日記・コラム・つぶやき

2020年1月20日 (月)

バレンタインのテーブルセッティング2020

Dsc_0049s

 前回は節分のテーブルセッティングでしたが、今回はバレンタインの飾り付けの画像をUPすることにしました。

Dsc_0053s

(↑一人分のセッティング)

 今年のメインカラーはピンク、サブカラーはホワイト、アクセントカラーはゴールドです。

Dsc_0054s_20200120134001

 今年もバレンタインはデザート&スナックの食事の予定です。
去年はプチフールだったけれど、今年は何にしようかなぁ…

Dsc_0068s1

(↑全体のアレンジ)

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

節分のテーブルセッティング2020

Dsc_0050s_20200117055801

 節分まであと半月になったので、ダイニングを節分の飾り付けにしました。

Dsc_0054s

(↑一人分のセッティング)

Dsc_0056s_20200117060401

 今年のメインカラーはベージュ、サブカラーは黒、アクセントカラーは赤のつもりだったのですが、黒の食器やインテリア雑貨が少なくて、黒と赤の比率が同じくらいになってしまいました。

Dsc_0059s_20200117061001

 ブッフェの上の柊は1月の第2週になって慌てて買いに行きました。
いつもクリスマス後のアフタークリスマスセールで買おうと思って忘れていて、今回もEpiphanyも終わっちゃったから見つからないかな…と思っていたけれど、最後のクリスマスセールで8割引きになっていました。
 セールになっていた造花のブーケのなかで、柊の比率の多いものを選んで柊以外の松ぼっくりや他の葉っぱ類を外して隙間に以前から持っていた柊の飾りを足して飾り付けをしました。

Dsc_0058s_20200117062201

 今年は日本食のスーパーで乾物の大豆が手に入ったので、煎り豆にはしていないけれど、桝に入れてかざりました。

Dsc_0062s_20200117062901

 今年も恒例の恵方巻+おかずを食べる予定です。
デザートはロールケーキにしようかと考えているのですが、作る時間があるかどうかわからないので迷っています。

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

冬学期2020年スタート First Responderのクラス

Img_9458s

 1日遅れの更新です。
1月13日から私の取っている冬学期のクラスが始まりました。
(学校は8日の水曜日からはじまっている)

 今学期に取るクラスは、First Responder(緊急対応者?)のクラスで、事故などの時に現場に最初について応急処置などをする人(日本だと救急隊員?)を養成するのが目的です。
 授業のコースを修了すると、教養の体育の単位として認められるほか、学期の最後に受ける赤十字のテスト(実技あり)に合格するとFirst Responderの免許がもらえます。

 授業が行われるのは、体育館の中にあるレクチャールームで、毎週月曜日の午後5時から9時までの4時間。
課外授業として、実技の練習が講義の1時間前(午後4時)から1時間あるので、1回5時間のクラスになります。

 冬学期のFirst Responderのクラスを取っているのは7人の少人数のクラスで、免許を取っても将来の職業にする予定の人はいませんでした。
講師が生徒一人ひとりに専攻を聞いていて、私の専攻がメンタル・ヘルスだと知ると、「あら、セルフ・ディフェンス(護身術?)のクラスも取った方がいいわよ。」と、言われました。

 最初のクラスは、コースの概要と簡単な講義で、最後に手袋の外し方の練習をして、予定の時間よりも1時間早く終了しました。

手袋の外し方は続きを読むに書いたので、興味のある方はどうぞ… 

 

 

続きを読む "冬学期2020年スタート First Responderのクラス"

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

ゲーム障害 (異常心理学のタームペーパー)

Img_8947s

 去年の秋学期に取っていた異常心理学のクラスでは、タームペーパー(期末レポート?)の課題があり、精神疾患の中から一つを選び、その疾患について論文などの文献を最低5つ読んでわかったことを書くという課題でした。

