« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月29日 (日)

COVID-19とポケモンGO

Img_0408s

 COVID-19の蔓延を遅らせるための自宅待機命令が私の住んでいる地域でも出されて以来、生活がかなり変わりました。

(↑人も車もなく、閑散とするショッピングモール)

 いつもプレーしているポケモンGOも例外ではなく、複数のプレーヤーで協力してプレーするレイドバトルで集まってプレーすることが難しくなり、SNSからもレイドのメンバーを集めるための板が閉鎖されました。
 自宅待機命令が出る前までは車で集まって、車から降りずにレイドしていたのですが、自宅待機命令が出て以降は食料品などの生命活動に欠かせないものを買いに行くか病院などに行く以外は車での移動が禁止になったためです。

Img_0407s(←休業中のスターバックスとカイリキー)

 散歩やジョギングなどで外出することはOKなので、全くプレーできないということではないのですが、歩いていける範囲は限られているため以前のようにレイドのために人が集まっているのを見ることはなくなりました。

 私と怪獣は徒歩でいけるショッピングモールまで行ってプレーしているのですが、毎年この時期はイースターのイベントが催されていて、イースターバニーに会いに来る親子連れでいっぱいなのですが、今はモール内にあるスーパーマーケットが時間を短縮して営業しているだけで、レストランなどは電話で注文したものを持ち帰りのみの扱いです。

 他の服飾店や本屋などは閉店していて、人も車もほとんどなく、モールに来ているのはポケモンGOのプレーヤーだけじゃない?と、思ってしまうほどです。

Image3_20200329071801

 ポケモンGOのゲームも変更になり、3月に予定されていた『ケーシィ』のコミュニティーデーはなくなりました。
その他、毎週水曜日の夕方に行われていた『レイドアワー』も中止に、EXレイドも中止になりました。

Image2_20200329152801

(↑1ポケコインで買える特別なBOXが登場
左:自分の周りのポケモンの出現率を上げる『おこう』×30の特別BOX
右:『モンスターボール』×100の特別BOX)

 イベントやレイドの中止以外にも、タマゴを孵す時に歩かなければならない距離が半分になったり、1ポケコインで1回限り買える特別なBOXが登場したり、自分の周りのポケモンの出現率を上げるアイテム『おこう』の持続時間が30分から1時間と普段の2倍になったり(『おこう』だけでなく、メルタンを出現させる『ふしぎな箱』の効果の持続時間も2倍の1時間になっていた)、『おこう』が半額になったりなど、世界中のプレーヤーと遠隔で戦えるバトルリーグの参加のために必要なポケコインや歩かなくてはいけない距離などが免除になるなど、遠くまで外出しなくてもプレーしやすいように変更がありました。
Image4_20200329155301

(↑デイリーボーナスの増加とギフトの変更のお知らせ)

 また、期間限定でその日の最初に捕まえたポケモンはデイリーボーナスとしてXPとほしの砂の追加サービスがあったのですが、デイリーボーナスで貰えるほしの砂とXPが3倍になる変更と、フレンド同士で送ることのできるギフトの数や所持できる数や開けることのできる数の増加、ギフトの中からモンスターボールが多く出る(一つのギフトでモンスターボール10個)ようにもなりました。
 これは、自宅待機命令で沢山のポケストップに行けない(=アイテムやギフトが手に入りにくい)のを考慮したのだと思います。

Img_0420s

(←ボルトロスとコバルオンのレイドの期間延長のお知らせ)

 3月18日から3月23日まで、コバルオンがリバイバルで、3月25日からルギアがリバイバルでレイドバトルに登場する予定だったのですが、ルギアのレイドがキャンセルになったため、コバルオンが引き続き31日までレイドボスとして残ることになりました。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

Stay-at-home order(自宅待機命令)

Img_0356s

 10日ほど前に、新型コロナウィルスのため対面授業の停止の記事を書いた当時は、感染者はニューヨーク州とカリフォルニア州とワシントン州で百人を超える数で多かったものの、他の州では感染者は0~3人くらいと少なかったのですが、その後数日で感染者が急増しました。

