ペット

2024年4月29日 (月)

マダラ猫の遺灰入れ完成

Image7

 去年の12月に亡くなったマダラ猫の遺灰はベルベットの袋に入って戻って来たのですが、遺灰を入れて置く壺が市販のものは気に入ったデザインのものが見つからなかったので、適当な大きさの入れ物を探して、画像のシールを作って入れ物に貼って作る事にしました。

 使った入れ物は元々はアロマキャンドルの瓶で、ベビーパウダーに似た香りのアロマキャンドルでした。
 キャンドルの瓶を入れ物として使うためには中身のワックスを燃やして使いきらなければいけなかったのですが、綺麗にワックスを使い切るためには一度火をつけたら燃やしっぱなしにしなければならなかったため、なかなか作り始めることが出来ませんでした。

Image8

(↑入れ物を上から見たところ。識別番号の札がついた遺灰の袋が見える)

 まず、①元々のキャンドルの瓶に貼ってあったラベルなどをドライヤーなどで温めて糊が残らないように剥がして、ステッカーの貼ってあった個所を食器用洗剤を使ってお湯で洗います。

 ②タオルなどで水気を取って、1日以上干して乾かします。

 ③乾いたら、キャンドルを灯してワックスを燃やします。(燃やしっぱなしにするので、周りに燃えやすいものがない場所で燃やします。)

 ④キャンドルの芯が燃え尽きたら、残ったワックスが液体状か柔らかいうちに瓶から紙コップなどに移して、キッチンペーパーなどで瓶の内部を拭きとって、食器用洗剤とお湯でワックスを完全に洗いおとします。

 ⑤タオルなどで水気を取って、完全に乾かします。

 ⑥シールを作成します。(ワードでシールのデザインを作成して、透明のシール用紙にプリントアウトした)

20090429s

409s

R4

(↑シールのための3つの候補の画像。最終的に真ん中の画像を選んだ。)

 ⑦油分が残っているなど、必要ならシールを貼る部分をアルコールなどで拭いて脱脂する。

 ⑧作ったシールを貼って完成です。

 アロマキャンドルの瓶を使ったので、ワックスを燃やしきるのに3日3晩かかった事と、眠っている間に芯が燃え切ってワックスが固まってしまい、瓶の中のワックスを取り除くために瓶を湯煎しなければならなかった事が大変でした。

 手間をかけて作ったけれど、怪獣の反応がいまいちでした。
ネットで売られている、いかにも遺灰の壺です、という感じの入れ物より部屋に置いても違和感ないと思うんだけれどなぁ…

 

| | | コメント (0)

2024年2月29日 (木)

猫カレンダー作成

Dsc_0526s

 1月中はマダラ猫の壁掛けカレンダーを作っていました。

(↑作成したカレンダー)

 レターサイズのケント紙を使用して、20年間の画像からなるべくその月の写真を使って作りました。
以下↓が月毎の画像です。

2月:

200502s

(↑2005年2月撮影)

3月:

202203s

(↑2022年3月撮影)

4月:

202104s

(↑2021年4月撮影)

5月:

20230505s

(↑2023年5月撮影)

6月:

201705s

(↑2017年5月撮影)

7月:

201505s

(↑2015年5月撮影)

8月:

201808s

(↑2018年8月撮影)

9月:

20069s

(↑2006年9月撮影)

10月:

201208s

(↑2012年8月撮影)

11月:

20090429s

(↑2009年4月撮影)

12月:

20171225s

(↑2017年12月撮影)

 1月に作成したので、2月からのカレンダーです。
 去年、手作りスウィーツのカレンダーも作成してあったのですが、スウィーツの画像を猫画像に差し替えたのが今回作った猫カレンダーです。

 スウィーツカレンダーはライブラリー(パソコン部屋)に、猫カレンダーは家族の目につきやすいキッチンに使っています。

 

| | | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

マダラ猫とお別れ

Img_7352s

(↑最後のドライブ)

