アメリカ雑感

2018年11月14日 (水)

ベテランズ・デー(退役軍人の日)
ポケモンGO 56 秋のAR画像

Img_0901s 火曜日に、猫を獣医に連れて行く時に、怪獣の通っていた高校の横を車で通りかかったら歩道のところを埋め尽くすように何かが突き刺さっていた。

(↑歩道の脇の芝生のスペースを埋め尽くすように挿されていた星条旗)

 工事の立ち入り禁止の印にしては位置が低すぎるし、数も多すぎる。
「何だろう?」とよく見たら、沢山の星条旗の小旗が歩道脇の芝生のスペースにささっていた。

 「何かイベントでもあったのかな?」と思っていたら、そう言えば、ベテランズ・デーだった事に気がついた。

Img_0902s(↑上の画像の部分拡大したもの)

 ベテランズ・デー(退役軍人の日)は、第1次世界大戦の終結の日を記念した祝日。休戦条約が締結された11月11日がベテランズ・デーだけれど、学校も会社も休みにはならないので、祝日という感覚があまりない。
 今年のベテランズ・デーは日曜日に当たっていて、翌日の12日が振替休日になったらしいけれど、私の通っているコミカレは休みにはならなかった。

 今年は第1次世界大戦終結から100年ということで、日曜日にあたっていたし、高校で何かイベントが催されのかもしれない。
 11月の第4木曜日はサンクスギビングの祝日もあるので、そちらの方がイベントもセールも盛大なので、ベテランズ・デーはあまりぱっとしない祝日だと思う。

ポケモンGOの秋のAR画像は続きを読むから…

続きを読む "ベテランズ・デー(退役軍人の日)
ポケモンGO 56 秋のAR画像"

| | コメント (1)

2018年11月 8日 (木)

YOUMACON 2018
& 中間選挙 2018

Img_7867s 今週の日曜日(夏時間から標準時に切り変わった日)に、怪獣はデトロイトで開かれていたYOUMACON2018にいった。
(私は用事があって行けなかった)

 YOUMACONはコミックやアニメなどの日本のポップカルチャーのイベントで、今年は3日と4日の2日間開催された。

(↑YOUMACONの入場パス)

Image6(↑会場の様子)

 会場に入るには入場パスが必要で、怪獣はこのイベントを前もって知っていたわけではなかったのでは当日会場で購入したので、一人30ドルだった。
(ネットで事前に購入すると半額だったらしい。)

Image7(↑会場の様子)

 会場では(英訳された)コミックブックやフィギュア、ポスターやグッヅなどが販売されていて、コスプレをしている人もいたらしい。

Image1_2(↑ポスター販売のコーナー)

 中にはハリー・ポッターやスター・ウォーズなど日本のアニメやコミックとは関係のないものも混ざっていたらしい。

Image2(↑コミック・ブック販売コーナー)

 怪獣は楽しめたらしいが、はアニメや漫画についてあまり詳しくないので、いまいちだったようだ。

Image4(↑↓フィギュアの販売コーナー)

Image5_2

Img_0850s(←ピン・バッジの販売コーナー)

 ポスターやフィギュアやコミックブックの他にもマグカップやグラスなどや衣類(コスプレ用やキャラクターがプリントされた普通の衣類)、ゲームのキャラクターのグッヅなども販売していたらしい。

(↓キャラクターの絵柄の入ったマグカップとグラス)

Image10

11月の第一火曜日には中間選挙があったのだけれど、中間選挙の結果については続きを読むから…

続きを読む "YOUMACON 2018
& 中間選挙 2018"

| | コメント (3)

2018年11月 5日 (月)

夏時間終了&ゲンガー・デー
ポケモンGO 56

Img_0415s 11月4日の早朝にデイライト・セービング・タイム(夏時間)から標準時に時間が変わった。

 夏時間か標準時に切り替わる時は時計を1時間遅らせるので、1時間得した気分になるのだが、前日の土曜日に我が家でのバイク仲間と食事会をしたので、準備や片付けで忙しくて時間が切り替わる事もすっかり忘れて床についた。

Img_0769s(↑食事会の食事
一人分を盛りつけたところ。
サーモンの押しずし以外は我が家で準備したもの)

 我が家の時計はスマホとPC以外は自動では切り替わらないので、手動で時間を合わせないといけない。

Img_0772s(↑デザートの苺ババロア・ケーキ?)

