食べ物・レシピ

2022年7月 3日 (日)

夕空ゼリー&ピーチババロア

Dsc_0375s_20220615053001

 怪獣が高校の時に朝の勉強会で一緒だったH君の妹が今年高校を卒業して、卒業パーティーに招待されました。

(↑↓夕空ジェリー)

 H君の家族は怪獣の卒業パーティーにも参加してくれたので、我が家も妹さんの卒業パーティーに参加する予定でしたが、先約が入っていて参加できないので、前日にギフトカードと一緒に夕空ゼリーとピーチババロアを作って渡す事にしました。

Dsc03276s

 夕空ゼリーは青空ゼリーの色違いバージョンで、水色の食料色素の代わりにピンクの色素を使ったものです。
 味はソーダ味です。

Dsc_0385s_20220615055601

(↑↓ピーチババロア)

 ピーチババロアは去年の夏至の時に作ったデザートの1つで、今年はムースフィルムの代用になるものを見つけたので、側面が滑らかに仕上がりました。
(セルクル型はなかったので、去年と同じパイプのカップリングを使いました。)

Dsc_0392s

 夕空ゼリーもピーチババロアもプレゼントする分よりも多めに作ったので、写真撮影して味見してみました。
 気候も暑くなってきていたので、冷たくて美味しかったです~

続きを読む "夕空ゼリー&ピーチババロア"

| | | コメント (1)

2022年6月27日 (月)

グレープフルーツ・ライム・キューカンバー・モクテル を作ってみた

Img_1004s

 今回は夏至の日のディナーに飲んだグレープフルーツ・ライム・キューカンバー・モクテルについて書きたいと思います。

(↑レストランのグレープフルーツ・ライム・キューカンバー・モクテル)

 モクテルとはmock(模造品、まがい物)cocktail(カクテル)を合わせた言葉で、ノンアルコールのカクテルです。

 このモクテルはCさんとハンバーガーを食べに行ったレストランで初めて飲みました。
 夏らしくて美味しかったので、(飲みたくなる度にレストランまで行って買うのは面倒だから)自宅で似たようなものが作れないかとCさんと試行錯誤を重ねて近い味の配合をやっと見つけました。

Dsc03376s

(↑材料と道具)

材料(2人分)は、

・グレープフルーツ  …1個
・ライム       …2個
・胡瓜        …小1/2
・レモンライムサイダー…1缶
・氷         …適宜
・シロップ      …適宜(甘めが好きな場合)

作り方

胡瓜は薄くスライスしてメイソンジャー(ふたを閉めて密閉できる広口の瓶など)に入れて、マドラー(すりこ木など)で軽く潰す。
グレープフルーツとライムは半分に切って、搾って果汁を取る。
①に②を注ぎ、氷を入れて蓋をして振ってよく混ぜる。
氷を入れたコップに④を半分注ぎ、残りの半分にスプライトを注いで混ぜて出来上がり。

Dsc03378s

(↑濃縮ライムエードとスパークリンググレープフルーツ)

・甘めがお好みの場合はシロップを好みの量③の工程で足すといいです。

 生のライムの代わりに濃縮ライムエード(3倍濃縮)とグレープフルーツを半分に減らしてスパークリンググレープフルーツを使う事もできます。(ライム果汁の代わりに濃縮ライムエードを使うので少し甘めになります。)

Dsc_0374s_20220627070801

(↑出来上がったグレープフルーツ・ライム・キューカンバー・モクテル
ピンクのグレープフルーツを使ったのでピンク色に出来上がった。)

 最初、胡瓜入りの飲み物ってどうなんだろう?と、思っていたのですが、夏らしいサッパリした味の飲み物で病みつきになりそうです。

 

 

| | | コメント (0)

2022年6月21日 (火)

キャラメル・ドリップ・ケーキ(試作)

Dsc_0387s

 今月の下旬にいつもお世話になっているCさんの旦那さんの誕生日があるので、誕生日にケーキをプレゼントしたかったので、試作を作ってみることにしました。

 作ってみたかったのは、セミネイキッドケーキにドリップをかけたケーキ。

Dsc03254s

 ネイキッドケーキはスポンジの側面にクリームを塗らずスポンジが丸見えのケーキで、セミネイキッドケーキはスポンジが透けて見えるように側面に薄くクリームを塗ったケーキです。
 ドリップケーキはクリームなどでコーティングしたケーキの上からソースやグラサージュ液などをかけたケーキで、雫が滴るような見た目になります。