 マダラが亡くなった後、火葬することにしました。

 2019年にマダラと一緒に日本から連れて来たシロ猫が亡くなった時は、夏の終わりだったため裏庭に埋葬したのですが、今回は冬で地面が凍ってしまっている事と、将来引っ越しすることも考えて火葬することにしました。

 シロ猫が亡くなった時は、州の法律で死後24時間以内に埋葬しなくてはならないと聞いていたので、焦っていたのもあって裏庭に埋葬してしまったのですが、後で引っ越すことがあったら置き去りになる事に気が付いてとても後悔しました。

 猫の火葬経験のある友人2人に聞いてみたのですが、一人は朝火葬施設に預けて夕方に遺灰を引き取りに行ったと話していて、もう一人は家まで亡くなったペットを迎えに来てもらって合同で火葬にしてもらって、数日後に足と鼻の跡を印刷されたカードが帰って来て遺灰は戻らない火葬にしてもらったそうです。

 遺灰を返してもらいたかったので、一人目の友人が利用した遺灰を引き取れる施設にしようと思ったのですが、施設が遠くて不便だったのでがインターネットで近くのペットの火葬施設を探して12月7日の午前10時に予約を入れました。

 予約を入れた火葬施設はペットの葬儀に関わる全般のサービスを提供している施設でした。

Img_7357

(↑ビューイングの部屋。パッフェルベルの『カノン』がBGMで流れていた。)

 火葬のサービスは、

・合同で火葬して遺灰は返さない合同火葬
・一つの火葬炉にステンレス製の個別の仕切りを入れて複数のペットを火葬して灰を返却するセミ・プライベート火葬
・一つの火葬炉に一体のみの火葬して遺灰を返却するプライベート火葬

の3種類でした。

 どの火葬方法も足と鼻の形をスタンプでとって印刷されたカードが飼い主に渡されて、遺灰を返却する火葬方法では遺灰はベルベットの袋に入れて火葬証明書と一緒に飼い主に渡されます。
 料金は火葬の方法やペットの体重によっていくつかの段階がありました。

 私たちはプライベート火葬を選んで料金は200ドルくらいだったと思います。

 火葬のサービスの他には、遺灰を入れる壺や、フォトフレームや、足形を粘土などで型を取ったものや、火葬の前にペットの毛を切り取って保存ケースに入れたものなど、のメモリアル・グッズの販売もしていました。

 プライベート火葬だったので、当日に遺灰を受け取れると思っていたのですが、遺灰が帰ってくるまでに3日かかると言う事で、預けてその日は帰宅しました。
(火葬の際には識別のための金属の板に番号を刻印したものをつけて火葬し、火葬サービスの進捗はメールで送られてきたリンクにアクセスして個体識別番号を入力すると見ることが出来ると言われました。)

Img_8041s

(↑返却された遺灰と足形のカード。
ベルベットの袋には"Until We Meet Again At The Rainbow Bridge"と書かれている。)

 12月10日に遺灰を受け取りに行きました。

 火葬の為お別れしてから3日目の帰宅でした。
 灰になったら、小さな袋に入るくらいのサイズになってしまいました。今はビニール袋に入って更にベルベットの袋に入れられているのですが、暫くしたら入れ物を用意してそれに入れたいと思います。

 

 

 

続きを読む "マダラ猫とお別れ"

| | | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

マダラ猫介護記録

Oct02

 2月22日は猫の日(日本)だったので、去年の暮れに虹の橋を渡ったマダラ猫の介護の記録を書いておくことにしました。

 介護中は『言挙げ』になるのではないかと心配して記録を取っていなかったので、記録は後でカレンダーや撮影した画像を元に書き留めたものです。

 細かい部分は思い出せないので箇条書きにします。

11月7日頃 風邪をひく、クシャミ(2~4日)食欲が落ちて、カリカリに鰹節を振りかけて食べさせる。
11月14日 鰹節をかけてもカリカリを食べなくなる。水は飲む、トイレも失敗は無し。普通のウエットの猫餌は自力で食べる(量は少ない)チュールは食べる。
11月16日 ペットクリニックを受診。血液検査をする。脱水気味だったので、皮下に入れる補液を注射してもらう。猫缶、食欲の出る塗り薬を処方される。帰宅後、処方された腎臓ケア用猫缶を自力で食べる。
11月17日 腎臓の数値がかなり悪いと連絡が入り。細菌感染していたので、抗生剤を処方された。体重7.78lb
2週間後に再受診するように言われる。