 教科書に載っている精神疾患は沢山あったのですが、私は教科書の中からは選ばずにゲーム障害(ゲーム依存症)を選びました。
選んだ理由は、私がポケモンGOにはまっていて、毎日のようにプレーするので「もしかしたらゲーム依存になりかかっている?」と、危惧したからです。

Img_9341s

 ゲーム障害は一般にはテレビゲーム中毒やインターネットゲーム中毒として知られていて、他の依存症と同じ衝動コントロール障害の一種とされています。WHOとAPA(アメリカ心理学協会)から診断基準が出されているのですが、今のところ「さらなる研究が必要な状態」で、まだ正式な精神疾患として認められていません。
 正式な精神疾患ではないけれど、教師がペーパー(レポート)の題材として適切と判断したので、この題材で書けることになりました。

 ペーパーの内容は、『ゲーム障害』とは何か、診断基準は?どのような人がリスクが高いのか?なぜハイリスクなのか?の4点についてでした。

 診断基準などは専門性が高いのでこの記事には書かないけれど、ゲーム障害の症状は、ゲームプレイをコントロールできない、ゲームを最優先させる、ゲームの他のことに興味がなくなる、学業や仕事に支障が出たり手につかなくなる、ゲームプレイすることによって不都合や問題が起こっているにも関わらず止めることができない、リアルでの人とのつながりを避けるようになる等です。

 統計によると、ゲーム障害になりやすいのは、18-24歳の男性が最も多く、他にもストレス、鬱、不安、ADHD、自閉症スペクトラム障害などがリスク要因とされています。
 私が読んだ2つの学術論文によると、同じ状況でもストレスに敏感な人の方がストレスに対して鈍感な人(ストレスを感じにくい人)よりもゲーム障害に陥りやすく、人との関わりが上手く行っていない人(対人関係に問題のある人)が(現実から逃避するために)ゲームにのめりこむ傾向があるそうです。

Img_9343s

 ペーパーを書くために色んな文献やウェブページの記事を読んでわかったことは、「私はゲーム障害なのじゃないか?」と、思っていたのはただの杞憂だったということです。
 ゲーム障害の診断基準は結構厳しく、専門家の意見によるとゲーム障害に当てはまるのは人口の0.3-1%で、ある統計によるとゲームプレーヤー人口の3-4%だそうです。
(ほとんどの人は当てはまらない。けれど、世界で最もギャンブル依存症の高い国は日本なので、日本だけで統計をとったらもう少しゲーム障害に診断される率は高いかも…)

 

 

 

続きを読む "ゲーム障害 (異常心理学のタームペーパー)"

| | コメント (2)

2020年1月 8日 (水)

Epiphany(公現祭)、クリスマスシーズンの終わり

Dsc_0051s_20200108064801

 1月6日はEpiphany(公現祭)でした。

(↑ツリーを片づける前、ツリーの下に座っているマダラ猫)

 この日の前日(十二夜)は伝統的にクリスマスの飾りを片づける日になっていますが、キリスト教が形骸化した現代のアメリカではほとんどの人がこの祭日を知らないようで、近所のクリスマスイルミネーションはそのままでした。

Dsc_0074s_20200108065601

(↑飾りを片づける前のダイニング)

 我が家は十二夜と公現祭の日は新学期の登録と授業料の払い込みでバタバタしていて、片づけをしたのは公現祭の翌日の7日でした。

Img_9375s

(↑飾りを取り外したツリー)

 飾り付けにも2日以上かかりましたが、片付けにも時間がかかって1日では終わりきらず、2日にまたがりそうです。

Img_9377s

(↑飾りを外したツリーの下のマダラ猫)

 元旦の翌日からお店ではバレンタイン商戦が始まっていて、hクリスマスシーズンも終わりです。
我が家ではバレンタインの前に節分があるので、テーブルデコレーションをどうするか思案中です。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

グループ・プレゼンテーション (対人コミュニケーションのクラス)

