« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月26日 (火)

テスト記事です

Img_2626 3月19日にココログのブログ機能のリニューアルとメンテナンスが入って以来、画像の貼り付けがうまくいかなくなっています。

(↑サムネイル400ピクセルでの挿入)

画像の挿入機能で以前あった『記事の本文の幅に合わせる』という機能がなくなってしまい、手動でタグを書き換えるけれどうまくいかないので、何通りか方法を試してみることにしました。

Img_2626 (↑サムネイルなしの表示)

別の写真をアップロードするとメモリをくうので、同じ写真ばかり繰り返し表示されることになると思います。

m(_ _;)mスミマセン

Img_img_2626.jpg(↑手動で本文の幅に合わせて表示するように書き換えてみたもの)

さて、上手く表示されるかどうか…

 

 

| | コメント (6)

2019年3月20日 (水)

授業料の返還

Img_1504s 以前の記事に詳細は書いたのですが、先月登録を取り消したクラスの授業料の返還の申請をしていたのが、3月4日付で授業料の返還が認められて登録を取り消した授業料の全額返還が認められました。

 以下がメールで送られてきた返還請求を認める文章です。

○○(←差出人の名前)

Yuuki:(←私の名前)

I am in receipt of your Petition for Tuition Refund relative the following course:

◇◇(←登録を取り消したクラスの名前)

After review of your petition, it has been determined that your request is being approved and you will be refunded at a rate of 100% for the above course.  Your refund will be issued relative to the manner in which it was initially paid. For example, if you paid cash, the refund will be mailed to the address on file in the form of a check.  If the tuition was submitted via credit card, your refund will be issued to the card on file.  Please allow 10-14 business days for this transaction to be completed.  If you have any questions, please feel free to contact me via the information provided below.

○○(差出人の名前)
××(差出人の連絡先)

Img_2582s 概訳:

○○(←差出人の名前)

Yuuki:(←私の名前)

以下のコースの授業料の返還の請願を受領しました。

◇◇(←登録を取り消したクラスの名前)

あなたの請願を見させていただいたところ、あなたの請求は承認され、授業料全額返還を行うことが判断されました。

返還はあなたが授業料を振り込んだ方法によって返還されます。例えば、現金で払いこんだ場合は小切手が(自宅に)郵送されます。クレジットカードで払った場合は、クレジットにお金が戻されます。

手続きが終了するまでに、10~14日(ビジネスデー)かかるので、了承してください。

何か質問がありましたら、下記までご連絡ください。

○○(差出人の名前)
××(差出人の連絡先)

と、いう事で、無事に授業料が戻って来るみたいで、本当に良かったです。

C=(^◇^ ; ホッ!

 

 

 

| | コメント (2)

2019年3月16日 (土)

Π(パイ:円周率)の日

Img_2586s 日本では3月14日はホワイトデーだけれど、アメリカでは3月14日はΠ(円周率)の日です。

 Π(Pi)とPieの音が同じなので、パイを食べたりピザたりする人もいる。
2009年に3月14日を全米PIの日にするという議決案が下院で通過した。
法律にはならない議決で、拘束力もないけれど、何でも議会で議決しちゃうっなんて、アメリカって…面白いと言えば面白い。
(^-^;

Img_2587ss(←円周率に因んで直径約15センチの小さなパイを3ドル14セントで販売していた)

 スーパーやレストランやデリ(テイクアウトのお惣菜)屋などで、パイやピザが割引になったり、3ドル14セントのパイやピザを売ったりPIデーのみのつかえるクーポンが出されたりしています。

 今のところPIデーは、バレンタインなどの宗教的な行事と違って、その日1日だけのマイナーな行事?です。

005s(←PIの日に食べたピーチパイとルイボス・ミルクティー)

 我が家でもPIの日にはパイを食べようと思っていたのですが、お店に行ったら私が食べたかったパイが売られていなかったので、代わりに冷凍のピーチパイを買って焼いてたべました。