Img_7327s
(↑左:食欲の出る薬。右:抗生剤とシリンジ。)

11月18日 トイレの手前でお漏らしをするようになる。トイレのフードを外してトイレを使いやすくすると、お漏らしはなくなった。水は自力で飲むが腎臓ケア用の缶フードは自力で食べないので、ヘラを使って食べさせる。

Image1_20240220065901
(↑左:フードのついた猫トイレ。右:フードを外した猫トイレ)

11月20日 水は自力で飲むが飲む量が少ないからか、おしっこの量も少ない。マグロの刺身を一切れ3ミリ角に切って出すと、フラフラながら起き上がって自力で食べたが、少し残す。(これが最後の固形食になった。)

Nov20

11月21日 トイレに自力で登れなくなる。トイレに座らせるとおしっこをする。おしっこが済んだら自力でトイレから出てヒーターの吹き出し口付近に戻る。自力でフードは食べないし、腎臓ケア用猫缶を食べさせても吐き出すので、チュールを食べさせる。
一匹で留守番させると何かあった時怖いので、誰かが必ず家に残って様子を見るようにした。

Image3_20240220070101
(↑食べさせていた蒸留水とチュール、食餌に使ったアイスの棒と飲み水用のシリンジと点眼用のシリンジ)

11月23日 (サンクスギブン)トイレから自力で出られなくなる。水も自力ではあまり飲めていないようなので、シリンジで飲ませる。チュールも自力で食べられなくなったので、アイスキャンディーの棒を使って(腎臓病用エネルギーチュールと普通のチュールを半々に混ぜて)食べさせる。
11月24日 夜中は夫婦の寝室のベッドでと私の間で川の字状態で人間と同じ布団をかけて布団の下に猫用毛布を使って寝ていたけれど、トイレに自力で行けない為お漏らしをするようになったので、バスタオルにトイレシーツを挟んで敷くようになった。
昼間も寝ていてお漏らしするようになってきたので、トイレシーツを敷く様になった。トイレシーツがあまり好きではなかったのか、シーツを除けるために動くようになった。(お漏らしはするけれど、腎機能が低下しているためか臭いも殆どなかった。)
トイレシーツやペット用オムツなど介護用品を買いに行く。

Nov25

11月25日 トイレシーツを除けてずり動かなくなった。食事はチュールを1日4回のみ、朝の食事のあと抗生剤投与、午後食欲の出る薬を耳に塗る。食事のあとトイレに連れて行くが、トイレでも立っていられなくなる。
この頃からほぼ寝たきりで動けなくなったので、いよいよ最後を覚悟する。
夜間は小型犬用のオムツを使うけれど、猫用ではないので尻尾を出すところから尿漏れする事があったのでハサミで切り込みを入れて穴の位置を調整して使う。
夜寝る前に、私たちが寝ている間に急変しないかと心配したけれど、朝起きて生きているとホッとする日々。

Img_7323s
(↑左:小型犬用オムツ、中:トイレシーツ、右:おしり拭きに使っていたウィッチヘーゼル)

11月26日 喉が渇いたり、おしっこが出た後は小さな声で鳴いて知らせるので、水を飲ませたりシートの交換をする。
11月27日 真冬日で最高気温がマイナス2℃。寒さが堪えるようで、昼間は暖房の吹き出し口の近くで寝るか、使い捨てカイロをタオルにくるんで近くに置くようになった。
夕方から夜は、仕事から帰って来たが内股の間に挟んで温めると調子が良いようでした。(おかげでは食事もトイレに行くのも一苦労でした。)
11月28日 チュールと水しか口にしていないので、排便はない。おしっこの臭いが殆どない代わりに身体全体がアンモニアの臭いが強くなって来た。