Dsc03256s

 セミネイキッドケーキでスポンジが透けて見えるので、スポンジ(ココア風味・大麦風味・ピカーン風味)は3種類焼いて重ねました。
 クリームとドリップに使ったグラサージュ液はキャラメル味で、トップにはドボッシュ・トルテのトップをヒントにキャラメルをかけたワッフルコーンを飾りました。

 キャラメル尽くしだったためくどいかと思ったのですが、スポンジを3種類使ったので、味に変化があって結構食べやすかったです。
 私はケーキよりもトップの飾りに使ったワッフルコーンのキャラメルがけが美味しくて、ワッフルコーンのキャラメルがけだけ作って、クッキーのように密閉容器に入れておくのもいいかもしれないと思いました。
 

続きを読む "キャラメル・ドリップ・ケーキ(試作)"

| | | コメント (2)

2022年6月 6日 (月)

レモン・オリーブオイル・マフィン(レシピ)

Dsc_0371s_20220531033801

 冷蔵庫に料理のために袋買いしたレモンが7個くらい残っていたので、古くなってしぼんでしまう前に何かを作ろうと思いたち、レモン味のマフィンを作りました。

 いつもはバターでマフィンを作るのですが、今回はバターの代わりにオリーブオイルで代用しました。

レシピは…

材料 (φ7㎝のマフィン型12~14個分)
・玉子    …4個 
・砂糖    …120g
・オリーブオイル…60g 
・牛乳    …大さじ1
・プレーンヨーグルト…大さじ2
・レモン汁  …40~50㏄
・レモンエッセンスまたはレモンオイル
・小麦粉   …200g 
・ベーキングパウダー…小さじ2
・レモンコンフィ…飾り用&50~60g

 

下準備
・飾り用レモンコンフィ12~14枚以外は刻んでおく
・小麦粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく

 

作り方
① オーブンを180℃(うちのオーブンで310℉)に温め、マフィン型にライナーを敷く。
② ボウルに砂糖とオリーブオイルを入れて泡だて器でよく混ぜる。
③ ②に卵を1個ずつ割入れて、その都度泡だて器でよく混ぜる。
④ ③に牛乳とヨーグルトを加えて泡だて器で混ぜる。
⑤ ④にレモン汁とレモンエッセンスを加えて混ぜる。
⑥ 篩った粉類の半量を⑤に入れて泡だて器で軽く混ぜる。残りの粉類はゴムベラでサクッと混ぜる。
⑦ 刻んだレモンコンフィを⑥に混ぜる。
⑧ ⑦の生地をライナーを敷いたマフィン型に8分目くらいに流しいれ、生地の入った型をテーブルなどに軽く打ち付けて空気抜きをする。
⑨ ⑧の生地の上に飾りのレモンコンフィを並べる。
⑩ 180度のオーブンで18~20分(オーブンによって調整)焼く。爪楊枝をさして生地がついてこなかったら焼き上がり。
⑪ 熱いうちに型から外してラックの上で冷ます。

 

Dsc_0377s_20220531043301

 

レモンコンフィの作り方は続きを読むから

 

続きを読む "レモン・オリーブオイル・マフィン(レシピ)"

| | | コメント (0)

2022年5月31日 (火)

ブラウニーのイベント用ラッピング

Wrapping

 今年のバレンタインの少し前くらいから、のケーキ店でスティック型のブラウニーを売りはじめたのですが、アメリカでは手土産の習慣がない事と、(コストコのような)大型サイズと多量な商品に慣れているアメリカ人にとっては量に対して値段が高めに感じるようでコンスタントに売れる商品ではないようです。
(アジア人にはギフトとしての需要はあるようで、主にアジア人に売れているようです。)

Valentine-wrapping

(↑バレンタインのラッピング)

 (アジア人は少ない地域なので)店頭に置いていても全く売れないこともあるので、普段は作ったブラウニーは個別包装して冷凍保存して、オンラインや電話で注文が入った時に解凍して販売しているようです。

 バレンタインやイースター等のイベントの時はイベント用のラッピングをして、店頭に2セット(ブラウニー2種類、ブロンディー2種類の計4本が1セット)くらい置いて、売れたら補充しているようです。

Image7s

(↑ホワイトデー用のラッピング)

Image7s_20220520060401

(↑セント・パトリック・デー用のラッピング)

