住まい・インテリア

2019年6月16日 (日)

キッチンの床の貼り替え 3 キャビネットの高さの調整

Dsc00097s

 2日遅れの更新です。
今回でキッチンの床の貼替えの記事のシリーズは最後になると思います。

(↑冷蔵庫の下、パントリーの床、窓側の壁、キャビネットの周り一部を残して新しい床材の敷き詰めが終わったキッチンの床
冷蔵庫はアルコーブから出しっぱなし)

 6月1日に冷蔵庫の下と、パントリーの床と窓側の壁とキャビネット周りの一部以外は新しい床材を敷き終わったので、翌週末の6月8日はパントリーの床以外の残りの部分を床材を敷くことにしました。

Dsc00085s_1

(↑冷蔵庫と冷凍庫の中身)

 冷蔵庫の下の床(アルコーブの床)は凸凹だったので、週日の間にパテで埋めて平らに均して乾かしておいたので、新しい床材を敷いて冷蔵庫をアルコーブに入れることにしたのだけれど、中身が詰まったままなので重くていれられませんでした。
 冷蔵庫と冷凍庫の中身を取り出して、冷蔵庫をアルコーブに戻してまた中身を冷蔵庫に戻しました。
(戻すついでにいらないものを捨てて、中身の整理ができたのは良かった~)

Dsc00086s_1

(↑高さを調整するために移動させたキャビネット)

 去年の秋に、シンクを交換するのと同時に中古で買ったキャビネットを設置してあったのだけれど、設置する時に高さや水平を出してあったにも関わらず、タイルを剥がす時に金づちでガンガン床を叩いたせいか、微妙に高さがずれて水平でもなくなっていたので、調整することにしました。

Image1_13

(↑左:オリジナルの床を削っているところ
右:オリジナルの床を削った後に高さを合わせるために板を入れたところ)

Dsc00110s

(角のL字型のキャビネットを移動させて床を調整しているところ)

Dsc00111s

(↑キャビネットを置いて水平を出しているところ)

 シンクのついているキャビネットは配管の関係で外せなかったので、微調整をしてシンクのキャビネットに合わせて他のキャビネットを調整しました。

Dsc00116s

(↑キャビネットの高さ調整を終えて周りにビニールタイルを敷き詰めたところ)

キャビネットの調整を終えた後は残りのビニールタイルを敷きつめて作業を終えました。

Image2_8

(↑上:敷き残した壁際の部分
下:壁際まで敷き詰めたところ)

Img_dsc_0063s.jpg

(↑↓床材を敷きつめ終わったキッチンの床)

Img_dsc_0065s.jpg

 キッチンの床が終わったので、とりあえずは一段落。
次はダイニングの床の貼替えですが、時間がかかりそうなので、記事にするのは来月以降にしたいと思います。

 

 

| | コメント (2)

2019年6月12日 (水)

キッチンの床の貼り替え 2 床材の敷きつめ1

Dsc00099s

 3日毎の更新の1回飛んで更に1日過ぎてしまいましたが、今回もキッチンの床の貼替え関連の記事です。
メモリアルデー(5月27日)に冷蔵庫の下とオーブンの下以外のタイルを剥がし終えたので、その週の土曜日(6月1日)に続きの作業をする事にしました。

(↑冷蔵庫とオーブンの下以外のタイルを剥がしてオリジナルの床が露出したところ)

Dsc00078s_3(←新しい床材)

 オリジナルの床の上にベニヤを敷くかどうかで散々揉めたけれど、結局オリジナルの床の上に直に新しい床材を敷くことになった。
 オリジナルの床はビニール材(クッションフロア)で、新しい床材は素材はビニール製だけれど、板状のタイルになっいてタイル同士をはめ込んで敷き詰めいくもの。
 日本のビニールタイルやプラスティックのタイルは接着剤を塗って貼るか、タイルの裏側がシールのようになっていて裏紙を剥がして貼っていくものが多いようだけれど、今回使ったのははめ込み式で作業が簡単でした。

Dsc00101s_1

 床材を敷き詰める時に、またもやと私で意見の食い違いが出て口論に…
今度はベーストリムをどうするかで揉めた。

(↑ベーストリム:矢印の先の細長い板)

 は今のベーストリムは外さずに、そのまま新しい床を敷いて床を敷き詰めた後に細いベーストリムを上から被せて留める方法で施工しようと提案。
私はどうせ今のベーストリムは傷がついていたり塗装が剥げていたり壁のペンキが一部かかっていたりして汚いから、一度トリムを外して新しい床を貼った後に、今のベーストリムを修理して塗装し直して戻すか、新しいベーストリムをつけるかにしようと提案しました。
 すると
「修正するなら、今はトリム外さずに床を貼って後で外せばいいじゃん!」
ヾ(*`Д´*)ノ"

と、またもや大声で自分の主張を怒鳴りだして、私に静かな声で話すように注意されました。
注意されても暫くは怒鳴ってましたが…

(-"-;A ...

とにかく私の提案の内容を理解してからにして、と、説得して、
「後でトリムを外すなら、今外しても同じじゃない?床貼ってしまってからだと外しにくいよ~
今のトリムの状態が良いなら、あなた()の方法でOKだろうけれど…」
と、話すとやっと私の言いたいことがのみ込めたのか、トリムは外す方向で作業を進めることになりました。

ε-(ーдー)ハァ

なんで最近のは意見の違いがあると、聞く耳持たずすぐに大声出して威嚇して、論理的に話し合いができないかなぁ…?
口論の話はさておき…

Img_7947s

(↑冷蔵庫をアルコーブから引き出しているところ)

 新しい床材を敷くためには、残った冷蔵庫の下とオーブンの下のタイルを剥がさなければならないので、が冷蔵庫とオーブンの下のタイルを剥がしている間に、私と怪獣はビニールタイルを箱から出して柄合わせをする事にしました。

床材の敷き詰めの手順は、

①ベーストリムを外す。
②-1冷蔵庫とオーブンの下の古い陶器のタイルを剥がす(
②-2床の掃除、ビニールタイルの柄合わせと敷き詰め開始(怪獣&私)
③冷蔵庫とオーブンの下の陶器のタイルを剥がし終えたら掃除をして、新しい床材を敷く

Img_7957s

(↑冷蔵庫の収まっていたアルコーブの床)
Img_7960s

(↑アルコーブの古い床のタイルを剥がしたところ)

 冷蔵庫の収まっていたアルコーブは、7年前に今の冷蔵庫に合わせて改装したもの。
その時に床の一部も貼替えたのに、今回その床も外してしまう事になりました。

 冷蔵庫の下のオリジナルの床は、(以前の持ち主が使っていたと思われる)冷蔵庫の重みで所々窪んでいたので、修正しなければならなかったため、当日にビニールタイルを貼るのは諦めました。

Dsc00086s

(↑オーブンの下の残った古いタイル)

Img_7944s

(↑オーブンの下の古い床を剥がしているところ)

 冷蔵庫の下もオーブンの下も範囲が狭かったため、一部のタイルを割って剥がしたら後は下地のベニヤ板ごと外したので、キッチンの床のタイル剥がしよりは楽に作業できたし、埃や破片で汚れることもあまりなかったので掃除も楽でした。

Img_7963s

(↑↓ビニールタイルを敷いているところ)

Dsc00095s

 殆どの場合、部屋の壁は直線ではないし床も長方形ではないので、タイルを敷きつめる時は通常は基準の線を出してから敷き詰めるのですが、試しに一列目を敷いたらズレは5mmくらいだったので、そのまま壁際から敷き詰めて行くことにしました。
Dsc00094s_1

(↑水色の矢印の先の赤い板:スペーサー)

 タイルを敷きつめる時には、タイルが温度差で伸び縮みする事を考慮して、壁から8mmくらい隙間(エクスパンジョン・ギャップ)をあけて敷きつめます。
 隙間を確保するために、楔状のスペーサーを使います。
(実際には壁が直線ではないので、スペーサーを2つ組み合わせてタイルの並びが直線になるようにします。)

Dsc00097s

(↑最後の列の数枚を残してストップした床敷き
翌日の2日撮影)

 最後の列は、床材をカットしなければならなかったけれど、最後から2列目を終えた時点で夜の10時を回っていたので作業はストップしました。
(ビニールタイルをカットする電動式の鋸は大きな音がするため)
 床の敷きつめの続きは翌週にする事になりました。

と、いう事で、続きは次回に… 

 

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

キッチンの床の貼り替え1.5 床剥がしその後

Dsc00078s_2 この記事の内容は前回のキッチンの床剥がしの追記に書くつもりだったのけれど、私と夫とのゴタゴタを書いているうちに長くなったので2記事にわけることにしました。

(←ボイラー)

 月曜日の朝から始めて、キッチンの床剥がしと片付け終わったのが夜の11時ころでした。
タイルを割って剥がしたため、人間も埃だらけになってしまったので、シャワーに入って寝ることにしました。

 我が家には風呂(バスルーム)が2つあるけれど、2か所で同時にシャワーを使うとお湯の温度が下がるので、怪獣→私の順番で入ることにしました。

 怪獣と夫が風呂に入っている間は私は汚れたオリジナルのキッチンの床の雑巾がけをしていました。
11時ごろにやっと雑巾がけが終了したので、シャワーを浴びようと思ったらぬるいお湯しか出てこない。

