自然現象

2019年2月17日 (日)

雨氷

Dsc00084s 1月下旬は記録的な寒さだったけれど、2月に入ってからは最高気温が氷点下の真冬日と最高気温が+2~3℃の日が交互に繰り返されるようになった。

(↑↓2月7日、裏庭の生垣の雨氷)

Dsc00085s 気温が0℃前後で雨が降ると着氷性の雨になることが多く、雨氷になって木の枝等は水滴が凍ってツララのようになるし、路面はツルツルのスケートリンクのようになってしまう。

 気温が+だと雨氷も融けてしまうのだが、着氷性の雨が止んだ後気温が氷点下以下に下がってしまうと、氷は融けずに残ってしまう。

Dsc00079s(↑↓2月12日のライブラリーの窓に張り付いた雨氷)

Dsc00078s 2月の6日と12日には、雨氷を観察することができた。

 道路は凍っていたにも関わらず、6日も12日もカレッジは休校にならなかった。
公立の学校(小・中・高)は休校になっていた。

Dsc00081s(↑↓2月12日、玄関先の外灯に張り付いた雨氷)

Dsc00083s

 雨氷の時はスリップしやすく歩くのも運転も雪の時と同じ位危ないので注意が必要。

 早く春が来て雪と氷の世界から開放されないかなぁ…

| | コメント (4)

2019年2月 2日 (土)

弱り目に祟り目
超低温&ガス施設の火災

Img_1652s スノーストームが過ぎ去った翌々日に今度は大寒波(超低温)がやって来た。

(↑30日午前)

 天気は曇りか晴れで雪は降っていなかったものの、とにかく気温が低い。
30日水曜日は気温が―18℃気温が―24℃体感温度は―35℃まで下がった。

Img_1645s(←30日のお天気アプリの表示)

 水曜日は私と怪獣が通っているコミカレも寒さで閉鎖。
生徒の中にはバス通学している人もいるし、車で通学していても、駐車場から講義のある建物まで少し歩くので、超低温だとかなり危険。

 防寒用のダウンコートを着ていても、屋外にいるとコートを通して寒さが伝わってくる寒さ。
深呼吸なんかしたら呼吸器が凍ってしまうんじゃないかという寒さ(深呼吸は危険だと言われているので試した事がない)。

 の会社も午前10時~午後3時までの通常より短い時間の就業だった。

Img_1655s(↑30日午前)

 30日の夜は、私が登録した異常心理学の今学期最初の講義の日だったけれど、学校が閉鎖になったため講義は休講。
 30日の午後のクラスでも小テストがあったけれども、休講になって助かった。

Img_1660s(←30日夜のお天気アプリの表示)

 30日夜には、のスマホのアラートが鳴って、何だろうとと確認すると、ガス会社からのアラートで、低温のためガスの需要が多すぎて供給が追いつかないので、2月1日金曜日までは暖房の温度を65℉(約18℃)以下に設定するように警告がでた。
(私たちの住んでいる地域で使われている暖房はガスのセントラルヒーティングのため)

 普通は超低温になってもアラートがでたことはなかったので不思議に思っていたら、ポケモンGOのSNSのチャットで、ガス供給施設のうちの一つで30日の午前に火災が起ったのが、アラートがでた原因だとわかった。

Img_1673s(↑ゲームコミュニティの SNSのチャットに貼りつけられていた画像)

 火事で一時施設を閉鎖して供給が普段より6割落ちているところへ、超低温で需要が鰻のぼりに上がって、深刻な状態に陥ってしまったらしい。
 ネットの記事では、もし消費者がガスの使用量を控えない場合は、全面供給停止の可能性もあると書かれていた。

Img_1654s 供給停止になったら困るので、うちの暖房の設定温度も普段の68℉から63℉へ下げて水曜日の夜から金曜日まで過ごすことにした。

 ただでさえ寒いのに、家の中まで寒いなんて…『弱り目に祟り目』だよぉ~

(。>0<。)ビェェン

Image1(←カレッジのスマホサイトの学校の状況

上から
29日:1月29日火曜日は学校は開いていて、全ての講義はスケジュール通り。
全てのキャンパスは水曜日1月30日は閉鎖。

30日:更新済み、1月30日水曜日、全てのキャンパスは今日は閉鎖。
1月31日木曜日も閉鎖予定。

31日:1月31日、全てのキャンパス今日は閉鎖。
カレッジは2月1日金曜日は開ける予定。)

| | コメント (3)

2019年1月30日 (水)