 

| | コメント (2)

2019年3月13日 (水)

夏時間に切り替え

Dsc00081s  3月10日に標準時からデイライト・セービング・タイム(夏時間)に切り替わりました。

(↑3月12日の表庭)

 標準時から夏時間への切り替えは3月の第2日曜日の午前1時に起ります。
夏時間の時の切り替えの時は1時間繰り上がるので、第2日曜日の午前0時59分の1分後が午前2時になります

 私たちが渡米した頃(2005年)は、夏時間への切り替えは4月の第1日曜日、標準時への切り替えは10月の最終日曜日だったけれど、2007年に夏時間の期間が3月の第2日曜日~11月の第1日曜日に変わりました。

Img_1753s(↑2月12日の裏庭)

 夏時間に切り替わる頃に、やっと最高気温がプラスになって、徐々に雪も融けてきて春らしくなってきました。
 日差しも明るくなって、夏時間に変わったので日没の時間も1時間遅くなって、やっと長い冬から抜け出せた感じがします。

Dsc00079s(↑3月12日の裏庭、1カ月で随分雪が融けた)

| | コメント (2)

2019年3月10日 (日)

数のトリックと確証バイアス(Confirmation Bias)
普天間基地辺野古移転の住民投票

Img_1931s

 先月『異常心理学』のクラスの登録を取り消したので、今学期私が取っているクラスは『Adjustment of Psychology』のみになりました。
 『Adjustment of Psychology』のクラスは応用心理学の一種で、社会学と心理学を合わせたような内容で興味深いです。

 先日授業で、Confirmation Bias(確証バイアス)について学んだのですが、それに関連した会話(口論?)がと私であったので記事にしてみることにしました。

 Confirmation Bias(確証バイアス)は、仮説(持論)などを検証する時に、仮説(持論)を支持する情報ばかりを集め続けて、反証を無視したり集めようとしない傾向のことで、心理学の実験などでは確証バイアスが起るのをさけるために、double-blind(二重盲検:被験者にも研究者にも薬や治療などを誰が受けているか知らせずに行う方法)を行うことがあります。

Img_1608s

 2月24日に普天間基地の辺野古への移設の是非を問う県民投票があり、辺野古への移転に『賛成』『反対』『どちらでもない』の3つのうちから選ぶもので、
結果は、
・投票率 …52.48%
・賛成  …11,4933票
・反対  …43,4273票
・どちらでもない…52682票
『反対』が有効投票の72%、有資格者の38%(小数点以下四捨五入)
でした。

 日本のマスコミなどでは、「反対が7割超え…」などと報じられているようで、


「反対が7割も超えているんだったら、(日本)政府も対応しないわけにいかないだろう。」
と、言っていました。

私が、
「でも、有資格者の37%しか反対票はないんだよ~」
と指摘すると、


「そんなこと言ったら、他の選挙も投票率5割を切っていてもその中から得票数の多かった候補が当選するから、今回の住民投票の結果の『7割超え…』が認められないなら、他の選挙で当選した候補者も無効だろ。」
と言い出しました。

ここで「選挙と県民投票は違う…」などの会話がされたのですが、確証バイアスとは殆ど関係がないので、記事には書かないけれど、

私が
「反対票を投じたのは、有資格者数の37%だったということは確かだよね。」
と言ったら、


「それは数のトリックだよ、お前(私)がだまされている。証明するから、紙持ってこい。」
と、言い、説明を始めました。

d( ̄  ̄) ヾ(゚△゚)オイオイ・・・
騙されてるのは自分だよ~

は、投票者数全体で7割が反対だったんだから、投票していない人も同じ比率で反対票を投じるだろうという感じの説明を始めました。

統計をとる時など、全数調査するのは不可能だから、集まったサンプルの中から全体の傾向を把握するためにデータを調整することがあるので、の言おうとしていたことは何となくわからないでもないけれど、『投票』というサンプルの集め方は無作為抽出ではないので、サンプルに偏りがある可能性が非常に高い。