 日曜日、朝目が覚めて時計を見ると9時ちょっと前。
怪獣は9時に予定が入っていたので、「遅刻だ~」
と、慌てて準備をはじめたのだが、私がスマホを見たら1時間時間がずれている。
 サマータイムが終わって標準時間に切り替わっていることを、家族全員忘れていたのである。
 ともかく、用事には間に合ってよかった×2

続きを読む "夏時間終了&ゲンガー・デー
ポケモンGO 56"

| | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

ハロウィン2018&ポケモンGOハロウィンイベント
ポケモンGO 55

Img_0660s 今年のハロウィンは、キッチンの改装が進行中+私が復学したため、パンプキン・カービングをして、トリック・オア・トリート用のお菓子を準備しただけで終わった。

Image1(↑今年のジャック・オ・ランタン
左:ピカチュウ、右:ゲンガー)

 今年のハロウィンは水曜日、以前の記事に書いた怒涛の水曜日で、ハロウィンの食事の準備をする時間なんてあるはずもない。
 しかも、当日は英語のペーパー(レポート)の締め切りで、前日も前々日もペーパーの執筆で前もって準備する時間もなかった。

Img0674s 水曜日は怪獣のクラスが終わるのが5時で6時頃に帰宅なのだけれど、いつもは帰宅のラッシュで混んでいる道路がその日は普段より車が少なかった。
 多分、子どもたちのトリック・オア・トリートに付きあうためにいつもより早く帰宅したのだろう。

Img_0651s(←トリック・オア・トリート用に買ったハロウィン仕様のお菓子。
その他にも3袋FUNサイズのお菓子の袋を買った。)

 後でにきいたら、の職場でも3時くらいには殆どの人が帰っていたという。
 子どものトリック・オア・トリートに付きあう為に早目に帰宅するって…さすがアメリカ。
昼間でも子ども一人だけで歩くのは危ないので仕方がないけれど…

Image2(↑暗くなってから撮影したジャック・オ・ランタン)

 ここ数年、ハロウィンには初雪が降って寒かったけれど、今年は最高気温が13℃最低気温も5℃くらいと暖かく、トリック・オア・トリートに来る子も多かった。
 いつもハロウィンに準備したお菓子が余って、その後家族で消費するのに時間がかかるので、今年はハロウィン仕様のお菓子は2袋のみ、残りは普段自分たちがよく食べるお菓子を2袋買っておいたけれど、5袋ほぼ全部なくなってしまった。

Dsc00097s(←トリック・オア・トリートには使わなかったけれど、ハロウィン仕様のオレオ
中のクリームがオレンジ色に着色されているだけで、味は普通のオレオと同じ味)

続きを読む "ハロウィン2018&ポケモンGOハロウィンイベント
ポケモンGO 55"

| | コメント (2)

2018年10月29日 (月)

ハロウィン間近、中間選挙も間近

Img_0541s(↑サイダー・ミル)

 ハロウィンまであと3日、日本でハロウィンというとカボチャのイメージだし、カボチャの入ったスイーツが店頭に並ぶけれど、この辺りでハロウィンの食べ物というと、アップルサイダーとドーナッツらしい。

Img_0543s アップルサイダーは無濾過のリンゴジュースのことで、リンゴの収穫の季節の秋にのみ販売されるので、秋の風物詩といえる。

 以前に住んでいたところ(西部)では、アップルサイダーをハロウィンに飲む習慣はなかったので、アメリカでも地域によって様々なのだと思う。

Img_0539s(↑アップルテント)

