« 新カメラ機能&ドーブル出現
ポケモンGO 63
| トップページ | 2月のポケモンGOプレイ その2
ポケモンGO 65 »

2019年3月 4日 (月)

2月のポケモンGOプレイ
イベント編 ポケモンGO 64

Image1 2月のポケモンGOはイベント盛り沢山だった。

(↑旧正月イベントのおしらせ)

旧正月イベント

 2月の最初のイベントは旧正月のイベントだった。
期間は、東部標準時の2月4日の夕方~2月13日の夕方までだった。

Image2(↑旧正月イベント期間中に出やすくなっていたポケモン)

 期間中は干支にちなんだポケモンが出やすくなっていた。
亥年という事で、新たにバネブーの色違いが実装された。
私は期間中バネブーを捕まえまくったけれど、中々色違いがでず。
終了日前日にやっと1匹だけ捕獲することができた。 
 期間中は、ボーナスとしてポケモンを捕まえた時と進化させた時のXPが2倍だった。

Image3(↑左:色違いのバネブー
右:通常色のバネブー)

フレンドシップ・ウィークエンド

Image1_2(↑フレンドシップ・ウィークエンドのお知らせ)

 旧正月イベント中の週末(2月8日夕方~2月11日夕方までの3日間)に、フレンドシップ・ウィークエンドのイベントも開催された。

 期間中は、仲良し度が1日で2つ上昇(普段は1日に1つしか上昇しない)。
ポケモンを交換する時に、貰えるアメの数が2倍に、交換時に必要な『ほしのすな』が半分になる特典があった。

Image2_2(↑期間中にキラポケモンになったポケモンたち)

 交換に必要な『ほしのすな』が半分で済むので、個体値の弱いポケモンを捕まえたら交換して、キラポケモン(ポケモンを強化する時の星の砂が半分で済む特別なポケモン)をいくつかゲットすることができた。

バレンタイン・イベント

Image1_3(↑バレンタイン・イベントのお知らせ)

 旧正月イベントが終わると同時に、バレンタイン・イベントが始まった。
期間は13日夕方~2月21日夕方までで、ピンク色のポケモンが野生やタマゴから多くでていた。

Image4(↑期間中に野生で多く出ていたポケモン)

 期間中のボーナスで、ポケモンを引き寄せるルアーモジュールの時間が通常の12倍の6時間に延長、ポケモン捕獲時のアメの数が普段の2倍になっていた。

Image2_3(↑左:バレンタイン・イベント限定の特別タスク
右:野生で現れたラッキーと、ピンクの矢印の先:「ラッキーを1匹捕まえる」のタスクが出たポケストップ)

 フィールド・リサーチのタスクもイベント限定のタスクが2種類出ていて、「ラッキーを1匹捕まえる」で『ふしぎなあめ』が「ラブカスを20匹捕まえる」でラッキーが出現するものでした。

2月のコミュニティーデー(ウリムー)

Image1_4(↑ウリムー・デーのお知らせ)

 2月のコミュニティーデーで大発生するポケモンは『ウリムー』だった。
ウリムーは
ウリムー(2世代)→イノムー(2世代)→マンムー(4世代)
の2段階進化するポケモンで、ウリムーのイベントからイノムーからマンムーに進化できるようになった。

Image3_2(↑左:大発生したウリムー、
右:コミュニティーデー・イベント中の限定タスク)

 ウリムー・イベントで色違いのウリムーが実装され、ポケモンを捕まえた時に貰える『ほしのすな』が通常の3倍、イベントの週末(当日)はトレーナー同士でバトルするとリワードが最大5回(普段は3回)、チームリーダーとトレーニングするとリワードが5回貰えるようになっていた。

Image2_4(↑上段:色違いのウリムー、イノムー、マンムー
下段:通常色のウリムー、イノムー、マンムー)

ラティアス・レイド(再来)

Image1_5(↑ラティアス・レイド・ウィーク)

 バレンタイン・イベント終了後、2月22日の夕方~3月1日の夕方(東部標準時)まで、伝説レイドにラティアスが戻って来た。

 ラティアスは去年(2018年)の(日本では)4月と(アメリカでは)5月に伝説レイドのボスになっていたけれど、私たちは5月に日本に帰国していたので、ラティアス・レイドは3日間しかチャンスがなく、ラティアスは2匹しか持っていなかった。

Image3_3(↑色違いのラティアス)

 今回は色違いも出るという事で、最高気温が氷点下の真冬日だったにも関わらず、プレーヤーが結構集まっていた。
 ラティアス・レイドをやっていた期間は、丁度学校がアーリー・スプリング・ブレイク(春休み?)で、レイドに参加する時間があったので、(多分)8回目の挑戦で色違いをゲットすることができました。

パールルの特別タスク

Image2_5(↑パールル特別タスクのお知らせ)

 ラティアス・レイドが始まった翌日の23日(土)には、パールルの特別リサーチのイベントが3時間限定で行われた。
 パールルは第3世代のポケモンだったけれど、このイベント以前にはまだ実装されていなかったポケモン。

Image1_6(↑タスクをクリアすると報酬でパールルが出るタスク)

 先月のヒンバスの特別タスクと同様に、3時間の間、ポケストップを回すと貰えるタスクは全てパールルが報酬で出現するタスクだった。
 ヒンバスのタスクは達成するのに時間がかかるものが多く、色違いの出現率も1/75と低かったので、プレーヤーからクレームがでたのか、今回のパールルのタスクは簡単なものが多く、種類も多かった。

Image3_4 パールルの特別タスクのイベント中は水タイプのポケモンも大発生していた。

Image4_2(↑左:通常色のパールル
右:色違いのパールル)

 今回は39個のタスクをこなすことができて、色違いは4匹捕獲できました。
パールルの特別タスクはウリムー・イベントの翌週で、2週連続で土曜日の午後がイベントつぶれてしまい、ちょっときつかったです。

ポケモン誕生の記念日イベント

Image1_7(↑誕生日イベントのお知らせ)

 2月の最後のイベントは、ポケモン誕生の記念日のイベントで、期間は26日の夕方~28日の夕方までだった。

 期間中はカントー地方(第1世代)のポケモンが沢山現れ、ピカチュウとイーブイが花飾りをつけていて、『ポッポ』と『コラッタ』の色違いが実装された。

Image2_6(↑左:野生の花飾りピカチュウ
右:フィールドリサーチのイベント限定タスク)

 期間限定のフィールド・リサーチも2種類出ていて、「ポッポかコラッタを5匹捕まえる」→報酬はピカチュウ、「ニャースを1匹進化させる」→報酬はイーブイだった。

Image3_5(↑花飾りのピカチュウとイーブイ)

 誕生日イベントのタスクはウリムーやパールルのタスクと違って、全てのポケストップではなく、一部のポケストップでしか手に入れられなかったので、ピカチュウとイーブイの出るタスクを探さなければならなかった。

 一つ悲しかった事は、イベント中に手に入れたタスクをイベント終了後に報酬を受け取ろうとしたら、花飾りのない普通のピカチュウとイーブイが出たこと。
 わかっていたら、イベント終了前に受け取ったのに…

1月のイベント以外のプレーについては長くなったので、次回(以降)の記事にしたいと思います。

|

« 新カメラ機能&ドーブル出現
ポケモンGO 63
| トップページ | 2月のポケモンGOプレイ その2
ポケモンGO 65 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新カメラ機能&ドーブル出現
ポケモンGO 63
| トップページ | 2月のポケモンGOプレイ その2
ポケモンGO 65 »