食べ物・レシピ

2018年7月15日 (日)

トマトスープダイエット体験記

Dsc04659s アメリカの食事は太りやすい。
 普段食べられているアメリカの食事の代表と言えば、ハンバーガー(サンドウィッチ)とフライ(ポテトやオニオン)に炭酸飲料やジュースなどの組み合わせ。
 1食分あたりの量も多いし、お菓子も砂糖をたっぷり使った激甘だったり、高カロリーのスナック菓子も種類が豊富でサイズも大きい。
 アイスクリームも日本と比べると倍の量で値段は半分だったりする。

 こんなアメリカの食生活に慣れてきたら、アッという間に太ってしまう。
(1年で20kg増もありえない話ではない)

Ice(←バケツアイス)

 私も一昨年あたりから(加齢による代謝の低下も加わって)、1か月に2kgくらいのペースで体重が増加し始めた。
 サプリを取ったり、ウォーキング(ポケモンGO)に励むも1か月に2㎏が1㎏の増加に抑えられただけで、減る気配は全然ない。

 前の年に買ったジーンズが翌年には着られなくなってしまう事態が発生したため、即効性のあるダイエットを始めることにした。 

Img_8776s(↑1日目:スープとバナナ以外の果物の日)

 ネットで検索して効果がありそう~と思ったのは、トマトスープのダイエット。
アメリカで太りすぎて手術のできない人の為のプログラムで、短期間で体力を落とさず痩せることが出来るという。
(日本でも10年以上前から、脂肪燃焼スープダイエットとして紹介されていた。)
 なんでも、1週間で最大8kg、凄く太っている人でも3㎏痩せるというので、藁に縋る思いで挑戦してみることに…

Img_8787s(↑2日目夜:スープと野菜の日)

ネットのスープのレシピは様々だったのだけれど、基本的な材料と分量は…

材料:
・玉ねぎ  …大3個
・セロリ   …1本
・キャベツ  …半玉
・ピーマン  …2個
・トマト缶400g…1缶
・固形スープ …1個
・塩・胡椒  …少々

作り方:
 玉ねぎ、セロリ、キャベツ、ピーマンを適当な大きさに切って鍋に入れる。
 ①にトマト缶と固形スープを加えて、ひたひたまで水を注ぎ材料が柔らかくなるまで煮こむ。
 塩や胡椒などの調味料で味を調える

↑の分量は約2日~3日分。
日持ちがしないので、レシピの分量通りに作った方がいいと思う。

Img_8794s(↑3日目:スープとバナナ以外のフルーツと野菜の日)

スープダイエットの決まりは…

・お酒は飲まない
・生理の前には始めない
・砂糖や甘味料やパンや小麦粉や油は使わない
・飲み物は水か砂糖や甘味料をいれないコーヒーかお茶
・食事はスープから始める
・1週間欠かさずスープを食べる
・スープはお腹いっぱいになるまで食べること

です。

Img_8808s(↑4日目:スープとバナナとスキムミルクの日)

1週間の食事のスケジュールは

1日目:スープとバナナ以外の果物の日
 スープと果物(バナナ以外)の日。
水分補給は水
(画像の果物はリンゴと苺とキーウィ)

2日目:スープと野菜の日
 スープと野菜の日。
野菜(トウモロコシと豆類は除く)は油を使わない調理法なら生でも温めてもOK。
夕食にはベークドポテトと少しのバターを食べてもOK。
(この日がカロリー摂取量が最も少ない日なので、一番辛いです。
私は夕食にポテトの代わりにカボチャを食べました。
画像の野菜はブロッコリーとカリフラワーと人参の温野菜。オクラと山芋のサラダ)

3日目:スープとバナナ以外のフルーツと野菜の日
 1日目と2日目のコンビネーション(ただし、ポテトは禁止)。
(画像の果物はリンゴ、イチゴ、キーウィ、メロン。野菜はブロッコリーとカリフラワー)

4日目:スープとバナナとスキムミルクの日
 バナナは1日3本まで。スキムミルク(または無脂肪乳)は1日500㎖まで。

Img_8812s(↑5日目:トマトと肉の日)

5日目:スープとトマトと肉の日
 トマト(最大6個)と牛の赤身か鶏肉(脂肪と皮を取り除いたもの)か煮魚を400g~750gくらいを食べる。
 尿酸を出すために水を沢山飲むこと。
(写真は鶏肉。翌日が牛肉の日なので、鶏肉を食べることが多かったです。)