 我が家の給湯器はタンクでお湯を沸かして保温する形式の給湯器なので、タンクのお湯の量が減ると水がタンクに注入されてお湯を沸かす仕組みになっていて、お湯を沸かしている間はぬるいお湯しかでないことがある。
 大体は暫く使っているとお湯の温度が上がってくるものだけれど、だんだん温度が下がって温水プールくらいの温度に下がってしまいました。

(-"-;)エ~ッ

一日埃まみれになって働いて、寝る前のシャワーが温水プール並みのぬるま湯なんて…
と、思ったが、濡れた体を拭いてに言いに行くのも面倒なのでそのままシャワーを済ませた後でにシャワーのお湯が出ていない事を知らせた。

は、そんなはずはない。新しい給湯器に替えたから3人続けて入っても十分なお湯の量があるはずだ、という。

私が、2人がシャワーを使ったのでタンクのお湯の量が少なくなって水が足されたけれど、ボイラー自体が動いてないからタンクの中の水の温度が上がらないままなんだと思う、と話したら、私が髪の毛を乾かしている間に地下のボイラーをチェックに行ってくれた。

Dsc00079ss

(←割れる前についていた渦巻き型の蛍光灯)

 地下の機械室に行ったら電気もつかなくなっていて、懐中電灯で照らして調べたら、電球が粉々に割れて床に落ちていたらしい。

 ボイラーの方も種火も消えて完全に止まっていたらしい。

Dsc00089s  電球が割れたり、ボイラーが止まってしまった原因は、

コレ

 タイルを割るために大きなハンマーでガンガンキッチンの床(=地下室の天井)を叩いたので、振動で電球が割れ、新しく交換したボイラーは地震の揺れだと感知してガスが停止してしまったみたいです。

Dsc00090ss(←点線で囲んだ矢印の先:タイルを割るのに使ったハンマー)

 タイルを割って剥がす作業をしている時に、まさに瓦礫の中で作業をしているように感じたもの。

 タイルを割って剥がしている音は、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の後半に出てくる巨大チェスボードのシーンを彷彿とさせたもの。

Img_5449s

(↑『ハリー・ポッターと賢者の石』の巨大チェスボードの瓦礫のシーン)

Dsc00080s_1(←新しく交換したLEDの電球)

 が割れた電球の片づけをして、ボイラーをリセットして再稼働させて、やっと家族が寝ることができたのは12時を回っていました。

 は床をはがすだけでこんなに時間がかかるとは思わなかった…と、何度もこぼしていたが、私は(地下室の地震騒動は予想外だったけど)きっとそうなる(夜中近くまでかかる)のじゃないかと思っていたよ…と返事をしました。 

 がこれで、自分の時間の見積もりが甘いことに気が付いてくれたらいいのだけれど、今回の経験からも学ぶことはなく、恐らく類似の失敗を繰り返すのだろうなぁ…と、思います。

 

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

キッチンの床の貼り替え1 床剥がし騒動 

002s

 今回は旅行記の続きの予定だったけれど、メモリアル・デーに始めたキッチンの床の貼り替えについて割り込みで書くことにしました。
5月27日(月曜日)はメモリアル・デーで公休日だったので、一家総出(3人)でキッチンの床の貼り替えに取り掛りました。

(↑床剥がし前:キッチンのテーブルと椅子を除けたところ)

 記事のタイトルから予測がつくとは思うのだろうけれど、床のリフォームに取り掛かる前に一悶着ありました。

Img_004s.jpg

(↑ガレージ側の入り口から見た床の貼り替え前のキッチン)

 24日の金曜日の夜にが突然、
「明日はキッチンの床の張替えをするぞ~」
と、言い出しました。

私:「はぁ?全然そんな話聞いていないし、床の貼り替えの準備なんてしていないから無理。
それに日曜日にはお客様2人をお招きして食事だから、前日の土曜日に作業なんて無理だよ。」
(そもそも、食事会を設定したのはである。)

夫:「この先、3連休なんか9月頭までないんだから、今週末やらなかったらいつやるんだよ!そのために床材も買ったんだろう!」

確かに前日の木曜日に床材を買いに行ったのだけれど、メモリアル・デーのセールで安くなっていたから買ったのだと思っていた。
床材買ったから、その週末は床の貼り替えだと、何も言われなくても察しろと?