Img_8471s

 去年の秋学期は異常心理学のクラスの他に、インターパーソナル・コミュニケーション(対人コミュニケーション?)のクラスも取っていました。
コミュニケーションは教養の科目の一つで、いくつかあるコミュニケーションのクラスの中で、インターパーソナル・コミュニケーションのクラスは入門のクラスなので、教養の単位の要件を満たすために取る学生が多いです。

 英語(グラマー)のクラスは主に文章を書く技術の習得のためのクラスなのに対して、コミュニケーションのクラスはスピーチやプレゼンテーションなど、会話や口述の技術を学ぶクラスです。

 インターパーソナル・コミュニケーションのクラスの目的は、心理学やコーチングの応用で良い(健全な)人間関係を築くスキルを学ぶことで、私が秋学期に取ったクラスはエッセイが2本、ブックレポート(課題図書のリストの中から1つを選んで自分の生活への応用などを書く)が1本、個人のプレゼンテーション、グループ・プレゼンテーションと1週間に1度テキストを読んで受けるチャプターテスト11回の構成になっていました。
 グループ・プレゼンテーションは最後の課題で12月11日と16日に、分けて発表がありました。

Img_8473s

 このグループ・プレゼンテーションがきつかった~
 インターパーソナル・コミュニケーションなので、グループ内の人間関係をどう築いていくかも採点の対象でした。
私のグループはアメリカ人の20代前半の勤労女子学生のMさんとSさん、オーストラリア人の二十歳のNくん(発達障害あり)、そして私の4人でした。
(元々はもう一人アメリカ人の女子Jさんがいたのですが、個人のプレゼンテーションを発表することができず、クラスに来なくなってしまいました。)

 個人のプレゼンテーションは自分のペースで準備ができるのだけれど、グループはまずメンバーが集まって意思決定をしないといけない。
ところが、アメリカ人2人は仕事をしているので、なかなか4人で会うことができない。
 発表3週間前になっても、何も決まらず、おまけに(割り振られた)発表の内容についてもアメリカ人二人はよく理解していない模様。
なのに、私は母国語が英語でなくて、N君は発達障害で2人ともアメリカ人ほど米語が流暢でないので、アメリカ人2人は発表の内容についてもよくわかっていないにも関わらず、イニシアティブをとりたがり、アウトラインやシナリオを書いてくるというので任せると、仕事が忙しくてやってこなかったという始末。
 これじゃぁ、とてもじゃないけど発表の日に間に合わないと思ったので、教えている教師に相談に行くと、
「あなたとN君で2人でプレゼンできるアウトラインとシナリオを書いて次のミーティングに持っていって、MさんとJさんが納得できなかったら、グループを分けてあなたとN君の2人で発表しなさい」
と、アドバイスされました。

Img_8476s

 それで急遽N君に連絡を取って、Nくんのお母さんも通訳?として交えて3人でアウトラインとシナリオを作りました。
(N君は、レポートの締め切りの日に、教師がレポートを出すようにと言わなかったので、レポートは仕上げて持ってきていて、ほかの生徒がレポートを提出しているのを見ていたにも関わらず、レポートを出さずにトラブルになった事があり、普通の会話の仕方では意思の疎通が難しい。)
 週明けのグループのミーティングの時に持って行ったら、Mさんは(あれこれ考えるのが面倒だったのか)N君と私の書いたシナリオでOKでした。Sさんは自分のやりたかったものと違うと不満でしたが、グループから抜けても一人では発表できないので渋々承諾しました。

 文句を言うなら、自分でアウトラインとシナリオを書いてくればいいのに…

 週明けミーティングの時点で発表まで16日、1週間に1度しか4人揃って会えないので、発表までに多くても3回しか練習できないにも関わらず、アメリカ人女子2人は私たちが作ったアウトラインとシナリオを変更しようとするので、非常に困りました。

