« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

デビルズ・タワー&ワイオミング州

Img_dsc_0126s.jpg

(↑画像中央:遠くに見えているデビルズ・タワー)

 Urgent Care(緊急外来)は緊急とは言え、初診になるので、保険の確認などの手続きがあったり、元々の予約の合間に診てもらうため、結構時間が取られてしまいました。

Img_dsc_0128s.jpg

(↑だんだん近づいてきた)

 デビルズ・タワーとマウント・ラシュモアは車で2時間くらいの距離なのだけれど、Urgent Careに寄ったのでデビルズ・タワーについたのは午後5時を回っていました。

Img_dsc_0141s.jpg

(↑デビルズ・タワー・ナショナルパークの入り口)

 デビルズ・タワーはワイオミング州の北東にある岩山でナショナルパークになっています。
私たちが行った時間には入り口のお土産屋さんもしまっていて、車の通りも少なくも耳が痛くて観光どころではなかったので、入り口から写真を撮るだけで、ナショナルパークの中には入らなかったです。
 デビルズ・タワー・ナショナルパークの入場料は車1台25ドルで7日間有効(2019年5月現在)
クリスマスなどの特別な休園日以外はパークは24時間入場できます。
詳しい情報はデビルズ・タワー・ナショナルパークのサイト(英語)で確認してください。

Img_dsc_0131s.jpg

 デビルズ・タワーは映画『未知との遭遇』でUFOが降りてくる場所に使われたことで有名です。
観光ができなかったのはとても残念でした。

Img_2362s

 デビルズ・タワーに行った後、ワイオミング州を更に西へ進んでワイオミング州のキャスパーという町で宿泊しました。
ワイオミング州はアメリカで最も人口の少ない州です。
 主な産業は観光(イエローストーンやグランド・ティトンやデビルズ・タワーなどのナショナルパーク)と鉱業と畜産業。
私たちがハイウエイを走っていた時も、牛の放牧場と原油の油田と天然ガスのガス井があるだけで、人家は殆ど見られませんでした。
Img_4710s

(↑原油を採油している油井)

Img_img_4735s.jpg

(↑↓トイレ休憩で寄った、スウィート・ウォータ―郡のグリーンリバー)

Image4_2

 

| | コメント (2)

2019年5月24日 (金)

マウント・ラシュモア&Urgent Care訪問顛末記

Img_dsc_0115s.jpg

 フィールド・オブ・ドリームスのロケ地(アイオワ州)を訪れた後は、サウス・ダコタ州にあるマウント・ラシュモア(4人の大統領の顔が山に彫られた場所)に行くことにしました。

(↑アベニュー・オブ・フラッグズ)

Img_img_4650s.jpg
 

アイオワ州の北西の角はサウス・ダコタ州に接しているのだけれど、お隣同士とは言えフィールド・オブ・ドリームスののロケ地はアイオワ州の南東でマウント・ラシュモアはサウス・ダコタ州の西側にあるので、750マイルくらい、移動に11時間くらいかかります。
 ノンストップの11時間なので、給油やトイレや食事などの時間も考えると12時間くらい。
移動だけで丸1日かかってしまうので、その日のうちに観光までは無理だろうという事で近くのラピッド・シティーに1泊して翌日マウント・ラシュモアに行くことにしました。

Img_dsc_0110s.jpg

 マウント・ラシュモアはラピッド・シティから南西に車で30分くらいの場所にあります。
入場料金は無料でしたが、駐車料金に10ドルかかりました。
(詳しい情報はナショナル・パークのサイト(英語)を参照してください。)


Img_4648s

(↑↓グランドビュー・テラスの下にあるビジターセンター)

Img_4654s

 エントランスを入ると通路を進むとインフォメーションセンターとトイレ、次にギフトショップとカフェ(カフェでは名物のトーマス・ジェファーソンのアイスクリームを売っています)、アベニュー・オブ・フラッグズ(アメリカ50州の州の旗がかかげられている)、グランドビュー・テラス(テラスの真下がビジター・センター)、テラスの奥の下にひな壇式の屋外劇場があります。