 この間ポケモンGO(で行ったことのないポケストップを探す)ついでに少し遠出してアップルサイダーを専門に作っているサイダーミルに行ってみた。

Img_0538s(↑パンプキンテント)

 平日だったけれど、名物のアップルサイダーやリンゴやパンプキンを買う人が結構いて、アップルサイダーを販売している建物の外までアップルサイダーを買う人の列が伸びていた。
(土日はもっと人出があるのだろうなぁ…と思った)

Dsc00015s(←サイダーミルで買ったアップルサイダーとミニアップルパイ)

 サイダーミルではアップルサイダーとクッキーやアップルパイなどのお菓子も売られていた。

 アップルサイダーは1ガロン(約3.7ℓ)で9ドル50セント、ハーフガロン(約1.8ℓ)で5ドル50セント(2018年10月現在)だった。

 スーパーなどで売られている大手のメーカーのアップルサイダーが1ガロンで4ドル50セントくらいなので、倍以上の値段ということになるけれど、観光地のようなものだし、大手のメーカーのものと比べると甘味が少なくてすっきりした飲み口だった。

Img_0566s(←ミニのトランクに積んだジャック・オ・ランタン用のパンプキン)

 サイダーミルのパンプキンテントではないけれど、我が家もジャック・オ・ランタン用のパンプキンをスーパーで2個購入した。
(セールで1個$3.99だった。)

 週末に彫る予定だったけれど、キッチンの改装後の部屋の片づけ等で忙しく、まだ彫っていないので、月曜日か遅くとも火曜日までに彫らなければ…

Img_0584s(↑ハロウィンの飾り。赤札がついて値引きになっている)

 ホームセンターにキッチンの改装に必要な材料を買いに行ったら、以前の記事にも書いたのだけれど、ハロウィングッヅは殆どなく、代わりにクリスマスの飾りのコーナーが充実していた。

Img_0585s(↑クリスマスのオーナメント)

 ハロウィンのコーナーは1ブロックだけだったのに対して、クリスマスのコーナーは9ブロックもあった。

Image3(↑クリスマスツリーの森?)

続きを読む "ハロウィン間近、中間選挙も間近"

| | コメント (2)

2018年10月13日 (土)

店舗のハロウィン(秋)の飾り付け

Img_0064s 9月に入るとすぐに、スーパーやお店は秋の飾り付けに変わった。

(↑店頭に並んだカボチャ)

Img_0072s 9月に入ったばかりの頃はまだ最高気温も25℃を超える日も多く、半袖で過ごして昼間はクーラーを使っていたのに、お店は秋の飾り付けで少し違和感があった。

 秋の飾りつけと同時に、ハロウィン商戦もはじまって、お店などではトリック・オア・トリート用のお菓子や、コスチューム、ハロウィンパーティーグッズや屋内外の飾りつけが売られるようになった。

Img_0209s(↑ホームセンターで売られていた骸骨と狼男の飾りつけ)

Img_0174s(↑照明のコーナーにいたガイコツ店員

 ホームセンター(DIYのお店)では、大型のハロウィンの飾りが季節商品のコーナーに並ぶ他、店内の所々に店員のベストを着せた骸骨がさりげなく置かれていた。

Img_9959s(←チェスト型の冷凍庫)

 ガイコツ店員は、季節商品のコーナーの飾りつけとは違って地味なので、よく注意していないと気がつかないさりげなさだった。

 キッチンの改装でビルトインの食洗器を探しに、キッチンのコーナーを見て回っていた時のこと、

 チェスト型の冷凍庫の蓋が珍しく開いていたので、中を覗くと…

ジャーン!!

Img_9960s

こんな所にもガイコツ店員が…

人間も楽々冷凍できますって…?

