« 娘の大学卒業式 | トップページ | 5月、6月のあれこれ »

2019年6月23日 (日)

ポケモンGO68  5月のプレー

メルタン色違い再登場

Image1_20190621120801

 4月24日の夕方(東部夏時間)から、5月5日まで『メルタン』の色違いが再登場した。
このイベントの前までは、メルタンを出現させる『ふしぎなはこ』を開けられるのが1週間に1度だったのが、イベント後からは3日に1度に短縮された。
 イベントの始まった翌日(4月25日)が怪獣学期末テスト(ファイナル)の最終日だったので、『ふしぎなはこ』の中身を手に入れるべく任天堂スイッチ(ゲーム機)と『レッツゴー・ピカチュウ』のゲームソフトを買いに行った。
(任天堂スイッチはポケモンGOのために買いに行ったのではなくて、元々怪獣のクリスマスプレゼントに買う予定だったのが、クリスマス直前にが姑の手術のために日本に帰国して、航空券や手術や入院の費用負担など大きな出費があったため買っていなかった。
その後は勉強で忙しくゲームで遊ぶ時間もないから、夏休みになったら買おうと決めていた。)
ところが、ゲームの中盤以降まで進まないと『ふしぎなはこ』の中身を手に入れられなかったので、やっとメルタンが捕まえられるようになったのは5月に入ってからで、2回しか箱を開けることはできなかった。
 今回のイベントでは、のアカウントでもメルタンを捕獲したのだけれど、どのアカウントでも色違いに遭遇することはできなかった。

アース・デー

Image1_14

(↑上段:色違いのディグダとダグトリオ
下段:通常色のディグダとダグトリオ)

 4月29日夕方~5月2日夕方(東部夏時間)まで、アース・デーのイベントが開催され、地面タイプのポケモンが大発生、伝説レイドは『グラードン』で、ディグダの色違いが実装されました。
 アース・デーイベントは私たちがの卒業式に参加するため車でアメリカほぼ横断のドライブ旅行の最中で、特にアプリの方にもお知らせがなかったので、朝食のために入ったレストランで大量発生していたディグダを捕まえていたらたまたま色違いに遭遇して、イベントがあったのを知った。
 色違いが実装されたディグダはかなり大発生していて、のアカウント以外では色違いを捕獲することができた。

アグノム・レイド

Image1_15

(↑『ユクシー』『エムリット』『アグノム』レイドのお知らせ)

 アース・デーが終わるとグラードン・レイドと入れ替えで、『ユクシー』『エムリット』『アグノム』の伝説レイドが始まった。
レイドが始まる2~3日前から、野生での捕獲が報告されていたけれど、レイドが始まると野生での報告は聞かなくなった。
 3種類のポケモンは地域限定で、『ユクシー』はアジア太平洋地域、『エムリット』はインド・中東・ヨーロッパ・アフリカ地域、『アグノム』は南北アメリカ・グリーンランド地域だった。

Image2_20190621120901

(↑アグノム・レイドの様子)

 アメリカはアグノム・レイドだったのですが、冬学期中は伝説レイドに殆ど参加していなかったので、SNSのチャットでもお声がかからず、私と怪獣がアグノム・レイドができたのは2回で私が捕獲できたのは1匹でした。

Image3_20190621120901

名探偵ピカチュウ

Image1_16

(↑名探偵ピカチュウのコラボイベントのお知らせ)

 5月7日夕方~17日夕方(東部夏時間)映画『名探偵ピカチュウ』に合わせてポケモンGOでもコラボイベントが開催されていた。
Image5

(↑探偵帽子のピカチュウとアバター用のTシャツと帽子)

 イベントに合わせてアバター用の無料Tシャツと探偵ピカチュウ帽子が配布された。
 スナップショットを撮影すると、1日1回、ドーブルの代わりに探偵帽子を被ったピカチュウが写りこんで、その後撮影画面を閉じるとフィールド画面(地図画面)に帽子を被ったピカチュウが出現。
噂では色違いも出ると言われていたけれど、探偵帽子のピカチュウには色違いはなかったもよう。

Image4_20190621234701

(↑イベント限定のフィールドリサーチのタスクと色違いのエイパム)

