« 端午の節句2020 | トップページ | 怪獣の誕生日 »

2020年5月15日 (金)

COVID-19騒動5 自宅待機命令下での買い物

Img_1188s

 9日ぶりの更新です。

(↑店の入り口の注意書き
買い物中はマスクをかけてください
州政府の命令で鼻と口を覆うもの
風邪薬、ハンドソープ、ビタミン、ハンドサニタイザー、清掃用具、水、トイレットペーパー、ペーパータオル、ティッシュペーパー、漂白剤、手袋、消毒用アルコール、オキシドール、体温計はお一人様1点に制限させていただきます。
と、書かれている。)

 先週末は3週間ぶりの食料品などの買い物に出かけて、非常に疲れてブログの更新もお休みしていました。
 COVID-19の流行前も、我が家の食料品や日用品の買い物は1週間に1度の買い溜めだったのですが、自宅待機命令以降は3週間に1度の買い物にしています。

Img_1189s

(↑↓一方通行の通路と表示)

Img_1190s

 1週間分の買い物をするにも2時間くらいかかるのに、3週間分となると4時間くらいかかります。
 おまけに、中には売り切れものもあって必要なものが手に入らず、代替品を探したりで更に時間がかかります。
 その上、すれ違いで混みあわないように店内の通路が一方通行になっていて、欲しい商品の通路が一方通行の出口になっている場合は迂回しなければならず、余分に店内をグルグル回る事に…

Img_1192s

(↑↓一方通行の出口と表示)

Img_1193s

 需要が多くて売り切れになりやすい商品は、購入数が制限されているものもあります。
トイレットペーパーや消毒用アルコールは購入数の制限があるにも関わらず品切れで、購入できればラッキーです。
 以前の記事に書いたのですが、肉も品薄の状態が続いています。
肉が品薄になっている理由は、食肉加工とパッケージ詰めをする工場が緊急事態の影響を受けて操業時間や労働者の人数が制限されているためです。
 工場への制限は州知事の権限で決められるのですが、トランプ大統領が食肉の生産を増やすように指示して、州によっては知事の指示とアメリカ政府の指示が一致していなくて対立している所もあるようです。

 店の入り口には表示されていなかったのですが、食肉も購入数が制限されていたらしく、お一人様1種類1点限りと言われて、鶏のひき肉3パックをカートに入れていたのですが、2人なので2点までですと言われて↑上記の肉が不足している理由を説明され、皆にいきわたるように(購入数を制限している)なのでごめんなさいと言われました。

Img_1195s  

(↑立ち位置を示すレジの列のしるし)

 買い物も大変なのですが、買い物の前後も面倒です。
買い物する前(大体前日)にはキッチンの床の掃き掃除(ワイパー)とテーブルとカウンターの拭き掃除とシンクの掃除を済ませます。
 買い物から帰ってきたら、
後①:冷蔵庫や冷凍庫に入れる必要のないものはガレージで数日間放置。
後②:冷凍&冷蔵の必要なものはカウンターに置きます。
後③:冷蔵が必要で洗うことのできるもの(牛乳やスプレー式ホイップクリームなど)はシンクに入れる。
後④:消毒済みのテーブルの上で、肉類はトレーを捨て、ラップで包み直して冷凍庫へ入れる。
後⑤:シンクで洗えるは台所用洗剤で洗う。
後⑥:洗剤で洗えない要冷蔵品はビニール袋に入れて口を縛って、冷蔵庫で1週間保管(使用前によく洗う)
後⑦:トレーやレジ袋を屋外のゴミ箱に捨てる。
後⑧:漂白剤+洗剤+水の洗剤液を作る。
後⑨:⑧の洗剤液で、カウンター、テーブル、ドアノブ、冷蔵庫の取っ手、冷凍庫の蓋、キッチンの床、等を拭いて暫くして乾拭きをする。
後⑩:シャワーに入る。
後⑪:着ていた服を洗濯する。

 買い物に行って、買い物後のクリーニングを全部やったら、丸1日かかってしまいます。
なので、買い物に行った週末と翌日はぐったり疲れてしまいます。

 5月の2週目まで自宅待機命令が延長されていたのですが、先週、更に延長されて5月末まで自宅待機命令が続くことになりました。
たとえ、自宅待機命令が解除になっても、買い物前後の掃除と消毒は続けなければならないだろうなぁ…と思うと面倒です。
早く薬やワクチンが開発されないかなぁ…

 

 

|

« 端午の節句2020 | トップページ | 怪獣の誕生日 »

コメント

>FUJIKAZEさん

 こんばんは~
訪問&コメントありがとうございます。

 日本のマスクの高値は、政府が1世帯2枚マスク配布を発表したら落ち着きましたね。
「1世帯にマスク2枚って、政府は現状を分かってるの?」と、思っていましたが、転売で儲けようと思っている輩の撲滅には役に立ったみたいですね。

 アメリカだけでなく世界全体が今回のパンデミックについていき場のない怒りをくすぶらせてますから、中国への訴訟へ発展していっています。
 トランプ大統領はビジネスマンなので、経済にダメージが少ない政策を出してくれているのには助かります。
 
 

>正体不明さん

 こんばんは~
訪問&コメントありがとうございます。

 日本は法制の関係で、アメリカのように規制ができないので難しいですよね。
 中国や韓国のようにプライバシー0で監視するわけでもないのに、日本のコロナでの死亡者数がとても少ないのは奇跡ですよ。
 アメリカの死者数なんて日本と2桁も違いますもの。
 

投稿: yuuki | 2020年5月18日 (月) 08時04分

こんにちわ、アメリカの規制はやはり厳しいですね。日本の規制は甘すぎるのを感じました。でも買い物は楽なので助かっているのも現実です。もう少し待つと,どちらが良いか見えてくるでしょうね。
お体大切にして下さい。

投稿: 正体不明 | 2020年5月16日 (土) 08時24分

こんにちは!
米国は何とも大変ですねぇ・・・。
これに比べれば、日本はノンビリしたものです。
マスクなんて、都会では投げ売りが始まってますよ。
もっとも、正規のドラッグストアでは未だ品薄なんですが、薬と関係の無い業種や個人がコロナのマスク不足に付け込んで、一儲けしようと買い占めたり、急遽中国から粗悪品を大量に輸入した物が、売る時期を見誤り、今、投げ売りされているんです。
トイレットペーパーなんて、何処のスーパーでも溢れています。
自宅待機命令なんて、ストレスは大きいでしょうね。
コロナの発生と拡散が本当に中国のせいであれば、アメリカ人が中国に対して怒るのは当然です。
トランプさんが中国との断交を示唆するような発言をすることも頷けますよ。
断交はブラフだとは思いますが・・・さて、どうなりますかね。

投稿: FUJIKAZE | 2020年5月15日 (金) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 端午の節句2020 | トップページ | 怪獣の誕生日 »