6日目:スープと牛肉と野菜の日
 牛肉は食べたいだけ、野菜はポテト以外の野菜。
(写真はステーキとカボチャとブロッコリーとカリフラワー)

7日目:スープと玄米と野菜の日
 玄米1.5合(一日)と野菜。ダイエット最終日。ここでやっとお米が食べられます。
(写真は風呂葺き大根、キュウリと白菜の浅漬け、炊き込みご飯。)

Img_8817s(↑6日目:牛肉と野菜の日)

 1週間のダイエット食が終わったら、2日間普通の食事に戻って目標の体重になるまで9日のサイクルを繰り返すことができる。

 私は、3サイクル終了後、4サイクルの5日目で日本に一時帰国してしまったのでダイエットは中断。
 約1か月後にアメリカに戻って2サイクル終えたところで、(目標の体重までは減らなかったけれど、)ダイエットを止めた。 

Img_8833s 

結果:

【体重の推移(単位:lbポンド=454g)】
1週目2週目3週目4週目
1日目  147.4 (0) 143.4 (+2) 140.2 (+1.8) 138.4 (+2.2)
2日目  145.4 (‐2) 141.0 (-2.4) 138.8 (-1.2) 137.6 (-0.8)
3日目 144.4 (-2) 140.8(-0.2) 137.8 (-1) 136.2 (-1.4)
4日目 143.0 (-1.4) 139.6 (-1.2) 138.0 (+0.2) 135.6 (-0.6)
5日目 142.0 (-1) 139.2 (-0.4) 136.8 (-1.2) 134.2 (-1.4)
6日目 142.2(+0.2) 139.0 (-0.2) 136.4 (-0.4) -
7日目 141.4 (-0.8) 138.2 (-0.8) 136.2 (-0.2) -
1週間の増減 -6.0 -5.2 -4 -4.2
トータルの増減 -6.0 -9.2 -11.2 -13.2

1か月のブランクの後、

【体重の推移(単位:lbポンド=454g)】
5週目6週目
1日目  136.2 (+2) 132.2 (+2.2)
2日目  132.2 (‐4) 130.0 (-2.2)
3日目 130.4 (-1.8) 130.6(+0.6)
4日目 129.6 (-0.8) 128.8 (-1.8)
5日目 130.0 (+0.4) 129.8 (+1)
6日目 130.2 (+0.2) 129.4 (-0.4)
7日目 130.4 (+0.2) 128.8 (-0.6)
1週間の増減 -5.8 -3.4
トータルの増減 -17 -18.4

()内は前回の測定値との差

結局トータルで18.4lb=8.4㎏減ったことになる。

意外だったのは、日本にいた1か月間はダイエットはしていなかったにも関わらず、2lb(908g)しか体重が増えていなかったこと。

目標は120lbを切ることだったのだけれど、6週目の減り方を見ると体がダイエットに慣れてきてしまっていると感じたので、これ以上続けても効果がないだろうと踏んだため。

現在はダイエットを止めて3週間と3日で130lbを行ったり来たりしている。
体重が133lbを超えたらまた、ダイエットを始めようかと思っている。

| | コメント (4)

2018年7月 3日 (火)

沖縄旅行 その7
石垣島観光6
石垣島鍾乳洞

Img_1274s 今回からまた沖縄旅行の記事に戻ります。

 石垣島鍾乳洞は石垣島の市街地から少し外れたところのバンナ公園に向かう途中にあります。

Image2(↑石垣島鍾乳洞にあったポケモンGOのジムのフォトディスク)

 近くに八重山鍾乳洞動植物園という別の鍾乳洞もあるらしいのだけれど、スーパーにあった無料案内の観光ガイドには石垣島鍾乳洞が載っていたのでこちらの方に行くことにした。

 営業時間は9:00~18:00まで、入場料金は大人1080円、小人540円(2018年5月現在)でした。

Img_1358s(←駐車場から鍾乳洞入り口に向かう通路に咲いていたハイビスカス:怪獣撮影)

 駐車場から鍾乳洞の入り口に向かう通路は石垣島で見られる熱帯植物が植えてあって、ちょとした植物園のようになっていた。

Image3(↑鍾乳洞の入り口の建物に展示?されていたオオゴマダラの蛹)

 鍾乳洞の入り口の建物の中には、オオゴマダラの蛹と蝶とヤシガニがそれぞれ展示されていた。

Image1(↑上:オオゴマダラ
下:ヤシガニ)