 イベント用ラッピングは私が考えて、インスタグラム用の画像も私が撮影してに送っています。
(撮影の背景に使っている小物やテーブルクロスなどは、元々私がテーブルデコレーションにはまっていて手持ちがあることと、季節ごとのイベントの撮影のための小物を保管しておくスペースがの店にはないためです。)

Dsc_0389s

(↑イースター用のラッピング)

 イースターの時までは、個別包装したブラウニーを直接セロファンの袋に入れて包装していたけれど、母の日以降は簡単なケースを厚紙で作って個包装したブラウニーを入れて、それからセロファンの袋でラッピングしました。

Dsc02985

(↑母の日用のラッピング)

Dsc_0386f

(↑父の日用のラッピング)

 母の日以降は紙袋にイベントに合わせたタグを付けてセットをと一緒に販売するようになりました。
 紙袋がセットになっていると、プレゼントにしたい場合に別のお店で紙袋を買わず済むので便利かな…と、思ったためです。

Dsc_0389s_20220520063301

(↑夏用ラッピング)

 夏用ラッピングのブラウニーは、イベントではないので店頭に置くことはないけれども、画像はインスタに載せて注文が出来るようにするためです。

 ブラウニーを入れるケースは包装しやすいもの、見栄えがいいものを試行錯誤中で、今のところは(数も少ないし変更になるかもしれないので)手作業で作っています。

| | | コメント (2)

2022年5月25日 (水)

青空ゼリー&天の川ゼリー&ビーチゼリー

Dsc03069s

 夏に先駆けて、去年はまっていたカップゼリー作りの中の青空ゼリーと天の川ゼリーを今年も作ってみました。

(↑↓青空ゼリー)

Dsc_0402s

 折角作ったからには夏っぽい背景で撮影したかったので、ビーチ風とギンガムチェックで撮影してみました。

Dsc_0398

(↑↓天の川ゼリー)

Dsc_0409s_20220518133001

 天の川ゼリーは七夕風の笹っぽい葉を使った背景でも撮影してみました。

Dsc_0408s

(↑↓ビーチゼリー)

Dsc_0408s_20220518133401

 ビーチゼリーは今年初めて作りました。
 砕いたグラハムクラッカーと市販のベリーミックスゼリーの素とヨーグルトゼリーに貝殻の型に流して固めたチョコレート(ホワイト&バタースコッチ)を乗せました。

 どのゼリーも材料は安価だし、ゼリー液を作るのも簡単なのですが、組み立てに時間がかかるのが問題です。
 夏らしい見た目だけれど、今年の夏にもう一回作るくらいかなぁ…?
 毎年我が家恒例の夏至のクールデザートの時に作るか、BBQパーティーの時に作るかで迷っています。

続きを読む "青空ゼリー&天の川ゼリー&ビーチゼリー"

| | | コメント (4)

2022年4月23日 (土)

イースター2022

Dsc_0384s

 今年のイースターには、広島風お好み焼きで集まったIさん家族とお好み焼きを作ってくれたKさんをお招きして総勢8人の食事会になりました。

Dsc_0365s_20220419073001

メニューは

フレンチオニオンスープ
・グリッシーニ&ディップ
・キッシュ
・サラダ
パイナップル味ベイクドハム
・ベイクド・スナップエンドウ
・スモークハムとアスパラのクリームパスタ
・ベイリーズ・ブラウニー(デザート)

Dsc_0367s_20220419073801

(↑サラダ)

Dsc_0368s_20220419073801

(↑パイナップル味ベイクドハム)

Dsc_0372s

(↑スモークサーモンとアスパラのクリームパスタ)

Dsc_0374s

(↑フレンチオニオンスープ)

Dsc_0377s_20220419074301

(↑一人分に取り分けた食事)

Dsc_0382s

(↑ベイリーズ・ブラウニー)

 飲み物はノンアルコールのシーブリーズ(ウォッカの代わりに炭酸水を使ったグレープフルーツとクランベリーのカクテル)を作りました。

| | | コメント (2)

2022年4月17日 (日)

苺ブロンディーに挑戦

Dsc_0369s_20220416123601

 グリーンカードの更新の記事を書きたかったのですが、(個人情報などの対策のための)画像の処理&加工が面倒で、ここのところ食べ物関連の記事ばかりになってしまっています。
(お菓子を作っている暇があったら画像の加工しろよ…と、言う話なんだけれど…)

