アメリカ雑感

2018年7月18日 (水)

怪獣のパスポートの更新1
デトロイト・ルネッサンスセンター

Img_9285s 2013年に期限切れ後再取得していた怪獣のパスポート(5年もの)が7月で期限が切れるので更新のためにD市にある日本国総領事館に行ってきました。

 今回はパスポートの期限が切れていなかったので、必要なものはパスポートと写真とグリーンカードのみでした。

Img_9283s(↑領事館の入っているルネッサンスセンター・ビル群)

 領事館はデトロイト川の西岸のデトロイト・インターナショナル・リバーフロントにあるルネッサンスセンタービル群の中に位置している。

Image2(↑ルネッサンスセンターのポケモンGOの地図画像とジムのフォトディスク画像)

 ルネッサンスセンターはGM(ゼネラルモータース)の本社で、真ん中のセンタータワー(73階)がマリオットホテル、周りを取り囲むように4つのタワー(39階)100(南西)、200(北東)、300(北西)、400(南東)があり、中央のタワーと4つのタワーはアトリウムで繋がっていて、アトリウムの中にはセンタータワーをぐるっと取り巻く円型のメザニン(バルコニーのようなもの)があって建物間の行き来に使う廊下のような感じ。

Image3(↑中央タワーと4つのタワーを連結しているメザニンのポケモンGOのAR画像とポケストップの画像)

 メザニンの下とアトリウム1階部分はGMの車の展示場やフードコートになっていた。
デトロイト川に面した側には、温室のような建物タワーの間のスペースに設けられていて、レストランやフードコートになっている。

Img_9271s(↑一番手前:温室のような建物。
手前から2番目:タワー300とタワー400
奥から2番目:中央タワー
一番奥:タワー200とタワー100)

 温室のような建物からデトロイト川の方向の出口を出ると、道を挟んで川沿いに遊歩道のような細長い公園がある。

Img_9276s(↑ルネッサンスセンターのデトロイト川側にある遊歩道状の公園
奥に写っているのがカナダとアメリカの国境にかかるアンバサダー橋)

Img_9270s(↑対岸はカナダ)

Image1(↑遊歩道状の公園のポケモンGOのAR画像と地図画像)

Img_9293s(↑デトロイト川の反対側のジェファーソン通りに面した側のルネッサンスセンター
タワー100とタワー200、奥に少し写っているのが、21階建てのタワー500とタワー600。
ルネッサンスセンターの前にモノレールの駅がある)

Img_9280s(↑メザニン部分
日本総領事館はタワー400の16階にある。)

 今回はパスポートの更新について書くつもりでいたのだけれど、ルネッサンスセンターの紹介をしているうちに長くなってしまったことと、更新の申請はしたけれど、新しいパスポートがまだ受け取れていないので、続きは新しいパスポートの受け取りが済んで(多分1週間後)から書く事にします。

よろしくm(._.)m

 

| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

水道水汚染・再び

Dsc09963s 7月9日の朝、地域のグループのメールと領事館からのメールで、住んでいる市の一部の地域で水道水を煮沸して使うようにという勧告が出ていることを知った。

(↑6月の我が家の庭のサクランボ。
水道水の汚染とはなんの関係もないけれど、折角撮ったので載せて見ました。)

Dsc08965 メールのリンク先の市のページに飛ぶと、どうやら今回もまた我が家の住んでいる所が含まれるらしい。

 去年の10月にも水道管が破裂して水道水が汚染されたことがあったが、今回は水道の水圧不足で細菌が混入している恐れがあり、水質の検査中というもの。

 勧告が解除されるまでは暫く水道水を煮沸消毒してから、フィルターを通して飲料や食事の準備や野菜などの洗浄や歯磨きなどに使うようにということだった。

Dsc00004s 我が家は去年の汚染の時から、飲み水は一度煮沸した後、1ガロン(3.8ℓ)の水のボトルに5本くらい水を貯めてローテーションで使うようにしていたので、すぐに飲み水に困ることはなかったけれど、歯磨きや野菜を洗うのも湯冷ましにしなければならないので、全然量が足りない。

 調理は無理と判断したので、夕食はサラダのパックと冷凍食品を買ってきて、冷凍食品はレンジとオーブンで温めて食べた。

 シャワーは普通に使えるので良かったのだけれど、この勧告はいったいいつまで続くやら…

┐( -"-)┌トホホ...