「もしも…」
と、が説明をはじめたけれど、(話を遮るのは私の良くない癖なのだけれど、論理的に破綻している説明をダラダラと聞くのは面倒だったので、)

私はの説明を途中で遮って、
「もしも…という不確かな予測はこっちに置いておいて、事実で話を進めようよ。有効投票数の7割と有資格者数の37%というのは同じ数なんだよ。7割になるか38%になるかは分母の違いなんだよ。」
と、
データという観点から見たら、何を分母にするかで解釈が変わってくることをに説明しました。

今回の住民投票の結果に関して、沖縄県知事もマスコミも「反対票が7割超え」を強調しているけれど、有資格者の6割が反対票を投じていない事に一切言及しないのは、自分の考えに沿った情報だけに着目して、反証を無視する『確証バイアス』そのものじゃないの?フェアなものの見方ではないな、と思いました。

(夫の様に)心理学や統計とは無縁の生活を送っていたり、政治にあまり興味がなかったりしたら、「『反対』が有効投票数の7割超え」という情報だけ受け取ったら、県民の7割が移設に反対していると思ってしまうのも仕方ないかなぁ…

こうやって、世論は形成されていくのね…と思いました。

| | コメント (3)

2019年3月 7日 (木)

2月のポケモンGOプレイ その2
ポケモンGO 65

Image5 前回の記事で2月のポケモンGOのプレーについて書いてしまおうと思ったのだけれど、イベント盛りだくさんで長くなってしまったので、2回に分けることにした。

(↑パルキア・レイドのお知らせ)

パルキア・レイド

Image1_8(↑パルキア・レイドの様子)

 2月の伝説レイドのボスは『パルキア』で出現期間は1月29日の夕方~2月28日の夕方までだった。
 新学期が始まってから学業の方に忙しくて、グループで協力するレイドバトルにはなかなか参加できず、パルキア・レイドは私は2回、怪獣は3回参加したのみで、それぞれ2匹ずつ捕獲できた。

Image2_7(↑左:パルキアの捕獲画面、
中:パルキアのAR画像
右:ステータス画面)

 2月の最後の週は、伝説レイドにラティアスが戻ってきて色違いが出るということだったので、そちらの方に人が流れてしまって、パルキア・レイドがあまりできないまま期間が過ぎてしまったのは少し残念だった。

シンオウ地方のポケモン追加

Image1_9 2月の始め(4日)に第4世代の新しいポケモンが追加され、ポケモンの技の調整が行われた。

 新しく追加になったのは、ユキメノコ、メガヤンマ、エルレイド、モジャンボ、エテボース、ベロベルト、ニャルマー、ブニャット、ミツハニー、ビークイン、タテトプス、トリデプス、ズカイドス、ラムパルドの14種類だった。

Image4_3(↑新しく実装された4世代のポケモンのうち12種類。
トリデプスとラムパルドはアメが足りなくてまだ進化させていない。)

色違いメルタン実装

Image2_8(↑メルタンの色違い実装のお知らせ)

 以前、メルタンのスペシャルリサーチの記事でも触れたメルタンの色違いが実装された。
期間は2月4日夕方~3月4日の夕方(東部標準時)までで、使うとメルタンが発生する『ふしぎなはこ』は1回使用すると、次に使えるようになるまで7日かかったのが、3日に短縮され、運が良ければ色違いに出会えるかも…ということだった。

Image5(↑『ふしぎなはこ』を開けたところ)

 我が家は任天堂スイッチもレッツゴー・ピカチュウ/イーブイのゲームも持っていなかったし、開けると30分メルタンの捕獲に専念しなければならなかったので、『ふしぎなはこ』を使ってメルタンを捕まえたことはなかった。
 期間の最終日に、重い腰をやっと上げてポケモンGO仲間の友達から随分前に貰った箱を開けてみることにした。

Image7(↑左(ピンクの矢印の先):地図画面に現れたメルタン
メルタンのAR画像)