(↑3月23日の朝。また雪が降った)

Img_0361s

(↑ニューヨーク州知事 nbcnews.comより引用)

 CNNの記事によると、23日現在でStay-at-home order(自宅待機命令)が出ているもしくは水曜日(25日)までに始まる予定の州は15州に増えました。
 カリフォルニア州、コネティカット州、デラウェア州、ハワイ州、イリノイ州、インディアナ州、ルイジアナ州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、オハイオ州、オレゴン州、ワシントン州、ウエストバージニア州の15州です。

 Stay-at-home orderは州知事の判断で出され、食料品の買い出しや病院やドラッグストアに行くなどの生命にかかわる外出以外は禁止、仕事や学校などにも行ってはいけないし、病院や運輸会社やガソリンスタンド食料品店やドラッグストアなど州や地域によって営業が必要と認められたところ以外は営業停止になります。

Img_0317s

(↑スーパーのレジにしるされた6フィートの立ち位置の×マーク)

 多くの州で散歩や公園に行くのはOKだけれど、人との接触を避け6フィート(約2m)の距離を取るように言われています。

 州や地域によって制限の度合いがまちまちで、1日の車の走行距離が制限されている州あり、ロサンゼルス市は友人を訪問したり(許可された以外の)仕事にいったりした場合は罰金刑か刑務所(拘置所)行きなど厳しい制限がされています。

 期間も州によって色々で、イリノイ州やインディアナ州は4月7日まで、ハワイ州は4月30日までです。

 

 

| | コメント (2)

2020年3月19日 (木)

COVID-19騒動

Img_0230s

 先週、ホワイトハウスからコロナウィルスに関するガイダンスの発表があり、週末からレストランや娯楽施設の営業が停止になりました。

(↑空になったスーパーの紙製品の棚)

Img_0263s

(↑スーパーの救急用品の棚。消毒用アルコール製品が売り切れている。
おひとり様5点限りの張り紙がしてある。)

 ホワイトハウスから発表されたコロナウィルス蔓延を遅らせるためのガイダンスは、

1.州や地域の指示に従ってください。

2.気分が悪い時は自宅にいてください。仕事に行かないでください。かかりつけの医療機関と連絡を取ってください。

3.子供が具合が悪い時は、自宅にいさせて、かかりつけの医療機関に連絡を取ってください。

4.家族の誰かに陽性の反応が出た場合は、家族全員自宅にいてください。仕事や学校に行かないでください。

5.高齢者は自宅にいて、他の人との接触を避けてください。

6.重篤な健康問題を抱えている場合はリスクが高くなるので、自宅にいて、他の人との接触を避けてください。

Img_03051

(↑ホワイトハウスから出されたガイダンス)

Img_0303s

(↑空になったお肉の販売コーナー)

 政府のガイダンスが発表されてから、ウェットティッシュや紙製品などの衛生用品などがスーパーの棚からなくなり、肉やパンなどの食品もなくなりました。

Img_0304s

(↑空になったパンの棚)

 政府のガイダンスとは別に、CDC(アメリカ疾病管理予防センター)から、人と接する時は6フィート(約2m)離れること、50人以上集まるところには行かない事などのガイダンスがでて、会社や工場も閉鎖になったところも出ました。
 TVのニュースなどもアナウンサー等が6フィート離れて座っていたりで、ちょっとしたパニックのようになっています。

 アメリカは医療保険の無保険者が4800万人もいます。
コロナウィルスにかかって重篤化しても病院にかかれない、無保険者の中には持病があって保険料が高額で保険に加入できない人もいるので、神経質になるのもわかる気がします。

 

続きを読む "COVID-19騒動"

| | コメント (3)

2020年3月16日 (月)

パイの日2020

Dsc_0051s_20200316002701

 3月14日はパイの日です。

(↑チョコレート・ファッジ・パイ)