Moruparkmap2018marketplace2

(↑施設のマップ
マウント・ラシュモア・ナショナルパークのサイトより引用)

Image2_7

(↑マウント・ラシュモアのポケモンGOのジム)
Image3_4

(↑↓マウント・ラシュモアの彫刻とポケモンのAR画像)

Img_4642s

 私たちが訪れた日は、前日と当日と翌日に雪が降ったりやんだりの風の強い日でかなり寒かったので、名物のアイスクリームは食べませんでした。
 もう少しゆっくり見て回りたかったのだけれど、旅行以前から耳が痛いと言っていたが旅行中に更に痛みが悪化して観光どころではなくなって、近くのUrgent Care(緊急外来?)に行くことにした。

 

続きを読む "マウント・ラシュモア&Urgent Care訪問顛末記"

| | コメント (3)

2019年5月21日 (火)

映画『Field of Dreams』ロケ地2

Img_4581s

(↑室内ツアーの入り口になっているキッチン側の出入り口お勝手口?)

 室内のツアーはキッチン側の入り口からスタートします。
入り口で靴を脱ぐか、靴カバーを着けて室内に入ります。
Img_4580s

(↑お勝手口から入ってキッチンとの間にある洗面台)

Dsc00080s

(↑主人公のレイが畑で声を聞いて戻って来たシーン。
キッチン側からお勝手口にかけてのショット)

 映画の中で主人公のレイが畑で声を聞いた後、家に戻ってくるシーンで↑の洗面台を使っているのですが、映画ではキッチンからのショットで洗面台が写っておらず、ツアーに訪れた多くの人が、「ここに本当に手洗い場があったんだ」(映画では写っていないので手を洗う演技をしているのかと思っていた人も…)とコメントするそうです。

Img_dsc_0062s.jpg

(↑キッチン)
Dsc00088s

(↑映画のシーンの中のキッチン)

Img_img_4572s.jpg

(↑ダイニング。
キャビネットやダイニングセットやラグが映画の撮影当時とは違っているがほぼ忠実に保存されている。)

Image1_11

(↑映画の中でのダイニングのシーン)

Img_dsc_0058s_1.jpg

(↑リビングからダイニングをみたところ
勝手口からダイニングの入り口のところ(画像の左より)にガイドさんが写っている)

 ツアーのガイドさんは映画のゴーストプレーヤーが着ていたのと同じデザインの野球のユニフォームを着て案内してくれる。
私たちがツアーに参加した時のガイドさんは地元ダイアーズビルの出身で、映画が公開された1989年にはまだ生まれていなかったのに、映画やロケについては良く知っていて、ツアー客の質問などにもよく答えていたのには感心しました。

Img_dsc_0060s_1.jpg

(↑2階に続く階段)

Dsc00090s

(↑ボストンに行くかどうかで口論になった階段でのシーン)

 ツアーは1階のみで、2階部分は現在事務所になっているので見ることはできませんでした。

Img_img_4567s.jpg

(↑リビングの出窓からみた球場)

Dsc00091s

(↑リビングの出窓のシーン)

Img_4584s

(↑ポーチのブランコ
映画撮影時に比べると植木などが大きく育っている)

Dsc00078s_1

(↑映画の中のポーチのシーン)

Img_4579s

(↑ダイニングに飾られていたゴーストプレーヤーの写真とサイン。
ゴーストプレーヤーたちは皆ダイアーズビル出身で、元野球選手だった方たちだそうです。)

Img_dsc_0067s.jpg

(↑リビングのソファーとテレビ)

