自然現象

2022年11月17日 (木)

初積雪2022

Dsc_0383sn

 今年は10月20日に初雪が降って、それ以降も数回雪は降っていたけれど、気温が高かったので積もる事はなかったです。

(↑11月15日午後5時ごろ)

 11月15日に今年初めて雪が積もりました。

Dsc_0389s_20221116074201

(↑↓玄関前の菊)

Dsc_0388s_20221116074301

 立冬が11月7日だったので、秋も終わりで冬の到来なんだなぁ…

Dsc_0395s_20221116075201

(↑秋に植えた玉ねぎ)

 積雪したので、ミニバラやタイムやガーベラなどは屋内に入れたけれど、プランターに植えた玉ねぎは屋外に置いたままです。そのままで越冬できるかなぁ…?

 

| | | コメント (0)

2022年11月14日 (月)

皆既月食 2022年11月

Dsc_0382-2s

 中間選挙があった8日(火曜日)の早朝4時ごろから皆既月食がありました。

(↑室内から窓ガラス越しに撮影した欠ける前の月)

 次の皆既食は2025年までないそうなので、撮影すべく超夜更かしして待ちました。

Dsc_0386-3s

(↑かけ始め、ISO-400, F/8, 1/640sec)

 今までは月食の時は充電しながら撮影できるソニーのサイバーショットを使っていたのですが、我が家のサイバーショットは約20年前の機種のため、遂にズーム機能が使えなくなったのでNIKONのデジ1で撮影することに…

Dsc_0393-3s

(↑ISO-400, F/8, 1/200sec)

 サイバーショットはマニュアルモードにしてもほぼオートなので、細かい設定はせずに済んだのですが、NIKONの方はマニュアルにすると数値を設定しなくてはいけなかったので、ネットで検索して月の撮影のための数値を参考に設定しました。

Dsc_0400-3s

(↑ISO-400, F/8, 1/100sec)

 手持ちのNIKONのレンズは200㎜が最大で、撮影したままの画像では月が豆粒サイズなので、記事にはトリミングしてUPしました。

Dsc_0404-3s

 (ISO↑-400, F/8, 1/50sec)

 幸い天気は晴れだったのですが気温は2℃。
 撮影のために屋外で過ごすには寒すぎるので、最初は家の中からガラス窓越しに撮影する予定でしたが、欠けるのを待っている間に月が動いて隣家の木の梢に覆われてしまったため、玄関前に移動して屋外で撮影することになりました。

Dsc_0418-3s

 (↑ISO-3200, F/6.3, 1/8sec)

 屋外での待機は寒いので、カメラのついた三脚ごと屋内で待機して、撮影の時のみ屋外に出ました。

Dsc_0430-3s

 (↑ISO-3200, F/6.3, 1/8sec)

 欠け始めから1時間くらい経った朝5時15分頃、皆既の始まる少し前にバッテリー切れであえなく撮影終了となってしまいました。

 ( ;∀;)アゥーー

 やっぱり、こうなるんじゃないかと思ってたよ。我が家のNIKONも購入して12年と古い機種だし予備の電池を買っておいた方がいいかも…

 バッテリーが切れて以降は寒いのと眠いので、屋外で観察を続けるのは辛かったため観察を止めて身支度をして就寝しました。

| | | コメント (0)

2022年6月24日 (金)

夏至&熱波第2波

Dsc_0365s_20220622121001

 今年の夏至は6月21日でした。

(↑夏至の食事に使ったテーブルデコレーション)

 いつもは夏至の日には冷たいデザートを食べているのですが、今年は夫が出張の予定だったので、ディナーも冷たいデザートの準備もしていなかったのですが、出張がなくなったので急遽テーブルの飾りつけをして、ディナーにすることにしました。

Dsc_0371s_20220622125401

(↑夏至の日の食事)

 メニューは、

・フレンチオニオンスープ
・ステーキ
・付け合わせ
・グレープフルーツ・ライム・キューカンバー・モックテル(飲み物)
・夕空ゼリー
・チーズパイ
・キャラメル・トライフル

Dsc_0380s

(↑夕空ゼリー)

Dsc_0377s_20220622132001

(↑チーズパイとキャラメル・トライフル)

 デザートの夕空ゼリーとキャラメル・トライフルはプレゼントのために作ったものの残りや残りの材料で作ったもので、冷蔵庫に既にあったもので、夏至の日のために特別に作ったものではありません。

そして…

続きを読む "夏至&熱波第2波"

| | | コメント (0)

2022年6月18日 (土)

熱波到来

Dsc03292s

 夏日だったり朝晩ヒーターが必要なくらい涼しかったり寒暖の差が激しい日々が続いていましたが、今週の火曜日(14日)今年初の熱波警報が出ました。

Dsc03293s

(↑暑さで萎れる夏野菜)