 怪獣と2人で30分間近くのモールに行ってメルタンを捕獲。
メルタンは小さくて見つけにくかったけれど、30分間で19匹捕獲できた。
怪獣は色違いを1匹捕まえることができたが、私は捕まえることができなかった。

Image6(↑左:通常色のメルタン
右:色違いのメルタン)

 色違いと通常色のメルタンの色の違いはほとんどなくて、怪獣が見つけた時「なんだ?この錆びたメルタンは…」と言っていたくらい微妙な違いだった。

 

チーム変更メダリオン

Image3_6(↑チーム変更メダリオン販売のお知らせ)

 ポケモンGOは3つのチーム、ミスティック(青)、ヴァ-ラー(赤)、インスティンクト(黄)の3つに分かれていて、トレーナーのレベルが5になるとどのチームに所属するか決めるのですが、一度チームが決めてしまったら変更はできなかった。

 2月27日にチーム変更メダリオンが販売になり、1年に1回限定でチームの変更ができるようになった。
 我が家は家族全員同じチームに所属しているし、メダリオンのお値段が1000ポケコインもするので、そこまでしてチーム変更をする必要性も感じられないので、チームの変更はしないことにした。

1月と2月のフィールド・リサーチの大発見 

Image8

 1月と2月のフィールド・リサーチの大発見の報酬は、ファイヤー、フリーザー、サンダー、ルギア、ライコウ、エンテイ、スイクン、ホウオウの8つのうちどれかだった。

 どのポケモンに当たるかはランダムで、私のアカウントはかなり偏りがあって、ルギアが2匹、ライコウ1匹、エンテイ5、そのほかはゼロだった。
(エンテイは12月中に3匹もでているので、12月からのも合わせると2/3とかなりの高確率。

 フレンドは色違いのファイヤーやルギアを連れて歩いているのに…なぜ私は色違いのないエンテイばかり…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

2月のポケモンGOプレイ
イベント編 ポケモンGO 64

Image1 2月のポケモンGOはイベント盛り沢山だった。

(↑旧正月イベントのおしらせ)

旧正月イベント

 2月の最初のイベントは旧正月のイベントだった。
期間は、東部標準時の2月4日の夕方~2月13日の夕方までだった。

Image2(↑旧正月イベント期間中に出やすくなっていたポケモン)

 期間中は干支にちなんだポケモンが出やすくなっていた。
亥年という事で、新たにバネブーの色違いが実装された。
私は期間中バネブーを捕まえまくったけれど、中々色違いがでず。
終了日前日にやっと1匹だけ捕獲することができた。 
 期間中は、ボーナスとしてポケモンを捕まえた時と進化させた時のXPが2倍だった。

Image3(↑左:色違いのバネブー
右:通常色のバネブー)

フレンドシップ・ウィークエンド

Image1_2(↑フレンドシップ・ウィークエンドのお知らせ)

 旧正月イベント中の週末(2月8日夕方~2月11日夕方までの3日間)に、フレンドシップ・ウィークエンドのイベントも開催された。

 期間中は、仲良し度が1日で2つ上昇(普段は1日に1つしか上昇しない)。
ポケモンを交換する時に、貰えるアメの数が2倍に、交換時に必要な『ほしのすな』が半分になる特典があった。

Image2_2(↑期間中にキラポケモンになったポケモンたち)

 交換に必要な『ほしのすな』が半分で済むので、個体値の弱いポケモンを捕まえたら交換して、キラポケモン(ポケモンを強化する時の星の砂が半分で済む特別なポケモン)をいくつかゲットすることができた。

バレンタイン・イベント

Image1_3(↑バレンタイン・イベントのお知らせ)

 旧正月イベントが終わると同時に、バレンタイン・イベントが始まった。
期間は13日夕方~2月21日夕方までで、ピンク色のポケモンが野生やタマゴから多くでていた。

Image4(↑期間中に野生で多く出ていたポケモン)

