食べ物・レシピ

2020年9月13日 (日)

夏の終わり

Img_2636s_20200913142101

 暑かった8月が過ぎて、9月に入り最高気温も20℃を切り秋らしくなってきました。

(↑8月10日)

Img_3001s

(↑9月6日)

 今年はCOVID-19の影響で、お客様をお招きしての食事会は全て屋外でのBBQでした。
 9月6日のレイバーデーの前日にポケモンGOつながりの友人とBBQをしたのですが、日が落ちると涼しいを通り越して寒いくらいで、ファイヤーピット(焚き火のようなもの)を使っていたけれどそれでも寒かったので、今年のアウトドアでの食事会はおしまいかなぁ…

Img_2995s

(↑DIYのお店で売り出しているハロウィンの飾り)

 8月下旬になると、お店も秋の商品やハロウィンなどのグッズが並ぶようになりました。

Img_2990s

(↑ガーデニングコーナーの飾り付け。人魚のガイコツがグロテスク)

Img_2772s

(↑ブロアーとガイコツ店員)

 今年もハロウィンシーズンのガイコツ店員は健在で、今年のガイコツ店員はCOVID-19対応?でマスクをつけていました。

Img_2993s

(↑ガーデニングコーナーのガイコツ店員)

Img_2986s

(↑バスタブ売り場のガイコツ店員、流石にお風呂ではマスクしていない。)

 

| | コメント (2)

2020年8月12日 (水)

夫の誕生日の食事

012s_20200722040101

 今年のの誕生日は、主に『FOOD&WINE』という雑誌から何品か選んで食事を作り、デザートは桜桃のレアチーズケーキでお祝いしました。

(↑テーブルデコレーション)

メニューは
・ブラックビーン・ワッフル・バイツ
・キーウィ・アボカド・エンダイブ・サラダ
・アーティチョークのスープ(『パスタ&イタリアン』より)
・メカジキのシシリア風
・ステーキ(メイン)
・インゲンとポテトと卵のサラダ(付け合わせ)
・黄桃のレアチーズケーキ(デザート)

017s_20200722052601

(↑アペタイザー:ブラックビーン・ワッフル・バイツ)

 アペタイザーはオリジナルはキャビアでしたが、私がキャビアのアレルギーなので、ブラックビーンとアボカドで代用しました。

020s

(↑キーウィ・アボカド・エンダイブ・サラダ)

 キーウィ・アボカド・エンダイブ・サラダのドレッシングはサンフラワーシードを入れ忘れてしまいました。

025s

(↑アペタイザーとサラダを一人分盛りつけたところ)

022s_20200722054601

(↑アーティチョークのスープ)

026s

(↑メカジキのシシリア風)

030s

(↑ステーキ、インゲンとポテトと卵のサラダ)

015s_20200722055001

(↑桜桃のレアチーズケーキ)

035s_20200722055101

(↑一人分に切り分けたデザート)

 アーティチョークのスープとステーキのソースと黄桃のレアチーズケーキ以外は『FOOD&WINE』からのレシピです。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年8月 9日 (日)

デッキ菜園2020 その3

Dsc01105s

 先月食害に遭った野菜も少しずつ回復して、また収穫できるようになりました。

(↑新たに実をつけた食害に遭ったトマト

Dsc01052s

(↑収穫したズッキーニと胡瓜とバナナスクワッシュ)

 トマトはまだまだ時間がかかりそうですが、バナナスクワッシュに加えて胡瓜とズッキーニも収穫できました。
さっそく採れたての野菜を使って夕食を作りました。

003s_20200809120501

(↑奥:サマースクワッシュのソテー
手前:パスタサラダ)

 スクワッシュのソテーにはズッキーニとバナナスクワッシュを、パスタサラダにはバジルを使いました。
パスタサラダのトマトも自家製なら良かったけれど、まだ青いトマトだったのでお店で買ったものを使いました。



 

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

デッキ菜園2020 初収穫

Dsc01028s

 肩痛でできなかった風呂掃除をしたら、また肩痛ぶり返してしまい、1回更新をスキップしました。

(↑デッキに並べた野菜の鉢)

 我が家の東側には小さな菜園のスペースがあって、入居後数年は家庭菜園で夏野菜を育てていたのですが、隣家のオークの木が伸びすぎて菜園のスペースに殆ど日が当たらなくなってしまったため、2016年を最後に菜園スペースに野菜を植えることはなくなりました。

Dsc01031s

(↑胡瓜)

 2017年からはデッキに植木鉢やプランターを並べて夏野菜を植えています。
野菜は種から撒いて育てているのですが、2年越し3年越しの種なので、今年はトマトが一株しか苗の状態まで育ちませんでした。
トマトの他は、胡瓜3鉢、バナナスクワッシュ3鉢、ズッキーニ1鉢になりました。