追記:

 汚染が報告されて4日目になるが、まだ勧告は解除になっていない。
 1ガロン×5本の湯冷ましでは足りなかったので、今回以降は7ガロンの湯冷ましを作ってローテーションすることにした。

| | コメント (2)

2018年4月12日 (木)

AAA(トリプルA)

Img_7905s 我が家の一番古い車は1998年製のセダン、で今年で20年になる。

 アメリカに住み始めてすぐの2005年に中古で購入。
留学で渡米してきた当初はお金もなかったし、MT(マニュアル・トランスミッション)車が買いたかったので中古車を買った。
(その当時の新車のモデルはほぼ全てがAT車だった。)

 20年も乗っているとあちらこちらにガタや問題が出て、DIYなどで修理に修理を重ねて乗っていた。

 ドアロックにも問題があって、ロックのボタンを押していないのに勝手に鍵がかかったりする現象が出て、何度かDIYで修理してはいた。

Img_7752(←AAAのアプリのログイン画面)

 4月10日の夜、から電話があって、出先でエンジンをかけたままインキーしてしまったので、スペアキーを持って迎えに来て欲しいという。

 20年前の車とはいえ、リモートキーがついているので、エンジンがかかった状態でリモートキーが車の中にある状態では鍵がかからないようになっている(手動で車のキーロックのボタンをおしてドアを閉めたり、外から物理的に鍵をかけてもすぐに開錠される)筈なのだが、ドアロックに問題があったため鍵がかかってしまったらしい。

 その夜ははバイクの仲間の飲み会に出かけていて、飲み会の帰り(はお酒を飲まないので)仲間の一人を送っていった時に、玄関まで送ろうと(短時間なので)エンジンをかけたまま車を出たらドアを閉めた衝撃?でロックがかかってしまったらしい。

Img_7753

 迎えに来てくれと言われたが、どこに行けばいいのかわからないし、はAAA(トリプル・エー=日本のJAFのようなもの)の会員で、毎年100ドル(約1万円)くらいの会費を払っている。

「こんな時こそAAAを使えば?」

と、返事をしたら、

「そうだな、でもすぐ来てくれるかな?」
(アメリカは広いので、場所によっては連絡してから30分以上経ってもサービスに来ないこともザラ。)

と、言っていたが、取り敢えず連絡してみると言って電話を切った。

 その後、どうなったか連絡がなかったのでよくわからないが、呼び出しがかからなかったということは、AAAが来てくれたのだろう。
 電話を切ってから30分くらいでが自宅に戻って来た。

 の話しによると、最初に電話をかけたのだが担当に繋がらず、スマホのアプリを使ったら数分でサービスに来てくれた、らしい。

AAAに入っていてよかったね~
スマホを車内に残してインキーしなくて良かったねぇ~

(*^-^)

続きを読む "AAA(トリプルA)"

| | コメント (2)

2018年4月10日 (火)

4月なのに雪&停電

Dsc00010s(↑4月4日の朝の裏庭)

 4月1日のイースターの日も朝少し雪がちらついていたのだけれど、4日も朝から雪だった。

Dsc00013s(↑4月4日の朝の玄関わき)

 雪といっても量は多くなかったし、気温も0℃前後なので積ることはなく、積っても1センチくらいのうっすらとした積雪だった。

Dsc00016s

 雪は降ったり止んだりでほぼ1日中続いた。

Img_7864s(↑4月4日午後、ホワイトアウト気味で視界が悪い)

Img_7860s(←4日、裏庭に出たコンパンのAR画像)

 午後には怪獣の迎えに車を出したのだけれど、風も強くなって来てホワイトアウト気味で視界がかなりわるかった。

 怪獣のお迎えの帰りに何カ所かのお店に買い物に行く予定だったけれど、視界がかなり悪かったので、1カ所だけ寄って必要なものだけを買って早々に家に帰った。

 翌5日は晴れ時々曇りで、気温も0℃前後で4日に降った雪も全部融けてなくなっていた。

Dsc00018s(↑4月6日の朝の裏庭)