Dsc_0062s_20200316003101

 今年のパイの日の週末には、の職場の同僚ご夫婦2組をお招きしてパイで食事会の予定だったのですが、同僚の一人の担当の取引先の窓口の人がコロナウィルスに感染していることがわかって、食事会は延期になりました。

Dsc_0064s_20200316005301

 食事はパイ3種類、デザートのパイは4種類作る予定で、デザートのパイは2種類は作り終えてもう2種類は作りかけだったので、家族だけで(も私たちも感染してしまっているかもしれないので誰も呼べない)食べることになりました。

 食事に食べたのは作る予定だったシェパーズ・パイとサラダ。
デザートには、キャラメル・アップル・ブロンディ―ズ・パイ、チョコファッジパイ、レアチーズ・パイ、ラズベリー・シフォン・パイの4種類でした。
Dsc_0058s_20200316011501

(↑デザートのパイ4種類)

Dsc_0074s_20200316011601

(↑一人分に切り分けたチョコファッジパイ)

Dsc_0053s_20200316011701

(↑↓キャラメル・アップル・ブロンディ―ズ・パイ)

Dsc_0066s_20200316011801

 キャラメル・アップル・ブロンディ―ズ・パイにかけて食べるアップルサイダー・キャラメル・ソースが美味しかった~

Dsc_0055s_20200316012001

(↑↓レアチーズ・パイ)

Dsc_0077s_20200316012101

Dsc_0056s_20200316012101

(↑↓ラズベリー・シフォン・パイ)

Dsc_0080s_20200316012201

 レアチーズ・パイとラズベリー・シフォン・パイは作って時間が浅かったので、まだ柔らかかったのですが、もう1日冷蔵庫で冷やせば固くなって切るのも楽になると思います。

 

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

キタ━(゚∀゚)━! 対面授業の停止

Dsc00137s_20200312111801

 昨日WHOがコロナウィルスはパンデミックだとやっと発表して、感染者がアメリカでも増えてきています。
感染者数だけではなく、地域も広がっていて、3月10日(東部夏時間)にはオハイオ州で3人の感染者が確認され、翌日にはミシガン州でも感染者が2人出ました。
 3月12日には、ワシントン州では267人が発症し危険度レベルが1になりました。

Img_0205s
(↑CDC:アメリカ疾病管理予防センターのサイト)

 3月の頭から、職場などでは日本や中国や韓国など流行国から来た人や、旅行していた人や、家族に流行国に行ったことのある人は出社が2週間停止で、取引先の人にも前もって流行国への渡航歴がないかなどを文書で確認するなどの対策を取っていたようです。

Img_0203s

(↑対面授業の停止のお知らせ)

 3月11日(東部夏時間)に学校から緊急連絡が来て、3月12日~22日まで対面の授業を停止、23日から対面授業の科目をリモート(多分オンラインなどを使った)授業に変更して再開、オンラインの講義はスケジュール通りということになりました。
 私の取っているクラスは実技を伴う授業なので、どうなることやら…

 

 

続きを読む "キタ━(゚∀゚)━! 対面授業の停止"

| | コメント (3)

2020年3月10日 (火)

イースターのテーブルデコレーション(仮)

Dsc_0049s_20200310021901

 ひな祭りも終わったので、ダイニングをイースターの飾りつけに変えました。

(↑ダイニング全体の飾り付け)

 今年のイースターは4月12日なのでちょっと早いかもしれませんが、3月14日か15日にパイで食事会をする予定なので取り敢えず飾り付けしました。

Dsc_0053s_20200310022701

(↑一人分のセッティング)

 ナプキンはチョコレートなどが置けるように袋型に畳みました。
イースターのお菓子やチョコを入れてもいいかな…

Dsc_0052s_20200310023101

 イースターまでは日があるので、食事の内容などによって、飾り付けを変えるかもしれません。

| | コメント (2)

2020年3月 7日 (土)

人工呼吸と心臓マッサージ First Responderのクラス2

Dsc00133s_20200307060201

 2月24日にFirst Responderのクラスで1回目の赤十字の筆記テストと実技のテストがありました。

(↑CPR:心肺蘇生の大人と子どもと乳児の違いの表
American Red Cross,Emergency Medical Responce,p323より引用)