 朝は20℃台の前半で涼しかったのですが、ぐんぐん気温も上がり、36℃まで上がる予報でした。

Image1_20220616044101

 窓を開けっぱなしだと熱気が外から入ってくるので、朝10時くらいからは窓は締め切っていました。
 窓を閉め切っていても室内の温度は徐々に上がり続け、クーラーの設定温度は79℉(約26℃)だったのですが、お昼を過ぎた頃からクーラーが断続的についたり消えたりしていました。

 結局最高気温は37℃まであがり、夜9時になっても30℃を切らず、明け方の最低気温も25℃で今年初の熱帯夜となりました。

 寝室は2階にあるのですが、日中に温められた屋根からの輻射熱で夜になっても30℃以下に室温下がらず、余りにも暑いので、私は1階のライブラリーのソファーで、は地下のソファーベッドで寝ました。
 2階と地下の温度差は6℃くらいなので、は明け方寒くて目が覚めたようです。

 

| | | コメント (0)

2022年5月16日 (月)

我が家の桜

Dsc03009s

 国立アメリカ空軍博物館の記事の途中ですが、ちょっと飽きてきたので今年の我が家の桜の花の画像を挟んで一休みすることにしました。

(↑↓5月2日の桜)

Dsc03011s

 今年は4月18日に雪が降って積もったりして、気温もなかなか上がらず冬日が続いて我が家の庭の山桜も4月中は固い蕾の状態でしたが、5月に入って一気に暖かくなり、5月2日から少しずつ開花しはじめました。

Dsc03030s

(↑↓5月3日の桜)

Dsc03022s

 我が家の桜は山桜で花と葉が一度に芽吹くタイプです。
 同じ山桜でもオオシマサクラなら、塩漬けにして桜餅の葉に使えたのに…

Dsc03033s

(↑5月4日の桜)

Dsc_0374s_20220516102401

(↑5月9日の桜)

 9日にはほぼ満開で、夜桜が綺麗だったので撮影してみたのですが、風の強い日でISOを上げてシャッタースピードをできるだけ短くして撮影したのですが、それでもブレてしまいました。

Dsc_0382s_20220516102901 

(↑↓5月11日の桜)

 11日には満開を過ぎて、花が散り始めました。

Dsc_0385s

 14日には花は殆ど散って、葉桜になってしまいました。

 

続きを読む "我が家の桜"

| | | コメント (2)

2022年4月20日 (水)

春の雪

005s_20220419053801

 イースター(今年は4月17日)の翌日(18日)に雪が降りました。
 気温は0℃前後だったのですが、降雪量が多くて7~8センチくらい積もりました。

(↑↓18日の裏庭)

Dsc02954s

 緯度が高く寒冷地なので、4月の降雪は珍しくなく5月くらいまでは雪が降る事もあるのですが、薄っすらと積もる事はあっても5センチ以上雪が積もる事は稀です。

Dsc02939s

(↑裏庭の生垣)

008s_20220419055801

(↑玄関先)

 去年の今頃はデトロイトのBelle Isleパークでは桜が満開でお花見にいったのに、今年は暖かくなるのが遅いようです。

Dsc02947s

(↑表庭の桜に積もった雪)

 今年はお花見どころか、我が家の表庭のさくらの蕾も硬いままです。
 今年はいつお花見に行けるのかなぁ…

  

| | | コメント (2)

2022年3月 9日 (水)

雨氷→その後雪

Dsc02685s

 3月に入って最高気温がマイナスの真冬日も減り、庭に積もっていた雪も殆ど融けてこのまま暖かくなるかなぁ…と、思っていたら3月7日に雨氷(着氷性の雨)になりました。

(↑↓表庭の楓の木に付いた氷の粒)

Dsc02684s

 朝起きたら我が家の庭の木にも一見水滴のように見える氷がびっしりついていました。

Dsc02687s

(↑↓裏庭のデッキのわきの木と雨氷)

Dsc02688s

Dsc02692s

 午後には着氷性の雨は雪に変わり、午後はずっと降っていましたが、気温が0℃と高かったので積もることなく融けました。

Dsc02698s

(↑降り始めた雪)

 

 

| | | コメント (0)

2022年2月19日 (土)

冬嵐警報再び━{{{{{(+ω+)}}}}}━!!!