Dsc00023s_20200104044601

 本来の発表予定は12月9日と11日だったのですが、私たちのグループも含めて準備のできていないグループが多かったのか、11日と16日に延期になりました。
 私たちのグループに割り振られたのは最終日の16日でしたが、Sさんが「家族の用事で16日は欠席する~」と、言ったので11日の発表に代えてもらうことになりました。
 当初発表予定だった9日の授業は、発表の準備をする時間になったのですが、私たちのグループは発表2日前なのにシナリオが出来上がっていない状態でした。
 教師の勧めで、前半の2つはスキットで後半はレクチャー形式の発表にすることが決まっていたのですが、後半のレクチャー形式の部分の細かなセリフなどが決まっておらず、ほぼ即興で発表することに…

 アメリカ人のMさんとSさんは、アウトライン作りに関わっておらず、内容についてもあまり理解していないのに、「後半部分をリードしたい!」と、主張。
(とにかくリーダーをやりたがる、これぞアメリカ人という感じの行動パターン。)
それで揉めても時間の無駄なので、後半のまとめと発表全体のまとめを私とN君に任せるという条件でレクチャーの進行をMさんとSさんにやってもらうことにしました。

Dsc00024s_20200104050801

 いよいよ発表になり、何とかプレゼンを終えることはできたものの、即興だった後半部分は形にはなっていたけれどMさんとSさんの担当した部分は内容に間違いがあったため、減点になってしまいました。
(Nくんと私の担当した部分は問題はなかった。)
 グループ・プレゼンテーションの成績は、グループ全体の評価がそのまま個人の成績として採点される仕組みになっていて、誰かが減点されるとグループ全員の成績の減点になる。
 とりあえず発表は終えたので、F(不可)になることはないのだけれど、個人の努力でどうにもならないところが歯がゆい感じでした。

 

 

 

| | コメント (6)

2020年1月 2日 (木)

2020年 元旦

Dsc00079s_20200102062701

新年、明けましておめでとうございます。

 昨年度は訪問ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

Dsc00087s

 2019年の晦日と大晦日は雪で、2020年は雪景色の元旦になりました。

Dsc_0062s_20200102063901

(↑元旦の昼ご飯)

 今年は元旦の昼におせち料理を食べました。
30日にシカゴのミツワに行った時に、がおせち料理を食べたいといったので、出来あいのおせちを買って自宅で器に移し変えましyた。
(元旦の夕食には大人5人+子ども3人と一緒にオムライスで夕食の予定だったので、準備で忙しくおせちを作ってい余裕はなかったため。
結局31日の夕方に、元日の夕食会はキャンセルになったけれど…)

Dsc_0055s_20200102064401

(↑買ってきたおせちを盛りつけたもの)

Dsc_0056s_20200102065001

(↑お赤飯)

Dsc_0064s_20200102065101

(↑お雑煮)

Dsc_0059s_20200102065101

(↑芋餅)

 おせちは買ったので、自宅で作ったのは、お赤飯とお雑煮と芋餅のみでした。

Dsc_0070s_20200102065401

(↑一人分を盛りつけたところ)

Dsc_0073s

(↑一人分の芋餅)

 夕食は予定通りオムライスにするか、ほかのものを食べるか考え中です。
(材料だけは沢山あるけれど、お昼がおせちだったので、夜は軽軽食にしたい気分です。)

 

| | コメント (3)

2019年12月30日 (月)

Frankenmuth(フランケンムス)6 

Img_9122s

 12月28日に帰省しているのリクエストでフランケンムスに行ってきました。
冬なので、あまり北の方へは行きたくなかったのですが、ドイツ風のお土産を買いたいということで行くことにしました。

Img_9159s

(↑ソーセージ専門店)

 フランケンムスは2年10カ月ぶりで、変わっていないところもあれば、変わっているところもありました。

Img_9165s

(↑移転して新しくなったチーズハウス)

Dsc_0004s

(↑2017年3月、移転前のチーズハウス)