 9月になった途端、雨後の筍みたいに登場したハロウィンの飾り付けだったけれど、10月に入ったら、クリスマスの飾りがメインになって、ハロウィングッズは隅においやられてしまった。
 私たちが渡米した頃(2005年)は、クリスマスの飾り付けはサンクスギブン(11月の第4木曜日)が終わってから店頭に並び始めたのだけれど、年々早くなって、遂に今年は10月月頭からになってしまった。
 伝統的には、クリスマスツリーが早くから家にあるのはバッド・ラックと言われていて、クリスマスイブの夜にツリーを家に入れて飾りつけるのが一般的だった。
 現在はこんなに早くからクリスマスの飾り付けを始めるなんて…
昔の人が知ったらさぞかしびっくりすることでしょうね~

おまけ:

Image1 パンプキンに紛れているのは何でしょう?
 見つけられるかな?

| | コメント (2)

2018年10月10日 (水)

中間選挙2018 &有権者登録

Img_5567s 来月(11月)の6日に、トランプ政権になって初めての中間選挙が行われる。

 中間選挙(midterm election)は、偶数年の11月の第一月曜日の翌日の火曜日の『選挙の日』に行われる選挙で、大統領選の無い年の選挙のことで、大統領の任期4年の中間に行われるので、中間選挙と呼ばれている。

 中間選挙では、下院議員(任期2年)全部、上院議員(任期6年)の1/3、地方議員、市長、州知事、他、公職の選挙が行われる。

 中間選挙の主な争点は、政権与党が上院と下院の両方で優位な議席を占めることができるかどうかということ。
 大統領の所属している党と議会の多数党が一致しない場合、所謂『ねじれ』が起って法案が成立しにくくなるからです。

Img_5665s有権者登録について:

 アメリカの選挙は、日本の選挙と違って投票年齢に達したら自動的に有権者とはなりません。
 私はアメリカ市民ではないので、投票権がないので手続きや仕組みについてはくわしくないのですが、自分の居住している選挙管理委員会に自分の名前を選挙登録名簿載せてもらうよう申請する必要があります。
 手続きは州によって色々で、引っ越しをして別の選挙管理委員会の管轄に移った場合は再度登録の申請が必要になります。

 有権者登録にはID(公的機関が発行するもので、殆どが有料)が必要で、登録の申請手続きも煩雑で手続きできる場所も限られていたりするので、お金と時間が勿体なので登録をしない人も(特に低所得者層)います。
(私の現在住んでいる州では、運転免許証の切り替に行く場所に、有権者登録用の機械があって、希望者は自分で操作して登録することが可能です。)

 有色人種の差別が法的にも社会的にも一般的だった60年代までは、南部のアフリカ系アメリカ人の多い州では、文字が書けないなどの理由で有権者登録を拒否することができ、実質的に有色人種を選挙から締め出していた時代もあった。
(アフリカ系アメリカ人に文字を教えるのが違法だった時代があったため、読み書きのできない人が多かった。)

 最近では、ある候補者の支持者が、有権者登録を申請していない人の登録を手伝う代わりに、指示する候補者に投票してくれるように頼むキャンペーン活動も行われている。
(強制ではないので違法ではないが、登録を手伝ってくれた陣営の候補者に入れたい気持ちになるのはわからないでもない。)

有権者登録についての説明は、
カリフォルニア州のロサンゼルスの郡公認記録係/郡書記事務局のページ(日本語)
が詳しいので、興味のある方は参考にされてください。
(サイトは、ロサンゼルス郡の有権者登録についてのみです。他の州の他の郡では手続きなどが異なります。)

続きを読む "中間選挙2018 &有権者登録"

| | コメント (0)

2018年8月29日 (水)

Enhanced Drivers License

Img_7822s 6日ぶりの更新です。
 今週の月曜日から秋のセメスターが始まって、久しぶりの復学の様子を書こうと思ったのだけれど、画像を撮り忘れたので、次回以降に書きたいと思います。

(↑dmv.ny.gov より引用)