 ツアーは30分くらいの長さで、ガイドさんによると訪れる外国人は日本とオーストラリアからの観光客が多いらしい。
ツアーのお値段は大人一人20ドルと高めだけれど、映画撮影時のトリビアやロケ地その後の話などがきけるので、参加する価値はあると思います。
 特にフィールド・オブ・ドリームスの映画のファンなら、ガイドさんに質問も色々できるので、ぜひツアーに参加するのをお勧めします。
私たちも、「あのシーンはこのアングルで撮影されたのか」とか、「あの窓はあのシーンに使われていたなぁ…」「ダイニングの窓は球場とは反対側を向いていたんだ…」とか、映画のシーンを思い浮かべながら回りました。
旅行から自宅に戻った後、もう一度DVDを見直して、リビングとダイニングはどう繋がっていたのかとか、キッチンとダイニングの位置関係とか、撮影時には冷蔵庫のマグネットや子どもの絵などもっと沢山の小道具が置いてあったとか、キッチンのキャビネットの中がシンクを挟んで右と左で逆になっていたとか、色々細かいことなども確認しながら観られて面白かったです。

 今年は映画が公開されて30周年記念という事で、6月、7月、8月、9月にかけて特別イベントが開催されるそうです。
詳しい情報はフィールド・オブ・ドリームス・ムービーサイト(英語)で見ることができます。

 

続きを読む "映画『Field of Dreams』ロケ地2"

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

映画『Field of Dreams』ロケ地

Field_of_dreams  4月の最後の土曜日に、の卒業式に参加するために車での住んでいる州に出発しました。
車で行くことにした理由は、普段私が使っていたSUVをに卒業祝いとして譲渡するためです。
 車でいくのだから、途中いくつか観光地に寄って行くことにしました。

 最初に寄ったのがアイオワ州にある、映画『フィールド・オブ・ドリームス』のロケ地でした。
フィールド・オブ・ドリームスのロケ地はアイオワ州のダビューク・カウンティのダイアーズビルに保存されていて、野球場は入場料無料で通年解放されていて、お土産を売るスタンドは私たちが言った時は9時~18時の間営業していました(営業時間は季節によって変わるらしいです)。

Img_img_4545s.jpg 

↑こんな感じの道を走っていくと、Field of Dreams Wayの案内版が見えてきて曲がると中央線のない細めの道路へ…
Img_img_4553s.jpg

↑しばらく走るとField of Dreamsの看板が見えてくるので左折
Img_dsc_0093s.jpg

看板のところを左折して舗装されていない道路を走るとロケに使われた建物と野球場が見えてくる。

Img_dsc_0096s.jpg

小さな川にかかった橋を渡って遂に到着~

Img_img_2248s.jpg

ロケが行われた野球場

Img_img_4558s.jpg

野球場から見たスタンドとロケが行われた家

Dsc_0099s

(↑映画のロケの時にはなかったけれど、後で建てられたお土産などを売るスタンド。)

 家の中は1日数回の有料ツアーで見ることができ、お土産品などを売るスタンドで料金を支払って参加できる。
ツアーはフィールド・オブ・ドリームスのムービー・サイトのウェブページで、24時間以上前に予約することが勧められています。
 料金は、大人20ドル、シニア18ドル、軍人と退役軍人15ドル、子ども(18歳以下)12ドル、2歳以下無料。(2019年5月現在)

 私たちは24時間以上前に予約できなかったので家の中をみるのは諦めていたけれど、売店のおばさん(店員さん)が「今日はそんなにこんでいないから、今からでもツアーに参加できるわよ」と教えてくれたので、料金を払って参加する事にしました。

 長くなったので、家の中のツアーの様子は次回の記事に…

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

Mindset マインドセット「やればできる!」の研究 & 4月中の出来事など

Dsc00078s  先学期に履修していたPsychology of Adjustmentのクラスで、self-improvement(自己啓発)を実践してレポートを書くという課題がでました。

 クラスメイトは『PTSDを克服してBBQパーティーをする』とか『学業成績を上げる』とか『煙草をやめる』とか『怒りをコントロールする』などの課題を決めて取り組んでいました。
 私の課題は『新年の抱負を継続する』で、毎朝朝食前にラジオ体操をすることと、毎日本を読むとことを5週間(課題を始めた日からレポート提出まで)続けてペーパー(レポート)を書くことでした。

 毎日本を読むというタスクで、キャロル・S・ドゥエック著の"Mindset -The New Psychology of Success "(邦題:『マインドセット「やればできる!」の研究』)を読んだのですが、面白かったのでリビューを書くことにしました。