 実技のテストは、CPR(Cadiopulmonary resuscitation:心肺蘇生)で、マネキンを使っての心臓マッサージと人工呼吸のテストでした。

大人のCPRの手順は、

1.現場の把握
現場に着いたらまず安全の確認、患者の人数、ケガか病気なのか、応援が必要かなど

2.初期アセスメント
患者の意識レベルの確認、気道の確保、呼吸と脈の確認(5~10秒)
意識がなく、呼吸も脈もない場合近くの人に救急を呼んでもらう。

3.心臓マッサージ
胸を出して、30回心臓マッサージ(1分間に100~120回のペース、最低2インチ:約5㎝の深さ)

4.人工呼吸
ポケットマスク※を使って、2回人工呼吸(10秒以内。肺に空気が入るか胸を目視で確認。)
胸が上がってこない場合、気道がふさがっている可能性があるので、異物がないか口の中を確認。

5.CPR:心臓マッサージ30回と人工呼吸2回のサイクルを繰り返す。

6.他のResponderが到着したら、AED(Automated external defibrillator:自動体外式除細動器)の準備をしてもらいながら、CPRを繰り返す。

7.AEDのパッドを取り付け、音声ガイダンスに従って電気ショックを与える
(ショックを与える時は患者から離れる)

8.CPRに戻る
最初のResponder(リーダー)が人工呼吸をしながら患者を観察、後から来たResponderが心臓マッサージ。BVM(Bag-Valve-Mask:人工呼吸マスク)を使うこともできる。

9.AEDの使用。

10.CPRに戻る

11.AEDとCPRを交互に繰り返す。

12.患者に変化が見られた場合、脈と呼吸の確認をする。

 今回のテストでは、一人でCPRをするケースだったので、ステップ5までを試験されました。

Dsc00139s_20200307143701

(↑※:ポケットマスク
使い捨てのフィルターがついていて、患者とResponderが人工呼吸によって細菌や化学物質などをやり取りしないようになっている。
BVMに切り替える場合は黄色のフィルターのついた部分を外して繋ぐことができる。)

 以前は人工呼吸をする時は、マスクなしでしていたのだけれど、最近は感染症や化学物質などのリスクを減らすため必ずマスクをするようになったらしい。

Dsc00136s

(↑ポケットマスクのセット
使い捨て手袋とマスクとフィルターがセットになっている。)

Dsc00135s

(↑簡易式の人工呼吸用マスク。
フィルターはついていないけれど、患者とレスポンダーの体液が直に触れるのを防ぐ)

 心臓マッサージは、1分間に100~120回のペースで、押す強さは5㎝と結構強いので、蘇生するのは結構体力が必要です。
1分間に100~120回のペースというとピンとこないのですが、実習中に講師がビージーズの『ステイン・アライブ』をかけて、「このテンポで押してください」と言っていました。
 実習の時は一人10分間つづけたので、音楽を聴きながらでもきつかったです。翌日はバッチリ筋肉痛になりました。

| | コメント (2)

2020年3月 4日 (水)

ひな祭りの食事2020

Dsc_0057s_20200304121701

 3月3日の夜は家族だけでひな祭りの食事にしました。

(↑全体の配膳)

 今年のひな祭りは平日だったのですが、たまたま私の学校がミッドウィンター・ブレーク(冬の中間休み?)だったので、3日の夜にお祝いできました。

Dsc_0061s

(↑ひとり分の配膳)

 今年のメニューは

・ちらし寿司
・お吸い物
・スナップエンドウの胡麻和え
・天ぷら
・カルピス
・苺のレアチーズケーキ(デザート)

でした。

Dsc_0065s_20200304122901

(↑一人分に切り分けたデザート)

 デザートの苺のレアチーズケーキは柔らかくて切ると崩れてしまったのが残念でした。

Dsc00133s

(↑切り分ける前の苺のレアチーズケーキ)

 

| | コメント (2)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »