住まい・インテリア

2022年10月15日 (土)

凍結警報&スプリンクラーのウィンタライズ

Img_2868s_20221010115201

 10月7日の午後、スマホに凍結警報のお知らせがきました。
7日の深夜、8日の早朝2時~朝9時まで気温が氷点下に下がり、寒さに弱い作物に被害がでたり、屋外の水道管が凍結する恐れがあるということでした。

 つい2日前(10月5日)には最高気温が25℃の夏日だったのに…
 屋外のパイプが凍結する恐れ…と、言う事は…地中に埋まっているスプリンクラーのパイプも凍結する可能性もあります。
 例年、スプリンクラーは秋の終わりになると冬季の凍結を防止するためにウィンタライズをします。地面が凍結する前の、時期としては大体10月の下旬くらいです。
 8日は凍結警報が出ていたので、7日の日中にウィンタライズをしてしまった方が良いのはわかっていたのですが、7日はの仕事が終わってすぐに家族で出かける用事があって、家に戻ってくるのは夜遅くなる予定でした。

Img_2866s

(↑ウィンタライズ中のスプリンクラー、水しぶきノズルから勢いよく噴き出している)

 暗くなると作業は出来ないので、天気予報アプリをチェックしたら最低気温はマイナス1℃と言う事だったので、予報の通りなら地中のパイプは凍結しないだろうとふんで、翌日、凍結警報が解除になってから暫くして作業することにしました。

 7日の日没後から急速に気温が下がっていき、私たちが帰宅した時間帯にはかなり寒くなっていました。
 帰宅後、大急ぎでプランター菜園の残りのシシトウやトマトを収穫し、万能ねぎと寒さに弱い鉢植えの植物を屋内に避難させました。

 翌8日の朝はまだ寒かったので、午後4時ごろに暖かくなってからウィンタライズの作業をはじめて、無事にウィンタライズの作業が終わりました。
 地中のパイプの凍結は免れたようでひと安心。

 暦アプリで調べたら、10月8日は二十四節気の『寒露』でした。
暦通り(というか通り越して凍結警報)なんて、昔の人の蓄積したデータの結果の暦って凄いなぁ…と、思いました。

Dsc_0383s_20221014103101

(↑凍結警報の4日後の12日。急に寒くなったためか、かなり紅葉が進んできました。)

| | | コメント (0)

2022年10月 6日 (木)

サイディング(外壁)作業 休止

Dsc03669

 雨漏りや外壁の劣化の激しい部分のみを新しいサイディングを貼って修理しましたが、少しサイディングが余っていたので、残ったサイディングで貼れるだけ外壁を貼る事にしました。

(↑↓サイディングを貼っているところ)

Img_2371

 余ったサイディングで貼った部分は以前の記事で修理&サイディングを貼った側の壁で煙突の向こう側のの部分と、半分防水シートを貼った外壁の一部です。

 

Dsc03686s

(↑前回期の記事でサイディングを貼った壁の煙突の表庭側。)

Dsc03687s

(↑今年新しいサイディングを貼った外壁)

Dsc_0349s_20220922043501

 サイディングが足りなくて、1つの面の残り1mくらいを残して途中で作業が止まってしまいましたが、新たにサイディングを買っても置き場所に困るし、他の外壁は古くて交換の必要な窓があって新しいサイディングを貼れない状態だったので、今年のサイディングの作業はここで休止することにしました。

 ちょっと心配なのは、残りの部分のサイディングを新たに買った時に、同じ色番でもロットが違うと微妙に色が違う事も起こりうる事と、たとえ全く同じ色だったとしても、屋外なので経年変化で色褪せたりで色が合わなくなってしまわないかと言う事です。

 と、言う事で、今は来年すぐにサイディング作業に入れるように窓を探しているところです。



 

| | | コメント (0)

2022年9月27日 (火)

夏の名残り 青じそドリンク&家庭菜園2022 ⑥

Dsc03723s

 9月も後半になって最低気温が10℃を切る日もでてきました。

(↑裏庭に群生する大葉。9月18日)

 裏庭の元家庭菜園だった場所にこぼれ種から生えた大葉に花穂がつき始めました。

Dsc03724s

(↑大葉の花穂)

 自給率100%を超えるほど収穫出来たので、青じそドリンクを作ってみました。

Dsc_0349s_20220918160201

(↑青じそドリンク)

 クエン酸を使うレシピで、クエン酸を入れたら薄いピンク色になりました。
 大葉は半分野生のような感じで香りがあまり強くなかったためか、怪獣に試飲させたら、は「どこかで飲んだ事があるけれど、何かわからない」、怪獣は「梅干しの味?」(惜しい!(*^ー゚)b !!)と、大葉が材料だと気が付かなかったです。

Dsc03683s

(↑ほぼ自生状態のミント)

 かつて家庭菜園だった場所の大葉の反対側には、これもほぼ野生化したミントが生えていたのですが、8月の下旬くらいから花が咲き始めて9月になる頃には枯れ始めました。

 ほぼ自生状態のミントは夏の間中風が吹くとミントの爽やかな香りをさせていました。
 夏の間にミントシロップかミントミルクを作る予定だったのですが、DIYで家の修理をしたり、お菓子作りに没頭していて忘れていました。
 来年もこぼれ種から生えてくれたら、今度こそはミントシロップに挑戦したいです。

続きを読む "夏の名残り 青じそドリンク&家庭菜園2022 ⑥"

| | | コメント (0)

2022年9月18日 (日)

掃除機の買い替え

038

 2008年の1月に購入したダイソンの掃除機の吸引力が落ちて来たので、買い替えました。

(↑古い掃除機)

 2011年頃に一度吸引力が弱くなって、保証期間内だったため無料で修理してもらったのだけれど、流石に14年も経っていると保証も切れていました。

 また、カーペット用のブラシも壊れていたため、ネットで部品を取り寄せて去年交換したばかりでちょっと勿体ないと思ったのですが、吸引しない掃除機では役にたたないので、買い替える事にしました。

Dsc03671s

(↑新しく買った掃除機)

 新しく買ったのもダイソンの掃除機。
 特にモデルにはこだわりはなかったので、ネットで一番安いもの(230ドル)を買いました。
 安かっただけあって以前使っていた掃除機と比べると作りがちゃちな感じではありますが、ちゃんと吸引するので良しとしましょう。

Dsc03678s

(↑左:新しい掃除機、右:古い掃除機)

 古い方のモデルはスリムタイプだったため、小回りが利いたし軽量だったのですが、新しい掃除機は普通のサイズだったため、吸引口の幅も広いし重量も重く、お値段なりの掃除機という感じです。

 吸引力が落ちて使えないと思っていた古い掃除機ですが、新しい掃除機の説明書に「少なくとも3か月に1度はフィルターを洗ってください」と、書いてあって、そう言えば2年くらいフィルターって洗ってなかったかも…と、気が付いてフィルターを洗って乾かして使ってみたら…

 何と!(新品の時ほどではないけれど、)吸引力が戻って使えるようになりました。

 もしかして買い替えなくても良かった?

| | | コメント (0)

2022年9月 3日 (土)

8月の庭&臭害&家庭菜園2022 ⑤

Dsc03585s

 エリー湖畔ツーリングの旅行記の途中ですが、8月が終わったので忘れる前に8月の庭の様子を記事にすることにしました。

(↑ガーベラ、8月4日)

 春から咲き始めた鉢植えのガーベラやミニバラは8月にも次々に花が咲いていました。

Dsc03591s

(↑ミニバラ、8月5日)

 我が家には紫陽花の木も庭に直植えされているのですが、周りの庭木との生存競争の関連か、肥料の配合なのか、木自体も大きくならないし、花も咲かない年もありました。

Dsc03602s

(↑紫陽花、8月8日)

 今年は8月に入って紫陽花に花が咲きました。

臭害:

 8月も下旬になると最低気温が15℃以下になることも増えて来て、夜窓を開けておくとクーラーなしでも涼しく過ごせていたのですが…

 我が家の庭にスカンクの巣があるのか、毎晩のようにスカンクの分泌液の臭いがするようになりました。
 以前体験したような強烈な臭いではないけれど、スカンクのスプレー独特な臭いで、日によって臭いの漂ってくる場所が違います。
 こうも毎晩スカンク臭が続くと、窓は開けられないし、部屋の中にスカンクの臭いが残るしで、ただの異臭と言うよりはもはや臭害レベル

 一度臭いが家の中に入ってしまうとずっとスカンクの臭いがこもってしまうので、ワックスメルト(香りのついたワックスで、アロマポットやオイルバーナーやアロマランプなどに乗せて溶かして香りを楽しむもの)を使って臭いを焼切ることにしました。

Dsc03665s

(↑スカンク臭対策に使っているワックスメルト)

 度々のスカンク臭を経験してきて、色々なアロマキャンドルやワックスを試してみた結果、スカンク臭を効果的に解消するには、ヤンキー・キャンドルというメーカーのラベンダー・レモンという香りのワックスメルトをアロマポットで溶かして使うのが一番でした。

 これから気候も涼しくなってくるので、窓を開けられないとエアコンを使うことになって余計にお金がかかってしまう。
 スカンクがどこかへ移動してくれないものか…

 

 長くなったので家庭菜園の様子は続きを読むから…

 

続きを読む "8月の庭&臭害&家庭菜園2022 ⑤"

| | | コメント (0)

2022年8月15日 (月)

サイディング(外壁)作業

Image1_20220815045901

 2日遅れの更新です。

(↑修理前のサイディング)

 雨樋と軒の修理が終わった後、防水シートで覆って冬を越してしまったサイディング(外壁)ですが、今年(2022年)暖かくなってきたので、雨漏りやサイディングの劣化が激しい部分のみ新しいサイディングを貼る作業をすることにしました。

 古いサイディングは木製で継ぎ目の部分に水が入って腐食していました。

Dsc03604s

(↑新しく貼るビニールサイディング)

 新しく貼るサイディングは厚さ1㎜のビニール製(塩ビ製)の板。
 色も現在のこげ茶から明るい色にすることにしました。

 新しいサイディングは薄っぺらで、外壁の一番外側を覆う化粧板のような感じで、断熱効果などはなさそうだったので、古いサイディングの腐食した部分を修理して、上に新しいサイディングを貼る事にしました。

Dsc03125s

(↑古いサイディングの補修に取り掛かるところ)

 作業は①古いサイディングの腐食した部分を修理することから始めました。

Dsc03216s

(↑防水シートを貼り始めたところ)

 腐食部分を新しい板に取り換えたり隙間や継ぎ目に防水コーキングを塗って修理したら、②外壁用防水用シートを専用の釘でとめていきます。

Dsc03220s

(↑防水シートを貼り終えた所)

 防水シートを貼る作業は超大型の動かせない箱を包装(ラッピング)している感じで、なるべく弛みや皺がよらないように貼っていくので、思ったより大変で防水シートを貼る作業だけで丸一日かかりました。

Dsc03365ss

 防水シートを貼り終えたら、③屋根と壁の境目にスターター角にJチャンネルを取り付けて、④下から上へサイディングを釘でとめて貼っていきます

Dsc03365s

(↑サイディングを貼っているところ)

Dsc03368s

(↑窓枠の下の所まで貼り終えたサイディング)

Dsc03435s

(↑↓屋根側のサイディングを貼っているところ)

Dsc03448s

 新しいサイディングを貼る壁には窓が2カ所、換気口が1か所あったので、⑤窓回りの加工や換気口周りの加工をして、サイディングをはる作業に戻りました。
(スターターやJチャンネルを取り付ける時に窓回りの加工もしておくとサイディング貼りの作業を中断せずに済むのですが、我が家は行き当たりばったりなので…)

Dsc03498s

(↑窓回りの加工が終わった所)

Dsc03588s

(↑軒天までサイディングを貼り終えたところ)

 軒天までサイディングを貼り終えたら⑥サイディングの上部をJチャンネルで蓋をするように抑えます

Dsc03594s

(↑換気扇周りを加工して切妻の軒天までサイディングを貼った屋根側の壁)

 5月28日に作業を始めて8月5日に劣化が激しかった2面の外壁の作業を終えました。
 週末DIYなので長くかかりました。
 今年の冬前までに↑の画像の煙突の向こう側の壁と半分防水シートを貼ってある壁のあと2面の作業を終えるのが目標です。

Img_8112sm

(↑作業前の外壁と屋根の境目)

Dsc03597sm

(↑作業後の外壁と屋根の境目)

 

 

| | | コメント (0)

2022年8月10日 (水)

雨樋と軒の修理

Img_6540s

 2日遅れの更新です。

 ここの所食べ物関連の記事が続いて飽きてきたので、溜まっている自宅の修理の写真を整理して記事を書く事にしました。
 今回の記事の修理は去年修理した箇所です。

(↑腐って修理が必要になった軒天)

 2019年に雨漏りしていた屋根の軒先の雨樋との継ぎ目に雨水が入り込んで、軒天の部分が腐って修理が必要になりました。

Img_6543s

(↑雨水がしみ込んで腐った軒天、軒先、屋根と壁の継ぎ目)

 2019年の雨漏りの修理の時点で、外壁や屋根の一部が劣化していたのに気がついてはいたのですが、外壁の張替えをDIYでやると範囲が広いため時間も手間もかかるので二の足を踏んでいました。
 業者に頼むとお金もかかるし、作業の質もDIYとほぼ同じなので、倹約家+DIY好きのは何としても自分でやりたいようで、手を付けずに放っておいたら、軒先と雨樋の間から雨水が入り込んで軒天が腐ってしまったため、腐った部分だけでも修理しようと言う事になりました。

Img_8113s

(↑雨樋を外しているところ)

 先ずは、①雨樋を外す事から始めました。

Img_8116s

(↑雨樋を外した後、腐食が軒先の鼻隠の部分まで進んでいた)

Image1_20220809150301

(↑左:外した雨樋の蓋と樋
右:雨樋に溜まっていた砂)

 雨樋を外した後に②軒天と鼻隠板の腐った部分を切り取る

Img_8125s

(↑腐った垂木の軒先の部分も切り取ったところ)

 腐った軒天と鼻隠しの部分を切り取って中を見たら、③屋根を支える垂木の軒先の部分も腐っていたので腐った部分を切り落としました。

Image2_20220809151701

(↑腐って切り取った部分を新しい木材を継いでいるところ)

 ④切り取った垂木部分を新しい木材で補強し、鼻隠も新しい木材に交換、垂木と鼻隠し板を繋ぐ枠を作り、軒天の板が取り付けらるようにする

Image1_20220809152001

(↑新しく作った垂木、鼻隠の部分)

⑤切り取った軒天の部分を板で覆う

⑥新しい木材や板にペンキを塗る

Img_8137s

(↑交換した部分にペンキを塗っているところ)

 ペンキが完全に乾いたら、⑦外してあった雨樋の歪みを修正した後に取り付け、水を流して水がスムースに流れることを確認する

Image2_20220809153901

(↑左:雨樋を取り付けているところ
右:水を流して確認しているところ)

 通水を確認した後、⑧雨樋に蓋をする

Img_8147s

(↑蓋をした雨樋)

Image3_20220809154601

(↑外壁の角の部分を防水シートで覆っているところ)

 雨樋や軒とは関係ないのだけれど、外壁の角の腐食が酷かった部分も外してしまったので、外した角の部分を一時的に防水シートで覆って雨除けをしました。
 雨樋と軒の修理の後時間を置かずにサイディング(外壁)の作業をする予定だったので、簡易な処置だったのですが、サイディングの作業ができず防水シートのままでで冬を越してしまいました。

Image6_20220809160401

(↑作業前後の比較写真
画像クリックで拡大画像へ飛びます)

 作業後も防水シートで覆った建物の角の下の部分に隙間が出来てしまったので、隙間に一時的のビニール袋を詰めてあります。

 

続きを読む "雨樋と軒の修理"

| | | コメント (0)

2022年7月30日 (土)

家庭菜園2022 ④ シシトウ大豊作

Dsc03553s

 玄関先の胡瓜が食害に遭ってから約2週間後、シシトウが生りはじめました。

(↑玄関前の小さな庭のスペースに置かれた夏野菜の鉢。7月26日)

Dsc03545s

(↑7月26日。収穫直前のシシトウ)

 つい2週間前まではポツリポツリと花が咲き始めたところだったのに…

Img_1791s

(↑シシトウの花にやって来た蜂)

Dsc03548s

(↑7月26日。緑の実が沢山生っているトマト。ピンクの矢印の先がトマトの実。)

 シシトウだけでなく、トマトにも緑の実が生って来ています。
 トマトは積算温度が1100℃なので、収穫までにはまだまだかかりそうです。

Img_1793s

(↑7月26日。収穫間近の胡瓜。)

 トマトの収穫には時間がかかりそうですが、胡瓜は1本収穫できる状態で、もう1本は収穫間近の状態でした。

Dsc03551s

(↑7月26日。収穫したシシトウと胡瓜)

 シシトウは大きいものから収穫したら、皿に一杯収穫出来ました。
 収穫後もまだ小さいシシトウの実が沢山あったので、これから暫くシシトウには不自由しなくて済みそうです。
 さて、収穫したシシトウで何を作ろうかなぁ…

  

 

続きを読む "家庭菜園2022 ④ シシトウ大豊作"

| | | コメント (0)

2022年7月21日 (木)

家庭菜園2022 ③ 食害発生

Dsc03461s

 6月下旬から猛暑ともいえる暑さが暫く続いて、我が家のプランター野菜も順調に育っていましたが、7月10日の朝に夫が玄関先に置いたプランターの胡瓜が食害に遭っているのを発見。

(↑食害に遭った胡瓜、ピンクの矢印の先が食べられた箇所)

 花が咲いて実も生り始めていたのに…

 (;Д;)エーン

Dsc03460s

(↑食害に遭った胡瓜、ピンクの矢印の先が食害にあった箇所)

 しかも、1株だけでなく2株も食害に遭っていました。

Dsc03462s

(↑玄関先の胡瓜のプランター)

 食害の犯人は恐らく鹿

 我が家の表庭と玄関の間には低めの柵があって、玄関に出入りする時は門を通って出入りするのですが、門を閉めていなかったためそこから侵入したようです。

Dsc03463s

(↑玄関先の門扉)

 鹿はデッキや石畳など平たくて硬い所はあまり歩かないので油断していました。
 胡瓜だけでなく表庭で咲いていたユリの花も被害に遭っていました。

Dsc_0372s_20220623133101

(↑被害に遭ったユリと同種のユリ)

 食害に遭った日の夜からは門を閉めるようにしました。

Dsc03464s

(↑↓シシトウ、7月10日)

Dsc03467s

 ユリと胡瓜は食害に遭ってしまったけれど、シシトウとトマトは無事でした。
シシトウは花が咲き始め、トマトは実が生り始めたものもあります。

Dsc03471s

(↑トマトの実)

Dsc03469s

(↑トマトとバジル。ピンクの矢印の先がバジル)

 今年はコンパニオンプランツと言う事で、トマトとバジルを同じ鉢に植えて栽培しています。

Dsc03473s

(↑ズッキーニ)

Dsc03477s

(↑胡瓜)

 ズッキーニと胡瓜はまだ1本ですが、初収穫できました。

 

続きを読む "家庭菜園2022 ③ 食害発生"

| | | コメント (0)

2022年7月18日 (月)

家庭菜園2022 ② 植え替え

Dsc03160s

 6月に入ってヨーグルトのあき容器に植え替えていた夏野菜の苗をプランターや鉢に植え替えました。

(↑6月1日撮影)

 前年に使った土を黒いゴミ袋に数回に分けて熱消毒していて、一度には植え替えられなかったので、消毒済みの土が出来た順に少しずつ植え替えました。

Dsc03175s

(↑6月2日、ズッキーニと胡瓜)

 消毒済みの土と肥料を混ぜて、大き目の鉢やプランターに入れて植え替えました。

Dsc03372s

(↑6月25日、ズッキーニ)

 ズッキーニは成長が速く、6月の末には小さな実がなり始めましたが、大きくならずに枯れてしまう事が続きました。
 他にもズッキーニにはうどん粉病が出たので、石灰を水で薄めたものを散布したりしました。

 我が家は毎年ズッキーニを植えているのですが、去年と今年と途中で枯れてしまったので、対策をネットで調べることにしました。

 

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