Nov29

11月29~30日 食欲は殆どない。1日4回のチュールをヘラで食べるのみ。食べないので日に日に痩せていく。
寒いので体を冷やさないように、お水は人肌に温めて飲ませるようにする。
1日中ぐったりしている事が多く殆ど動かない。
12月1日 昼間オムツを使うようになる。
オムツを変える時にウィッチヘーゼルを浸したコットンを電子レンジで人肌に温めておしり拭きに使う。
夕方ごろぐったりして呼びかけにも反応がなくなったので、いよいよか…と、思ったけれど、バスタオルでくるんでの内股で温めたら持ち直したようでした。

Dec01

12月2日(土)ペットクリニックの再受診の日だったけれど、あまりにも弱っているし屋外は極寒で寒い中外出させるのは負担になるだろうと言う事で予約をキャンセル。
キャンセルの電話を入れた時に、(最後に獣医に連れて行った時は、トイレも自力で行けたし、猫缶も自力で食べられる状態で、その後急速に弱ってしまったことが電話で伝わらなかったためか)獣医に診せるように強く勧められたが、弱っているので週明けの12月4日にもし生きていたら連れて行くと午前中に予約を取りなおした。
12月3日 少しだけれど排便あり。
ほぼ動かないので、昼間はソファーに毛布でくるんで寝かせて、タオルでくるんだ使い捨てカイロを湯たんぽ代わりにする。

Dec03

12月4日 朝からぐったりしている。寝ている間にまた少し排便していたのできれいにする。
ペットクリニックの受診の日だったけれど、時間の予約はしていなかったので連絡はせず。
喉が渇いても鳴く事がなく、時間でチュールと人肌に温めた水を給餌する。
水は飲んでもすぐ排泄されてしまうためか、目が乾燥していて瞼が動かしづらそうだったので、蒸留水を点眼する。
夜、また少し排便。肛門付近の硬い便が自力で排泄出来ずにいたので、手で掻き出して肛門付近をきれいにする。
夜10時頃、チュールと水を与えてオムツを交換。(最後の食事になる)

Dec04

(↑12月4日 午前11時頃のオムツ替えが終わった後)

12月5日 0時を過ぎて、寝る前のオムツを交換しようとしたら、咳のようなシャックリのような呼吸の発作が出て息がしにくそうだったので、背中をさすって介助すると少し落ち着く。
が抱っこ、私が背中をさすって声掛けをする。
その後も何度か発作を繰り返して、次第に発作の強さがだんだん弱くなり呼吸停止。
0時56分 瞳孔に光をあてて死亡確認。
20歳と5カ月10日でした。

 

続きを読む "マダラ猫介護記録"

| | | コメント (0)

2023年12月25日 (月)

マダラ猫とクリスマスツリー

2010

 今年のクリスマスツリーは去年のツリーの飾りつけの再現をしようと思って、去年のツリーの画像を見ていたら、今年の12月に亡くなったマダラ猫がツリーの近くに写っていました。

(↑2010年、ツリースカートの上で座るマダラ猫。7歳。)

2011

(↑2011年、飾りつけ前のツリーの側のマダラ猫。8歳。)

 そういえばマダラ猫は好奇心旺盛で、ツリーを飾ると近くにいることが多かったなぁ…と、思い、クリスマスツリーの画像を遡って確認したら、いくつかマダラ猫が写りこんでいる画像が見つかったのでUPする事にしました。

20122

(↑2012年、ツリーの下のマダラ猫とシロ猫。9歳。)

 こちらでツリーを買ったのは、今の家に引っ越してからだったので、画像は2010以降のものです。

2013

(↑2013年、ツリーとマダラ猫。10歳。座っているのは階段の手すり。この頃は手すりの上に自力で登れるくらいのジャンプ力があった。)

 2014年のツリーの画像には、残念ながらマダラが写りこんでいるものはなかったです。

2015

(↑2015年、ツリースカートの上に座るマダラ猫。12歳。)

