« 怒濤の水曜、地獄の月曜
秋学期2018
| トップページ | アローラフォームのポケモン
ポケモンGO 51 »

2018年9月22日 (土)

フレンド機能
ポケモンGO 50

Image1 9月も半ばを過ぎて、遅ればせながら8月のポケモンGOのプレーの記事を書こうと思ったのですが、新しい機能が追加されてその説明なしでは、8月のプレーの内容がわかりにくいので、今回は今年の6月21日から始まったフレンド機能について書いておくことにしました。

(↑フレンド機能解禁後のプロフィール画面)

 フレンド機能は6月21日から始まったのだけれど、レベル40から徐々に解禁になって、全レベル解禁になったのは2~3日後だったと思います。(自分のレベルが解禁になって後のことがよくわからないので…)
 全てのレベルが解禁になっても、プレーヤーの年齢が13歳未満のばあいはフレンド機能が使えないようになっています。
(実年齢が13歳未満でも13歳以上でアカウント登録してあれば使えるらしいのですが、うちの家族は登録時に18歳以上だったので、詳しいことはわからないです。)

Image5(↑フレンド機能のお知らせ
左:フレンド機能のスタート時のお知らせ
右:交換機能で交換した時に出るキラポケモンのお知らせ)

 フレンド機能の主な機能は、ギフトの交換とポケモンの交換(トレード)で、フレンド登録をしたプレーヤーとのやり取りができます。

Image3(↑フレンドの登録の仕方
左:②、右:③)

 ポケモンGOの地図画面で、左下の自分のアバターのアイコンをタップするとこの記事の一番上の左側の画像が表示されるので、ピンクの丸で囲んだ『フレンド』のタブをタップ。

 フレンド一覧がでる(フレンドがいない場合は空白)ので、一番上の『フレンドを追加』(ピンクの丸の中のグリーンのアイコン)をタップ。

 フレンド追加の画面で、フレンドになりたい人の12桁のコードを入力するか、フレンドになりたい相手に自分のフレンドコードを入力してもらうか、(2018年9月18日現在は)トレーナーコードの右にQRコードの印があるので、タップするとQRコードを読みこんで申請できるようになりました。

Image2(↑左:フレンド追加の画面
中:QRコード
右:QRコードの読みこみ画面)

 コード入力後に『送る』のボタンをタップすると申請の通知が送られるので、受け手が承認を許可して登録完了になります。

ギフトの交換

Image7(↑フレンドの個別のページ
左:ギフトを贈ることができる状態
中:今日の分のギフトを贈ってしまった状態
右:ギフトを送って1日以上経っているが、相手がギフトを開けていないのでギフトが送れない状態)

 フレンドになると、一覧に登録したフレンドが追加されて、アバターのアイコンをタップするとフレンドの個別のページが表示される。

 個別のページのトレーナーレベルのゲージの下の左側にギフトのアイコンがあり、ギフトがカラーの場合はこちらからギフトを贈ることができる。
 アイコンがグレーの場合はギフトを贈ることができない。

Image6(↑左:相手からギフトが贈られて来ている状態
ギフトをタップした後表示されるギフトの情報の画面)

 相手からギフトが贈られてきていると、フレンドの個別のページを開けた時に、前面にギフトが表示されているので、タップするとギフトの情報が見られる。
 受け取りたい場合は、開くをタップ、受け取りたくない場合は『×』とタップするとフレンドの個別のページに戻ることができる。

 ギフトを開けると、7㎞(歩くと孵化する)タマゴが出てくることがあり、7㎞のタマゴからはアローラフォームの7種類のポケモンが孵る(2018年9月現在)。
 7㎞卵については次回以降に書きたいと思います。

トレード

 フレンド機能のもう一つの機能は、プレーヤー同士のポケモンの交換(トレード)ができること。

Image8(↑左:フレンドの個別ページ。左下に交換アイコンがある①。
中:待機中の交換画面②。
右:交換に出すポケモンの一覧画面③。)

 ギフト交換は遠隔地の友達ともできるが、交換は近くにいるトレーナー同士のみ可能。(100m以内と言われている)