 春になって苺が出回ってきたので、苺味のケーキが食べたくて色々試してまあまあ上手くできたのが↑の画像の苺のブロンディーでした。
 もう少し酸味の強い方が私は好きなので、もう少し分量などの改善をして次回(作ることがあれば)挑戦したいと思います。

 上にのっている苺は生の苺をオーブンで乾燥させて使いましたが、フリーズドライの苺があればその方が手間がかからなかったように思います。
(フリーズドライの苺を使うなら、春限定でなくてもいつでも食べられるような…)

Dsc02936s

(↑ラッピングした苺ブロンディー)

 

| | | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

イースターのお菓子の撮影

Dsc_0379s

 3月に、イースター用のクッキーを試作&撮影してに送ったのだけれど、のお店でバニラ味のステンドグラスクッキーのみ作る事にしたので、ココア味のステンドグラスクッキーの写った画像は使えなくなりました。
 なので、バニラ味のみのクッキーとラッピングの写真を撮りなおして送ることになりました。

Dsc_0377s_20220414062601

(↑撮りなおしたバニラ味のステンドグラスクッキーのラッピング
ステンドグラスの色が綺麗に写っている)

 ステンドグラスの色は5色作ったのですが、試作の時のラッピングの撮影では一つの袋に5色全色を一つ一つ入れて、また、ウサギの形も3種類別々の形を混ぜて組み合わせたので、ステンドグラスの部分は全部の色が混ざって茶色っぽく見えて、形も1種類じゃなかったので、光が上手く通る事が出来ず、あまりきれいに撮ることが出来ませんでした。

Dsc_0364s_20220323073201

(↑試作の時に撮影したステンドグラスクッキーのラッピングの画像
ステンドグラスの色が重なって茶色っぽい色)

 前回の失敗を踏まえて、今回はステンドグラスの色は同じか同系色(↑2つ目の画像では水色と薄緑の組み合わせ)で、ウサギの形も1種類に統一して組み合わせてラッピングしました。

Image12

 ステンドグラスクッキー以外にも、ブラウニー(ブロンディ)や苺ショートブレッドを盛り付けた画像も撮影しました。

Image11

(↑上からみたところ)

 今までの画像はプログラムオートかオートで撮影していましたが、今回はボケを狙って絞り優先モードで撮影しました。
 晴れた日で室内でも明るかったので、F値があまり下げられず思ったほどボケた画像が撮れませんでした。

 

| | | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

フレンチオニオンスープを作ってみた

Img_0250s

 前回、前々回に引き続き、今回も3連続で食べ物関連の記事です。

 この間Cさん(一緒にあちらこちらのお店のハンバーガーを試しに行く、バーガー友?)からフレンチオニオンスープの作り方を教わったので作ってみました。

材料(3人分)は

・ヴァダリア玉ねぎ(スウスウィートオニオン)…2~3個(サイズによる)
・ビーフコンソメ      …3缶 
・プンパーニッケル ブレッド   …3~4切れ
・ミュンスターチーズ                  …3枚

上の画像はプンパニッケル ブレッドの代わりに、プレッツエルバーガーバンズを使っています。
(おそらく固めのパン(フランスパン等)でも代用できると思います。)

作り方は 

①パンはトーストして2センチくらいのサイコロ状に切る

②玉ねぎを薄切りにして、バター(分量外)をひいたフライパンで茶色くなるまで炒める。

Img_0251s

Img_0252s

③鍋に炒めた玉ねぎを移して、ビーフコンソメを加える。(味が濃いようなら水で薄める)

④③を火にかけて沸騰したら弱火で少し(5分くらい)煮込む。

⑤オーブンで使える耐熱性のスープボウルに④を入れて、サイコロ状に切ったパンを入れる。

⑥⑤をミュンスターチーズで覆って、ブロイラー(日本だと魚焼きグリル?)でチーズに焦げ目がつくまで焼く。

⑦熱いので小皿などに乗せて供する。(やけどに注意)

Dsc_0368s_20220410084101

(↑出来上がったオニオンスープ(手前)と、パスタ&サラダ(奥))

 私が作った時はプンパーニッケルブレッドがなかったので、プレッツエルバーガーバンズで代用して、スープボウルの代わりに大きいサイズのココット皿を使いました。

 ビーフコンソメは缶詰ではなくて、キューブ状や顆粒状のものに水を加えて代用できます。

 玉ねぎを炒めるのに時間がかかりましたが、玉ねぎの甘さが美味しいスープでした。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