 6日の朝起きたら、またもや雪が降っていた。
どうやら前の晩の遅くから雪が降り始めたようで、4日の日よりも多めに積っていた。

Dsc00020s(↑4月6日、裏庭の出っ気の脇の生垣に積った雪)

 6日の日も降ったり止んだりの断続的な雪で、4日よりも風が強く、体感温度がかなり低くて寒く感じた。

Dsc00021s(↑4月6日朝、玄関わき)

Image1(↑ポケモンGOのお天気機能の表示)

 ポケモンGOも起動すると、荒天のため安全確認の警告画面が表示されていた。
(お天気機能が導入された直後は荒天の時はプレーできなかったのだけれど、今は安全確認のボタンをタップするとプレーできるようになっている。)

Img_7903s(↑4月6日の午後)

 6日の午後に怪獣と買い物に出かけて家に帰ってきた途端、停電。
ガレージに車を入れてシャッタを閉めた直後のことだった。
もう5分遅かったら、(ガレージのシャッターは電気で動いているため)車をガレージの外に置いて、玄関のカギを開けて家にはいらなければならなかった。
(アメリカは車社会なので、ガレージが家に隣接していて、ガレージから家に出入りすることが多い。
家に入るには、ガレージのシャッターさえ開いてしまえばOKなので、玄関などの鍵は持たずに出かけて、停電になってシャッターが動かなくなって家に入れないということも…)

Img_7905s(↑車に積った雪)

 停電直前にガレージに車を入れることが出来たのはよかったのだが、夕方からを会社に迎えに行った後出かける用事があったので、夕方までに停電から復旧しないと、出かけられない…
(アメリカの停電はいつ復旧するのかわからないし、長期間の停電もザラなので、)
 「どうしよう…」
と、思っていたら1時間くらいで停電から復旧して無事に出かけることが出来て良かった。

 もう、雪はコリゴリだーと思っているにもかかわらず、この記事を書いている9日もまた雪。
 春はいつ来るのだろう?

| | コメント (5)

2018年3月29日 (木)

iphone7購入&iphone5cからの内容のコピー

Img_0855s 普段の更新ルーチンから1日遅れの更新です。

 3月17日に、怪獣と私はスマホを機種変するためにアップルストアに行ってiPhone7を買った。

 古いスマホはiPhone5cで、私はメールとテキストと電話くらいにしか使わないので、機種変の必要はなかったのかもしれないけれど、散歩の時に遊んでいるポケモンGOが私の使っている機種をサポートしなくなるし、去年でたios11がインストールできなくなってしまっていたし、SIMロックされていて契約しているキャリア以外では使えないので、そろそろ買い替えてもいいかなぁ…と思い始めていた。

 今年はアメリカで結婚式を挙げて25年目だったので、「銀婚式のプレゼントに新しいスマホを買って~」という事で、スマホを買ってもらうことにした。
(元々の予定は桜ダイヤを買ってもらう予定だったので、スマホは安上がりだったのでは…)

Img_0856s(←私が購入したiPhone7)

 怪獣も自腹で新しいスマホに買い変える予定だったので、最初はネットで購入しようと思っていたけれど、ネットで買ってもアップルストアで買っても値段は15ドルくらいしか変わらない。
 それなら、アップルストアで買った方が保証もついているしいいだろう、という事でお店にいくことになった。

 iPhone7にするか、iPhone8にするかで迷ったけれど、一番安い機種で値段が100ドルの差があったので、7にすることにした。
 色は、怪獣はジェットブラックを選び、私は銀婚式のプレゼントという事でシルバーを選んだ。

 iPhone7を買った時に、アップルストアでデータの移し替えのサービスもあるかどうか聞いたけれど、データ移行のサービスはしていないので、ネットで検索したらやり方がでてくるから、それに従って自分でやってくれということだった。

( ̄ロ ̄|||)ヤッパリ…

 あまり期待はしていなかったけれど、アメリカって顧客サービスって良くないよねぇ…

 自宅に帰って早速データの移行に取りかかった。
ipadも持っている怪獣はiCloudを使ってのデータのバックアップと移行、私はiTuneを使ってのデータの移し替えをしてみることにした。

Image3
まず、iCloudを使ってのデータのバックアップと移行から始めることにした…

1.iCloudに(古い)iPhone5cのバックアップをとる
iPhone5cをWi-Fiに接続する
iCloudにバックアップをつくる
『設定』から、『ユーザー名』→『iCloud』→『iCloudバックアップ』→バックアップをオンにして今すぐバックアップを作成を選ぶ。
バックアップがとれているいかを確認する
『設定』から、『ユーザー名』→『iCloud』→『ストレージ管理』→『バックアップ』とタップ。
バックアップの情報からバックアップを取ったデバイス(iPhone5c)を選択すると、バックアップを作成した時間などの情報がみられるので確認。

2.iCloudからバックアップを(新しい)iPhone7にコピーする
古いスマホからSIMを取りだして新しいスマホに入れて、電源をオンにして起動する。
(今回はSIMフリーの機種で新品を購入したので、)初期設定の画面で設定を済ませたあとAPPとデータの画面になるので『iCloudバックアップから復元』を選択してコピー完了。

iPhone7には指紋認証とパスワード認証の設定があったので面倒だった。
(指紋認証なんか手袋してたら使えないので、いらないのに…)

怪獣のスマホのデータ移行が無事に完了したので次に、私のスマホのデータをiTuneを使ってコピーしてみた。

Img_4136s

1.iTuneに(古い)iPhone5cのバックアップをとる
PCを起動してiTuneを立ち上げ自動同期をオフにする。
(私のPCはWindows8から8.1にアップデートした時に、工場出荷状態に戻してしまっていたためiTuneがインストールされていなかったので、まずiTuneのインストール&設定から始めなくてはならなかったのが面倒だった。)
(古いスマホ)iPhone5cをUSBコネクタで繋げてiTuneに接続する。
③iTuneにデバイスの画面を表示する
iTuneのウィンドウの上部のバーの部分にiPhoneのアイコンが表示されるのでクリックするとiPhoneの内容の画面が表示される
バックアップの囲みの中から、『このコンピュータ』と『iPhoneのバックアップを暗号化』にチェックを入れてバックアップを開始。
パスワード設定のダイアログがでるので、パスワード設定(復元の時に要求されるので覚えておくか、メモしておくといい)する。
バックアップが終了したら『iTune』→『環境設定』→『デバイス』でバックアップを確認する。

2.iTuneにからバックアップを(新しい)iPhone7にコピーする
古いスマホからSIMを取りだして新しいスマホに入れて、電源を入れて起動しておく。
新しいスマホをUSBコネクタで繋げてiTuneに接続する。
新しいiPhoneへようこその画面がでたら、『このバックアップから復元』にチェックを入れて続けるのボタンをクリックする。
バックアップを取る時のパスワードを要求されるので、パスワードを入力して復元を開始。
復元が終了したらiPhoneが再起動して『こんにちは』『Hello』などの画面が表示されるので、ホームボタンを押してパスワードなどの設定の作業を続ける。
「ようこそiPhoneへ」の画面が表示されたら、「さあ、はじめよう!」をタップするとホーム画面が表示されてアプリのダウンロードが開始されるので、ダウンロードが完了したらコピー終了。

Dsc09982s(←左:古いスマホ
右:設定の終了した新しいスマホ)

 怪獣と私の2台ともコピーが終了した後は、あぁ…やっと終わった…という感じでした。
普段からマメにバックアップを取っておけばもっと楽だったんだろうなぁ…

データの移行終了後、怪獣は新しいiPhone7を使いはじめたけれど、私はポケモンGOのアプリがどれくらい使えるのか実験(?)中だったので、SIMを古いiPhone5cに戻して暫く使っていた。

ポケモンGOでiPhone5cが使えなくなって、iPhone7に切り替えたのだけれど、ポケモンGOプラスを使おうと思ったら問題が…

続きを読む "iphone7購入&iphone5cからの内容のコピー"

| | コメント (0)

2018年2月26日 (月)

Gun Control(銃規制)4 Bill of Rights(AmendmentⅡ)

Img_1643s 2月14日にフロリダ州のパークランド市の高校で起きた銃の乱射事件で、17人が死亡した。

(←スーパーのエアガン(空気銃)の棚
日本でエアガンといわれるソフトエアガン(遊戯用)とは違って、小動物などのハンティング用で殺傷力が高い。)

 犯人はその高校を退学になった元生徒の19歳の男性だった。

 このような銃の乱射事件が起こる度に、銃規制について一時的に議論される一方で、事件をきっかけに護身用の銃がの売り上げが伸びる現象が毎回と言っていいほど起こる。

 トランプ大統領は「教員が銃を持てば(銃撃は防げるから)問題は解決する」と言っているらしいが、銃撃事件が起こる度に銃の売り上げが上昇する事実から考えると、多くのアメリカ人がトランプ大統領のように自分が武装すれば(撃たれそうだったらその前に相手を撃ち殺してしまえば)いいと考えているように見える。

Img_1644s(←エアガンは盗難防止のセキュリティータグはついているものの、普通の商品と同じように棚に置かれていて誰でも手に入れることができる。
銃弾は鍵のかかるケースに入れて売られている。
人間を殺傷することのできる本物の銃は、店員が常時いる銃コーナーのカウンターに鍵付きで置かれている。)

 よく「アメリカでは銃の所持の権利が憲法で保障されている」と、言われるし、この前の大統領選挙の時もトランプ候補が憲法を擁護する立場として銃の所持を支持していた。

 正確には武装の権利憲法の修正条項で保障されているのであって、銃の保持が憲法で保障されている。

 合衆国憲法の最初の10の修正事項は『Bill of Rights(権利章典)』と呼ばれていて、基本的な人権を守るために追加された事項で、その中の2番目の修正条項で武装の権利が侵害されない事がうたわれている。

Amendment Ⅱ
 A well regulated Militia, being necessary to the security of a free State, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed.
(規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない。
日本語訳:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%88%A9%E7%AB%A0%E5%85%B8_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB)
より引用)

Img_1645s(←トイガン(BB弾を使う遊戯用の銃)、実銃と見た目で区別するためにマズルにオレンジ色のマーカーがついている。)

 アメリカで日本のような銃規制をするためには、2番目の修正条項を取り消さなければならないのだけれど、あまりにも銃が流通・普及してしまっていて、完全に回収するのはほぼ不可能だし、アメリカは国境が陸続きなので、国内で銃規制しても国外から流入してくる可能性も高い、市民が非武装になった時に犯罪組織が銃で武装し続ける可能性が高いという不安から、取り消しにするための法案さえも通らないのが現実。

 アメリカの銃規制は日本の憲法改正以上に難しそう。

| | コメント (2)

2018年1月27日 (土)

結婚記念日2018
アメリカでの結婚の手続きなど

002s 私たち夫婦には結婚記念日が3つある。

(↑結婚記念日に作ったディナー)

 一つは入籍した日、もう一つはアメリカで結婚式を挙げた日、最後が日本で式を挙げた日です。
  今週はそのうちの一つのアメリカで挙式した記念日が25周年(銀婚式)を迎えたので、和食でディナーにすることにした。

007s(↑鰻のひつまぶし)

 アメリカで式を挙げた当時はは留学生で学生結婚だったため、日本のような挙式&披露宴できる経済力もなく、教会で式(セレモニー)だけと思っていたのだが、教会で式を挙げるためにはあれこれ手続きが必要だった。
 戸籍制度のないアメリカでは(州によって細かいところは違うけれど)、教会の神父などの宗教の儀式を行える資格のある人かシティーホール(市役所)などにある裁判所の裁判官の元で宣誓することで結婚した事になる。
(日本のように役所に書類を提出しただけで結婚した事にはならない。)

011s(↑アボカドと長芋のスモークサーモン巻き)

 教会や裁判所に行く前にはマリッジ・ライセンスなるものを市の役所や出先機関で発行してもらわなくてはならない。
 マリッジ・ライセンスは結婚をするカップルのそれぞれの生年月日や結婚歴などをフォームに記入して窓口に提出、受理されると提出したフォームと空白の結婚証明書が渡される。

009s(↑天ぷら)

 私たちが式を挙げた州では、女性はマリッジ・ライセンスを取得するためには風疹の予防接種を受けていなければならず、予防接種を受けてくるようにと言われたが、日本で既に受けているので日本語の血液検査のカードを近くの町医者に持っていって、医者に英語で風疹の抗体があることを証明する書類を書いてもらって提出した。
(医者も日本語が分かるわけでもないのに、こちらの説明を聞いてあっさり証明書をかいてくれた。さすがアメリカなんとも大雑把な…)

015s(↑牛のたたき)

 挙式には司式者(神父や牧師や裁判官など)と結婚するカップルと証人2人の最低5人必要。
 マリッジ・ライセンス(フォーム)と空白の結婚証明書を持って教会に行き、式を挙げると司式者がマリッジ・ライセンスと結婚証明書にサインをしてくれる。
 司式者の他には2人の証人のサインを書く欄があって、サインされたマリッジ・ライセンスと結婚証明書を持ってまた役所の窓口に戻ってマリッジ・ライセンスを提出してやっと結婚の手続きが終了する。
(結婚証明書の方は自分たちで保管して提出はしない)

 ざっと、こちらでの結婚の手続きについて書いたけれど、資格を持った人の司式で宣誓しないと結婚した事にはならないというのが面白いなぁ…と、思った。
(アメリカは州によって法律が違うし、私たちが結婚したのは25年も前の話だから今は違っているかもしれないけれど…)

020s(↑デザート:チーズパイ)

 余談だが、アメリカで結婚式を挙げた時に、周りの人にアメリカで結婚するなら永住ビザも取ってしまえばいいのに…と言われた。
 あの当時は9.11のテロの前で、留学生にもSSN(ソーシャルセキュリティナンバー)を発行していたし、永住ビザも取得が簡単だった。(現在のDVプログラムが始まる直前で、抽選制度ではあったけれど、今ほど認知度も高くなく抽選に当たりやすかったし、抽選でなくても手続きを踏めば簡単に取得できた。)
 まさかそれから約10年後にアメリカに母子留学するとは想像しなかったし、ましてや銀婚式をアメリカで迎えるとは思いもよらなかった。
 「人生って何が起こるかわからないよなぁ…」
と、感慨に耽った日でもありました。

| | コメント (3)

2017年12月 1日 (金)

停電

002s 11月18日土曜日の夜10時頃、PCで調べ物をしていたら突然停電になった。
 風は少し強い天気だったけれど、大荒れという感じではなかったので、はじめは我が家のブレーカーが落ちたのかなぁ…と思って外を見たら、近所の外灯も全部消えていて停電だとわかった。

 スマホは使えたので、電力会社のサイトを調べたら、うちの近所の2ブロックくらい2500世帯以上が停電していた。
 他の地域の停電は100世帯以下の小規模なものが所々で起っている程度だった。

  停電は日常茶飯事なので、また復旧までは長時間かかるのだろうなぁ…と、思ったので常備してあるキャンドル灯してを使っている部屋やトイレに置いて回ったあと、PCの作業は諦めてシャワーを浴びて寝ることにした。

Candle2 給湯はガスなので、停電に関係なくお湯は使えるが、ヒーターもガスだけれど、電気でファンを回すので停電になると止まってしまう。

 停電して暫くしてからシャワーを使い始めたので、段々と部屋の気温が下がってきて、お湯の当たっている部分以外ははすぐに冷えてしまう感じで寒かった。

 シャワーの後で気が付いたのだけれど、停電なのでヘアドライヤーが使えない。

|||||/(=ω=。)\ガーン|||||

 これは…
乾いたバスタオルを髪に巻いてターバンのようにして寝るしかないと覚悟を決めた。

Candle 私と怪獣がシャワーを使い終わって夜の12時をまわった頃、車の塗装後の換気の為に1/4くらい開けてあったガレージのシャッターを閉めるために発電機を動かそうとがガレージに行ったら、電気がついた。

「今回(の復旧)は早かったねぇ~」
と、家族みんなで復旧の速さに驚いた。

 私はヘアドライヤーで冷たくなっていた髪を乾かし、キャンドルの灯を消して回って、も、ガレージの戸締りをしてシャワーに入って、家族がそれぞれのスマホを充電ケーブルに繋いで1時頃やっと布団に入った。

 ところが、
翌朝、ヒータが動いていなくて寒いなぁ…
と、思って起きたら、またもや停電していた。

(≡д≡) ガーン

 夜寝ている間に停電になったらしく、どれくらいの時間通電していたのかはわからないが、私のスマホは100%充電済みだったが、のは60%台充電されていた。

 停電だったので、冷蔵庫は開けられず、我が家の調理器具は全て電気のため、朝ご飯も食べられずにいた。
(現在、キッチンの改装をDIYでやっていてリフォーム後はガスのコンロとオーブンに変える予定ではいたけれど、今回の停電でコンロとオーブンは絶対にガスに変えようと、決意を新たにしてしまった。)

 おまけに、朝9時頃から小雪が降り始め、ヒーターは止まっているし、『泣きっ面に蜂』状態。
 電力会社に停電していることをネットのフォームでで報告を入れて、暫くしても復旧しなかったら(ポンプが動かないと地下室の排水升が溢れちゃうので)発電機を使うしかないかな…と、思っていたら、お昼少し前に電気が復旧して暖房が動くようになり、やっと食事にありつくことが出来た。 

(;´ρ`) ヤレヤレ

冬の停電はもう沢山だ~

 

| | コメント (2)

2017年11月28日 (火)

サンクスギビング 2017&(日本でも)ブラックフライデー?

017s 今年のサンクスギビングは、お客様を呼ばず、家族3にんだけでこぢんまりとする予定だった。
 というのも、夏からキッチンの天井の改修をDIYでやっていて吊戸棚を外したので、ダイニングに吊戸棚に入っていたものが移動していてお客様をお呼びできる状態じゃなかったから。

(↑サンクスギビングの食事に使ったテーブル・デコレーション)

020s(←一人分のテーブルセッティング)

 ところが、がお客様2人をサンクスギビングの夕食に招いてしまった。
 元々は、11月の最初の日曜日に餃子でカジュアルな食事の予定だったのだけれど、の急な出張が入ってサンクスギビングに延期になったため。
 流石にサンクスギビングに餃子は出せないので、急遽ディナーを作ることになった、という経緯。
 おまけに、怪獣の友達?知り合い?サンクスギビングの前日に来るという。
(食事に来るわけではないので、デザートとハーブティーを出すことに…)

030s(↑前菜サーモンのタルタル)

今年のメニューは、
①サーモンのタルタル:アペタイザー
②クリーミー・トマトスープ:スープ
③ローメインレタスのサラダ:サラダ
④アリスタ・ローストポーク:メイン
⑤ベークドポテト:サイド
⑥アップルパイ:デザート
⑦パンプキンパイ:デザート
⑨洋ナシのジンジャーケーキ:デザート
に、パンとスパークリング・ジュースでした。

024s(↑クリーミー・トマトスープ)

026s(↑ローメインレタスのサラダ)

028s(↑アリスタ・ローストポークとローストポテト)

034s(↑メインとサラダを一人分に取り分けたところ)

021s(↑手前:洋ナシのジンジャーケーキ、
奥:アップルパイ)

036s(↑一人分に盛りつけたアップルパイ:手前と
パンプキンパイ:奥)

039s(↑一人分に盛りつけた洋ナシのジンジャーケーキ)

 サンクスギビングデーの翌日はブラックフライデーで、クリスマスに向けて大規模なセールがある日なのだが、以前は金曜日の早朝6時くらいからセールだったのが、年々開始が早くなって、今ではサンクスギビングデーの前日からセールを始める店も多くなった。
 我が家は、今の家に引っ越してきたばかりの頃は物入りだったので、セールの開店待ちもしたけれど、今年は特に欲しいものもなくセールにはいかなかった。