Img_9167s

(↑旧チーズハウスの建物に新しく入ったお土産屋さん)

 フランケンムス・チーズハウスは広場を挟んだ隣の敷地に新しい建物ができて、移転していました。
店内も大きくなって買い物しやすくなっていました。

Img_9148s

(↑タフィー屋さんの中にあるキッチン。
ポップコーンのお菓子を作り終わって乾かしているところ)

 旧チーズハウスの建物の隣にあるタフィー屋さんは前回に行った時と変わらず、店内も変わらずでした。

Img_9161s

Img_9174s

(↑ババ―リアン・インとメインストリート)

Img_9176s

(↑メインストリート近くにある噴水。
水が抜かれてクリスマス用の飾り付けがされていた。)

 

続きを読む "Frankenmuth(フランケンムス)6 "

| | コメント (2)

2019年12月27日 (金)

クリスマス2019

Img_8956s

 クリスマスの朝は霧で、比較的暖かな日でした。
お昼頃には霧もはれて、薄日もさしてきました。

Dsc_0050s

(↑クリスマスツリーとプレゼント)

朝はゆっくりでお昼近くになってプレゼントを開けました。
娘からのクリスマスプレゼントで、ハリーポッターの仕掛け絵本を貰いました。
本の画像は続きを読むから…

クリスマス・ディナー:

Dsc_0070s_20191227035501

(↑食事を並べたところ)

 夕食は大人4人と子ども1人と赤ちゃん1人のお客さまと我が家の家族で9人の食事になりました。
メニューは
・クラッカーとチーズボール
・バゲットとチーズ
・ロールパン
Dsc_0059s_20191227042001

・グリーンサラダ
・スモークサーモンのピンウィールロール
Dsc_0060s_20191227042001

・ローストビーフ(メイン)
・インゲンの炒め物
・ベークド・ポテト
Dsc_0062s_20191227042201

・ココアスポンジ・ケーキ(デザート)
Dsc_0075s

(↑ラズベリーとザクロでデコレーションしたココアスポンジケーキ)

Dsc_0072s

(↑アペタイザーとパンを一人分に取り分けたところ)

Dsc_0074s

(↑メインとサイドとサラダを一人分に取り分けたところ)

Dsc_0079s_20191227043501

(↑一人分に取り分けたケーキ)

 

 

続きを読む "クリスマス2019"

| | コメント (5)

2019年12月23日 (月)

クリスマスの飾り付け 2019

Dsc_0059s

 今年はクリスマスの飾り付けがクリスマス直前になってしまいました。
ヨーロッパの古い習慣では、クリスマスツリーを家に入れるのはクリスマスイブで、それ以前はバッドラックだと言われていたので、伝統的には早いぐらいなのかも…

Dsc_0083s_20191223003801

(↑ダイニングの飾り付け)

 今年のテーマカラーは紫と白とシルバー、テーマのモチーフは渦巻です。

Dsc_0072ss

 紫色のリボンやチュールレースをグルグル巻いて薔薇風の飾りを作りました。

Dsc_0070s

(↑1人分のテーブルセッティング)

 紫はクリスマスツリーにはあまり使われない色なので、飾りを探すのは難しかったです。
ツリーに使われている紫と白のチェックのリボンはイースター用のリボンだし、紫のツリーの飾りを集めるのに2年かかりました。

Dsc_0064s_20191223005001

(↑ブッフェの脇のミニツリー)

Dsc_0087

(↑ツリーの横のテーブルに置いたお菓子の入れ物)

Dsc_0079s

(↑ダイニングとクリスマスツリー)

 去年は怪獣と2人のクリスマスでしたが、今年はも帰省しているし、お客様4人をお招きしたので、家族+お客様で総勢8人のクリスマスディナーの予定です。

続きを読む "クリスマスの飾り付け 2019"

| | コメント (4)

より以前の記事一覧