 が出張に行く時に、カナダとの国境を超えるのでパスポートを持っていくという。
:「一緒に行くアメリカ人同僚はパスポートを持っているの?」
と、きいたら、
:「アメリカ人は運転免許でカナダと行き来できるみたいよ~」
と、言っている。

チャウ(・_・ 三・_・)チャウ
それはあなたが留学していた大昔の話。

以前の記事にも書いたのだけれど、2009年からアメリカ人もカナダとの国境を行き来するのに、パスポートが必要になっている。

:「取りあえず同僚がパスポートを持ってるかどうか確認したら?」
と、すすめたので、が同僚にテキスト(ショートメール)で確認したら、パスポートはないけれど、Enhanced Drivers Licenseは持ってるから大丈夫とのことだった。

Img_7824s(←michigan.gov より引用)

 と2人で「何じゃそりゃ(゚ペ)?
と、なったので、私がネットで調べてみることにした。

 ネットによると、Enhanced Drivers Licenseはアメリカとカナダの一部の州で発行されている運転免許と身分証明を兼ねたカードで、限定的にパスポートの役割もするものらしい。

 アメリカ‐カナダ間、アメリカ‐メキシコ間、アメリカ‐カリビアン諸島間の国境を陸路か海路で超える時にのみ使える。

 Enhanced Drivers Licenseの取得は、発行している州(state)に居住するアメリカ市民か、発行している州(province)に居住するカナダ市民に限定されていて、通常の運転免許の申請とは別に専用の申請書類がある。

Img_7825s(←610kona.com より引用)

 Enhanced Drivers Licenseを発行しているアメリカの州は、ニューヨーク、バーモント、ミシガン、ミネソタ、ワシントンの5州で、カナダの州は、オンタリオ、ケベック、ブリティッシュコロンビア、マニトバの4州。

 どの州もアメリカとカナダの国境の州で、国境を超えて通勤している人もいるので、便宜を図るためだろうと思われる。

 国境が全て海の日本では必要がないものなので、面白いなぁ…と思った。

続きを読む "Enhanced Drivers License"

| | コメント (2)

2018年8月20日 (月)

楽天と楽観

Dsc00012s 以前の記事に書いた事があるのだけれど、はオプティミスト(ポジティブ思考)であるのに対して、私はどちらかと言えばペシミスト(ネガティブ思考)寄りの思考パターンを持っている。
 はポジティブ思考は思考なのだが、世間一般で推奨されているポジティブ思考とは何か違うような気がする。
 の場合『楽天的』はあてはまっても『楽観的』はあてはならないのではないのかと…

 辞書を引くと、『楽天的』も『楽観的』もほぼ同義語で、和英辞典で引いてもどちらも『Optimistic』でとくに違いはない。

Dsc00015s 日本語の微妙なニュアンスかもしれないけれど、 私はオプティミストって大まかに『楽天』と『楽観』の2種類に分類されるのじゃないかと思う。

 は『楽天的』なタイプだと思う。 の思考パターンは『性善説』、『取らぬ狸の皮算用』、『世の中上手く行かないはずがない』と、いう感じで、自分にとって都合のいい結果が得られると、何の根拠も裏付けもなしに思いこんでいる
 そして、自分の思った通りに事がはこばないと、立ち往生してしまう。

003s 一方で『楽観的』なタイプの人は、『●●が△△だからうまくいく』など、ある程度の根拠や裏付けがあって良い結果を期待する。
 『人事を尽くして天命を待つ』タイプで、結果が望んだ通りでなくても受け入れられるのではないかと思います。

Dsc00024s ポジティブ思考を『楽天』と『楽観』の2つに分類したのはあくまで私見なので、異論もあると思うけれど、私のイメージとしては『楽天』はポジティブ思考のデメリットの部分なのかな?という感じです。
 

続きを読む "楽天と楽観"

| | コメント (4)

2018年7月27日 (金)