 日本でも最近ブラックフライデーのセールをする店が出始めたらしいが、日本でブラックフライデーをやってアメリカほど消費が伸びるのだろうか?と疑問。

 なぜなら、アメリカでは買った商品が気に入らないからと言う理由で返品OKなので、ブラックフライデーで「お買い得だ」と、思ったら必要のないものや、複数の商品で購入をどれにするか迷った時にはとりあえず全部買って後でダブったものは返したりする。
 ブラックフライデーの後、数日は返品ラッシュで特設レジが設けられることも…
 また、ブラックフライデーのセールでクリスマスプレゼントを買うことも多いが、ギフト・レシートを貰って置いて、プレゼントされた人が気に入らなければギフトレシートを持っていけば返品してお金を受け取ることもできるので、クリスマスの翌日にも返品の特設レジが設けられる。
 アメリカのブラックフライデーのセールは返品が出ることが前提のセールなのである。
 返品が多くても、中には返しに行くのが面倒だからとそのままの人もいるだろうし、使ってみたら良かったので返品しない人もいるだろう。

 反面、日本では滅多なことでは返品できないので財布の紐も緩みにくいし、買う時にアメリカほど気軽さがなく豪快に買わないので、ブラックフライデーのセールの時に買ってしまったら、代わりに年末商戦の売り上げが減るだけなんじゃないかなぁ?と思う。
 クリスマスにお金をかけてしまったら、お正月の時にかけるお金が減るとかになりそう。
 日本のブラックフライデーのセール、『二兎を追う者は一兎をも得ず』にならないといいのだけれど…

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

黒髪強要訴訟のニュースについて

Image1 生まれつき茶髪なのに、黒く染めるように強要されて不登校になってしまった大阪府立高校の女子生徒が、府を相手取って裁判を起こした。
というニュースがアメリカのYahooでも記事になっていた。

(←アメリカのスマホ版yahooニュースの記事のスクリーンショット)

 リンク先:Japanese Teen Says School Told Her to Dye Her Natural Hair Black or Drop Out
(11月1日検索)
に、よると、

 日本の18歳の公立学校の女子生徒が、茶髪の地毛を黒く染めるように学校から繰り返し強要され不登校になったため、220万円の賠償を求めて訴訟を起こした。
 弁護士によると学校は「黒く染めるか学校を辞めるか」強要してきたと主張している。
 今年の5月の朝日新聞の調査によると、57%の東京の公立高校では、茶色く染めているにも関わらず「地毛だ」という主張をする生徒もいるので、証拠として幼い時の写真を提出させており、ある学校の教師は、茶髪が地毛であることを生徒の両親に義務付けている、と話している。
 (問題のあった)懐風館高校はTIME誌の要請にコメントしていないが、高橋まさひこ校長は「学校は生徒に染髪や脱色を禁止する校則がある。学校は外国人の(地毛が黒髪ではない)生徒にも、黒く染めるように要求するだろう。」と話した。

↑のアメリカのYahoo!に記事に対してのコメントには、
「もし彼女が生まれつきの茶髪なら、地毛で通学することを許されるべきだ。」
「公立学校は日本ですらも公立学校なんだな。」
「日本では多様性と個人主義は自由のリストの上の方じゃないんだな…」
「染髪禁止なのに、(黒く)染めないから退学にしようとしてるの?」
「どうして彼ら(日本人は)髪を染めることをそこまで毛嫌いするの?」
「彼らは邪魔者は徹底的に排除したいんだよ。
画一化は調和をもたらすとして好まれている。
アメリカで好まれている異議を唱えることや個人主義は不作法だと思われてる。」
「彼女は自然の髪の色を許されるべきだよ。でも、同年代の子から虐めに備えるために、学校にとってはいい校則なので続けたらいい…」
「日本は画一化の文化なんだよ…」
「あ~、異種恐怖症の生活って…なんてバカげてるんだ。」
などがありました。

 以前に『Conformity(画一化)社会と発達障害』という記事や『教師への懲戒処分に疑問の声』という記事でも書いたのですが、日本って『みんなと一緒』に非常に拘る文化なのだと感じます。
 私はアメリカ人ほど多様性や個人主義礼賛ではないけれど、日本のような画一化に拘る社会で暮らしていくのは、かなり窮屈じゃないのかなぁ…と思います。

 それにしても、今回の黒髪強要の問題は大阪の公立学校で、日本語の喋れない外国人の生徒の編入に難色を示した教師が懲戒処分になったのも大阪の公立学校。
 地域がらなのだろうか?それとも(教育行政なども含めた)府の方針せいなのだろうか?

| | コメント (3)

より以前の記事一覧