)

Image4_2(↑バトルウィークに合わせて販売された、期間限定のスペシャルBOX)

 バトルウィークの期間中はかくとうタイプのポケモンが多く出現し、レイド・ボスも期間中は格闘タイプのボスは出現していた。
 レイドバトルで貰える星の砂が普段は500から6倍の3000にアップ。レイドに勝つと報酬で『ふしぎなアメ』が必ず貰える、ジムバトルやレイドバトルで貰えるXP(経験値)も普段の2倍になった。
 ジムバッジのランクで得られる経験値も2倍という特典もあった。

Img_8177s バトルウィークの期間中に、新たに『マクノシタ』と『アサナン』の色違いが出現した。

Image5(↑色違いのマクノシタ)

Img_8993s(←色違いのアサナン)

 私は色違いのマクノシタはイベントが始まってすぐに手に入れることができたけれど、アサナンがなかなか出てこない。(怪獣は逆で色違いのアサナンはすぐに手にいれたが、マクノシタがでてこない)
 今回のイベント中に色違いのアサナンを捕獲するのは無理かな…と思っていたら、イベント終了前日にの運転する車の助手席で(往生際悪く)プレーしていたら、信号待ちで車が止まったところに出たアサナンが色違いだったので捕獲した。

Image2_2 5月2日には、フィールドリサーチのリワードがファイヤーからサンダーに切り替わった。

 5月9日にはラティアスとラティオスのレイドの切り替えがあったのですが、丁度その頃私たちはアメリカから日本に一時帰国したため、ラティアス・レイドはできないまま、5月が過ぎました。

Image7(↑左:持てる道具の数が2000個にUPしたお知らせ。)

 5月14日には、道具を入れるバッグの容量の上限がそれまでの1000個から2000個に拡張された。
(現在ゲーム開始時に元々持っている容量は350個、200ポケコインで50個ずつ容量が増やせる。)

Image6  ホウオウがレイドボスとして5月19日から6月7日まで期間限定で再登場。
 今回は色違いのホウオウも実装された。
 その他には、アローラのポケモンが一部解禁になり、5月の末には首の長いアローラ・ナッシーが大発生していた。
 5月25日から、6月5日まではアドベンチャーウィークのイベントが開催されたけれど、長くなるので、アドベンチャーウィークについては6月のプレーの記事に書く事にします。

 また5月19日(土)には5月のコミュニティー・デーが開催。
5月のコミュニティー・デーについては、続きを読むから…

5月のコミュニティー・デー(ヒトカゲ)

Img_9026s 5月のイベントで大発生したポケモンは『ヒトカゲ』だった。

Image6(↑左:5月のコミュニティー・デーのお知らせ
中:イベント前のポケモン図鑑のヒトカゲのページ。イベント開始前までに75匹捕獲してあった。
右:イベント後のヒトカゲのページ。イベント終了時の捕獲数は166匹。イベント期間中に91匹の捕獲に成功した事になる。
逃げられた数も95匹もいる。)

Image7(↑左:ヒトカゲが表れている地図画像。
右(水色の○の中):イベント期間中に限定で現れた、ヒトカゲ捕獲のフィールドリサーチのタスク。)

 イベント期間中はヒトカゲ大量発生に合わせて、ヒトカゲを捕獲すると報酬を貰えるフィールドリサーチのタスクが出ていた。

Image2(↑色違いのヒトカゲの画像)

 イベント中には色違いの黄色いヒトカゲも出現し、イベント期間中にリザードンまで進化させるとブラストバーンという特別な技を獲得できた。

Image1(↑左:色違いのヒトカゲ。
中:色違いのリザード。
右:色違いのリザードン。水色の○の中が期間のみの特別な技『ブラストバーン』)

 5月のコミュニティー・デーで捕まえた色違いのヒトカゲは4匹。
4月のメリープ1匹と比べると多く捕まえられたのでそれぞれの進化形で色違いを持つことが出来て良かった。

|

« 夏至2018 | トップページ | 6月のポケモンGOプレー
6月のコミュニティー・デー(ヨ―ギラス)
ポケモンGO 47 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏至2018 | トップページ | 6月のポケモンGOプレー
6月のコミュニティー・デー(ヨ―ギラス)
ポケモンGO 47 »