 2016年もツリーと一緒に写っている画像はなかったです。

201727

(↑2017年、クリスマスツリーの脇のテーブルに座るマダラ猫。14歳。)

20182

(↑2018年、ツリーとプレゼントと一緒に写るマダラ猫。15歳。)

20192

(↑2019年、ツリースカートの上に座るマダラ猫。16歳。)

2020

(↑2020年、ツリースカートの上に座るマダラ猫。17歳。)

2021

(↑2021年、ツリースカートの上のクッキーと一緒に写るマダラ猫。18歳。)

2022

(↑2022年、クリスマスツリーと一緒に写るマダラ猫。19歳。床のタイルの色とマダラの柄の色が似ているので、デザインのために確認するまで写っていることに気が付かなかった。)

 

続きを読む "マダラ猫とクリスマスツリー"

| | | コメント (0)

2023年12月 6日 (水)

マダラ猫虹の橋を渡る

Img_6870ss

 久しぶりの更新です。

 我が家のマダラ猫が12月5日の0時に虹の橋を渡ってしまいました。

 落ち着くまで暫くはブログの更新はお休みします。

  よろしくお願いします。m(._.)m

| | | コメント (0)

2023年7月22日 (土)

(。・ω・)ノ☆ネ兄☆ヽ(・ω・。) マダラ猫20歳!

Scan10043s

 今年の6月でうちのマダラ猫が20歳になりました。

(↑2003年9月、生後3か月くらい)

 はっきりとした誕生日は分からないのだけれど、2003年の6月の下旬ごろに怪獣の保育園のお友達のお母さんから「生まれたみたいだよ~いつでも見に来ていいって。」と、連絡をもらったので6月の下旬が誕生日だと思います。

 マダラが家に来ることになったきっかけは、怪獣のお友達のお母さんから、取引先の肉屋さんの飼い猫が妊娠したみたいと言う話を聞いて、前々から猫を買いたかった私が「生まれたら1匹譲って~」と、お願いしたことでした。

 マダラのお母さん猫はメスには珍しい茶トラ猫で、肉屋さんの社長さんによると父猫は恐らく白黒ブチ(野良猫か放し飼いの猫)だろうと言っていました。
 私は三毛猫を飼いたかったので、三毛猫だったらいいなぁ…と、思っていました。

 7月に入ってから生まれた猫を見に行ったら、4匹の手のひらサイズの子猫がいて、3匹は雄で茶トラでそのうち2匹は短尾、1匹が雌で縞三毛で短尾でした。
 三毛猫が飼いたかった私は紅一点の縞三毛を選びました。

 その年の夏休みには、の出張に同伴して1ヵ月くらいアメリカに行く事になっていたので、9月になってから迎えに行きました。
 迎えに行った時には他の兄弟猫は全部貰われていました。
 抱き上げると思ったよりフワフワで毛が柔らかかったです。(ダブルコートではあるものの、9割がアンダーコートなのでは?年中抜け毛が多いです。)

Img_5129s

(↑2023年5月のマダラ猫)

 尻尾は短尾で鉤尻尾でした。
 短尾はアメリカでは珍しいようで、こちらにに引っ越してから「尻尾は事故で切れちゃったの?」と、よく訊かれました。時には「切ったの?」と、虐待を疑われたことも…生まれつきですって!…

 2004年に、シロ猫を野良猫の保護団体から引き取って2頭飼いに。
 2006年に、私たちの留学先に連れて来て。
 2010年に、現在の家に引っ越してきました。
 2017年に、腎臓の問題が見つかって腎臓ケアの餌に切り替え。
 2019年に、シロ猫が虹の橋を渡ってしまい、マダラも高齢なので心配していました。
 2023年現在は、高齢で毛づくろいや爪とぎが上手くできなくなって、眠っている時間が長くなりましたが、元気に過ごしています。

 

| | | コメント (2)

2023年2月10日 (金)