Dsc02602s

 『COVID-19陽性後の隔離生活について』の続編の記事を書く予定だったのですが、スマホの画像を加工するのに手間取っていたら時間が経ってしまい、その間にまた冬嵐警報が出たので、先に冬嵐警報について書くことにしました。 

 2月も中旬になり最高気温もプラスの日も出始めて、16日には最高気温9℃で午後から雨が降り積もっていた雪がほぼ解けて、そろそろ春も間近か…と、思っていたら、翌17日には今年2回目の冬嵐警報が出ました。

Dsc02599s

 17日の朝は気温もまだプラスで、雨が降ったり止んだりしていました。
 お昼頃に会社に行っていたが帰って来ました。
 の職場では、警報が出ると社屋を閉鎖するので、出勤している社員は帰らなくてはならないらしい。

Dsc02601s

 が帰って来て1時間くらいして、雪が降りはじめました。
 細かい雪だったのですが、視界が白く霞む程の降雪で、夜まで降り続きました。
 気温も雪が降り始めてから急激に下がりはじめて、氷点下に下がりました。

 日付が変わる頃には雪も降りやんだけれど、気温は下がり続けてマイナス12℃まで下がりました。

Dsc02605s

 冬嵐警報の翌日の18日は晴れでしたが、気温はまだ氷点下、は朝から出勤のためにガレージ前の雪かき(車1台分)をしていました。
 取り敢えず出勤前に会社の状況を確認したら、道路の状況が良くないので18日は在宅ワークになっていたそうです。

Dsc02603s

 午後には私と怪獣で(が雪かき残した)ガレージ前の雪かきをしました。
 雨が乾かないうちの降雪だったためか、積もった雪の下は薄い氷の膜がはっていました。
 薄い氷だったので、スコップでこそいで取れる箇所もあったけれど、そうでない箇所もあって、氷が残ったところは滑るので注意が必要でした。

 冬嵐が去った後、(ガレージの前は除雪したけれど)庭はまた雪が積もっていて、気温は氷点下のままだし、春はまだまだ遠そうです。

 

| | | コメント (0)

2022年2月 4日 (金)

冬嵐警報━{{{{ヾ(。*д*´)ノ゙}}}}━!!!

Dsc02432s

 2月3日は立春が始まったけれど、立春の前後は春とは程遠い天気なりました。
 前日の2月2日から、冬嵐警報が出て低温・大雪・強風の厳しい天気になり、2日の午後には学校や図書館や一部のお店など緊急で休みになることろも出始めました。

Dsc02445s

 翌3日も雪がずっと降り続き、最高気温もマイナス6℃の真冬日になりました。
 そんな厳しい天気の中、が(COVID-19から回復して、抗原検査が陰性になったばかりの)怪獣にガレージ前の雪かきをするように言ったらしい。

 Σ(`Д´ )エェッー!?

 病み上がりなのに…お前()は鬼か!

 私が元気なら一緒に雪かきするんだけれど、私は4日前にCOVID-19の抗原陽性反応がでて、隔離中で手伝えない。

Dsc02438s

 おまけに、雪は降り続いているから雪かきしても、またすぐ積もるのでキリがない。
 思わず『賽の河原で石を積む子どもと壊す鬼』を想像してしまったよ。

 あまりにも寒いからか、怪獣は暫くすると玄関に戻って1分くらい暖まって、また雪かきをするの繰り返しをしていましたが、4回目くらいに戻って来た時に、私が隔離部屋から出て(本当はあまり出ない方がいいのだけれど)雪かきを終えるように声をかけて終わらせました。

Dsc02444s

 は面倒くさがりで、雑事を家族に当然のように押し付けてくることがある。
 役所の手続き等、本人がやった方が(委任状とかがいらないので)簡単で断然速いような事も家族に「やっておいて」と、丸投げすることも…

 その雑事の一つ一つはたいした事ない小さなものても、毎回のように(こちらの都合などは一切考慮に入れず)「やっておいて」と、言われ、やってもらって当然、自分が頼んだのに自分は我関せずという態度だと、頼まれるほうもウンザリしてくる。
 が呼ぶ時は大体面倒事を押し付けられるので、最近怪獣は呼ばれても無視か、不機嫌そうに怒鳴り返すようになってしまった。

は「何で、俺のことを無視するんだ~」と、騒ぐけれど、今まで(家族を召使のように扱って来た)の積み重ねだからねぇ…

 

| | | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

冬本番

Dsc02322s

 サンクスギビングの週末、まだ11月も終わってなかったのに3日連続で雪が降りました。
気温も最低気温がマイナスの冬日が続き、いよいよ冬本番のようです。

Dsc02319s

(↑完全に雪に覆われた裏庭)

 庭の冬支度も終わらないまま(今夏は雨が多くてスプリンクラーを使わなかったので、ウィンタライズの必要がなかったのでよかったけれど)、散水用のホースや鉢植えの家庭菜園の道具も外に出にしたままで片付けてなかったのに本格的に雪が積もってしまいました。

Dsc02324s

(↑夏にトマトを植えていた鉢に積もった雪)

 雪が止んだら庭の冬支度を終わらせなければ…

 

 

続きを読む "冬本番"

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