 探偵帽子ピカチュウの出現以外にも、イベント限定のフィールドリサーチが4種類出ていて、「川を歩いていた種ポケモン(フシギダネ)を捕まえる」を達成すると『キモリ』が、「リュックで運ばれていた水タイプのポケモン(コダック)を捕まえる」を達成すると『コイキング』が、「イーブイから進化するほのおタイプのポケモン(ブースター)を(2匹)捕まえる」を達成すると『ウィンディ』が、「プリン・エイパム・ブルーを10匹捕まえる」でズバットかポッポ(メタモン)が報酬だった。
イベントの始めの時にはブースターを二匹捕まえるタスクだったのが、終わりの頃には1匹で報酬が貰えるタスクに変わっていた。

 イベント期間中は、映画に出てくるポケモン(フシギダネ、リザードン、プリン、コダック、カラカラ、ブースター、カビゴン、エイパム、ブルー、ルンパッパ、ドゴーム)が多く出現していて、色違いのエイパムが実装された。

Image3_20190622000301

 余談なのだが、映画の公開に合わせて近くの量り売りのアイス屋さんで、名探偵ピカチュウのカップでアイスを売っていたので、イベント期間中3回ほど行って探偵帽子のピカチュウとスナップショットを撮った。

5月のコミュニティ・デー(アチャモ)

Image1_17

 5月のコミュニティー・デーで大発生したポケモンは『アチャモ』で、19日の15時~18時の開催だった。

Image2_20190622001301

(↑左:イベント時のフィールド画面、中:アチャモのフィールド・リサーチ、右:色違いのアチャモ)

 色違いのアチャモも実装されて、イベント終了から1時間までの間に『バシーャモ』まで進化させると特別な技『ブラストバーン』を覚えるらしかった。
Image3_20190622002001

(↑上段:色違いのアチャモ、ワカシャモ、バシーャモ
下段:通常色のアチャモ、ワカシャモ、バシーャモ)

 コミュニティー・デー当日は雨だったので、いつものモールではなく屋内でショッピングができるアウトレット・モールまで車で行ってプレーした。
 結果は、タップした数244、捕まえた数122、色違いの数12だった。

レイド・ウィーク

Image3_5 

 5月21日の夕方~28日の夕方まで、レイド・ウィークが開催された。
レイド・ウィークの期間中はレイドで貰える『ほしのすな』と『XP』が普段の2倍、レイド・ウィーク限定のフィールド・リサーチのタスク3種類が出された。
 レイドウィーク限定のタスクは、「レイドに1回勝つ」で報酬が『ドーミラー』、「レイドに3回勝つ」で報酬が『アブソル』、「レイドに5回勝つ」で報酬は『わざマシーン・スペシャル』だった。
 イベント開始と同時に色違いの『ドーミラー』が実装されたので、フィールド・リサーチのタスクは同じく色違いのあるアブソルのタスクとドーミラーのタスクを中心にこなしたが、期間中にどちらも色違いは出なかった。

ラプラス・レイド

Image1_18

(↑ラプラス・レイドの様子)

 レイド・ウィークの期間中、5月25日土曜日の11時~14時(東部夏時間)の3時間ラプラス・レイドが開催された。
ラプラス・レイドの3時間中は殆どのジムでラプラス・レイドが開催されレガシー技『こおりのつぶて』と『れいとうビーム』を覚えたラプラスが登場し、無料のレイド・パス5枚が配布された。

Image2_20190622005101

(↑左:色違いのラプラス、右:個体値100%のラプラス)

 ラプラスは普段、野生やレイドではあまり出ないポケモンなので、色違いの捕獲目当てで参加した。
色違い率の結果は、私:0/15、怪獣:1/6、:2/5、:1/1だった。
 私のアカウントでは色違いは捕獲できなかったけれど、のアカウントで2匹色違いが出たので、いつかと『キラフレンド』になった時に交換してもらうことにした。

その他

5月の末にはクレセリアが伝説レイドで戻ってきたり、あくびを覚えた眠っているカビゴンが大発生したりしたが、今回の記事が長くなってしまっているし、6月にまたがっているので来月のプレーのまとめで書くことにした。

|

« 娘の大学卒業式 | トップページ | 5月、6月のあれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 娘の大学卒業式 | トップページ | 5月、6月のあれこれ »