Img_8523s 入り口の建物を抜けたらいよいよ鍾乳洞へ…

Img_8527s 洞内の温度は一年中ほぼ一定で23℃くらいで、湿度は90%。
(ずいぶん前に紹介したテンパノーガス・ケイブの洞内の平均気温が約11℃なので、それと比べるとかなり高温)

Img_8536s 私たちが行った日は外気温が30℃を超える真夏日だったため、洞内に入ると涼しく感じましたが、クーラーのように涼しいという感じではなく生暖かい感じでした。

Img_8537s 洞内の温度が高いためか、鍾乳石の成長速度が3年で1㎜で、世界最速の成長速度らしい。

Img_8551s 洞内では記念撮影のサービス(有料)あったが、私たちは利用しなかった。

 ヤエヤマオオコウモリも洞内に生息しているらしいのだけれど、私たちが行った時は見る事ができなかった。

Img_8557s 洞窟の出口は食堂とお土産品店と体験教室に繋がっていて、買い物や食事が楽しめるようになっていました。

余談:

 市街地から石垣島鍾乳洞に向かう道路沿いの右側に、ネットの口コミで評判の島豆腐のお店『とうふの比嘉』に入る舗装されていない道路がある。
 販売と小さな食堂のスペースがあって、豆腐料理が食べられる(駐車場あり)。
朝6時30分~午後3時までの営業ですが、売り切れたら終了でお昼頃には売り切れてしまっていることも…

 住所は
〒907-0023 沖縄県石垣市石垣570
です。
 県道208号線からさとうきび畑の中に入る脇道を入ったところにあるのですが、県道からの入り口に木の看板があるだけで、お店は県道からは見えないのでレンタカーなどで行く時は注意です。
(住所を入れても、ナビと実際の場所のずれがあることもあるらしいです。)

 私も石垣島滞在中に1度だけ行ったのですが、お店の写真を撮っていないので、画像なしです。

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

夏至2018

034s ここ数回にわたって、沖縄旅行の記事をUPしてきたのだけれど、6月も末になったので旅行の記事以外の記事も少しはさむことにしました。

 今年は6月21日が夏至でした。
我が家では2年前の2016年から、冷たいデザートで夏至をお祝いしているのですが、今回は時差ボケが完全に直ってなかったため、何種類もデザートを作るのは無理だったので、冷たいデザート1種類と手巻き寿司で簡単にお祝いしました。

014s(↑すし飯と手巻きずしのネタ)

022s お寿司のネタは日本食のスーパーでマグロ(赤身)、イカ、タコ、イクラ、納豆、カイワレ、シソを買って、近くのスーパーでローストビーフ(ハム)、生ハム、チーズ、キュウリ、アボカド、玉葱を買った。

025s(↑デザートのサクランボのムースのグラサージュがけ)

 デザートにはサクランボのムースのグラサージュ・ショコラかけを作ったけれど、グラサージュに挑戦するのは初めてだったので、グラサージュ液を煮詰めすぎてしまい、ガナッシュのようになってしまった。

029s(↑一人分に切り分けたところ)

 見た目はガナッシュのようになってしまったけれど、味は良かったので良しとしよう。

027s(↑カットしたケーキの断面
ムースとチョコレートのスポンジが層になっている。)

 今年は何となく慌ただしかったけれど、無事に夏至もおわったので少しホッとした。

| | コメント (0)

2018年4月24日 (火)

巻き寿司で食事会

001s 4月7日と21日は巻きずしで食事会をした。

(↑21日の料理を並べたところ)

 2回ともメニューはほぼ同じで巻き寿司3種類といなり寿司と山芋とオクラのサラダとデザートのロールケーキが共通の料理だった。

010s(↑スモークサーモン巻き)

 4日は、その他に照り焼きチキンと枝豆、21日は、焼き豚と味噌汁が加わった。

008s(↑海苔巻き)

 海苔巻きには胡瓜と椎茸と卵焼きを巻いた。

004s(↑ドラゴンロール)

 ドラゴンロールの中身は普通エビの天ぷらが使われるのだけれど、丁度良いエビが手に入らなかったので、蟹風味のかまぼこ?を天ぷらにして巻いた。

009s(↑稲荷寿司)

005s(↑焼き豚)

014s_2(↑一人分に分けた料理)

017s デザートはロールケーキにしたのだが、今回は巻く時に失敗して割れてしまったのが残念だった。

| | コメント (6)

2018年4月 6日 (金)

イースター2018

008s 今年は4月1日がイースターだった。

(↑イースターの食事に使ったテーブルセッティング)

