« クリスマスの飾り付け 2019 | トップページ | Frankenmuth(フランケンムス)6  »

2019年12月27日 (金)

クリスマス2019

Img_8956s

 クリスマスの朝は霧で、比較的暖かな日でした。
お昼頃には霧もはれて、薄日もさしてきました。

Dsc_0050s

(↑クリスマスツリーとプレゼント)

朝はゆっくりでお昼近くになってプレゼントを開けました。
娘からのクリスマスプレゼントで、ハリーポッターの仕掛け絵本を貰いました。
本の画像は続きを読むから…

クリスマス・ディナー:

Dsc_0070s_20191227035501

(↑食事を並べたところ)

 夕食は大人4人と子ども1人と赤ちゃん1人のお客さまと我が家の家族で9人の食事になりました。
メニューは
・クラッカーとチーズボール
・バゲットとチーズ
・ロールパン
Dsc_0059s_20191227042001

・グリーンサラダ
・スモークサーモンのピンウィールロール
Dsc_0060s_20191227042001

・ローストビーフ(メイン)
・インゲンの炒め物
・ベークド・ポテト
Dsc_0062s_20191227042201

・ココアスポンジ・ケーキ(デザート)
Dsc_0075s

(↑ラズベリーとザクロでデコレーションしたココアスポンジケーキ)

Dsc_0072s

(↑アペタイザーとパンを一人分に取り分けたところ)

Dsc_0074s

(↑メインとサイドとサラダを一人分に取り分けたところ)

Dsc_0079s_20191227043501

(↑一人分に取り分けたケーキ)

 

 

ハリーポッターの仕掛け絵本:

Dsc_0057s_20191227043901

(↑絵本とケース)

 仕掛け数はホグワーツ城、教室、クディッチ・フィールド、ホグズミード、禁じられた森の5つ。

Img_8088s

(↑ホグワーツ城のページ)

Img_8091s

(↑ホグズミードのページ)

Img_8093s

(↑本の裏表紙と背表紙を開いたところ)

 本の背表紙は裏表紙に磁石で止まっているのだけれど、背表紙の部分を開けると本のページが展開できるようになっていて、広げると地図になるようになっていました。

Dsc_0051s_20191227044001

(↑本を広げると…)

|

« クリスマスの飾り付け 2019 | トップページ | Frankenmuth(フランケンムス)6  »

コメント

>正体不明さん

訪問&コメントありがとうございます。
今年も沢山のコメントやつぶをありがとうございます。
私も色々勉強になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
 
 

>ニッキーベスさん

訪問&コメントありがとうございます。
一つ前の記事ににもコメントいただいたのですが、まとめてこちらでお返事します。
m(-_-)mよろしくお願いします~

クリスマスは夫が風邪をひいていて、料理は娘と私の二人だけで準備しました。
娘が帰省していなかったら、私一人で準備だったので大変だったと思います。

2019年もあとわずか、ニッキーベスさんも良いお年をお迎えください。

投稿: Yuuki | 2019年12月30日 (月) 04時25分

中々上手くメール行かなくて同じこと書いてすみません(>_<)さっき見たら行っていたから安心しましたよ(>_<)が~ハハハ新しいパソコンになれなくてごめんさいね(*´з`)

投稿: ニッキーベス | 2019年12月29日 (日) 11時56分

クリスマス料理とっても美味しそうですねまたクリスマスツリーやに(^^)/プレゼントおいて素敵だし相変わらずのyuukiさん料理上手だねぇ~ケーキ🎂見ているだけでご馳走さま~来年もよろしくね^0^

投稿: ニッキーベス | 2019年12月29日 (日) 11時53分

クリスマス料理美味しそうですね( ^^) _U~~クリスマスツリーとっても素敵な飾りつけ^0^だねぇ~テーブルクロス素敵な色でニッキーベスの大好きなバイオレットいい感じですね(´▽`)色々あってニッキーベスのは大変な年でしたがお互いに体に気を付け楽しいお正月迎えましょうね(^^)/来年もよろしくね(#^.^#)

投稿: ニッキーベス | 2019年12月29日 (日) 11時47分

霧でもホワイトクリスマスですね。とても美味しそうでした。楽しいクリスマスよかったです。
今年一年色々と勉強になりました。私はまだアメリカを知らない!!
よいお年をお迎えください。

投稿: 正体不明 | 2019年12月27日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスの飾り付け 2019 | トップページ | Frankenmuth(フランケンムス)6  »