スノーストームと風速

Img_1629s 週明けの1月28日はスノーストームが近づいてくるということで、の会社も怪獣の講義もお休みだった。

(↑28日の朝の表庭)

Img_1628s(←怪獣と私が通っているコミカレのスマホのサイト。
一番上のオレンジ色の帯に、『月曜、1月28日、≪学校名≫は荒天のため閉鎖』と英語で書かれている。)

 公立の小中学校や高校とは違い、大学やカレッジは同じ公立でも簡単には休校にはならない。
(つい2週間前にも軽い雨氷が起って、公立の小中学校や高校はお休みだったが、コミカレは授業があったので、いかなければならなかった。)
 28日当日も、朝早くはまだ雪も強くなかったので、休校になるか微妙だったけれど、昼少し前から午後にかけて降雪量が多くなる予報だったので、休校になったみたいで助かった。

Img_1631s(↑28日の朝の裏庭)

 荒天だったが、暴風雪というほどの強さはなかった。
細かい雪と強風が続く天候で、視界も悪く、積雪の量も多かった。
 視界が悪いのが休校や職場の閉鎖の理由だったみたい。
気温は気温が-3℃と最近にしては比較的暖かだった

Image1(←28日のお昼頃のお天気アプリの表示)

 28日当日のお天気アプリでは、風速15mphになっているけれど、m/秒になおすと、7m/s弱くらい。

 風速に限らず、アメリカで速度を表す時はmphという単位を使うことが多い。
 mphはmile per hour(マイル・パー・アワー)の略で、1mph=0.447m/s。
(秒速はmphの表示の約半分弱という感覚です。)

 アメリカはメートル法を採用していない数少ない国で、先進国の中では唯一の国らしいです。

 アメリカで生活を始めた時は、温度も華氏だし、長さもインチ、フィート、ヤード、マイルだし、重さもポンド、容積などはオンス、ガロンなので、非常に不便だったけれど、だんだん慣れてきた。

 華氏やポンドやマイルは頻繁に使うので、感覚もつかめてくるのだけれど、フィートはあまり使う単位ではないのでピンとこない。
 GPS(カーナビ)に「900フィート先、目的地は左側です」とか言われても、900フィートってどれぐらいの距離なのか検討がつかない。
 3フィート=1ヤード=約92㎝だから、3でわればmの数値に近くなるのだけれど、車を運転しながら咄嗟の割り算なんて私にはできない。

 アメリカの度量衡に慣れるにはまだ時間がかかりそうです。

 ちなみに、アメリカの車のメーターにはマイルとメートルの両方のゲージがついていたり、切り替えができるようになっている。
 陸続きの国境を超えたカナダやメキシコはメートル表示なので、その対応のためだと思います。
 カナダとメキシコの車にも両方のゲージがついているけれど、メートルのゲージがメインで、マイルのゲージは小さいです。(アメリカはその逆でマイル表示の方が大きい)

Img_1633s

 

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

大寒&月食

Img_7885s 1月20日は大寒だった。

 大寒だけに非常に寒い日でした。

Img_1572s_2(←20日の天気アプリの表示)

 天気は晴れていたものの、前日の19日に降った雪が積っていて最高気温が-12℃最低気温は-19℃、風が強く体感温度は-25℃だった。

{{{{(+ω+)}}}}寒ううぅ~

 寒すぎて、午後の暖かい時間に近くの公園までポケモンGOのポケストップを回すために徒歩で出かけたけれど、あまりの寒さに、スマホのバッテリーの減りが激しく、95%越えで家を出たのに、20分くらい歩いたところで50%に、その直後にいきなり電源が落ちてしまった。

Img_7894s

 使い捨てカイロをスマホにあてて、モバイルバッテリーで充電しながら公園に行ってポケストップだけ回して帰って来た。、
 この寒さのなか徒歩でポケモンGOするなんて、自殺行為だよ~、俺たちクレイジーじゃね?と怪獣と話しながら帰って来た。

月食観察:

S(←デジイチで手でカメラを持って撮った画像。
シャッタースピードが遅くて手ぶれがでている。)

 20日の深夜(21日の早朝)、ココログのSNSで『つぶやき』をみていたら、21日に南北アメリカで月食が観察できるというつぶやきがあったので、慌てて外にでてみたら、三日月くらいに欠けた月が見えた。

Dsc00064ss(↑ソニーのサイバーショットで撮影した月食の画像。)