Dsc01034s

(↑トマトとスクワッシュと胡瓜)

 野菜以外では、バジル、紫蘇、ミントが育っています。
バジルは1度目に撒いた種は発芽せず、2度目に袋に残った種を全部撒いたら数本発芽しました。

Dsc01033s

(↑バジル)

 紫蘇は前年の鉢からのこぼれ種から発芽したもので、ミントは挿し木で増やしたものを鉢に植えて室内で越冬させました。

Dsc01032s

(↑紫蘇)

 ミントは室内で越冬している間にコナジラミが発生してしまい、石鹸水を噴霧したら葉っぱが茶色く変色してしまいました。

Dsc01030s

(↑ミント)

初収穫:

Dsc01027s

(↑収穫したバナナスクワッシュ)

 今年の初収穫はバナナスクワッシュ2本。
7月18日に収穫しました。

004s_20200722035101

(↑ズッキーニ・レモン・チキン)

 収穫したバナナスクワッシュとスーパーで買ってきたズッキーニでズッキーニ・レモン・チキンを作って食べました。

 

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

七夕2020

Dsc_0097s 

 今年は夏至の頃に私がお腹を壊して冷たいデザートでお祝いすることが出来ませんでした。
七夕の直前も肩痛が酷く右手が使えなくなってしまい、「七夕もなしかなぁ…」と思っていました。

(↑七夕のテーブルデコレーション)

Dsc_0100s

(↑一人分のセッティング)

 七夕の前日に買いに行ったサプリと塗り薬のお陰で何とか手を動かせるまでに回復したので、食事を作ることにしました。

Dsc_0103s

(↑一人分の食事)

 例年、七夕には冷たいソーメンを食べていたのですが、今年はソーメンチャンプルーをメインにしました。

メニューは
・ソーメンチャンプルー
・豚の角煮とオクラ
・ズッキーニのンブシー
・麩チャンプルー
・わかめスープ
・水羊羹
でした。

Dsc_0107s_20200709045301

(↑水羊羹)

Dsc_0111s

(↑一人分に切り分けた水羊羹)

 メインがソーメンチャンプルーなので、副菜は沖縄風のおかずにしました。
デザートは水羊羹にしました。

 

| | コメント (5)

2020年6月30日 (火)

週末BBQ

Img_1800s

 夏至も過ぎて気温も高くなって来たので、先週末は今年2回目のBBQをしました。
今年初のBBQは、私がお腹を壊してダウンしていた時に、怪獣で済ませていて、スペアリブを食べる夫と怪獣を横目にソーメンを食べていた私…
o(;△;)o エーン

Img_1810s

 私にとっては今回が今年初のBBQになりました。
今回は、鶏ドラムとソーセージ(パティ)と牛肉と焼きおにぎりとコーンと野菜炒めを食べました。
 デザートには自家製の苺アイスを食べました。

Img_1812s

 これから秋にかけてアウトドアクッキングにはいい季節なので、度々できるといいなぁ…と、思います。
問題は肉をどう調達するかなのですが…

Dsc_0099

(↑デザートに食べた自家製苺アイス)

おまけ:

Dsc_0108s

(↑ネクタリンのサバイオンソース・パイ)

 BBQの時に食べたのではないのですが、3時のおやつ用にネクタリン(桃)のサバイオンソース・パイを焼いたので画像をUPします。

 

 

| | コメント (2)

2020年6月12日 (金)

COVID-19騒動6 自宅待機命令下での生活

Dsc00052s

 6月1日に、6月19日まで再々々延長されていた自宅待機命令が解除になりました。
自宅待機命令は解除になりましたが、非常事態宣言は19日まで続きます。

(↑の仕事部屋)

 6月4日にそれまで予約制で営業していた小売店の営業が予約なしでも再開されました。
6月8日からは、レストランやバーの営業再開(予約制で定員の50%に減らして営業)、屋外プール、子供の屋外での活動が可になりました。
怪獣が路上試験を受けに行ったドライビングスクールも4日からの営業でした。)

 レストランやバーなどは営業再開になったのですが、美容院、理髪店、スポーツジム、映画館などは再開は認められていなくて、屋外で100人以上、屋内での11人以上の集まりも制限されています。

Dsc00053s_20200611044401

(↑整理中の雑誌)

 自宅待機命令が6月1日に解除になっても、は自宅での仕事が続いています。
3月の下旬に始まった在宅ワークですが、最初の2週間は1階のライブラリーにあるデスクで仕事をしていたのですが、元々がリビングルームで他の部屋とつながっていて、ドアもないためキッチンやダイニングの音が筒抜けで仕事に集中できないという事で、いつもは物置に使っていた2階の空き部屋を片づけて仕事部屋にしました。