私:「自分一人でやる作業ならともかく、家族も作業させるならどうして前もって相談しないの?
土曜日にやるってわかっていたら、キッチンの(食器やストックの食品を置いてある)棚も除けたし、可動式の調理台も移動できるように中の荷物も出したのに…今からじゃ遅すぎるよ。お客さんも来るし…」

夫:「新しい床材は並べて置くだけの作業だから、土曜1日あれば何とかなるだろう!」

 発達障害気味の夫は時間の感覚が普通の人とは大幅にずれている
刹那を生きているというか、物事を目標の時間から逆算して計画を立てるのが苦手、メインの計画の実行に追随してくる細かな手順などを考慮に入れないので、段取りを考えるのが不得手。

 タイルのしかも8×3.6mの広さ(約30平米)を剥がすのに半日で済むとは思えないし、以前に並べて置くだけの床材を地下室に敷いた時に、2日以上かかっていることを考えたら、24時間丸々作業したとしてもどう考えても無理。

私:「丸1日かかって床を剥がすだけで精いっぱいだと思うよ。
新しい床を貼るところまで絶対進まないよ。そうしたら翌日キッチンが使えないから食事は作れないよ。
それから、私と怪獣はポケモンGOのイベントで3時間抜けるから。」

007s

(↑タイル剥がす前のキッチン)

夫:「じゃあ、食事会を来週に延期すればいいだろ!」

私:「延期するなら、あなたが連絡してね。
そもそも、何の計画も立てずに行き当たりばったりで作業にかかるのは私は嫌だから。」

 そんなこんなで、どうしても土曜日に作業をしたいと、計画には無理があると主張する私とで口論になった(が怒鳴って騒いでいて、私に何度も怒鳴らずに普通に話すように注意されていただけなのだが…)挙句、反論できなくなったはダンマリを決め込んでしまった。

 の無視は翌日の土曜日も続いたが、ここで私が折れたら「不機嫌な顔をしていたら、家族がいうことを聞く」と好ましくない行動を強化してしまうので、敢えてこちらから声をかけることなしに放っておくことにしました。

Dsc00085s

(↑キッチンにあった棚をリビングに移動させたところ)

 土曜日と日曜日はタイルを剥がす作業はできないけれど、準備はできるので、土曜日の午後はキッチンにあった棚を移動させるなどの作業をポケモンGOのイベントから帰って来て怪獣と2人で(不機嫌な抜きで)やりました。

Dsc00079s

(↑玄関ホールに運び出したキッチンとダイニングの椅子など)

 日曜は食事会の準備と後片付けで1日が終わり、月曜日の朝にタイル剥がしの作業を開始する事にしました。
すぐにでもタイル剥がしを始めようとするを説得して、作業開始前に家族で集まって手順を決めることに…

決まった手順は…

(キッチンに置いてあるテーブルや可動式の調理台やパントリーの下から2段目までの荷物をダイニングに移動させるため)
ダイニングののテーブルを移動させる。

キッチンのテーブルをダイニングに移動

③夫怪獣、私の2組に分かれて
1)タイル剥がし(怪獣
2)可動式の調理台の中身とパントリーの下から2段目までの荷物をダイニングに移動(私)

可動式の調理台をダイニングに移動させる。(家族全員)

冷蔵庫とガスオーブンとコンロの下以外の床のタイル剥がし(家族全員)

床の下処理(水平を出したり、表面を平らにしたりなど)

新しい床を貼る

冷蔵庫を移動させて冷蔵庫の下の床のタイルを剥がして新しい床を貼る

オーブンの下の床のタイル剥がしと、新しい床を貼る

で、行くことになりました。

Img_dsc00090s_1.jpg

(↑剥がしたタイルを片付けているところ)

 タイル剥がし以外の④までの作業はサクサク進んだけれど、タイル剥がしの作業が時間がかかることかかること。
タイルを大きなハンマーで割ってひびを入れて、目地のところにタイルを剥がす専用の工具を当てて金づちで叩きながら剥がしていくのですが、工具が一つしかなかったので、が剥がす作業、私と怪獣が剥がしたタイルや割った目地などを片付ける作業を延々と続けました。

Dsc00094s

(↑タイルの下のベニヤ板を外すと現れたオリジナルの床)

 随分前にキッチンの掃き出し窓を交換した時に知ったのですが、うちのキッチンの床は元々のビニールの床の上にベニヤ板を敷いて、その上に陶器のタイルを貼ってありました。

 タイルを剥がす作業をしながら、と私でまたもや意見の相違が…

 私はベニヤ板も剥がしてオリジナルの床の上に直に新しい床を敷こうと提案したのですが、はベニヤ板を残して凸凹を平らにして新しい床材を敷くか、ベニヤ板も新しいものに交換しようと言ってきました。