 慌てて3脚を出して撮影を試みたのだけれど、寒くてセッティングに時間がかけられない。
 3脚だけれど、しっかり固定はせず、ほぼ1脚のような使い方で、(寒い事と私の目が悪くてファインダーでの撮影は無理なので)ディスプレーに月が映ったらシャッターを押そうと試みるも、手袋をはめたままではシャッターが押せない。

ブルブル~{{{(‐。‐||)}}} ブルブル
寒すぎ~

Img_1599s(←月食観察時のお天気アプリの表示
体感温度-29℃

 手袋を外すと一瞬で指先がかじかんでジンジンしてくる。
2回くらいシャッターを切ったらカメラごと屋内に戻る、を数回繰り返して、やっと撮れた手ぶれの少ない画像が上↑の画像。
(スマホでも撮影したけれど、これは手ぶれが酷くて全滅だった。)

 快晴で視界はクリアだったのだけれど、寒すぎて長時間の観察には向かない天気でした。

 前もってわかっていたらなぁ…
火でも焚いて備えられたも知れない。

| | コメント (3)

2019年1月 8日 (火)

幻日&ラテラルアーク(?)

Img_1421s  1月6日の夕方、ポケモンGOがてら散歩をしていると、太陽の横に不思議な光が見えたのでスマホで撮影した。

 よく見ると太陽の周りのハローの一部が光っている感じで太陽の両サイドに光が見えた。

Img_1423s(↑太陽の両側に見えている幻日
画像クリックで拡大画像を表示)

 虹の一種かな?と思って家に帰ってからネットで検索したら、『幻日』という現象だった。

『広辞苑』によると…
幻日:太陽の両側にあらわれる光輝の強い点、空中に浮かぶ氷晶(ひょうしょう)による光の屈折でおこる暈(かさ)の一種。白色または薄い色彩を帯びる。
だそうで、文字の説明を読んでもちょっとわかりにくかった。

Img_1424s(↑露出を落として少し暗くした画像。
幻日の輪の外側に薄い虹色のラテラルアーク?が半円形に写っている。
画像クリックで拡大)

 ネットで検索すると、左右両側に幻日が見られるのは珍しいらしい。
その他にもネットでは幻日をみるのは吉兆で幸運を呼ぶと言われていたので、画像でラッキーのおすそ分けと思ってUPしました。

今年も幸運がありますように…
(o^-^o)

Img_1424s2(↑ラテラルアーク?矢印の先)

| | コメント (4)

2018年11月11日 (日)

初雪2018

003s 11月9日の朝、目が覚めると窓の外は雪景色だった。

 天気予報では8日の夜半から雪ということだったし、ハロウィンの頃には風花が舞うので、降るだろうとは思っていたけれど、まさか積るとは思っていなかった。

005s(↑9日朝、玄関前)

 積るとは思っていなかったので、我が家の車は3台ともガレージの外に出しっぱなしで、車に積った雪や周りの雪をを除けないと車が出せなかった。

007s 気温は0℃前後だったので、道路凍結の心配はないものの、半分融けかけの雪で道路はズルズル滑りやすい状態だった。

(↑↓9日の朝、裏庭)

009s 翌日の土曜日は気温は下がるものの、曇りの予報だったけれど、少量の雪が降ったり止んだりを繰りかえしていて風も強く体感温度がかなり低かった。

 急に寒くなったせいか、私は風邪をひいてしまった。

Img_0872s(↑車の中から撮った9日の朝の道路の様子)

| | コメント (5)

2018年4月10日 (火)

4月なのに雪&停電

Dsc00010s(↑4月4日の朝の裏庭)

 4月1日のイースターの日も朝少し雪がちらついていたのだけれど、4日も朝から雪だった。

Dsc00013s(↑4月4日の朝の玄関わき)

 雪といっても量は多くなかったし、気温も0℃前後なので積ることはなく、積っても1センチくらいのうっすらとした積雪だった。

Dsc00016s

 雪は降ったり止んだりでほぼ1日中続いた。

Img_7864s(↑4月4日午後、ホワイトアウト気味で視界が悪い)

Img_7860s(←4日、裏庭に出たコンパンのAR画像)

 午後には怪獣の迎えに車を出したのだけれど、風も強くなって来てホワイトアウト気味で視界がかなりわるかった。

 怪獣のお迎えの帰りに何カ所かのお店に買い物に行く予定だったけれど、視界がかなり悪かったので、1カ所だけ寄って必要なものだけを買って早々に家に帰った。

 翌5日は晴れ時々曇りで、気温も0℃前後で4日に降った雪も全部融けてなくなっていた。

Dsc00018s(↑4月6日の朝の裏庭)