怪獣のパスポートの更新2
Renasisance Center2

Img_9271s 約1週間前に怪獣のパスポートの更新の申請の記事を書いたのだけれど、デトロイトの領事館の入っているビルの紹介だけで終わってしまったので、今回はビルに入ってから領事館までの画像をUPしようと思います。

(↑デトロイト川に面したメインエントランス)

Img_9419s(↑タワー400の2Fのウェルカム・センター正面)

 デトロイトの総領事館なんて、管轄の地域に住んでいない限り行くことはないとは思いますが、旅先などで問題が発生して行く機会もあるかも…ないにこしたことはないけれど… 
(パスポート更新やその他のサービスについて詳しくはデトロイト総領事館のサイトを参考にしてください。)

 まず、ルネッサンスセンタービルに入ったら、タワー400の2Fのウェルカム・センターでビジター用のパスを発行してもらいます。

Img_9432s(←ビジター用のパス)

 2Fから上階に上がるエレベーターホールに行くには、ゲートを通るのですが、ゲートはパスがないと通れないようになっています。
(5年前の前回の更新に来た時には、人間の係員が2人でパスをチェックしていましたが、今回は無人のゲートに変わっていました。)

ゲートは駅の改札のようになっていて、ビジター用のパスについているバーコードをスキャンさせると扉が開くようになっています。

Img_9420s(↑エレベーターホールの入り口のゲート)

Img_9421ss(←水色の矢印の先:バーコード読み取りスリット)

 扉に向かって左側の柱の、緑のランプの下のスリットにビジター用のパスをバーコードを下にして差し込むと扉が開く。
 ビルで働いている人など、IDを持っている人は柱の上の部分にIDをタップするとドアが開くようになっています。

Img_9423s(エレベーターホール)

Img_9425s(←16階を押したところ)

 エレベーターホールは円型で、(多分)6基のエレベーターがあった。

 日本総領事館は16階。
エレベータへ乗って16階へ…

(↓エレベーターからの眺め
デトロイト川と遠くにアンバサダー橋が見える)

Img_9427s

Img_9429s(↑16階、領事館入り口)

 16階で降りて領事館へ…
16階にはエレベーターと日本総領事館しかないので、方向音痴の私でも迷いようがなくて助かります。

Img_9430s(↑領事館のプレート(表札?))

 扉の中に入ると金属探知機と簡単な荷物の検査の機械があって、片言の日本語を喋るアメリカ人?(ハーフ?)のセキュリティー係のオジサンが来訪の目的を聞いて検査。
 金属探知機をくぐって簡単な検査が終わったら、オジサンが次はどうすればいいのか教えてくれるので、指示に従って手続きをする。

Img_9433s(←パスポート受け取りの書類にサインする怪獣

 館内のホール(ラウンジ?)の広さは町医者の待合室くらいの大きさでそんなに広くはない。
 私たちがパスポートの更新の申請や受け取り行った時も、私たちの他に1〜2組の来館者がいるだけで閑散としていた。
 館内の写真を撮ろうと思ったのだけれど、セキュリティーのオジサンがずっと来館者を見ているので、小心者の私は何となく撮影できずに領事館を後にした。

 パスポートを受け取って、エレベーターで2Fに戻り、2Fのウェルカムセンターの脇にあるビジター用のパスの返却箱にパスを返したら終了。

 ちなみに、今回の費用は、
パスポートの発行手数料143ドル、申請時の駐車料金14ドル、受け取り時の駐車料金4ドル、合計161ドルだった。
 前回の更新の時の発行手数料は10年のパスポートが195ドルだったので、ドル高で随分安くなった?
 駐車料金は、申請の時は到着したのが丁度昼休みの時間帯で窓口が開いていなかったため、駐車時間が2時間半くらいになってしまったため、受け取りの時は駐車時間が46分で4ドルだった。

続きを読む "怪獣のパスポートの更新2
Renasisance Center2"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