交換の手順は・・・

交換したい相手の個別ページを表示して左下の交換アイコンをタップ。

アイコンをタップすると交換画面が表示されるので、相手がアクセスするまで待機

相手がアクセスした後、中央下のアイコンをタップすると交換にだすポケモンの一覧が表示される。

Image9(↑左:送るポケモンを確定④
中:交換画面⑤
右:特別交換の確認画面⑥)

一覧から送るポケモンを選ぶと、ポケモンの情報が出るのでOKならば『続ける』ボタンをタップ。
(星印をつけたお気に入りのポケモンは送れないので、交換前に解除しておくといい)

交換画面に自分と相手の送るポケモンの情報と、交換に必要な『ほしのすな』の量と交換で貰えるアメの数が表示されるので、OKなたば『確定』をタップ。

交換するポケモンの両方または片方が、伝説のポケモンか色違いのポケモンか図鑑に未登録のポケモンの時、特別な交換であることの確認画面が出るのでOKならば『はい』をタップして交換がはじまる。
(特別な交換は1日に1回しかできない。)

Image10(↑交換中の動画)

交換に必要な星の砂はフレンドレベルによって違う

【交換に必要な星の砂の量】
フレンドレベル通常(登録済み)通常(未登録)特別(登録済み)特別(未登録)
しりあい 不可 不可 不可 不可
友達  100 2万 2万 100万
仲良し 100 1万6千 1万6千 80万
親友 100 1600 1600 8万
大親友 100 800 800 4万

交換で貰えるアメの数は距離によって決まる

【距離とアメの数】
アメの数距離
1個 0㎞~
2個 10㎞~
3個 100㎞~

・交換したポケモンの技は変化しないけれど、個体値(ポケモンの強さ)は変化する。
(経験的に交換に出す前より下がることが多いが、稀に上がることもある。)

Image1(↑キラポケモンの画像

 トレードで稀にポケモンがキラポケモンになることがあって、それぞれポケモンの画面と一覧と図鑑がキラポケモンの表示に変わる。図鑑にはキラポケモンの数も表示される。
 キラポケモンは強化(レベルアップ)させる時に必要な星の『ほしのすな』の量が通常のポケモンの半分になるので、レベルアップに有利。
 キラポケモンになる時は、交換したポケモンの両方がキラポケモンになる。
(日本では『キラポケモン』だけれど、アメリカでは色違いポケモンを"Shiny"と呼んでいるため、『Lucky:ラッキーポケモン』と呼ばれている。)

Image3(←キラポケモンの条件一部変更のお知らせ)

 9月6日から、それまでランダムだったキラポケモンになる条件の一部が変更され、2016年7月と8月(つまりポケモンGOがリリースされて最初の2カ月)に捕まえたポケモンを交換に出すと必ずキラポケモンになるようになった。

 100%キラポケモンになるには、2016年の7月と8月に捕まえたポケモンを交換に出すトレーナーのキラポケモンの保有数が10匹未満であることの条件がついている。

 条件を満たしてキラポケモンになった場合は、個体値が最低でも80%が保証される。

Image4(↑新しい条件で交換してキラポケモンになり、個体値も上がった伝説ポケモン)

 個体値80%以上が保証されるなら、個体値80未満の伝説のポケモンを交換で貰えばいいのかも…と言うことで、幾つか交換してもらった。

フレンドレベル

 フレンド機能を使ってギフトを送ったり、トレードしたり、ジムバトルやレイドバトルで一緒に戦ったりすると、1日に1レベルだけ上がる。

【フレンドレベル(仲良し度)】
仲良し度必要なレベル数

仲良し度が
上がった時に
得られる経験値

ボーナス
しりあい
友達 3000xp アタック3%
仲良し 1万xp

ほしのすな20%減

アタック5%

プレミアボール+1

親友 30 5万xp

ほしのすな92%減

アタック7%

プレミアボール+2

大親友 90 10万xp

ほしのすな94%減

アタック10%

プレミアボール+4

 フレンドレベルが上がるとトレードの時に必要な『ほしのすな』の量が減ったり、バトルの時の攻撃力が増したり、レイドバトルで勝った時にゲットチャレンジで貰えるプレミアボールの数が増えたりする。

|

« 怒濤の水曜、地獄の月曜
秋学期2018
| トップページ | アローラフォームのポケモン
ポケモンGO 51 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒濤の水曜、地獄の月曜
秋学期2018
| トップページ | アローラフォームのポケモン
ポケモンGO 51 »