 私は取っていたFirst Responderのクラスの登録を取り消し時間が空いたので、購読していた雑誌の料理のページだけを切り取ってファイルにする作業をしています。
(10年分の雑誌なので結構時間がかかっています。)

 自宅待機命令が解除になっても、ウィルス自体は消えてなくなるわけではないので、外出時はマスク着用、買ってきた物の消毒などは続けることになるので、解除後も生活はあまり変わらないです。

 が在宅ワークをするようになって、3時のおやつを作るようになりました。
だいたい1週間に1つの割で作っています。
 今まで作ったおやつの画像は『続きを読む』に載せたので興味のある方はどうぞ…
(リクエストがあれば、レシピを載せるかも…)

続きを読む "COVID-19騒動6 自宅待機命令下での生活"

| | コメント (5)

2020年6月 6日 (土)

怪獣、5年越しの運転免許取得

Img_1502s

 高校卒業の年に運転免許の取得に挑戦し始めた怪獣

(↑水色の矢印の先、怪獣が試験を受けたドライビングスクール)

 怪獣の通っていた高校は、学校の授業の一環としてのドライバーズ・エデュケーションのクラスがなく、ドライビングスクールに通って州で定められた講習を受けて、州の筆記試験に合格したらドライビング・パーミッション(仮免)をもらい、最低1カ月(40時間以上)路上で練習した後、ロードテスト(路上テスト)をドライビングスクールで受けて合格証をもらって、州の出先機関に合格証と仮免とその他の書類を持っていって、視力検査を受けてやっと免許の発行になります。

 私たちの住んでいる州では免許は16歳から取得できるのですが、未成年者(18歳未満)はドライビングスクールに通うことが必須で、成人(18歳以上)は州の筆記試験を受けて1カ月(40時間以上)路上で21歳以上免許取得して2年以上の人を助手席に乗せて練習(自己申告で時間数は証明の必要なし)すれば、州の指定のドライビングスクールでロードテストを受けることができます。(日本でいう『一発免許試験』)
 怪獣が免許に挑戦した時は既に18歳以上だったので、州の筆記試験を受けて路上試験に合格すれば免許を取れるはずでした。

Img_1501s

(↑縦列駐車のテストを受けているところ。
普段は駐車場で、試験の時だけ、三角コーンとポールを立てる。
ポールも三角コーンの穴に棒を刺しただけで、垂直でなくても気にしていない。)

 ところが、路上テストに合格しない。
 路上テストは自家用車の持ち込みかドライビングスクールの車(有料)を借りて受けることが出来て、駐車場内で①停止線で停止、②スリーポイント・ターン(方向変換?車庫入れ?)、③縦列駐車をテストされて合格すると路上でのテストが受けられるのだけれど、最初に試験を受けに行った時は、駐車場内での試験に合格できませんでした。
 合格できなかった理由は、停止線からの距離が長かったことと、縦列駐車を一度で入れることが出来ず切り返したから。
(゚∇゚ ;)エッ!? 周りのポールに当たりそうだったら、切り返してやり直すでしょう普通)
路上にも出られずに、試験料50ドルがパーに…

 2度目に行った時は、駐車場内での試験は合格できたのですが、路上に出て5分も経たずに戻って来ました。
理由は道路工事で出にくくなっていた交差点に進入する時に、優先妨害をしてしまったためでした。
怪獣は優先妨害をするつもりはなかったのですが、後続車にクラクションを鳴らされて焦ったのでつい出てしまったようでした。
またもや試験料がパーに…

 1度目と2回目に試験を受けに行ったドライビングスクールの試験官は不親切で、試験に落ちた理由は話すけれど、どうしたらいいのか訊いても、「(州の発行している)教本を読むように」と、しか言わず、具体的なアドバイスは全くしてくれませんでした。

Img_1521s

(↑路上テスト合格証)

 短期間に2度も試験に落ちた(おまけに、どのように練習すればいいのかもわからない)ので、怪獣はすっかりやる気をなくして、そうこうしているうちにパーミッション(仮免)の期限が切れてしまいました。
 その後何度か筆記試験を受けて、パーミッションを再発行してもらって、通学の時などに路上で運転の練習をしていましたが、路上テストを受けに行く自信が持てないままでした。

 運転免許がないと通学に不便なので、今年こそは…と、やっと重い腰を上げて1月下旬に筆記試験を受けてパーミッションを取って練習していたものの、COVID-19騒動でドライビングスクールが休業になってしまいました。
 今年もダメかなぁ…と、思いつつ路上での運転練習を続けていたら、6月4日からは路上試験が再開されることになり、早速怪獣が予約をとって試験を受けに行きました。
 路上試験再開という事で、試験を受けに来る人がひっきりなしにいました。
(未成年は保護者も同乗で試験を受けられるのですが、怪獣は成人していたので、私は外で待っていました。)