 期間中のボーナスで、ポケモンを引き寄せるルアーモジュールの時間が通常の12倍の6時間に延長、ポケモン捕獲時のアメの数が普段の2倍になっていた。

Image2_3(↑左:バレンタイン・イベント限定の特別タスク
右:野生で現れたラッキーと、ピンクの矢印の先:「ラッキーを1匹捕まえる」のタスクが出たポケストップ)

 フィールド・リサーチのタスクもイベント限定のタスクが2種類出ていて、「ラッキーを1匹捕まえる」で『ふしぎなあめ』が「ラブカスを20匹捕まえる」でラッキーが出現するものでした。

2月のコミュニティーデー(ウリムー)

Image1_4(↑ウリムー・デーのお知らせ)

 2月のコミュニティーデーで大発生するポケモンは『ウリムー』だった。
ウリムーは
ウリムー(2世代)→イノムー(2世代)→マンムー(4世代)
の2段階進化するポケモンで、ウリムーのイベントからイノムーからマンムーに進化できるようになった。

Image3_2(↑左:大発生したウリムー、
右:コミュニティーデー・イベント中の限定タスク)

 ウリムー・イベントで色違いのウリムーが実装され、ポケモンを捕まえた時に貰える『ほしのすな』が通常の3倍、イベントの週末(当日)はトレーナー同士でバトルするとリワードが最大5回(普段は3回)、チームリーダーとトレーニングするとリワードが5回貰えるようになっていた。

Image2_4(↑上段:色違いのウリムー、イノムー、マンムー
下段:通常色のウリムー、イノムー、マンムー)

ラティアス・レイド(再来)

Image1_5(↑ラティアス・レイド・ウィーク)

 バレンタイン・イベント終了後、2月22日の夕方~3月1日の夕方(東部標準時)まで、伝説レイドにラティアスが戻って来た。

 ラティアスは去年(2018年)の(日本では)4月と(アメリカでは)5月に伝説レイドのボスになっていたけれど、私たちは5月に日本に帰国していたので、ラティアス・レイドは3日間しかチャンスがなく、ラティアスは2匹しか持っていなかった。

Image3_3(↑色違いのラティアス)

 今回は色違いも出るという事で、最高気温が氷点下の真冬日だったにも関わらず、プレーヤーが結構集まっていた。
 ラティアス・レイドをやっていた期間は、丁度学校がアーリー・スプリング・ブレイク(春休み?)で、レイドに参加する時間があったので、(多分)8回目の挑戦で色違いをゲットすることができました。

パールルの特別タスク

Image2_5(↑パールル特別タスクのお知らせ)

 ラティアス・レイドが始まった翌日の23日(土)には、パールルの特別リサーチのイベントが3時間限定で行われた。
 パールルは第3世代のポケモンだったけれど、このイベント以前にはまだ実装されていなかったポケモン。

Image1_6(↑タスクをクリアすると報酬でパールルが出るタスク)

 先月のヒンバスの特別タスクと同様に、3時間の間、ポケストップを回すと貰えるタスクは全てパールルが報酬で出現するタスクだった。
 ヒンバスのタスクは達成するのに時間がかかるものが多く、色違いの出現率も1/75と低かったので、プレーヤーからクレームがでたのか、今回のパールルのタスクは簡単なものが多く、種類も多かった。

Image3_4 パールルの特別タスクのイベント中は水タイプのポケモンも大発生していた。

Image4_2(↑左:通常色のパールル
右:色違いのパールル)

 今回は39個のタスクをこなすことができて、色違いは4匹捕獲できました。
パールルの特別タスクはウリムー・イベントの翌週で、2週連続で土曜日の午後がイベントつぶれてしまい、ちょっときつかったです。

ポケモン誕生の記念日イベント

Image1_7(↑誕生日イベントのお知らせ)