51iwa8gbil_sx340_bo1204203200_ (←日本語訳の本
楽天ブックより画像を引用) 

 著者のドゥエックは若い研究者だった頃、『人はどのように失敗に対処するのか』に興味を持って研究調査を始めます。
 ドゥエックは、難しい課題に生徒がどのように取り組むかを調べるために小学校へ行って、子どもたちにいくつかパズルを与えて解かせる実験をすることにしました。
 子どもたちに与えたパズルは最初のものは年齢相応に易しいもの、次のパズルは難しいもので、著者は子どもたちが難しいパズルを解くのにどのように振る舞うのか感情はどうなのかを観察していました。
 その時の様子を観察していて、子どもの多くは難しいパズルを与えられると、やる気を失って、唸ったり、汗をかいたり、苦労しながらなんとか失敗しないようにしようとしていましたが、中には、難しいパズルを与えると「僕、挑戦が好きなんだ!」とやる気満々だったり、嬉しそうに著者を見上げながら「ねえ、これって(新しい知識を提供するもので)私にとってためになるんだと思うんだけれど…」という失敗を恐れない子どもたちがいることに気が付きました。

 著者は、これらの失敗を恐れない子どもたちについて、実験をしたり他の研究者の論文を読んだりして研究して、人の思考には才能や能力は固定していて努力では変えることができないと考えるfixed mindset「硬直マインドセット」と人間の資質は努力によって伸ばすことができてその成長の過程に喜びを見出すgrowth mindset「しなやかマインドセット」の2つに大雑把に分かれていて、人はどちらかひとつに属しているのではなくて「硬直マインドセット」と「しなやかマインドセット」の混合で場面や状態によってどちらかが強くでるのだという結論に至ります。

 この本では著者は「しなやかマインドセット」のパラダイムを持つことに肯定的で、それを「しなやかマインドセット」と「硬直マインドセット」の実例を挙げることで示しています。

 この本を読んでみて、以前に記事にした"kids are worth it!"(邦題:『子どもに変化を起こす簡単な習慣』)の親のタイプを「レンガ壁(支配や秩序に重きを置いた規則に厳しい)」「クラゲ(無秩序、ネグレクト、不安定)」「背骨(親が手本を見せて子供を励ます)」の3つに分けた考え方と似ているなぁ…と感じました。
(「レンガ壁」が「硬直マインドセット」で「背骨」が「しなやかマインドセット」にあたる)
 また、これも以前の記事にした"Nasty People"(邦題:『どこにでもいる「イヤな奴」とのつきあいかた』)の「イヤな奴(他人を卑しめることで自分の優越感を得る、自分の非は絶対に認めない)」と「生来の人(間違うことを恐れない、間違った時は直す)」の考え方にも似ているなぁ…
 その他にも、『七つの習慣』の著者が書いた『第3の案』の考え方と共通する部分もあり、いろんな意味で興味深い本でした。

 

 

続きを読む "Mindset マインドセット「やればできる!」の研究 & 4月中の出来事など"

| | コメント (3)

2019年5月12日 (日)

4月のポケモンGOプレイ ポケモンGO 67

Image1_8 4月は学期末ということで、ファイナル(期末試験)の勉強やタームペーパー(期末レポート)に忙しくて、あまりポケモンGO遊ばなかった。

エイプリルフール

 ポケモンGOの4月の最初のイベント?はエイプリルフールで、スナップショットで写真を撮ると最初の5枚がいつもの『ドーブル』に変わってサトシの帽子を被ったピカチュウが写りこむというものだった。
 アプリからのお知らせはなく、私はチャットでピカチュウが出ていることを知りました。
Image2_4 (↑写りこんだピカチュウ)

 ドーブルと同様にスナップショットを閉じるとフィールド画面(地図画面)上にサトシ帽子のピカチュウが現れて捕獲できるようになっていました。
 たまにピカチュウの代わりにサトシが写りこんだり、色違いのピカチュウも出るという事だったので、試してみましたが出現期間の2日間(計10匹)にサトシも色違もでませんでした。