003s_20200606133601

(↑試験に合格した日の夕飯。
お祝いだぁ~という事で、赤飯を炊いた。)

 今回は1回目と2回目に試験を受けたドライビングスクールは避けて、違うドライビングスクールに申し込んだのですが、今回の試験官は親切で、駐車場内での試験で、停止線との距離が少し離れすぎていたけれども、「もう少し前に出して」と指示して適切な位置に止めさせていました。
 路上の試験は持ち込んだ車ではなく、スクールの車で試験だったのだけれど、出発前にミラーを合わせたりシートを合わせたりなどの調整を指示して一緒にやらせていました。
(以前の不親切なドライビングスクールなら、何も言わずに減点だけしていたと思う。)
 ドライビングスクールの駐車場から出る時も、方向指示器を入れるタイミングが遅かったので、これは…また不合格かしら…と心配していたら、合格で合格証を貰うことができました。

005s_20200606134801

(↑夕食後のデザートのバナナブレッド)

 5年越しの合格で嬉しかったので、夕食にはお赤飯を炊きました~

 後は、州の出先機関に行って運転免許の申請をすれば、免許を発行してもらえます。
 州の出先機関も自宅待機命令で業務を休止していたのですが、6月4日から予約制で運転免許の更新や申請、ライセンスプレートの更新ができるようになりました。(6月末までに免許などの更新期限の切れた人は、7月末までに2ドルの遅延金を払って更新すればよくなりました。)
 怪獣も試験合格後に予約を試みたのですが、最寄りの出先機関は7月まで予約でいっぱい、近隣の市の出先機関を調べまくってやっと翌日の5日に予約が取れて申請に行くことができました。

Img_1527s

(↑近隣の市の出先機関
予約時間が来るまでは外で待機。
予約時間が来ても人数が制限されているので、外で待つこともある。あ
建物内はマスク着用義務。)

 パーミッションと路上試験合格証、身分証明とその他居住を証明するものを持って申請。
2週間以内に郵送で免許証が届くらしいです。

遂に免許取得、

 ☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!

 

 

 

| | コメント (5)

2020年5月18日 (月)

怪獣の誕生日

Dsc_0083s_20200518070301

 先週は怪獣の誕生日のお祝いをしました。

(↑↓テーブルの飾り付け)

Dsc_0086s

 端午の節句のお祝いをしたばかりだったので、花菖蒲の飾りはそのまま使いました。

Dsc_0092s

 メニューは

・チキン南蛮
・かきたま汁
・きんぴらごぼう
・枝豆
・焼きおにぎり
・カスタードと生チョコのパイ

Dsc_0095s_20200518071401

(↑一人分の盛りつけ)

 当初、メインのおかずは焼き鳥の予定だったのですが、鶏肉が購入数が制限されていて焼き鳥にするには量が足りなかったので、チキン南蛮にしました。

Dsc_0089s_20200518071901

(↑カスタードと生チョコのパイ)

 デザートはカスタードと生チョコのパイを作りました。
怪獣に「誕生ケーキは何がいい?」と訊いたら、「カスタードとチョコレート」と返って来たので作りました。

Dsc_0096s_20200518072501 

(↑一人分に切り分けたパイ)

 カスタードクリームだけではくどいと思ったので、間にチェリージャムを挟んだのですが、には不評でした。
チョコレートクリームでマーブルにすれば良かったです。

 

 

| | コメント (3)

2020年5月 6日 (水)

端午の節句2020

004s_20200506232001

 5月5日に、端午の節句の食事を作りました。

(↑端午の節句のテーブルデコレーション)

011s_20200506232301

(↑baffeの上の飾り付け)

012s_20200506232401

(↑一人分のテーブルセッティング)

 今年はCOVID-19の自宅待機命令が継続中だったので、家族3人での食事になりました。

018s

(↑一人分の食事の盛りつけ)

 メニューは、

・鯉のぼり型パイ(サーモンとアボカドのパイ)
・いなりずし
・海老の生春巻き
・アスパラガスと茹で卵のサラダ
・クリーミートマトスープ
・ブルーベリームースケーキ(デザート)

019s

(↑ブルーベリームースケーキ)

022s_20200506233301

(↑一人分に切り分けたブルーベリームースケーキ)

 今年は自宅待機命令で買い物に行けなくて自宅にある材料で作ったので、和食は作れず端午の節句らしい食事ということで、鯉のぼり型のパイを作りました。
 適当なサイズの黒いスープボールがなくて、お椀にスープを入れたのですが蓋を取ったに、「これ、みそ汁じゃないよね?」と確認されました。

 

| | コメント (3)

より以前の記事一覧