 イースターの直前にダイニングに置いてあった棚がキッチンに移動できたので、ダイニングはすっきりした状態にはなっていたのだが、まだキッチンの改装が完全終わったわけではなく、リビングなどにキッチンのものが一時的に置かれている状態で、お客様は呼べる状態ではなかったので、家族だけで食事にした。

010s(↑一人分のセッティング)

 家族だけで食事なので、簡単なサラダ・ディナーにすることにした。

011s(↑サラダ・ディナーとパンを並べたところ)

013s(↑一人分を盛りつけたところ)

 サラダ・ディナーはローストチキンと、ローストポテトとローストグリーンビーン(インゲン豆)とプチトマトとグリーンオリーブとゆで卵を切ったものを好きなだけ盛りつけて、ハーブの入ったドレッシングをかけて食べるだけのサラダバーのような感じ(サラダバーと比べると品数は少ないけれど…)

022s(↑デザートのチーズケーキのチェリーグレーズがけ)

 デザートはベークドチーズケーキに冷凍チェリーで作ったグレーズをかけたものにした。

025s(↑デザートを一人分に盛りつけたところ)

 今回の食事の準備はデザートを作る時間も合わせて3時間くらい。
(3時間のうちの2時間はオーブンで焼いている時間なので、実際作業していたのは1時間くらい。)
 和食と比べると洋食は準備に時間がかからないから楽だよなぁ…と思ってしまった。

 

続きを読む "イースター2018"

| | コメント (0)

2018年3月22日 (木)

お彼岸だったので牡丹餅作ってみた

002s 3月20日(日本時間の21日)は春分の日(彼岸の中日)だったので牡丹餅を作ってみた。
 秋分の日(秋のお彼岸)にお萩は何度か作っているのだけれど、春のお彼岸に作るのは初めてかも…
 今回はつぶ餡の牡丹餅ときな粉の牡丹餅2種類作った。
 牡丹餅を作るには作ったのだけれど、夕食は和食ではなくメキシコ料理のブリトーにした。
メキシコ料理はお彼岸には合わないかなぁ…と思ったけれど、数日前からブリトーが食べたかったので誘惑に負けてしまった。

007s(↑ブリトー)

 ブリトーは小麦粉のトルティーヤで具を巻いたもので、中の具は色々だけれど、春分の日の夜に食べたブリトーの中身はチョリソーとスクランブルエッグとシュレッドチーズだった。

| | コメント (0)

2018年3月 7日 (水)

ひな祭り 2018

009s 今年のひな祭りはキッチンの改装中のため、お雛様も出さず食事だけでお祝いすることにしました。

(↑ひな祭りの食事に使ったテーブルセッティング)

007s(↑一人分のセッティング)

 今年の3月3日は土曜日だったのだけれど、土曜日はキッチンの壁にペンキを塗りたいという事で、壁塗りをしながら食事の準備は無理そうだったので、翌日の4日に夕食にすることにしました。

016s(↑一人分の食事の盛り付け)

 今年のひな祭りの食事は小鉢&小椀料理でお祝いしました。
メニューは、

・山芋とオクラのサラダ
・カボチャのミルク煮
・アスパラガスの明太子ソース
・白身魚の菜の花焼き
・茶碗蒸し
・ミニかけそば
・キュウリの浅漬け
・ラディッシュの甘酢漬け
・ミニちらし寿司(2種類)
・苺のパルフェ(デザート)
・菱餅型ケーキ(デザート)

でした。

021s(↑山芋とオクラのサラダ)

023s(↑カボチャのミルク煮)

027s(↑アスパラガスの明太子ソース)

024s(↑白身魚の菜の花焼き)

032s(↑茶碗蒸し)

031s(↑ミニかけそば)

029s(↑手前:キュウリの浅漬け
奥:ラディッシュの甘酢漬け)

 キュウリの浅漬けは蛇腹に切ったのを漬け込みました。
(普段我が家では漬物は食べないので)蛇腹キュウリを生まれて初めて見た怪獣が、
「母さん、このキュウリちゃんと切れてないよ」
と、コメント。
蛇腹という切り方なんだと説明したけれど、信用していない様子でした。
(多分未だに、私の失敗だと思っているんだろうなぁ…)

040s(↑小椀ちらし寿司2種)

044s(↑デザート2種)

047s(↑苺のパルフェ)

051s(↑菱餅型ケーキ)

| | コメント (4)

2018年2月17日 (土)

バレンタイン2018
ポケモンGO その52
バレンタイン&旧正月イベント

Dsc_0144s 今年のバレンタインデーの食事には、クリスマスのテーブルデコレーションを使いました。

(↑クリスマスのテーブルデコレーション)