 下地のベニヤ板にはタイルの接着剤や目地が張り付いていて、凹凸を平らにするのは大変な作業だし、新しいベニヤ板に交換するにも、SUVをに譲ってしまったため、ベニヤ板のような大きなものを運ぶトレーラーがない。
のやり方だと時間もお金もかかってしまう。
にも拘らず、ガンとして自分のやり方を押し通そうとする

Dsc00099s

(↑冷蔵庫とオーブンの下以外のタイルを剥がし終えてオリジナルの床が出てきたところ。
翌日撮影)

 このままベニヤを再利用する方法で行くとしたら、暫くキッチンは使えなくなるだろうから、「どうしたものか…」と困っていたら、
 タイルを剥がす作業を進めてうちに、下に敷いてあったベニヤ板の損傷や汚れがひどいことがわかったので、もベニヤ板を残すことは断念したらしく、下地のベニヤ板は外すことになりました。

(ー。ー)フゥ

 冷蔵庫とオーブンの下以外のタイルと下地のベニヤを外したところで午後8時を回っていたので、その日の作業はストップしました。
(タイルを割るのに大きなハンマーを使うので大きな音がするため、夜遅くの作業は近所迷惑)

Dsc00101s

(↑ガレージ側の入り口から見たオリジナルの床。)

 その後、汚れた床の掃除が終わったのが夜の11時近く。
やっぱり1日では新しい床材を貼るところまでは行かなかったです。

 

| | コメント (4)

2019年2月20日 (水)

バレンタイン2018

Dsc_0049s  今年のバレンタインデーは木曜日だったので、バレンタインの食事は日曜日にする事にしました。

(↑↓バレンタインの食事に使ったテーブル・デコレーション)

Dsc_0055s 今年の食事はプチフールとアペタイザーとクラッカーにしました。

Dsc_0077s(↑プチフール)

プチフールは
・ザッハトルテ
・ブルーベリー・ムース・ケーキ
・ベークド・チーズパイ
・アップルパイ
・ストロベリー・マーブルケーキ
・苺とカスタードのパイ
の6種類でした。

Dsc_0095s(↑アペタイザーとクラッカー)

Dsc_0098s(↑アペタイザーとクラッカーを一人分取り分けたところ)

 アペタイザーは4種類、クラッカーは3種類準備しました。

Dsc_0104s(↑プチフール)

Dsc_0097s(↑苺とカスタードのパイ)

続きを読む "バレンタイン2018"

| | コメント (2)

2019年1月27日 (日)

外灯の交換
リモデリング94

Image2

 久々のリモデリングの記事です。

(↑交換前の玄関先の外灯)

 築40年の我が家は設備などが古くなっているので、色々交換したりリフォームが必要だったりします。
 玄関とガレージのところの外灯も、使用には問題はないものの、塗装が剥げてきているので新しい外灯と交換することにしました。

Dsc00052s(↑交換前のガレージの外灯)

 外灯の交換は、去年の12月にが姑の手術につき添うために日本に行く直前にしたのですが、は作業を指示するだけで、付け替えの殆どの作業は怪獣がやりました。

Image3(↑新しく購入した外灯。
箱から出したところ。)

Image4(↑左:玄関前の外灯を取り外しているところ、
右:取り外したあとの壁)

Image5(↑左:ガレージの外灯を取り外ししているところ。
右:取り外したあとの壁)

Dsc00078s(↑取り外した古い外灯)

 古い外灯を取り外して新しい外灯を取りつけるだけなので、2~3時間で終わると思っていたけれど、古い外灯を外したら壁の外灯の穴に汚れが溜まっていたりして掃除が必要だったり、新しい外灯を取りつけるためのマウントの金具が古い穴と合わなくて調整が必要だったりと色々で、結局交換に丸1日かかってしまった。

Image1(↑交換後の新しい玄関の外灯)

Dsc00071s(↑↓交換後の新しいガレージの外灯)

Image6 

 新しいガレージの外灯は、古い外灯と比べるとかなり小さくなってしまって、は不満だったようだけれど、玄関の外灯とデザインを合わせるためなので仕方がなかったです。

 表庭側の外灯の交換は済んだので、後は裏庭の外灯3カ所を交換すればOKなのだけれど、冬は寒いので暖かくなるまで待つことにしました。

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

新年会&ツリーの片づけ

060s

 年も明けて随分経つけれど、1月12日にのバイク仲間(と奥様)をお招きして新年会をしました。

(↑年会に使ったテーブルセッティング)

Img_1446s(↑↓料理を並べたところ)