 6日の朝起きたら、またもや雪が降っていた。
どうやら前の晩の遅くから雪が降り始めたようで、4日の日よりも多めに積っていた。

Dsc00020s(↑4月6日、裏庭の出っ気の脇の生垣に積った雪)

 6日の日も降ったり止んだりの断続的な雪で、4日よりも風が強く、体感温度がかなり低くて寒く感じた。

Dsc00021s(↑4月6日朝、玄関わき)

Image1(↑ポケモンGOのお天気機能の表示)

 ポケモンGOも起動すると、荒天のため安全確認の警告画面が表示されていた。
(お天気機能が導入された直後は荒天の時はプレーできなかったのだけれど、今は安全確認のボタンをタップするとプレーできるようになっている。)

Img_7903s(↑4月6日の午後)

 6日の午後に怪獣と買い物に出かけて家に帰ってきた途端、停電。
ガレージに車を入れてシャッタを閉めた直後のことだった。
もう5分遅かったら、(ガレージのシャッターは電気で動いているため)車をガレージの外に置いて、玄関のカギを開けて家にはいらなければならなかった。
(アメリカは車社会なので、ガレージが家に隣接していて、ガレージから家に出入りすることが多い。
家に入るには、ガレージのシャッターさえ開いてしまえばOKなので、玄関などの鍵は持たずに出かけて、停電になってシャッターが動かなくなって家に入れないということも…)

Img_7905s(↑車に積った雪)

 停電直前にガレージに車を入れることが出来たのはよかったのだが、夕方からを会社に迎えに行った後出かける用事があったので、夕方までに停電から復旧しないと、出かけられない…
(アメリカの停電はいつ復旧するのかわからないし、長期間の停電もザラなので、)
 「どうしよう…」
と、思っていたら1時間くらいで停電から復旧して無事に出かけることが出来て良かった。

 もう、雪はコリゴリだーと思っているにもかかわらず、この記事を書いている9日もまた雪。
 春はいつ来るのだろう?

| | コメント (5)

2018年3月 4日 (日)

また雪!3月なのに…

Dsc09964s 2月の下旬には雨が続いて積っていた雪が完全に融けた。
 このまま春になってくれないかなぁ…と思っていたら、3月になった途端雪が降った。

(↑3月1日朝、
雪が降り始めた裏庭)

Dsc09966s(↑3月1日朝、表庭)

 気温は0℃前後で雪が降るギリギリの温度。
雪も少し湿った感じで、写真にも降っているのが写るくらいの大きな断片。

Dsc09971s(↑3月1日夕方の裏庭)

Dsc09968s(↑3月1日、夕方の表庭)

Dsc09979s 風も強くてブリザードのような感じで視界が悪く、買い物に出かけたのだけれど車を運転するのも怖かった。
(運のいいことに、怪獣の学校はその週はウィンターブレークでお休みだった。)

Dsc09997s(↑3月2日朝の裏庭)

 雪は1日降り続き、翌日はすっかり雪景色に…
朝起きると、
「庭に〇〇がきてるよ~」
と、教えてくれた。

013s(↑3月2日朝、の部屋から見た裏庭) 

キッチンの掃き出し窓からだと庭の木の影になって見えにくいという事で、の部屋からみてみることにした。
 その〇〇とは…

027s ちょっと、ズームしてみる…

023s ○○は鹿でした。

 昨夜は風も雪も強かったので、風と雪を除けるために我が家の庭に逃げ込んできたもよう。

021s(↑キッチンから撮影した鹿)

 2頭の鹿さんたちはお昼頃までうちの庭にいたが、お昼から買い物にいって帰って来たらいなくなっていた。

Dsc09990s(↑3月2日表庭の桜に積った雪
重そう…)

Img_7551s(↑出勤前に雪かきをする

 3月1日の夜に、怪獣が雪かきをしてくれたのだが、翌2日の早朝に除雪車がうちの前の通りの雪を除けていったようで、ドライブウエイの出入り口に雪の山ができていたので、の出勤の前に車の通り道だけ私と2人で除雪。

Img_7559s(↑雪が張り付いて見にくくなった信号機)

 2日の朝の道路は殆ど除雪が済んでいて、運転に問題はなかったけれど、強風のため、信号機にも雪が張り付いてしまって信号が見にくくなっていた。

Img_7557s それにしても、早く春にならないかなぁ…

| | コメント (4)