 2月の最後のイベントは、ポケモン誕生の記念日のイベントで、期間は26日の夕方~28日の夕方までだった。

 期間中はカントー地方(第1世代)のポケモンが沢山現れ、ピカチュウとイーブイが花飾りをつけていて、『ポッポ』と『コラッタ』の色違いが実装された。

Image2_6(↑左:野生の花飾りピカチュウ
右:フィールドリサーチのイベント限定タスク)

 期間限定のフィールド・リサーチも2種類出ていて、「ポッポかコラッタを5匹捕まえる」→報酬はピカチュウ、「ニャースを1匹進化させる」→報酬はイーブイだった。

Image3_5(↑花飾りのピカチュウとイーブイ)

 誕生日イベントのタスクはウリムーやパールルのタスクと違って、全てのポケストップではなく、一部のポケストップでしか手に入れられなかったので、ピカチュウとイーブイの出るタスクを探さなければならなかった。

 一つ悲しかった事は、イベント中に手に入れたタスクをイベント終了後に報酬を受け取ろうとしたら、花飾りのない普通のピカチュウとイーブイが出たこと。
 わかっていたら、イベント終了前に受け取ったのに…

1月のイベント以外のプレーについては長くなったので、次回(以降)の記事にしたいと思います。

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

新カメラ機能&ドーブル出現
ポケモンGO 63

Image1 2月の中旬にARの画像を撮るカメラ機能が新しくなるとお知らせがあった。

(↑新カメラ機能のお知らせ)

Image4(↑左:古いカメラ
右:新しいカメラ)

 古いカメラ機能の時は、捕獲画面のみからしか撮影できなかったのだけれど、新しいカメラ機能では、ポケモン・ボックスに保存されているポケモンのステータス画面からも撮影できるようになるらしかった。

Img_2187s(←新しいカメラ機能で、道具からカメラの絵をタップすると出てくる画面)

 新しいカメラ機能で撮影する方法は2通り。
 道具の一覧からカメラをタップしてポケモン・ボックスにアクセスするか、ポケモン・ボックスに直にアクセスして、写真を撮りたいポケモンをタップで選択する。

 タップするとポケモンのステータス画面に入る。

Img_2114s(←新しいカメラ機能導入後のゼニガメのステータス画面。
右上にカメラのアイコン追加されている。)

 ポケモンのステータス画面の右上のカメラのアイコンをタップすると撮影画面に入る。
 初めて入る場合はARの警告(「周囲のよく確認してからARを使用してください」)画面がでることもある。

Image7(↑撮影のやり方の説明)

 撮影画面の左上の?マークのアイコンをタップすると、撮影のやり方の説明が表示される。

Image8 撮影画面に切り替わってしばらくすると、黄色い足跡のようなもの(上の左の画像の点線の丸の中)が表示されるので、ポケモンを出したい足跡の位置をタップする①。

 ポケモンが出たら、スマホを動かしてアングルを決める。②
(AR+だと、後ろに回り込んで背中の画像を撮ることも可能)

 中央下のシャッター(カメラのアイコン)をタップすると撮影できる。

Image10(↑ドーブルが写りこんだARの撮影画像)

 撮影後、左上のスマホに矢印のついたアイコンをタップすると、撮影した画像が見れる。
普通はポケモンのAR画像が撮影されるだけだけれど、時々、ドーブル(ポケモン)が写りこんだ画像が撮れることがある。

Image3(↑ドーブル)

 撮影後の画面の中央下の×のアイコンをタップすると地図画像に戻れる。
ドーブルが写りこんだ後に地図画面に戻ると、ドーブルが地図上に現れるので、タップして捕獲することができる。
(ドーブルが写りこむのは1日一つのアカウントで1回。普通の野生のポケモンと同じように逃げて捕獲できないこともある。)

Image6(↑左:ドーブルと一緒に写ったポケモン。
右:撮影後に捕獲したドーブル。
ピンクの線の中がコピーされた技)

 捕獲したドーブルの技は、一緒に写ったポケモンの技と同じ技をコピーされる。

Image5(↑ドーブルが写りこんだAR画像) 

| | コメント (2)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »