日記・コラム・つぶやき

2024年5月21日 (火)

カレッジの卒業式(怪獣)

Img_8908s

 5月18日は怪獣のカレッジの卒業式でした。
 他州に住んでいる怪獣の卒業式に参加するために帰省してきて、家族4人での参加になりました。

 実は2年前には卒業式参加の要件は満たしていたのですが、去年の大晦日まで2年間のボランティアをしていたので、卒業式に参加することが出来ず今年の5月の卒業式に参加することになりました。

(ボランティアをしている間に、怪獣が専攻していたコースに追加の授業が加えられたため、新しいコース方の卒業要件を満たすためには16単位を履修しなくてはならなかったので、現在もオンラインの授業は取っています。
 卒業証書は古い方の学位で授与されています。追加の授業を履修し終えたら新しい方の学位で卒業証書が発行されるので、2つの学位と言う形になります。)

Img_8900s

(↑卒業証書を受け取るためにステージに上がったところ)

 卒業式が行われたのは高校の卒業式の時に式が行われた近くの大学のアリーナでした。
 怪獣が通っていたキャンパスはメインキャンパスではなくて、卒業式が出来る程大きなホールはなかったためです。

 怪獣の通っていたキャンパスには警察学校と消防士学校も併設されていたので、警察学校と消防士学校の卒業者も参加していたようです。

Img_8905s

(↑卒業の宣言がされて、帽子のタッセル右から左に移す儀式をしている瞬間)

 卒業式が終わった後、ローブを着たまま通っていたキャンパスに写真を撮りに行きました。
 卒業式の当日と言う事で、教師も全て卒業式に参加していたためか、建物は閉鎖されていましたが屋外で写真を撮る事は出来ました。

Img_8912s

(↑通っていたキャンパスの建物の前で記念撮影)

 今後は新しいコースの学位が取れたら4年制大学に編入予定で、今編入先の大学を探しているところです。

 

| | | コメント (0)

2024年5月18日 (土)

キッチンのバックスプラッシュ4ー目地作業ー

Img_8351s

 3月29日~3月30日にかけて目地の作業をしました。
 3月29日は金曜日だったのですが、グッド・フライデー(イースターの直前の金曜日で、イエス・キリストが十字架にかけられた日とされていて、学校や会社はお休みの所が多い)での仕事がお休みだったので作業することにしました。

(↑3月29日に作業した部分:作業前)

 目地の作業は2日に分けて作業しました。

Img_8355s

(↑境目を養生したところ)

 2日に分けた理由は、正方形のタイルを貼った部分と長方形のタイルを貼った部分の目地の色を違う色にしたかったためです。

 目地のは薄いグレーを使う予定だったのですが、長方形のタイルの色が目地の色とほぼ同じで目地を入れるとのっぺらぼうな印象になってしまうので、少しだけ濃いグレーにしたかったので、先に正方形のタイルの部分の目地を入れて、ある程度目地が乾く翌日に長方形のタイルの部分の目地を入れることにしました。

29日の作業は…

①タイルの境目をマスキングテープとスペーサーで養生して、長方形のタイルを貼った部分とカウンタートップに余分な目地がついては困る部分をビニールのシートで覆って養生する。

②目地の袋の説明通りに水とモルタルを混ぜて目地を作る。(今回使ったのはザラザラした仕上がりになる目地)

Img_8356s

(↑↓目地を塗る作業をしているところ)

Img_8358s

③タイルの間に目地を塗っていき、ラバーフロートで目地を抑える。

④余分な目地を濡らしたスポンジで拭き取とる。(目地が乾いてしまうと拭き取れなくなってしまうので、手早く作業する。)

 詳しい目地の作業の手順に興味のある方は、過去記事『タイルの目地を塗る』を参照してください。

Img_8361s

(↑↓正方形のタイルの部分に目地を塗り終わった所)

Img_8360s

⑤目地が完全に乾く前に、養生に使ったマスキングテープやビニールシートを外す。

⑥目地を乾かす。

3月30日の作業

Img_8374s

 翌3月30日には長方形のタイルを貼った部分に目地を入れました。

(↑水色の点線で囲まれた部分:30日に作業した部分)

 手順は前日に目地の作業した時とほぼ同じです。

 前日の作業と違う点は、30日の作業ではコンロとレンジフード(換気扇)を取り付けた部分にも目地を入れるので、ガスコンロとレンジフードを外して養生した点と、目地を作る時に黒いアクリル絵の具で色を濃くした点です。

Img_8377s

(↑目地を入れる作業前)

Img_8385s

(↑↓目地の作業が終わったところ)

Img_8381s

 目地の作業が終わったので、後は壁のタイルとカウンタートップの間にコーキングを入れる作業を残すのみになりました。

| | | コメント (0)

2024年5月15日 (水)

キッチンのバックスプラッシュ3-タイル貼り2-

Img_8269s_20240505035201

 間が空きましたが、キッチンのバックスプラッシュのタイル貼りの作業の続きです。

(↑3月19日、レンジフード取り付け用のネジ穴をあけているところ。)

 3月16日に長方形のタイルを貼って、次の週末まではタイル貼りは休止の予定でしたが、その間ガスコンロが使えないと、煮炊きが出来なくて不便なので、まだ残りのタイル貼りと目地の作業は残っていたけれど、取り敢えず一時的にガスコンロ(&オーブン)とレンジフード(換気扇)を簡単な煮炊きは出来るように再設置しました。

Img_8279s

(↑3月20日、正方形のタイルを貼ってみたところ)

Img_8281s

(↑↓3月20日、水色の点線で囲った部分:隙間に貼ったタイル)

Img_8282s

 次の週末を待つ間に、吊りキャビネットとの間に出来た隙間(5㎜~1㎝)を埋めるために、長方形のタイルをカットして貼っていく作業をしました。
 また、正方形のタイルとの継ぎ目のタイルをL字型にカットしなくてはならなかったので、寸法を出すためにガスコンロ周りに正方形のタイルを数枚貼りました。

3月23日

Img_8297s_20240514020101

(↑作業開始前)

 長方形のタイルを貼って翌週の週末、正方形のタイルを貼る作業にとりかかりました。

Img_8299s

(↑↓作業開始前)

Img_8301s

 正方形のタイルを貼る部分は、ガスコンロやレンジフードには影響の出ない部分だったので取り外すことなくそのまま作業しました。

Img_8313s

(↑タイル貼りの作業中)

 タイル貼りの手順は長方形のタイルを貼った時と一緒で、正方形のタイルはぱっと見では分からなかったのだけれど、柄の上下があったので上下を間違わないように貼っていきました。

Img_8310s

(↑正方形のタイルを貼る前、壁との境のエッジの部分)

Img_8318s_20240514022401

(↑正方形のタイルを貼った後)

Img_8316s

(↑↓正方形のタイルを貼り終えたところ)

Img_8320s_20240514022601

 正方形のタイルを貼る面積は長方形のタイルの面積と比べると狭かったので、作業は短時間で終わると思っていたのですが、結局終わったのは夜になってしまいました。

 

続きを読む "キッチンのバックスプラッシュ3-タイル貼り2-"

| | | コメント (2)

2024年5月12日 (日)

タンポポ地獄

Img_8854s

 雪が解けて桜が咲き始めた頃から、庭の雑草が生え始めました。

 今年はタンポポの当たり年だったのか、俄雨が降る日が続いて地面がぬかるんでいて芝刈り機を使えずにいたらあっという間に庭がタンポポだらけになってしまいました。

Img_8765s

(↑↓芝刈り機を入れる前)

Img_8785s

 4月28日、29日と雨の降らない日が続いたので、30日に今年初の芝刈り機を表庭に入れました。
(裏庭はまだぬかるんでいて芝刈り機が使えなかった。)

 芝刈り機を入れたので、タンポポの黄色い花も刈り取られて庭が緑になっていましたが、2~3日経つとあっという間に元通り黄色い花が復活しました。

 引き続き雨の多い日が続いていたので、雨の合間を縫って晴れた5月7日に2度目の芝刈り機を入れました。

Img_8849s

(↑↓芝刈り機を入れた翌日)

Img_8850s

 2度芝刈り機を入れたので、復活するタンポポの花の数は減ったのですが、それでも2日くらい経つと花の茎が延びて花が咲いて綿毛に変わって種を撒き散らすので、晴れの日が続いて地面が乾いたら芝刈り機を頻繁に入れる必要がありそうです。

 今年は暫くタンポポ駆除地獄が続きそうです。

 

| | | コメント (0)

2024年5月 9日 (木)

庭の桜

Img_8714s

 4月の中旬に咲き始めた我が家の庭の山桜

Img_8734s

(↑ほぼ満開)

 4月の下旬には満開になりました。

Img_8751s

(↑↓満開?)

Img_8755s

 我が家の桜は山桜なので、葉と花が同時につき始めます。

Img_8760s

(↑散り始め)

Img_8764s

(↑だいぶ散って来た)

Img_8848s

 5月上旬にはすっかり葉桜になりました。

 

続きを読む "庭の桜"

| | | コメント (0)

2024年5月 6日 (月)

端午の節句の食事2024

Dsc_0487s_20240506115301

 キッチンのバックスプラッシュのタイル貼りの記事を書く予定だったのですが、端午の節句の食事の準備で忙しくてかけないまま5月5日を過ぎてしまったので、先に端午の節句の食事の画像を記事にUPする事にしました。

メニューは

・ローストビーフ・サラダ
・クロマグロのたたき
・揚げ豆腐のてりマヨがけ
・おすまし
・スナップエンドウのロースト
・筍ご飯
・苺ショートケーキ(デザート)

でした。

Dsc_0495s

(↑ローストビーフ・サラダ)

 当初の予定では近くのスーパーで買える具でちらし寿司の予定で、クロマグロや胡瓜や二十日大根やプチトマトなどを準備をしていたのだけれど、直前に「筍ご飯が食べたい」と、言うリクエストで急遽筍ご飯に変更。

Dsc_0497s

(↑クロマグロのたたきと揚げ豆腐のてりマヨがけ)

 ちらし寿司の具にする予定の材料でクロマグロのたたきを作りました。

Dsc_0494s_20240506123001
(↑筍ご飯)

  デザートも切り餅で作るあんころ餅を作ろうと思ったのですが、残念ながら切り餅の買い置きがなかったです。
 ちらし寿司の具を買いに行ったスーパーで、苺がセールで1ポンド(約500g)99セントで売っていたので、苺ショートケーキを作りました。

Dsc_0490s_20240506124101

(↑苺ショートケーキ)

 以前苺ショートケーキを作った時に、生クリームが緩くて『荒れ地の魔女』状態になってしまって、作り直しになったことがあったので、今回はスポンジの間に挟むホイップクリームの代わりに、ホイップクリームムースを使いました。

参考までに↓が『荒れ地の魔女』状態のケーキの画像

Dsc02655s

 以前はホイップクリームが緩くて失敗したので、少し硬めにホイップしたら今度は硬すぎて見た目が滑らかではなくなってしまい、デコレ―ションも上手くできなかったのが残念でした。
 今回の失敗から学んだ事を次回に活かそうと思います。

Dsc_0501s

(↑一人分に切り分けたケーキ)

 

 

| | | コメント (0)

2024年5月 2日 (木)

キッチンのバックスプラッシュ2-タイル貼り1-

Img_8203s

 注文したタイルが入荷したので、お店に取りに行って3月16日にタイル貼りを始める事にしました。

(↑換気扇を取り付ける位置を決めるためにレーザー水平器を使用中)

 今回のタイル貼りの手順は、

1.長方形のタイルをアドヒーシブ(タイル用接着パテ)で互い違いに貼る。

2.正方形のタイルをアドヒーシブ(タイル用接着パテ)で貼る。

3.目地を入れる

4.カウンタートップとタイルの間にコーキングを入れる

の、4段階。

Img_8208s

(↑取り付け位置の手掛かりになる印をつける)

 3月16日は1.の長方形のタイルを貼る作業(ガスコンロ側の壁のみの作業)をしました。

 長方形のタイルはガスコンロの背面全部とカウンター周りの下から2段目までを逆T字型に貼る事にしました。

①(ガスコンロの背面にタイルを貼るため)ガスコンロ&オーブンとレンジフード(換気扇)を取り外す。(※ガス器具を外す時はガスの元栓を閉めるのを忘れないようにする。)

②レンジフードを再取り付けするために、レンジフードが付いていた位置の手掛かりになる場所に印をつける。(今回は向かって右の吊り棚1カ所とレンジフードの上の化粧梁2カ所にマスキングテープで印をつけた)

Img_8207s_20240501035801

(↑作業に使ったレーザー水平器)

③アドヒーシブを塗る前に、カウンタートップや床にビニールなどを敷いて養生する。

④カウンタートップと1段目のタイルの間にコーキングを入れるための隙間を作るためにスペーサーを入れる(市販の3mmのスペーサーと1セントとコインを重ねて使用した。)

Img_8215s_20240501041501

(↑養生とスペーサーを入れ終わってタイル貼りの作業に取り掛かる前)

⑤タイルを貼り始める位置を決まったら、アドヒーシブを塗る。(今回使ったアドヒーシブは速乾性なので何回かに分けて塗っていった。)

Img_8219s_20240501042401

(↑今回使ったアドヒーシブとスペーサー)

⑦アドヒーシブに専用のヘラで筋をつけて、タイルを貼っていく。

Img_8223s

(↑アドヒーシブを塗っているところ)

Img_8218s

(↑↓タイルの貼り始め、レーザー水平器を使って水平になるように貼っていく)

Img_8221s_20240501043701

⑧タイルとタイルの間にはスペーサーを入れながら貼っていく。

Img_8225s_20240501044301

(↑ガスコンロの背面に貼っているところ)

Img_8241s

(↑タイルを貼り終わったガスコンロ側の壁)

 ガスコンロ側のタイルを貼り終わったところで夜になってしまったので、作業は休止することにしました。

※タイルの作業については、『バスルームの改修10』『バスルームの改修11』『バスルームの改修12』『バスルームの改修13』にも書いてあります。

 

| | | コメント (0)

2024年4月29日 (月)

マダラ猫の遺灰入れ完成

Image7

 去年の12月に亡くなったマダラ猫の遺灰はベルベットの袋に入って戻って来たのですが、遺灰を入れて置く壺が市販のものは気に入ったデザインのものが見つからなかったので、適当な大きさの入れ物を探して、画像のシールを作って入れ物に貼って作る事にしました。

 使った入れ物は元々はアロマキャンドルの瓶で、ベビーパウダーに似た香りのアロマキャンドルでした。
 キャンドルの瓶を入れ物として使うためには中身のワックスを燃やして使いきらなければいけなかったのですが、綺麗にワックスを使い切るためには一度火をつけたら燃やしっぱなしにしなければならなかったため、なかなか作り始めることが出来ませんでした。

Image8

(↑入れ物を上から見たところ。識別番号の札がついた遺灰の袋が見える)

 まず、①元々のキャンドルの瓶に貼ってあったラベルなどをドライヤーなどで温めて糊が残らないように剥がして、ステッカーの貼ってあった個所を食器用洗剤を使ってお湯で洗います。

 ②タオルなどで水気を取って、1日以上干して乾かします。

 ③乾いたら、キャンドルを灯してワックスを燃やします。(燃やしっぱなしにするので、周りに燃えやすいものがない場所で燃やします。)

 ④キャンドルの芯が燃え尽きたら、残ったワックスが液体状か柔らかいうちに瓶から紙コップなどに移して、キッチンペーパーなどで瓶の内部を拭きとって、食器用洗剤とお湯でワックスを完全に洗いおとします。

 ⑤タオルなどで水気を取って、完全に乾かします。

 ⑥シールを作成します。(ワードでシールのデザインを作成して、透明のシール用紙にプリントアウトした)

20090429s

409s

R4

(↑シールのための3つの候補の画像。最終的に真ん中の画像を選んだ。)

 ⑦油分が残っているなど、必要ならシールを貼る部分をアルコールなどで拭いて脱脂する。

 ⑧作ったシールを貼って完成です。

 アロマキャンドルの瓶を使ったので、ワックスを燃やしきるのに3日3晩かかった事と、眠っている間に芯が燃え切ってワックスが固まってしまい、瓶の中のワックスを取り除くために瓶を湯煎しなければならなかった事が大変でした。

 手間をかけて作ったけれど、怪獣の反応がいまいちでした。
ネットで売られている、いかにも遺灰の壺です、という感じの入れ物より部屋に置いても違和感ないと思うんだけれどなぁ…

 

| | | コメント (0)

2024年4月26日 (金)

キッチンのバックスプラッシュ1ータイル探しー

Dsc_0157sm

 2023年の夏にキッチンのシンクの窓の作業が終わったので、今年(2024年)に入ってバックスプラッシュの設置を始めることにしました。

(↑点線で囲った部分:バックスプラッシュのタイルを貼る部分)

 バックスプラッシュにはタイルを貼る予定だったのですが、なかなか納得のいくデザインのタイルが見つからなくて、やっと気に入って購入したタイルは購入して暫くしたらディスコン(生産打ち切り)になってしまいました。
 購入した時は割引になっていて(1枚68セント)、お店の棚にあるだけ全部購入したのですが、数が足りず次回に入荷するのを待っていたのですが、どうやら割引は生産停止前の売り切りセールだったようで、待っても再入荷する事はありませんでした。

Img_8749s

(↑ディスコンになってしまったタイル)

 枚数は足りないけれど、似たようなタイルと組み合わせて使えないかと思って、1月20日にタイル屋さん巡りをする事にしました。

Img_7784s

(↑↓タイル専門店の展示)

Img_7833s

 タイル専門店を巡って、件のタイルを見せたらどの店の店員も瞬時に「ディスコンだから同じタイルはない」と、返答。
 似たデザインのタイルを探していると言ったら、いくつか見せてくれたのだけれど、どうもイメージが合わない。

 3軒目に行ったタイル専門店でやっと納得のいくタイルを見つけることができました。

Img_7785s

(↑購入することに決めたタイル)

 形やデザインは似ていないのですが、色がほぼ同じなのが決めてでした。
 店員のお薦めはマットな感じのタイルだったのですが、油汚れの掃除のしやすい表面がツルツルのタイルを選びました。
 アメリカ人はキッチンであまり料理をしないので、掃除のしやすさよりもデザイン重視で選ぶ事が多いようです。

 タイルが決まったので、どのように組み合わせてどのくらいの枚数必要なのか計算するための一度自宅に戻って、翌週の27日に注文するために再度タイル専門店を訪れました。
 タイルを受け取る事の出来たのはさらに翌週の2月(2月3日)に入ってからでした。

 

 

| | | コメント (4)

2024年4月23日 (火)

スーパーカブ、独立記念日の飾りつけ

Dsc_0492s_20240420111201

 イースターが終わったので、スーパーカブの飾りつけを独立記念日(7月4日)の飾りつけに変えました。

 独立記念日は2か月以上も先なのですが、既に独立念日のグッヅが1ドルショップや大型スーパーにも出始めたので、飾りつけする事にしました。

Dsc_0486s_20240420112201

(↑独立記念日BOXその1)

 独立記念日と言えば…花火とBBQです。

 アメリカでBBQと言えば、ホットドッグです。

 なので、カブに乗せたBOXにもホットドッグの材料などを詰め込んで撮影しましたが、ソーセージは常温で保存できないので、ずっと飾っておくには向かないだろうと言う事で、代わりにスモア(焼きマシュマロとチョコレートをグラハムクラッカーで挟んだデザート)の材料を詰めたBOXに変えました。

Dsc_0498s_20240420113301

(↑独立記念日BOXその2)

 スモアの材料のBOXでも十分独立記念日っぽいのでOKかな…と、思いました。

 我が家は独立記念日前後はDIYで家の改装や庭やプランター菜園の作業をするため、特別な食事は作らないので、ダイニングの飾りつけはしない事にしました。

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