Img_1447s
メニューは

・フルーツサラダ
・海老ドリア
・ローストポテト
・ローストポーク
・トスカーン・ベジタブルソテー
・アボカドとサーモンのカルパッチョ
・お好み焼き(Iさん作)
・チーズボールとクラッカー
・カットフルーツ(Oさん持ち寄り)
・チョコレート・ヘーゼルナッツ・ムース(Sさん持ち寄り)
・チーズパイ

でした。

Img_1449s(↑チーズとクラッカーとカットフルーツ)

Img_e1455s(↑食事を一人分に取り分けたところ)

 ローストポークをメインにしたのは、今年が亥年だから。
来年は子年だけれど、何を食べよう…

Img_e1458s(↑Sさんの差し入れのチョコレート・ヘーゼルナッツのムース)

Img_e1466s(↑デザートを一人分に取り分けたところ)

 新年会の食事の画像はスマホで撮影したもので色が綺麗に出ていないのは残念。
面倒でもデジイチで撮影すればよかった。

続きを読む "新年会&ツリーの片づけ"

| | コメント (2)

2018年12月27日 (木)

クリスマス2018

Dsc00088s(↑クリスマスの食事に使ったテーブルセッティング)

 今年のクリスマスは、が姑(の母)の手術につき添うために日本に帰国し、は今年の夏に卒業して働きはじめたのですが、クリスマス期間の航空券は高額なので帰ってこないことにたので、怪獣と二人きりのクリスマスでした。

Dsc00089s(←1人分のテーブル・セッティング)

 2人しかいないので、クリスマスディナーを作っても食べきれないだろうということで、どうせ食べるなら食べたいものにしようということで、手巻きずしを食べることになりました。

Dsc_0030s(↑食事を配膳したところ)

Image1(↑すしネタ)

Dsc_0038s(↑お味噌汁)

Dsc_0045s(↑手巻きずし)

Dsc_0050s(↑フルーツケーキ)

 デザートはフルーツケーキを作った。
和風のデザートにする手もあったけれど、折角クリスマスなんだから、クリスマスっぽいデザートにしようということで作りました。

Dsc_0049s(↑一人分のデザート)

 2人分ということで、15㎝くらいの小さな型で焼いたのだけれど、食べきれるはずもなく、もしかしたら年を越してしまうかも…

 

続きを読む "クリスマス2018"

| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

サンクスギビング2018

015s 今年のサンクスギビングは、私がターム・ペーパー(レポート)書きに追われていて、お客様を招いての食事会はしなかった。

(↑サンクスギビングのディナーに使ったテーブルデコレーション)

038s(↑食事を並べたところ)

 ディナーのメインディッシュもスロークッカーを使ったローストビーフで手間を省くことにした。

 メニューは
・クリームチーズのスモークサーモン巻き(アペタイザー)
・パン(3種類)
・ローストビーフ(メイン)
・人参グラッセ(サイド)
・ロースト・スナップえんどう(サイド)
・ロースト・オニオン(サイド)
・ローズマリー・ロースト・ポテト(サイド)
・アップルパイ(デザート)

019s(↑クリームチーズのスモークサーモン巻き)

024s(↑パン3種類)

 パンは市販のもの1種類(ブルーベリー)、ベーカリーのもの2種類(シアバター、胡桃とクランベリー)を買った。

036s(↑ローストビーフ)

030s(↑サイド・ディッシュ)

047s(↑一人分に取り分けた食事)

028s(↑アップルパイ)

 デザートのアップルパイも冷凍を買って、オーヴンで焼いた。

049s(↑一人分に取り分けたアップルパイとバニラアイス)

続きを読む "サンクスギビング2018"

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

キッチンの配管作業とオペラント条件付け

Dsc00064s この記事はじめに書いておかなければならないのは、キッチンの配管の作業とオペラント条件付けは一般的には何の関連もないし、今まで記事で書いた事のある、理解するためのモデルタイプの記事ではないことです。
 たまたま、キッチンの配管作業をしている時に気が付いたので↑のようなタイトルになりました。

(↑古いシンク)

 キッチンの改装作業は去年の夏ごろから少しずつ、止めたり再開したりを繰り返していて、今年の春ごろから、キッチンのキャビネット(吊り棚とカウンター)の交換を始めました。
 先月(2018年9月)は、週末はキッチンのカウンターキャビネット(シンクを含む)の交換をしていて、9月の下旬にシンクの取り付けと配管作業をしました。
 キッチンの配管作業の細かい手順などは、キッチンの改装が完全に終了後に書く予定なので、今回は省きます。

 ここ数年、(男性の更年期なのか)の性格が破綻してきている。
 去年の七夕の日にもキッチンの改装に関連しておこった『ハンマー投げ事件』のようなゴタゴタが頻繁に起こるのでと一緒に何かをするのには辟易していた。