2018年2月11日 (日)

春は遠い…
雪、停電、そして大雪

002s 今年は日本も大雪で大変なようだけれど、我が家の住んでいる地域でも雪が多い。

(↑2月6日の裏庭
野生動物の足跡か残っている)

2月7日の早朝から午前中にかけても雪が降った。
いつもは朝は怪獣をカレッジに送っていくのだけれど、7日はが出張中で私が送っていかなけはいけなかった。

Img_7048s(↑2月5日、表庭に残った足跡。
多分鹿だと思う。雪の下の芝桜を食べようとしたらしい。雪が掘り返されている。)

 節分の時にひいた風邪がまだ治りきっていないのに、朝から雪かきしないと車が出せない。

(T△T)トホホ

 怪獣と2人でドライブウエイの雪かき終えて学校へ向かったのだが…
公道も除雪が追い付かず、滑った車が道路に停まっていて大渋滞。

Dsc09883s(↑2月7日、表庭にある雀が集まる木。)

 うちの車も2005年産のSUVなので、4WDに切り変えはできるものの、トラクションコントロール(横滑りを抑える)なんて新しい機能はついていないので、滑る滑る滑る滑る…
 道を曲がって中央分離帯のある片側2車線の道路に入った途端、ステアリングのコントロールができなくなって、ズルズル蛇行しながら50mくらい?滑走?してしまった。

(゜ロ゜)ギョエ!!

 運がいいことに、滑った時には周りに車がいなかったので大事には至らなかった。

Dsc09878s やっと学校についたものの、怪獣は15分くらい授業に遅刻してしまった。

 怪獣を送った帰り道、信号のない道でUターンするのが怖かったので、いつもの道ではなく10㎞近く遠回りして信号のある道を通って帰った、けれど、やっぱり信号で曲がっても滑って怖かった。
 注意して運転していてもここまで滑るのは、多分タイヤのせい。

Dsc09880s もうかれこれ7年はタイヤ交換していない。
 実は先月タイヤを交換しようと思っていたのだけれど、年末年始にが急遽(夫の父の体調が悪くて)日本の実家に帰ったので、アメリカ‐日本間の飛行機のチケット購入でかなりの出費になってしまったので、買えずにいた。
 2月になれば降雪も少なくなるかと思ったけれど、全然その気配がない。
春はまだまだ遠そうだし、ここのところの雪道の運転で、命の危険を感じたので無理をしてでもタイヤ交換した方がよさそう。

余談:

Img_7062_1s 怪獣を滑りながら送って行った日の夜には停電もあった。

 今回の停電は30分くらいの短い停電だったのだけれど、夕食を作っている最中だったので困った。
(我が家のコンロは電気なので、停電すると煮炊きができない。)

 まだ、炊飯器も使っていなかったし、コンロも使っていなかったので、そのまま翌日の夕食にすればOKだったので、
「どうする?ファストフード店にハンバーガーでも買いに行く?」
と、出張から帰って来たと話していたら、電気がついたのでそれから食事を作って食べたのは9時を回っていた。 

 停電するとヒーターが使えなくなるので、外気温が-15℃あたりまで下がる冬に長期間停電するとかなり危険。
 今回は早めの復旧で助かった。

 

続きを読む "春は遠い…
雪、停電、そして大雪"

| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

雪景色再び

Dsc09990s 去年の年末から今年の年始にかけては大雪&-10℃台まで下がる超低温だったけれど、1月の2週目から最低気温が+まで上がる日が数日あって、20日頃には雪がほぼ完全に融けていた。

(↑1月22日の裏庭)

 その後29日までは気温は下がるものの、雪は降らず路面は乾いていて運転しやすかった。

Dsc09993s(↑1月29日の裏庭)

 29日は朝から雪が降り始めで、結構量も多かった。
 朝、怪獣を学校に送って行く前に雪かきをしたのだけれど、(30分くらい)送って帰って来たら5センチくらい積っていた。
 前日までは庭の芝生が見えていたのに、朝の数時間で雪景色に戻った。

Dsc09991s(↑1月29日の玄関前)

 気温も-3℃くらいと比較的暖かった(+融雪剤を使う)ので、道路もシャーベット状で滑りやすく、非常に運転しにくかった。
 この先の予報も最高気温が氷点下だし、定期的に降雪があるようなので、暫くは雪景色が続くのではないかと…
 来週には立春なのに、春はまだ遠そう…

続きを読む "雪景色再び"

| | コメント (3)

より以前の記事一覧