007s(↑バフェの上の飾りつけ)

 クリスマスと変わったのはミニツリーがなくなって、バフェの上の真ん中のキャンドルホルダーがステンドクラスクッキーのジャーに変わったことくらい。

 今年のバレンタインデーは水曜日で、の仕事の帰りが遅くなったことと、ポケモンGOの伝説のポケモンカイオーガの出現の最後の日で、カイオーガの捕獲で忙しく食事の準備をする時間がなかったので、翌日の15日にお祝いすることにした。

005s(↑今年のバレンタインの食事)

 今年のバレンタインの食事のメニューは、
・羊飼いのサラダ
・レンズ豆のスープ
・鶏肉とマッシュルームのクレープ包み
・フランスパン
・ノンアルコール・ストロベリーダイキリ(飲み物)
・ケーキ

001s(↑鶏肉とマッシュルームのクレープ包み)

003s(↑羊飼いのサラダ)

010s(↑レンズ豆のスープ)

013s(↑一人分の食事の盛り付け)

015s(↑デザートのケーキ)

017s(↑一人分に切り分けたケーキ)

続きを読む "バレンタイン2018
ポケモンGO その52
バレンタイン&旧正月イベント"

| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

ステンドグラスクッキーに挑戦 その2

018s バレンタインデーが近いので、ステンドグラスクッキーを作ってみました。

 ステンドグラスクッキーは去年にも1度挑戦した事があるのだけれど、飴の部分をグラニュー糖から作るのに手間がかかって大変だったため、中々再度挑戦する気にはなれずにいたけれど、バレンタインも近づいて来たので作ってみることにしました。

Dsc00008s バレンタインという事で、ピンクと白のアイシングでクッキーをデコレーションして、2枚のクッキーを張り合わせて間にスプリンクルを入れるタイプと、1枚のクッキーの飴の部分にアイシングで文字を書いたものの2種類作りました。

Dsc00020s(↑一番上の画像のスプリンクルを入れたステンドグラスクッキーの拡大画像)

 前回作った時はグラニュー糖を使って飴の部分をつくったけれど、今回は扱いやすいと言われていたイソマルトをネットで購入して飴の部分を作ることにしました。
 確かにグラニュー糖から飴を作るよりは簡単でした。

Dsc00001s(↑ジャーにいれたステンドグラスクッキー)

 イソマルトは透明度が高いので、ステンドグラスクッキーを作るには最適と言われてはいたけれど、何せイソマルトをつかった経験がないので、思ったより飴の部分が分厚くなってしまったのが残念。

Dsc00002s(↑角度で何とかならないかと、悪あがきで写真を撮ってみる。)

 クリスマスの時にクッキーを入れていたジャーにステンドグラスクッキーを入れたらフォトジェニックじゃね?と思って、できたクッキーを入れたみたのだが、クッキーが大きすぎて思ったほど写真映えしなかったのも残念。

006s ジャーに入れて玄関ホールのテーブルの上にチョコレートのジャーと一緒に飾ってあるのだけれど、が早くも「食べていい?」と聞いてくるので、バレンタインデーまで持つかどうか…

| | コメント (5)

2018年2月 5日 (月)

節分2018

006 2月3日は節分だった。
節分の夕食には大体海苔巻きを食べるので、今年も…と思っていたのだけれど、

(↑節分の食事に使ったテーブルデコレーション)

008(↑一人分のテーブルセッティング)

 前日(2月2日)の夜から私が風邪っぽくて、食事の準備はどうしよう、翌日に延ばそうか…と、思っていたけれど、材料は全部揃っているし、翌日に風邪が治っている保証もなかったので、予定通りに海苔巻きを作ることにした。

010(↑食事を並べたところ)

今年の節分の夕食は、
・海苔巻き、4種類6本
・鮭のみそ焼き
・長芋のチーズ焼き
・カボチャのいとこ煮
でした。

015(↑一人分を盛りつけたところ)

 デザートは去年と同じ小豆クリームのピカーンロールケーキにしました。

019(↑小豆クリームのピカーンロールケーキ)

 2月3日は日本では節分だけれど、アメリカではグランドホッグズ・デーだった。
我が家の住んでいる所では雪の天気だった(「春が早く来る」)のだけれど、ペンシルバニア州のパンクサトーニのグランドホッグのフィル君によると、「もう6週間冬が続く」といういう予報らしいので、暫く寒い日が続きそうです。

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