Dsc00068s(←古いシンク下の古い配管)

 9月の第4土曜日に、はキッチンの古いカウンターキャビネットを取り外して、新しいシンクを設置して配管を繋いで、キッチンを使える状態に戻す予定だったらしい。

 古いカウンターを取り外したのはよかったのだけれど、シンクの下の水漏れが酷くて腐った床や壁を交換しなければならず、おまけに取りつける予定のキャビネットは中古で購入したので、うちのキッチンに合わせて作られたものではないから、配管の穴の位置などを調整する必要があったし、奥行きも古いカウンターよりも深かったので、床のタイルも一部切りとらなくてはならなかったため、思ったより作業に時間がかかっていた。

 更に、注文してあった取りつける予定のシンクは、お店に取に行かなければならず、シンクの交換に伴って必要になる排水管や水道管やシンクに取りつける排水口などの関連用品もまだ買っていない状態だった。

 シンクの下の腐った壁や床を見た時点で、私は「これは今日中にキッチンを使えるようにするのは無理」と、思った。

  計画の練り直しが余儀なくされる状態であるにも関わらず、拘りの激しいは頭の切り替えができず、ストレスを溜めまくってイライラしだした。

Dsc00107s(←新しいシンク)

 丁度その日は、ポケモンGOのコミュニティーデーのイベントがあったので、午後2時~午後5時まで私と怪獣はポケモンGOをしに出かける予定だった。

 は思ったように作業が進んでいないので、「イベントに出かけるな!」と、言っていたが、私はどうせイベントに行かずに作業しても、その日のうちでキッチンを使えるようにはならないと思ったので、が何といおうと出かけることにしていた。
 それに、進めていた作業はほぼ一人でできるものばかりで、私たちがいたところで、掃除をするとか、道具を手渡すとか使い走りのようなことくらいしかない。

が「ひとりじゃ作業できない!」
と、騒ぐので、
ヾ(・ε・。)ォィォィ
「ひとりじゃオシッコ出来ないから、ママ、トイレについて来て~!」
レベルかよ~と、思いつつも)
私:「私たちがイベントに行っている間に、(車で20分くらいのところにあるお店に)注文していたシンクが届いているので、シンクと配管に必要なものを買ってくればいいじゃない」
と、提案したが、
夫:「イベントの帰りにお前らが取ってくればいいだろう!」
と、効率が物凄く悪いことを言いだす。
私:「イベントが終わってから取に行ったら、帰ってくるのは午後6時過ぎになっちゃって時間のロスだよ」
と、言っても、聞く耳持たず、がっつり不機嫌モードに…

 とにかく自分の計画が思う通りに進まないのが惨めなので、私たちもイベントに参加できなくなって惨めな気分を味わうべきだと考えているようだ。
 ここ数年のLose-Loseパラダイム若しくは、相手がLoseなら自分が勝とうが負けようが満足のというパラダイムのどちらかの思考パターン。

┐( ̄ヘ ̄)┌ いやぁ~
 性格の悪さが滲み出てるねぇ…
まるで、いじわる爺さんだよ(若い頃はこんな人じゃなかったんだけれどねぇ…)
こんな人と一緒に働きたい(作業したい)人なんかいるのかねぇ…

Img_0165s 私たちが(3時間のイベントを2時間で切り上げて)ゲームから帰って来たら、シンクは取りに言ったものの、シンクに取りつける排水口や配管はどれを買えばいいのかわからないので、買っていないという。
 そうしてまた、
夫:「お前が一緒に買いに行かないから…」
「お前がゲームに行っているから、DIYの店が閉まってしまう。」
と、私を非難する。

(゚∇゚ ;)はぁ~?
 (自分がどれを買ったらいいかわからないのは棚に上げて、どうして私を非難するんだよ?
わからなきゃ店の人に聞けばいいのに、DIYショップに行ってシンクだけ取ってきて、必要な関連用品を買ってこないのは時間の無駄だろう。)
 私が配管の専門家とかで詳しいならともかく、私はよりも更に配管の事については素人。
 私が行ったって行かなくたって事態は何も変わらない。
 そもそも、どうして私と一緒に行く必要があるのか説明を求めても、キレるだけでまともな返事は帰って来ない。

 「一緒に…」が、あまりにも五月蠅いので、夕食後に10時まで営業しているDIYのお店に一緒行って必要なものを探したのだが、排水口は見つかったが排水管は見つからずに帰って来た。
 「一緒に…」のお陰で、往復の時間も合わせると2時間半も排水口とパイプを探すのに費やした。本当に時間の無駄。
 どうして一度で用事を済ませることができるように計画を立てないのか?
 何度も行ったり来たりしてあれだけ時間のロスをしているのに、作業が進まないのは全て(ゲームに行った)私のせいになるのか?さっぱりわからない。