マダラ猫 定期健診2023

Dsc_0390sm

 我が家のマダラ猫は腎臓に疾患があって、腎臓疾患用のフードを食べています。
腎臓ケア用のフードの購入には処方箋が必要なのですが、処方箋を貰うには1年に1度血液検査などの健康チェックを受けなければいけません。

 2021年は12月29日に健診を受けたのですが、年末年始忙しかったり、私が体調を崩していたりで健診に行けず、腎臓ケア用のフードが底をついて来たので、2月6日の月曜日に定期検査に行ってきました。

 体重が去年より400g減少していたこと、血液検査の結果は翌日電話がかかって来て知らされ、獣医によると腎臓の値が去年より悪化していました。

 いつもは腎臓ケア用のフードの他に1日1回おやつをあげて、食欲が湧かない時はフードに鰹節の粉を振りかけて食べさせていました。

 今回の検査で腎臓の数値が大分悪くなっていたので、腎臓ケア用のおやつ以外は禁止、鰹節のふりかけも禁止になってしまいました。

 うちのマダラの生家はお肉屋さんで、売り物に手を出さないようにと魚味のフードで育てられたので、肉味のフードは好きではない。
 ところが、腎臓ケア用のフードはチキン味のみ。

 今まで鰹節の粉を振りかけてだましだまし食べさせていたけれど、腎臓ケア用のフード以外は禁止になってしまったので、食欲が激減。
 餌の皿に出しておいてもなかなか減らない。
 私の足元にやって来て、上目遣いに「いつものごはん、ちょ~だい」と、盛んにアピール。

 ごめんよぉ~、おやつも鰹節も禁止なんだよ~

(;-;) 本猫も辛いが、飼い主も辛い…

 獣医さんに「食欲が落ちて食が細くなったら、耳に塗る食欲を増進する薬を処方するので、腎臓ケア用のフード以外は絶対食べさせないで」と、きつく注意されているので、腎臓ケアのフードのみで暫く様子をみることになりました。

 食欲が戻って、腎臓の数値が改善されるといいなぁ…
 
 

| | | コメント (0)

2022年11月 2日 (水)

ハロウィン2022&オレンジ・ココア・チェッカーケーキ

Dsc_0390s_20221031094701

 今年のハロウィン当日はが日本に一時帰国していたので、パーティーや食事会などはしませんでした。

(↑↓今年はポケモンのジュペッタのジャック・オ・ランタンにした)

Dsc_0391s_20221031100001

 当日は朝から雨が降ったり止んだりで、最高気温は16℃の生憎の天気でした。
子どもたちがトリックオアトリートをする夕方の時間帯も雨が降っていて、我が家に来た子どもたちは去年と比べるとかなり少なかったです。

Dsc03908s

(↑猫の爪とぎ)

 ハロウィンと言えば…スーパーに買い物に行ったら、ハロウィン仕様の猫の爪とぎを売っていたのでついつい衝動買いしてしまいました。

Image1_20221031100701

 我が家のマダラは年をとって最近爪とぎをしなくなったことと、サイズが少し小さかったためか、何度か出入りしていたのですが、爪とぎとしては使われないままになってしまいました。

Dsc03920s

(↑使わないけれど側で寝る)

 

続きを読む "ハロウィン2022&オレンジ・ココア・チェッカーケーキ"

| | | コメント (2)

2022年3月17日 (木)

デイライト・セービングタイム(夏時間)開始 & 最近のマダラ猫の画像

Image1_20220308115101
 1日遅れの更新です。

 今週の日曜日(3月13日)、デイライト・セービング・タイム(夏時間)に切り替わりました。

Dsc02663s

 スマホの時計は自動で切り替わるのでいいのだけれど、鳩時計、掛け時計、キッチンの電子レンジやオーブンの時計は手動で切り替えなければならないので、少し面倒です。

 時間は"夏"時間に切り替わったものの、まだ冬日(一日の最低気温が氷点下)で、日の出も午前8時。
 まだまだ、夏らしくないのに…と、毎年思います。

 マダラ猫の画像は『続きを読む』から…
 

続きを読む "デイライト・セービングタイム(夏時間)開始 & 最近のマダラ猫の画像"

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