ギラティナ(オリジン・フォルム)レイド

Img_4202s(←ギラティナ・オリジンフォルムのレイドのお知らせ)

 4月2日の夕方~29日まで、ギラティナのオリジンフォルムが伝説レイドに登場していました。

 週日のうち3日は遠くのキャンパスに通っていてレイドができなかったことと、テストやレポートで忙しかったので、ギラティナ・レイドができたのは1回だけ。『タツベイ』のコミュニティーデーの時のみでした。

Image1_9 (↑ギラティナ・レイドと捕獲したギラティナ)

むしタイプイベント

Image3_2

(←むしタイプイベントのお知らせ)

 ギラティナ(オリジンフォルム)のレイドと同時にむしタイプのポケモンのイベントが始まりました。

 むしタイプのイベントは4月9日までで、むしタイプのポケモンが多く出現して、むしタイプに関連するフィールドリサーチも登場して、色違いの『ストライク』が実装されました。

Img_3602s (←むしタイプのフィールドリサーチのタスク)

 『むしタイプを3匹進化させる』では去年の秋に期間限定で出ていた『ツチニン』がタスク達成の報酬でした。

 また、『むしタイプを10匹捕まえる』タスクの報酬のポケモンはストライクだったので、色違いをゲットするために数をかなりこなしましたが、タスクの報酬では色違いが出ませんでした。

Image4 (↑左:色違いのストライク
右:通常色のストライク)

 色違いのストライクは私が1匹だけ野生で捕獲しました。
色違いと言っても腕と脚の一部がピンク色なだけで、パッと見は通常色と殆ど変わりがなかったです。

4月のコミュニティーデー(タツベイ)

Img_3281s(←4月のコミュニティーデーのお知らせ)

 4月のコミュニティーデーは13日(土)の15時~18時で、大発生したポケモンは『タツベイ』で、色違いのタツベイも実装されました。

 通常色のタツベイは水色ですが、色違いのタツベイは黄緑で、私が7匹、怪獣は9匹捕獲できました。
Image1_10 (↑大発生中のタツベイとタツベイのフィールドリサーチのタスク)

Image2_5 (↑上段:左から、色違いのタツベイ、コモル―。ボーマンダ
下段:左から、通常色のタツベイ、コモル―、ボーマンダ)

ランチタイム・レイド&ラティオス・レイド

 むしタイプイベントの最終日にランチタイム・レイド(ギラティナのオリジンフォルム)が開催されましたが、4月のランチタイム・レイドも水曜日で授業があって参加できませんでした。
 ランチタイム・レイドの翌週の15日(火)の夕方からラティオス・のレイドが23日まで行われて、色違いのラティオスが実装されましたが、私と怪獣がレイドに参加できたのは最終日に1回だけ、色違いも出ませんでした。

 

イースター・イベント

Image2_6

(↑イースター・イベントのお知らせ)

 16日の夕方からは、イースターのイベントがスタートしました。期間は23日までで、タマタマ、ナッシー、ラッキー、メリープ、ミミロルが出やすくなっていて、タマゴに関連したフィールドリサーチや『ミミロル』の色違いが実装されました。
Image3_3 (↑大発生していたミミロルとツボツボ)

 イベントの途中から、ツボツボも大発生して色違いも実装されました。
イベント期間中にミミロルの色違いは捕獲できませんでしたが、ツボツボの色違いは私は2匹捕まえることができたので、1匹は交換機能で怪獣に譲りました。
Image4_1 (↑左:色違いのツボツボ、右:通常色のツボツボ)

他にも色違いメルタンの再登場とアース・デーのイベントが4月の末にありましたが、期間が5月にまたがっているので、5月のプレーのまとめの時に記事にしようと思います。

 

 

 


  