Image1 私が思った通り、土曜日中には作業が終わらず、日曜日の午前中は取り外した古いキャビネットやシンクの片づけをして、夕方からは出張先に車で移動したので、作業は中断された。

 日曜日も出張に行く直前までずっと、
夫:「パイプ類は一緒じゃないと買いに行かない」
「月曜日にお前が買いに行けよ」
「協力しないなら、俺のペースで作業するぞ!時間がかかってもいいんだな!(脅し)」
と、私に言い続けていた。

 月曜日の夕方5時頃に、が出張先から帰ってきたので、最寄りの金物屋さんがまだ開いているので必要なパイプを買いに行こうと提案すると
夫:「出張から帰ったばかりで長距離の運転で疲れているから行きたくない」
と拒否。
私:「私が運転するから必要なものだけを買って帰ってくればいい」
と言っても、
夫:「面倒くさいから行きたくない」
と、文句を言っているのを無理やり連れて行って、必要なものを見つけて買って帰って来た。

家に戻ってまだ一つの種類のパイプが足りないことがわかったのだが、またもや
夫:<(`^´)>エッヘン、明日別のお店で買ってきて。」
と、言いだす。
が、
「私はパイプのことについては何も知らないから、間違ったものを買ってくるかも知れないから行きたくない」
と、きつい口調で断ると、
夫:「どうして怒っているわけ?今日も出張から帰ったばかりなのに買い物に行こうといいだすし…」
と、聞いてくるので、
(ここのところの、私に何もかも責任転嫁できるように物事を勝手に決めるのにはうんざりしていて、腹も立っていたから。)
私:「自分が買いに行くという手もあるし、ネットで注文するという手もある。
数ある選択肢の中から、あなたが『私と一緒じゃなきゃ買い物行かない』と決断するのは自由。
だけれども、あなたが決定した事に関して、『一緒に行ってくれないから作業が進まない』と、私が非難されるのは嫌。
あなたが選んだことに対して、私がどのようなリアクションをしても文句を言われる筋合いはない。」
と、言い捨てた。

そうしたら、翌日、は仕事の帰りに必要なものを買って帰って来ていた。
(私も怪獣を学校から迎えて帰ってくる時に、とは違う店に寄って買ってきたのだが、案の定、間違った配管を買ってしまった。)

Dsc00139s(←新しい排水管。水道管を繋ぐ前のシンク下。)

 キッチンの配管のゴタゴタのように、には自分の思う通りに行かないと他人に責任転嫁して、不機嫌になったり、喧嘩腰になったり、脅したり、大声で怒鳴ったり、する癖がある。
 今まで、私も怪獣
「お父さんがごちゃごちゃ五月蠅いから、さっさと言われた事やって済ませちゃおう」
と、思っていたけれど、
 私たちがの頼み(押し付け・半ば命令)を断ったからと言って、不機嫌になったりキレたりするのは私たちの責任ではないことにやっと気が付いた。

 不機嫌になったり、脅したり、キレたりするのは、
「お前たちが言うことを聞かないから、俺は不機嫌なんだ」
と、こちらが断ったことに対しての罪悪感につけこむ手段に過ぎなかったんだ…
 がそのような行動パターンを取るのは、の母が罪悪感につけこんだり脅したりする行動パターンを使うので、ほぼ刷りこみで無意識的にやっていることと、
今まで私も怪獣もその戦略に引っかかっての要求を飲んできたから、「この手は有効だ」と行動が強化(正の強化)※1されてしまったことがあると思う。

 なので、怪獣と相談して、
これからは大声をだしたり、脅迫しながら何かを押し付けてきた時は、
「大声出さなくても聞こえるし、そのような(こちらを尊重しない)乱暴な言い方は嫌だ」
と、伝えること。
 要求(押し付け)に関しては、断るのも受けるのもこちらの自由。それで、が不機嫌になってもの問題だから、今までみたいに機嫌を取るのはやめて無視しよう。
と、決めた。
 つまりは、『負の弱化※2』を使って不機嫌になっても、脅しても、大声をだしても、効果がないことを学習させようという事である。

それにしても、『オペラント条件付け※3』をいい年した大人(人間)に実践することになるとは思わなかったよ…
(心理学の講義でオペラント条件付けと言えば、パブロフの犬とか、スキナー箱の実験とか、動物実験のイメージしかないので…)

┐( -"-)┌ヤレヤレ...

続きを読む "キッチンの配管作業とオペラント条件付け"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