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

3月のポケモンGOプレイ  ポケモンGO 66

Img_2196s 冬学期が終わり、の大学の卒業式に参加するために、以前に住んでいた州に旅行に行っていたので、暫くブログの更新をお休みしていました。

 旅行の記事は画像が整理されていないので、でき次第徐々にUPすることにして、今回と次回はまだ記事にしていなかった3月と4月のポケモンGOのプレイについて書こうと思います。

3月の伝説レイド(ディアルガ)

 3月の伝説レイドのポケモンは『ディアルガ』でした。
期間は2日~28日までで、私は5回レイドに勝って4匹捕獲に成功、怪獣は4回レイドに勝って3匹捕獲できました。

Image1_3

(↑ディアルガ・レイドの様子)
Image2_1

(↑ディアルガ捕獲画面とAR画像、ステータス画面)

バトルウィーク

Image1_4 (↑バトルウィークのお知らせ)

 3月5日〜3月12日までバトルウィークで格闘タイプのポケモンが出やすくなっていて、バトルウィークの特別なリサーチ・タスクや『ワンリキ』と『マンキー』の色違いが実装されましたが、学校が忙しくてあまりプレーできなかったので、どちらの色違いも捕獲できずに終わりました。

ランチタイム・レイド&レックウザ・レイド

 バトルウィークの終了後すぐの13日の12時~13時まで、ランチタイム・レイドのイベントがあり、EXジム以外のジムは殆どすべて伝説レイドのディアルガのレイドになっていましたが、私のクラスの都合で参加できませんでした。

 また、15日の夕方~18日の夕方までレックウザのレイド・ウィークエンドが開催されていましたが、こちらも1度も参加することなくイベントが終わってしまいました。
Image1_5

(↑春分の日のイベントのお知らせ)

 レックウザ・レイドと入れ替わりで3月19日~3月25日まで春分の日のイベントがスタート。草タイプのポケモンが多く発生しイベントに合わせたフィールドリサーチもでていました。特に新しい色違いの実装もなく、盛り上がりに欠けるイベントでした。

3月のコミュニティーデー(キモリ)

Image1_6 (↑コミュニティーデーのお知らせ)

 春分の日イベントの期間中の週末の23日にコミュニティーデーのイベントが開催され、今月は草タイプのポケモン『キモリ』が大発生し、色違いも実装されました。
Image3 (↑大量発生したキモリとキモリ関連のフィールドリサーチのタスク) 

今回のコミュニティーデーは世界のどこでもタイムゾーンに関係なくローカル時間の23日の15時~18時の間に開催されました。

Image2_2 (↑色違いのキモリ)

 色違いのキモリは私のアカウントで7匹、怪獣のアカウントで10匹捕獲できました。

天候リサーチ

Image2_3 (↑色違いのハスボー)

 コミュニティーデーの1週間後の土曜日(30日)には、フィールドリサーチのタスクを達成するとハスボーが出る天候リサーチのイベントがありました。
Image1_7 (↑達成するとハスボーが出るタスク)

 今までの『ヒンバス』や『パールル』のフィールドリサーチのイベントでは、開催時間が3時間でしたが、今回は11時~20時までの9時間と長い期間だったので、開催中ずっとプレーするのではなく、買い物のなどの合間にポケモンGOをプレーできて、負担が少なかったのが嬉しかったです。
 色違いのハスボーが実装されるということだったので、ポケストップを回して70以上のタスクを達成しましたが、色違いは私が2匹、怪獣が3匹のみでした。(ヒンバスは0なので、それに比べればまだマシかも…)
Image3_1 (↑色違いのポワルン)

 イベント期間中は通常フォームのポワルンも大発生、こちらも色違いが出るということだったので、見つけたら片っ端からタップして確認して、色違いだったら捕まえるを繰り返して私は19匹、怪獣は13匹捕獲に成功しました。

ギラティナ・レイド

 ディアルガ・レイドとほぼ入れ替えで、去年のハロウィンの頃に登場した『ギラティナ』のアナザー・フォルムが伝説レイドに戻ってきて、4月2日には、新たにオリジン・フォルムが登場しました。
 アナザー・フォルムは捕獲済みだったので、レイドには参加しませんでした。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »