ポケモンGO

2018年8月 5日 (日)

7月のポケモンGOプレー
サマーツアー2018・グローバルチャレンジ&レジスチル・レイド他
ポケモンGO 49

Img_9070s ポケモンGOの7月はサマーツアー2018で始まった。

サマーツアー2018、ドルトムント・イベント&フリーザー・デー

 サマーツアーのはじめは6月30日~7月1日にかけて、ドイツのドルトムントでイベントが行われ、その期間に世界中のプレーヤーを4つの地区に分けて、それぞれの地区でフィールドリサーチのタスク達成がある一定数を超えると特別なボーナスが解禁になるイベントがあった。

Image6(↑ロゼリア
左:色違い、右:普通)

 イベント開催の2日間は『ロゼリア』が大発生、色違いのロゼリアも実装されたのでロゼリア捕獲を頑張った。
(ロゼリアは第4世代でロズレイドに進化するので、色違いをできたら雄と雌と2ひきずつ捕まえたかった。私は色違い6匹捕まえたので、1匹も捕まえられなかった怪獣と交換機能で色違いのメリープと交換した。)

Image3 ドルトムントのイベントのグローバルチャレンジは世界の4つの地区全てで無事目標が達成されて、ボーナスとして

・ポケモン捕獲時のXPが3倍
・レイドバトルのXPが2倍
・タマゴ孵化時のXP3倍
・しあわせたまごの効果時間が1時間(2倍)
が、7月10日迄続いた。

 また、全地域での達成の報酬として、無料のレイドパスを5個配布&フリーザーレイドが復活するフリーザーデーが7月7日の東部夏時間の2時~5時まで3時間開催された。

Image4(↑フリーザー・デーの様子)

 フリーザー・デーの開催中は殆ど全てのジムにフリーザーが3時間出現し、色違いのフリーザーも出るということだった。

 無料のレイドパスは一度に配布ではなくて、手持ちの無料パスを使った後ジムに入ると新しいパスが受け取れる仕組みだった。
 一度レイドで勝つとそのジムでのレイドはできないようになっていた。

 私と怪獣は前日のパス1つと無料のパス5個、ポケコインで買うプレミアムレイドパス5個の合計11個のパスを使ってレイドしたが、色違いに遭遇することはできなかった。

サマーツアー2018、シカゴ・イベント&サンダー・デー

Image7(↑左:プラスルの色違い
中:色違いのプラスルのAR画像
右:普通のプラスル)

7月14日と15日にはサマーツアー2018の第2弾、アメリカのシカゴでのイベントが催され、期間中は『プラスル』と『マイナン』大発生して、色違いも実装された。

Image8(↑左:色違いのマイナン
中:色違いのマイナンのAR画像
右:普通のマイナン)

 マイナンの色違いは簡単に見分けがついたけれど、プラスルの色違いは耳?の部分の色が僅かに濃いだけで、見分けがつきにくかった。
(期間中、私は色違いのプラスルが5匹マイナンは3匹、怪獣はプラスル3匹でマイナンは1匹捕獲できた。)

Image1(↑左:アローラフォームのイシツブテ、
右:アローラフォームのディグダ)

 イベント期間中はアローラフォームのイシツブテとディグダも実装されて、野生で捕まえることができた。(期間終了後は7㎞卵から孵るのみになった)
 期間中のレベル5(黒い卵)のレイドにはルギアも戻って来ていて、色違いもでていたみたい。

Img_9286s(←シカゴ・イベントでのグローバルチャレンジの結果)

 また、ドルトムント・イベントの時と同様にグローバルチャレンジも同時に開催された。

 結果は全世界の4つの地区での目標達成で、報酬は、

・ポケモン捕獲時のアメが通常時の2倍
・孵化時のアメが通常の2倍
・タマゴを孵すのに必要な距離が半分
・レイド時に『ふしぎなあめ』が1個追加で貰える

で、23日まで報酬が解禁されていた。

全地区での目標が達成されたので、サンダー・レイドが大量発生するサンダー・デーが21日の2時~5時(東部夏時間)の3時間開催。

Image1_2(↑サンダー・デーの様子)

 私と怪獣は前回のフリーザー・デーで色違いに遭遇できるのは運次第だということをまなんだので、サンダー・デーは前日からのキャリーオーバーの無料パス1つと、当日貰える5個の無料パスで6回だけレイドをすることに決めていた。

 最後の無料パスでレイドをする時に、道を挟んではす向かいにジムのある場所で、私と怪獣が別々のジムに間違って入ってしまい、入り直して一緒にレイドした。
 私も怪獣も既にパスをジムに入れてしまっていた(1つのパスでそのレイドに勝つか時間切れになるまでは有効)ので、(有料のパス1つを買って)7回レイドすることになった。

Image2(↑左:色違いのザンダー
右:普通のサンダー)

 7回目のレイドで私が色違いに遭遇できたので、結果的に間違ってよかったのかもしれない。
 色違いのサンダーは全体的に微かに色が濃いだけで、背景にキラキラがないと区別がつかなかった。

 サンダー・デーの時は、ダウンタウンでプレーした。
 どのジムの周りに行っても人がいっぱいで、普段の伝説レイドは参加者を探すのに苦労するのだけれど、どの組もアッという間に参加者の定員(20人)オーバーになって、次の組の参加者もすぐ定員一杯になる状態で、レイドの参加者が揃うまで待つという事がほぼなかった。
 夏休みのせいか小中高生の参加も多く、最近始めたばかりなのか、レベルの低いプレーヤーが沢山いた。
(多くのプレーヤーがレベル20台、中にはレベル10台のプレーヤーもいて、30台後半の私や怪獣はハイレベルの部類だった。)

 ドルトムントとシカゴのイベントに合わせてBOXのセールもあった。

レジスチル・レイド

Img_9357s(←レジスチル・レイドのお知らせ)

 7月19日の夕方迄出ていたレジアイスに変わって、レジスチルが伝説レイドのボスとして現在も出現中。
 8月16日まで出現予定らしい。

 私と怪獣は出現の翌日の7月20日に初レイドして、無事に1匹目はゲットした。

Image5(↑レジスチルレイドの様子)

Image6(↑左:レジスチルAR画像
右:レジスチル)

続きを読む "7月のポケモンGOプレー
サマーツアー2018・グローバルチャレンジ&レジスチル・レイド他
ポケモンGO 49"

| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

7月のコミュニティー・デー&
レジアイス・レイド
ポケモンGO 48

Img_9121s 今年に入ってポケモンGOのイベントが頻繁に開催されるようになった。
 今月もイベントが目白押しで、月1回のプレーの様子の記事だけじゃ収まりそうもないので、コミュニティー・デーと伝説のポケモン・レジアイスのレイドについてざっと纏めようと思う。

Image1(←コミュニティー・デーのお知らせ)

 7月のコミュニティー・デーは7月8日日曜日の東部夏時間で午後2時~5時までだった。
 私たちは日曜日はいつも予定が入っていて、最後の1時間しか参加できないのだけれど、今回は更に短い40分しか参加できなかった。

 大発生するポケモンはゼニガメで、イベント時間内にカメックスまで進化させる(か捕まえる)と、特別な技『ハイドロカノン』を覚える。
 これまでのコミュニティー・デーと同様に大発生するポケモン(7月はゼニガメ)の色違いが実装されるということだった。

Image6(↑上段:普通のゼニガメ
下段:色違いのゼニガメ)

 ふつうのゼニガメの色は水色で、色違いのゼニガメの色は薄い水色で、捕獲画面でも見分けがつきにくい。
 唯一はっきりしているのは甲羅の色がふつうのゼニガメは赤っぽいオレンジなのに対して、色違いは緑というところだけ。
捕獲画面は正面しか見えないので、画面を開けた瞬間にキラキラ光るかどうかだけが素早く見分けるコツだった。

Image2(↑左から:普通のゼニガメ、普通のカメール、普通のカメックス)

 今回のイベントでは、イベント時間内は全てのポケストップから出るフィールドリサーチのタスクが『ゼニガメを5匹捕まえる』になり、捕まえると報酬でサングラスをかけたゼニガメがでて捕獲することができた。

注意!:ポケストップは1日1種類しかタスクはでない。その日のイベントの始まる前にポケストップからでたタスクを達成してしまうと、サングラス・ゼニガメのタスクが出てこなくなってしまうので要注意。
 イベントの始まる前までは、タスクが出ても捨てておいた方がいい。)

Image5(↑上段左から:普通のサングラス・ゼニガメ、普通のサングラス・カメール、普通のサングラス・カメックス
下段左から:色違いサングラス・ゼニガメ、色違いサングラス・カメール、色違いサングラス・カメックス)

 サングラス・ゼニガメのタスクの中には、色違いのゼニガメが出るタスクもあった。
 色違いのタスクは普通のサングラス・ゼニガメのタスクと一緒の『ゼニガメを5匹捕まえる』。
 サングラス・ゼニガメ以外では、色違いに遭遇できるかどうかは、完全に運次第だったけれど、今回は特定のポケストップから誰が回しても必ず色違いのタスクがでる仕組みだった。

Img_9312s(←色違いのゼニガメ)

 私がいつも行くショッピング・モールでは、14個のポケストップのうち、3個が色違いのタスクのでるポケストップだった。

 サングラス・ゼニガメの色違いは3匹手に入れられたが、サングラスをかけていない方のゼニガメの色違いは、今まで通り運次第だったので、私は1匹、怪獣は2匹しか捕獲できなかった。

Image7(←特別な技を覚えたカメックス
水色の○の中が特別な技の『ハイドロカノン』)

 今回のコミュニティー・デーでは、特定のポケストップから色違いのサングラス・ゼニガメのタスクが出たので、一所にとどまってプレーする人は少なく、できるだけ沢山のポケストップを回すために、ポケストップの沢山ある公園やモールの間を車で移動して、全部のポケストップを回してタスクを達成したら、別の場所へ移動していた。
 そのため、いつもよりモールでポケモンGOをプレーしている人は少なかった。

 私たちは場所を変えて移動している時間はなかったので、モール1カ所に専念した。

Image3 モール1カ所に専念したにも関わらず、全てのサングラス・ゼニガメのタスクを達成するのにギリギリの時間しかなかった。
(イベントが終わってしまったら、野生のゼニガメは頻繁にでないので、タスク達成に長期間かかってしまう。)

 それにしても、いくら大量発生するとは言えども、色違いを捕まえるには、40分では時間が短すぎる。
 もっと長い時間プレーできたらなぁ…と思った。

 レジアイス・レイドは続きを読むから…

続きを読む "7月のコミュニティー・デー&
レジアイス・レイド
ポケモンGO 48"

| | コメント (2)

2018年7月 1日 (日)

6月のポケモンGOプレー
6月のコミュニティー・デー(ヨ―ギラス)
ポケモンGO 47

Img_8517s アドベンチャーウィーク

 5月25日~6月5日の間、アドベンチャーウィークのイベントが開催されていた。

 内容は、
・岩タイプのポケモンの出現率アップ。
・カブト(カブトプス)・オムナイト(オムスター)・プテラの色違いが実装。
・ポケストップやジムのフォトディスクを回した時のXPが通常の2倍
・初めてのポケストップは通常の8.4倍の2100XP
・イベント期間限定のフィールドリサーチのタスク。
・連れて歩く相棒がアメを見つける距離が1/4に
・期間限定のBOX販売
だった。

Image6(↑出現率の上がっていた岩・地面タイプのポケモン)

 カブトとオムナイトは色違いが出るということで、見つける毎にタップしたが、私が期間中に見つけた色違いはカブト2匹のみで、オムナイトの色違いには出会えなかった。

Image2_2(↑左・中:色違いのカブト。
右:色違いのカブトプス)

 プテラも色違いが出るということで、プテラが報酬で貰えるタスクのでるポケストップを探して、タスクを達成してプテラの捕獲を頑張ったけれど、私のアカウントでは捕獲できず。
 怪獣が達成した最後から2番目のタスクで色違いが出現した。

Image5(↑左:普通のプテラ
中:水色の○の中:プテラが報酬で出現するフィールドリサーチのタスク
右:色違いのプテラ)

 プテラはレイドボスとしても登場していたし、卵からも孵ったのだけれど、卵は手に入れた時点では中身が分からず、アメリカに帰ってからはレイドパスはラティアス・レイドに使いたかったので、捕獲はリサーチの報酬頼みだった。

Image4_3(↑アドベンチャーウィーク期間限定のBOX)

ラティアス・レイド

Image1(↑ラティアス・レイドとゲットチャレンジの画像)

 日本に一時帰国していた時は、ポケモンで遊んでいる時間もあまりなかったし(モバイルWiFiでプレーしていたので通信にリミットがあった)、アウェーだったのでレイド仲間が見つからずレイドは全くと言っていいほどできなかった。

Img_9045s(←捕獲したラティアス)

 6月に入って日本から帰国してすぐに、伝説のポケモンのラティアスを捕まえるべくレイドに挑戦した。

 私たちがアメリカに戻ってきたのは出現期間の最後の方だった(ラティアスの出現期間が終わるまでに3日しかなかった)ので、いつも使っているSNSの殆どの人がすでに(高個体値の)捕獲に成功していて、丁度色違いのホウオウとプテラも出る期間中だったので、そちらの方にトレーナーが流れてしまって、できたラティアス・レイドは5回のみ、私が捕獲に成功したのは2匹だった。
怪獣は3匹捕獲に成功した。)

 ラティアス・レイドとアドベンチャーウィークのイベントが終了したのが6月5日の夕方。
 その2日後の午後にホウオウ・レイドが終了するのと入れ違いに、カイオーガ・レイドとウォータ―フェスティバルのイベントが始まった。

カイオーガ・レイド(再出現)とウォータ-フェスティバル

Img_8854s ウォータ―フェスティバルとカイオーガ・レイドはアメリカ東部夏時間の6月7日の4時頃に始まって、6月21日の夕方終了した。

 内容は、
・水タイプのポケモンの出現率が増加。
・水タイプのポケモン捕獲時の星の砂が3倍。
・期間限定レイドで水タイプが登場
・色違いのシェルダーとカイオーガの出現
・2kmの卵から水タイプのポケモンが孵化(普段は5㎞や10㎞のポケモンも孵化)
・期間限定の水イベントのフィールドリサーチの出現
でした。

Image3_2(↑色違いのシェルダーの画像と進化させてゲットしたパルシェンの画像)

 期間中に私は色違いのシェルダーを1匹野生で捕獲。
もう1匹は2㎞の卵から孵化して合計2匹ゲット。
怪獣は1匹もゲットできなかった。)

Img_8849s(↑色違いのカイオーガのAR画像)

 色違いのカイオーガは私が1匹だけ捕獲に成功。

Img_8850s(←捕獲した色違いのカイオーガ)

 色違いの伝説のポケモンは捕獲率100%な(ボールが当たりさえすれば捕獲に成功する)ので、食べさせると捕獲時のアメが普段の2倍の6個になる『パイルのみ』を使って捕獲した。

 野生や卵やフィールドリサーチの報酬だけでなく伝説も含めて色違いに当たるかどうかは運次第なので、あまり熱心にカイオーガのレイドをしていたわけではないけれど、そのジムでレイドに勝つとミューツー・レイドに招待されるEXジムにカイオーガが出ていて、EXパス目当てでレイドしたら、色違いのカイオーガに遭遇できてラッキーだった。

Image4_2(↑左の画像の水色の○の中:報酬でラプラスが出るフィールドリサーチのタスク
右:報酬ででたラプラス)

 イベント期間中のフィールドリサーチのタスクの中に、シェルダー2匹を進化させるとラプラスが報酬で出現するというタスクがあったので、SNSの投稿されたタスクの出るポケストップを回ってタスクを3つ集めて、シェルダーを捕獲しまくって2匹を一気に進化させるを繰り返してラプラスを集めた。

Image2_3(↑ウォータ―フェスティバルの期間限定のBOX)

 ウォータ―フェスティバル期間中にも限定でBOXが発売されていた。
期間の終わり近くでやっと780コイン溜まったので、孵化装置と『しあわせせタマゴ』目当てでスーパーBOXを購入。
(孵化装置がイベント終了後に始まったフレンド機能の実装で非常に役に立つことに…)

Image1_2(↑6月のフィールドリサーチの大発見の報酬のフリーザー)

 6月のフィールドリサーチのスタンプを7個集めると貰える報酬のポケモンは『フリーザー』だった。

 6月には他にもフレンド機能が実装されて、ポケモンの交換などができるようになったが、長くなるので機会があったら記事にしようかとおもいます。

 6月のコミュニティー・デーのプレーは続きを読むから…

続きを読む "6月のポケモンGOプレー
6月のコミュニティー・デー(ヨ―ギラス)
ポケモンGO 47"

| | コメント (2)

2018年6月29日 (金)

4月・5月のポケモンGOプレー
5月のコミュニティー・デー(ヒトカゲ)
ポケモンGO 46

Image2 4月はポケモンGOプレーの記事は月の前半まで書いて、5月はブログの更新自体していなくて、6月は旅行記の記事を書いていたので、プレーの様子を記事にするのは2か月半ぶり。

 4月の後半はコミュニティー・デーの後は、アースデイのイベントがあった。

Image1(↑アースデイのイベントでトレーナー全員に配布されたラプラスとピカチュウのTシャツ)
 
 4月22日のアースデイに清掃活動をするというイベントで、ポケモンGOのアプリでも参加者を募集していたが、我が家は活動の場所が遠かったので参加しなかった。

Image3(↑くさ・みず・じめんタイプのポケモンが多く出現するようになった。)

 イベント参加者の数が3000人を突破していたので、報酬でくさ・みず・じめんタイプのポケモンが多く現れるようになり、貰える星の砂が3倍になった。

Image4(↑怪獣が捕まえた色違いのホエルコ)

 アースデイのイベントと同時に色違いのホエルコ(普通のホエルコは青だけれど、色違いはピンク)が実装された。

 いつも私たちがプレーする図書館の近くで出会った女性のトレーナー(ポケモンGOのプレーヤー)は、色違いのホエルコを捕まえるために、旦那さんと旅行に行った先でもホテルの近くのポケストップ全部に(ポケモンを誘き寄せる)ルアーモジュールを仕掛け、ホテルの周りを行ったり来たり歩き回って1500匹以上のホエルコを捕まえて、やっと1匹色違いが捕獲できたらしい。
 旦那さんにはクレージーな女だと思われるし、色違いホエルコを捕まえるために歩きまわって5ポンド(約2.5㎏)痩せたと言っていた。

Image3_2 5月に入って最初のイベントは『バトルウィーク』のイベントで、アメリカ東部夏時間の5月1日の夕方から5月14日まで開催された。
(バトルウィークの開催中に日本に帰国してしまったので、アメリカでいつイベントが終わったのかはよくわからない。)

Image4_2(↑バトルウィークに合わせて販売された、期間限定のスペシャルBOX)

 バトルウィークの期間中はかくとうタイプのポケモンが多く出現し、レイド・ボスも期間中は格闘タイプのボスは出現していた。
 レイドバトルで貰える星の砂が普段は500から6倍の3000にアップ。レイドに勝つと報酬で『ふしぎなアメ』が必ず貰える、ジムバトルやレイドバトルで貰えるXP(経験値)も普段の2倍になった。
 ジムバッジのランクで得られる経験値も2倍という特典もあった。

Img_8177s バトルウィークの期間中に、新たに『マクノシタ』と『アサナン』の色違いが出現した。

Image5(↑色違いのマクノシタ)

Img_8993s(←色違いのアサナン)

 私は色違いのマクノシタはイベントが始まってすぐに手に入れることができたけれど、アサナンがなかなか出てこない。(怪獣は逆で色違いのアサナンはすぐに手にいれたが、マクノシタがでてこない)
 今回のイベント中に色違いのアサナンを捕獲するのは無理かな…と思っていたら、イベント終了前日にの運転する車の助手席で(往生際悪く)プレーしていたら、信号待ちで車が止まったところに出たアサナンが色違いだったので捕獲した。

Image2_2 5月2日には、フィールドリサーチのリワードがファイヤーからサンダーに切り替わった。

 5月9日にはラティアスとラティオスのレイドの切り替えがあったのですが、丁度その頃私たちはアメリカから日本に一時帰国したため、ラティアス・レイドはできないまま、5月が過ぎました。

Image7(↑左:持てる道具の数が2000個にUPしたお知らせ。)

 5月14日には、道具を入れるバッグの容量の上限がそれまでの1000個から2000個に拡張された。
(現在ゲーム開始時に元々持っている容量は350個、200ポケコインで50個ずつ容量が増やせる。)

Image6  ホウオウがレイドボスとして5月19日から6月7日まで期間限定で再登場。
 今回は色違いのホウオウも実装された。
 その他には、アローラのポケモンが一部解禁になり、5月の末には首の長いアローラ・ナッシーが大発生していた。
 5月25日から、6月5日まではアドベンチャーウィークのイベントが開催されたけれど、長くなるので、アドベンチャーウィークについては6月のプレーの記事に書く事にします。

 また5月19日(土)には5月のコミュニティー・デーが開催。
5月のコミュニティー・デーについては、続きを読むから…

続きを読む "4月・5月のポケモンGOプレー
5月のコミュニティー・デー(ヒトカゲ)
ポケモンGO 46"

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

スペシャル・リサーチ完了
ポケモンGO 45

Img_8001 前々回の記事でフィールド・リサーチとスペシャル・リサーチの両方のプレーの様子を書く予定だったのだけれど、長くなったので2回に分けることにした後で、ツーリングの記事を書いてしまったので、今回はスペシャル・リサーチについて書く事にしました。

 スペシャル・リサーチは8つに分かれていて、それぞれのリサーチに3つずつタスクがあって、タスク一つをクリアするごとに経験値の報酬が貰え、3つのタスクを全部クリアすると道具や『ほしのすな』の報酬が貰える仕組みになっています。
 3つのタスク完了の報酬を受け取ると次のステップ(リサーチ)に進むことができます。

Task1(↑最初のリサーチの依頼)

Image2(←最初のリサーチの依頼を読み終わると表示される1番目のタスクとタスク完了後に貰える報酬)

 最初のリサーチは
・ポケストップを5個を回す
・ポケモン10匹捕まえる
・ポケモン5匹送る
と、いう比較的簡単なタスクです。
 それぞれのタスクをクリアするとXP(経験値)が500ずつもらえます。

 3つのタスク全部をクリアすると貰える報酬が
・スーパーボール10個
・3回使える孵化装置1個
・ルアーモジュール3個
です。

 3つのタスク完了の報酬を受け取ると、2番目のリサーチの依頼のアニメーションが始まります。

Task2(↑2番目のリサーチの依頼
水色の丸で囲まれた部分が2番目のリサーチのタスク)

2番目のリサーチのタスクは、
・相棒と歩いて2個アメを貰う
・グレートスローを10回投げる
・タマゴを3個孵す
で、タスクを一つ達成するごとに1000XP貰える。
3つを完了した時の報酬は、
・ほしのすな1000
・おこう3個
・ハイパーボール20個
です。

 グレートスローは投げたボールで捕獲できなくてもカウントされます。

Task3(↑3番目のリサーチの依頼

 3番目のリサーチのタスクは、
・レベル15に到達する
・ジムバトルを2回する
・レイドバトルを2回する
で、1つのタスク達成に1500XP、
報酬は、
・わざマシーンスペシャル1個
・わざマシーンノーマル1個
・ほしのかけら2個
です。

 ジムバトルは1回勝つ毎に1回とカウントされるので、ジム全体のポケモンを倒す必要はないです。
 レイドバトルは負けても1回とカウントされる。

Task4(↑4番目のリサーチの依頼)

 4番目のリサーチのタスクは、
・カントーメダルをシルバーにする
・相棒と歩いてアメを5個貰う
・ポケモンを20匹進化させる
で、1つのタスク毎に2000XP、
報酬は、
・ほしのすな2000
・ルアーモジュール3個
・ハイパーボール20個
です。

 カントーメダルをシルバーにするには、カントー地方(第1世代)のポケモン151匹のうち、50匹をポケモン図鑑に登録(捕まえるか進化するか卵を孵化して手に入れる)すればOKで、トレーナーレベルの高いプレーヤーは殆どクリアできている状態かと…
 また、4月10日~17日までカントーウィークのイベントがあって、カントーのポケモンが出やすくなっていたので、始めたばかりや一時プレーを止めていたプレーヤーも達成しやすくなっていた。

Task5(↑5番目のリサーチの依頼)

 5番目のリサーチのタスクは、
・メタモンを1匹捕まえる
・グレートスローを20回投げる
・ゴーストタイプのポケモンを20匹捕まえる
で、1つのタスク毎に2500XP、
報酬は、
・プレミアムレイドパス1個
・しあわせタマゴ1個
・元気のかけら15個
です。

Img_8145(←メタモンかもしれないポケモンの一覧
画像クリックで拡大画像を表示)

 タスクの一つ、メタモンは他のポケモンに化けているので、捕まえにくく苦戦しているプレーヤーが多かったみたいです。

 ゴーストタイプのポケモンは夜の方が出現率が高く、夜な夜なゴーストハンティングに出かけるプレーヤーも多く、かく言う私も夜に息子の運転でゴーストハンティングに出かけました。

 カントーウィークの期間は昼間でもゴースが多量に発生していたので、夜出歩くまでもなくタスク達成できたようです。

Task6(↑6番目のリサーチの依頼)

 6番目のリサーチのタスクは、
・レイドバトルを10回する
・コイキングを進化させる
・トレーナーレベルを25にする
で、タスク毎に3000XP、
報酬は、
・ほしのすな3000
・おこう3個
・ふしぎなアメ5個
です。

 レイドバトルは負けてもカウントされるので、一人でも倒せるレベルの低いレイドボスを探して、プライベートレイドに設定して、倒されたら回復せずに送れるポケモンばかりでパーティーを作って、パーティーが倒されたらロビーで時間切れになるまで待機してわざと負け、複数回レイドバトルをして最後にレイドボスを倒して回数を稼ぐ方法があります。
 この方法だとレイドパス2つでタスクを達成できます。
(レイドボスがジムにいる時間は45分で、レイド前の待機時間が2分、時間切れまでの時間が3分で合計5分かかるので、1匹のレイドボスでバトルできるのは9回が限度のため)

Task7(↑7番目のリサーチ依頼)

 7番目のリサーチのタスクは、
・ポケモンを捕まえる時に50個きのみを使う
・カーブボールのエクセレントスローを1回投げる
・カントーメダルをゴールドにする、
で、タスク毎に3500XP、
報酬は、
・ポケモン発見
・ハイパーボール30個
・ほしのすな4000
です。

 7番目のリサーチのタスクが実質的に達成しなければならない最後のタスクです。
3つのタスクの中では『カーブボールのエクセレントスロー』を出すのが難しくて、苦戦しているプレーヤーも多かったみたい。
(エクセレントスローで一度ボールに入った後、逃げられてもカウントされる)
 エクセレントスローの出やすい(ターゲットリングが大きい、動かないなど)ポケモンがいるので、見つけたらカーブボールを投げてエクセレントを狙います。
(私は、コクーンに『ずりのみ』をあげて、カーブボールを投げたらエクセレントがでてあっけなく達成してしまいました。)

Taskcomp(↑7番目のリサーチのタスク完了後の博士のコメント)

 7番目のリサーチのタスクを達成すると報酬でミューがでます。
フィールドリサーチと同じく、『ゲットチャンス』(すぐに挑戦する)か『今はやめておく』(後で挑戦する)かが選べます。
 ミューの捕獲はAR画像のみでの捕獲で、出現後すぐに透き通って背景に溶け込んでしまうので捕まえにくいです。
 おまけに捕獲には『きのみ』が使えず、普通のモンスターボールのみ。
 木の実が使えないことや捕獲率の高いスーパーボールやハイパーボールが使えないと噂を聞いていたので、報酬を受け取る前にモンスターボールを沢山集めて挑んだのだけれど、ミュー捕獲後も手持ちのボールは減っていなかったようでした。

Image3(↑左:現れたミューのAR画像、
中:透明で見えにくくなったミューの捕獲AR画面
右:ミューのいる場所の拡大画像)

Img_7959(←リサーチ達成で、捕獲したミュー)

 透明になって背景に溶け込んでいるミューでも、モンスターボールをバウンドさせて当てるとまた姿を現すので、ボールも当てやすくなります。
 AR画像撮影の時は何度かバウンドさせたボールを当てて撮影しました。

 ミューの捕獲率はほぼ100%なので、焦らずにボールをあてれば何度かの挑戦で捕獲できると思います。
(以前に不正をした事のあるアカウントでは逃げられることもあると聞きました。)

Image6(↑8番目の報酬)

 8番目のリサーチはミューを捕まえた後に報酬で2000XP×3とほしのすな5000個、スーパー孵化装置1個、ミューのアメが20個もらえます。
 私がミューを捕獲した時は丁度カントーウィークの期間中で、捕獲時のミューアメの数が普段の2倍の6個もらえたのは嬉しかったです。

 怪獣のアカウントでもスペシャル・リサーチが終わって無事ミューをゲット。
今は私は(iPhone5cでポケモンGOがプレーできなくなってしまったので代わりに)のアカウント、怪獣のアカウントでスペシャル・リサーチに取り組んでいるところです。

| | コメント (2)

2018年4月27日 (金)

フィールド・リサーチ終了
ポケモンGO 44

Img_7726s アメリカ東部夏時間の3月30日からリサーチ機能が始まった。

 リサーチ機能にはフィールド・リサーチとスペシャル・リサーチの2種類あるのだけれど、4月5日にフィールド・リサーチの最初の週が達成、11日にはスペシャル・リサーチのタスクを達成できたので、リサーチ・機能のプレーのまとめを軽く書いておこうと思った。

 はじめはフィールド・リサーチから…

 フィールド・リサーチのタスクはポケストップを回すと手に入れることが出来て、1回に持てるタスクは3つまで。

Image9_2(↑いらないタスクを消去する
左:いらないタスクの枠の右上の角にあるゴミ箱のマーク(水色の○の中)をタップすると、
中:タスクをキャンセルするかどうかの確認の画像が表示される。OKをタップすると
右:タスクの一覧に戻る、取り消したタスクが一覧からなくなっている)

 タスクを達成してリワードを受け取るか、ゴミ箱のマークをタップして捨てるとタスクが消えて、次にポケストップを回した時に新しいタスクを受け取ることができる。

Image8(↑左:ポケストップの画像の右上に表示されたタスク受け取り済みの印(水色の○の中)
右:印をタップすると表示される画面)

 タスクを受け取れるのは1つのポケストップから1日に1回限りのようで、タスクを受け取るとポケストップ画面の右上に小さな受け取り済みの印が表示される。
(タスクをキャンセルした場合また受け取れるのかは不明)

Image9(↑フィールド・リサーチのタスク達成の画像
:フィールド・リサーチの文字をタップすると持っているタスクの一覧が表示される
:タスクが達成されると地図画面の双眼鏡のマークがオレンジ色に変わり、タスクの一覧のタスクの表示も『リワードを受け取る』に変わって枠内もオレンジ色になる
:その日初めてのタスク達成すると、スタンプが貰える)

 

フィールド・リサーチのタスクを達成すると1日1つスタンプがもらえる。
(1日に何個タスクを達成しても貰えるスタンプは1日1個まで)
スタンプは毎日連続でもらわなくてもOKで、7個スタンプを集めると特別な報酬が受け取れる。

Field_reward1(↑フィールド・リサーチ完了の画面
左:ウィロー博士のコメント
中:完了時のフィールド・リサーチ画面
右:リサーチ画面で箱の絵のオレンジのBOXをタップすると表示される特別なポケモンのゲットチャレンジの画面) 

 スタンプを7個集めると特別なポケモンのゲットチャレンジの画面が表示され、『ゲットチャンス』をタップするとその場でゲットチャレンジが始まり、『今はやめておく』をタップすると自分の好きな時にチャレンジできる。

Field_reward2(↑4月5日のフィールド・リサーチ終了時に現れたファイヤー)

 この記事を書いている時点で、私は3回フィールド・リサーチを完了させているけれど、3回とも現れたポケモンは第1世代の伝説のポケモンの『ファイヤー』だった。

続きを読む "フィールド・リサーチ終了
ポケモンGO 44"

| | コメント (2)

2018年4月18日 (水)

4月の雨氷
4月のコミュニティーデー&カントー・ウィーク
ポケモンGO 43

Dsc00021s 4月15日の日曜日の朝、起きてすぐのが寝室の窓から外を見て、
「また雪だよ~」
と、言ってたので、外を見るとうっすらと積もっているようだった。

(↑15日の朝の裏庭)

Img_7986s(←怪獣の使っているバスルームの窓)

 怪獣のバスルームに体重を計りに行ったら…
ナント!
窓がすりガラスのような不透明になっていて外がぼんやりとしか見えない。

Σ( ̄ロ ̄)オヤ?

 近くによって見ると、窓ガラスに氷が張り着いているらしい。

うっひょ~(ノ゚⊿゚)ノ

また雨氷だぁ…

Img_7985s(↑窓ガラスに張り付いている氷と窓の外に見えているつらら)

Dsc00028s(↑デッキの横の生垣)

 キッチンの窓から、裏庭にあるデッキの横にある生垣も雨氷で氷でコーティングされていた。

Dsc00053s(↑生垣についている氷りついた実)

Dsc00073s2(←4月15日の朝、玄関前)

 玄関から表庭にでる小道も、パッとみると雪だけれど、よく見ると霙が固まったような不透明の氷が張っていた。

 歩くと雪のように窪んだ足跡がつくのではなく、踏んだ部分だけが薄いグレーの足跡に変わった。

 玄関前の背の低い常緑樹も…
(↓水色の矢印の先の常緑樹の梢の拡大写真)

Dsc00043s やたら艶があると思ったら…

凍っているし!

Dsc00040s

 玄関前の柵も…凍ってるぅ…

Dsc00061s(↑4月15日表庭の芝生)

 芝生も凍っている…

Dsc00067s(↑外に置きっぱなしだった車)

車も…凍っている!

Image2(↑氷りついた車)

 午前中はうちの周りは氷漬けの世界だったけれど、雨が降り続いたおかげで午後には氷も少しずつ融け始めた。

 雨氷だった15日の午後2時~5時までポケモンGOの4月のコミュニティー・デーのイベントがあった。

 コミュニティー・デーとカントー・ウィークについては続きを読むから…

続きを読む "4月の雨氷
4月のコミュニティーデー&カントー・ウィーク
ポケモンGO 43 "

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

ラティオス出現&8ビットグラフィック表示
ポケモンGO 42

Img_7874s 最近ポケモンGOのイベントが目白押しでポケモンGOの記事が多いので、まとめて1か月に2記事くらいにしようと思っていたのだけれど、先月の末から新しいリサーチ機能が始まったので、まとめるにしても書く事が多すぎて長くなりそうなので、4月上旬に始まったラティオス・レイドの記事を書いておくことにしました。

(↑ラティオス&ラティアス出現のお知らせ)

Img_7875s(←スマホのラティオス&ラティアス出現のお知らせ)

 アメリカ東部夏時間の4月2日の午後4時から、ラティオスがレイドバトルに出現した。

 去年の秋のライコウ、エンティ、スイクンのレイドのように、今回も地域でラティオスとラティアスが入れ替わるらしい。
 4月はアメリカとアフリカ地域にラティオス、ヨーロッパとアジア地域にラティアスのレイドが行われ、日本時間の5月9日にラティオスとラティアスが入れ替わって6月5日にそれぞれのレイドが終了になるようです。

 ラティオスが出現した4月2日は、ルギア・レイドの最終日で、色違いのルギアを捕まえるためにポケコンを使って購入するプレミアム・レイドパスも使って5回もレイドをした(けれど色違いには出会えなかった)ので、レイドパスはないし、疲れるしでラティオス・レイドには参加しなかった。

Image1(↑2回目のラティオス・レイドの様子)

 翌3日には1回目のラティオスレイドをして、捕獲に成功。

Img_7921s(←最初のラティオス・レイドで捕獲したラティオス)

 最初のラティオスレイドでスクリーンショットを撮るのを忘れたので、2回目の6日のレイドでスクリーンショットを撮った。
(けれども、2回目のレイドでは捕獲に失敗してしまって残念。)

 リサーチのタスクがスタートした事もあってか、それまでの伝説のポケモンのレイドよりもプレーヤーが集まりにくくなっているように感じた。

8ビットグラフィック表示は続きを読むから…

続きを読む "ラティオス出現&8ビットグラフィック表示
ポケモンGO 42"

| | コメント (2)

2018年4月10日 (火)

4月なのに雪&停電

Dsc00010s(↑4月4日の朝の裏庭)

 4月1日のイースターの日も朝少し雪がちらついていたのだけれど、4日も朝から雪だった。

Dsc00013s(↑4月4日の朝の玄関わき)

 雪といっても量は多くなかったし、気温も0℃前後なので積ることはなく、積っても1センチくらいのうっすらとした積雪だった。

Dsc00016s

 雪は降ったり止んだりでほぼ1日中続いた。

Img_7864s(↑4月4日午後、ホワイトアウト気味で視界が悪い)

Img_7860s(←4日、裏庭に出たコンパンのAR画像)

 午後には怪獣の迎えに車を出したのだけれど、風も強くなって来てホワイトアウト気味で視界がかなりわるかった。

 怪獣のお迎えの帰りに何カ所かのお店に買い物に行く予定だったけれど、視界がかなり悪かったので、1カ所だけ寄って必要なものだけを買って早々に家に帰った。

 翌5日は晴れ時々曇りで、気温も0℃前後で4日に降った雪も全部融けてなくなっていた。

Dsc00018s(↑4月6日の朝の裏庭)

 6日の朝起きたら、またもや雪が降っていた。
どうやら前の晩の遅くから雪が降り始めたようで、4日の日よりも多めに積っていた。

Dsc00020s(↑4月6日、裏庭の出っ気の脇の生垣に積った雪)

 6日の日も降ったり止んだりの断続的な雪で、4日よりも風が強く、体感温度がかなり低くて寒く感じた。

Dsc00021s(↑4月6日朝、玄関わき)

Image1(↑ポケモンGOのお天気機能の表示)

 ポケモンGOも起動すると、荒天のため安全確認の警告画面が表示されていた。
(お天気機能が導入された直後は荒天の時はプレーできなかったのだけれど、今は安全確認のボタンをタップするとプレーできるようになっている。)

Img_7903s(↑4月6日の午後)

 6日の午後に怪獣と買い物に出かけて家に帰ってきた途端、停電。
ガレージに車を入れてシャッタを閉めた直後のことだった。
もう5分遅かったら、(ガレージのシャッターは電気で動いているため)車をガレージの外に置いて、玄関のカギを開けて家にはいらなければならなかった。
(アメリカは車社会なので、ガレージが家に隣接していて、ガレージから家に出入りすることが多い。
家に入るには、ガレージのシャッターさえ開いてしまえばOKなので、玄関などの鍵は持たずに出かけて、停電になってシャッターが動かなくなって家に入れないということも…)

Img_7905s(↑車に積った雪)

 停電直前にガレージに車を入れることが出来たのはよかったのだが、夕方からを会社に迎えに行った後出かける用事があったので、夕方までに停電から復旧しないと、出かけられない…
(アメリカの停電はいつ復旧するのかわからないし、長期間の停電もザラなので、)
 「どうしよう…」
と、思っていたら1時間くらいで停電から復旧して無事に出かけることが出来て良かった。

 もう、雪はコリゴリだーと思っているにもかかわらず、この記事を書いている9日もまた雪。
 春はいつ来るのだろう?

| | コメント (5)

2018年4月 3日 (火)

リサーチ機能スタート
ポケモンGO 41

Img_7742s 3月28日頃、ポケモンGOのローディング(読み込み)画面が2018年の新年の画像から新たに始まるリサーチ機能の画像に変わった。

(←3月末ごろから切り替わったポケモンGOのローディング画像)

 その前から、メールやSNSで3月の末頃から新しい機能『リサーチ』がスタートするというお知らせが届いてはいた。
 いつから始まるのか詳細なお知らせは届いていなくて、SNSの仲間うちでは、31日頃じゃないかとささやかれていた。

Img_7747s(←リサーチのアイコンが表示されるようになったポケモンGOの地図画像。
上の矢印の先の○の中:お天気機能のアイコン
下の矢印の先の○の中:ウィロー博士のアイコン)

 ロード画面がリサーチの画像に変わった時に、地図画像もアップデートされて、お天気機能のアイコンが右下から右上に移動。
 『近くにいるポケモン』のバー表示の上には何もなくなっていた。
 3月30日の午後、ポケモンのバー表示の(以前お天気機能のアイコンのあった場所に)ウィロー博士のアイコンが表示されたのでタップしてみると…

Image1(↑ウィロー博士のアイコンをタップすると表れた説明のアニメーション)

ウィロー博士のアニメーションがでて、調査を手伝ってくれるように依頼が…

Image3(↑左:地図画面の双眼鏡のアイコン(リサーチのアイコン)が追加
右:スタンプ画面、最初のスペシャルリサーチ3つのタスクとタスクを完了した時に貰える報酬)

 最初のスペシャルリサーチのタスクは…
・ポケストップを5回回す
・ポケモンを10匹捕まえる
・ポケモンを5匹送る
の3つ。

Img_7767s(←スペシャルリサーチの3つのうちの3つ目のタスクを達成したところ)

 タスクの遂行には順番はなく、表示されているタスクのどれでも早くクリアしたものからオレンジ色の達成のマークがつく。
 オレンジ色の『リワードを受け取る』をタップするとそのタスクの右側に表示されているXPが報酬として貰え、グレーのタスク完了のマークにかわる。

Image5
 表示されている3つのスペシャルリサーチのタスク全部を完了すると、下の方に表示されている報酬のアイテムの表示がオレンジ色の『リワードを受け取る』に変わるのでタップすると、報酬アイテムがもらえる。

Image7(↑最初のスペシャルリサーチのタスクをコンプリートした後に出てきた、ウィロー博士のアニメーション)

 3つ全てのタスクを達成すると次のスペシャルタスクに進むことができる。
 スペシャルリサーチのタスクの内容はどのプレーヤーでも同じタスク。

Image4(↑左:地図画面
中:スペシャルリサーチの画面
右:まだタスクを手に入れていない状態のフィールドリサーチの画面)

 フィールドリサーチのタスクはポケストップを回すと手に入る。一度に持つことのできるタスクの数は3つで、既に3つ持っている場合はポケストップを回しても新しいタスクを手に入れることはできない。
 リサーチタスクを達成するか、捨てるとタスクは消えて新しいタスクを手に入れることができる。

 手に入るタスクはポケストップの場所や回した時間帯などでランダムに現れるようで、達成するごとに報酬が貰えるが、同じタスクをこなしても貰える報酬がちがう。

Image10(↑リワードでワンリキーが出た時の様子)

 フィールドリサーチの報酬の草むらの中の?マークはタスクを達成するとポケモンの捕獲画面になる。
 報酬で捕まえたポケモンの強化に必要な星の砂は1900で固定されているようです。
(卵の孵化やブーストされていない時のレイドの捕獲では星の砂2500なので、リサーチの』報酬のポケモンのレベルは少し低め。)

Image11(↑リサーチ画面)

 リサーチ画面のスタンプの押されていない空白の枠をタップすると『スタンプを集めよう』の画像が表示され、BOXのアイコンをタップすると達成までの残りのスタンプの個数が表示される。

Image13

 スペシャルリサーチ画面の博士の顔のアイコンをタップすると、現在取り組んでいるスペシャルリサーチの依頼のアニメーションを見る事ができる。

Image12(↑バグ?)

 私のスマホではスペシャルリサーチの画面で、時々リサーチのタイトル以外に『???』が表示され、タスクの欄に英語の表示が現れ、博士の顔のアイコンをタップするとポケモンのトリビアが英語で表示され、その後プレー画面に戻れなくなる(バグ?)状態が発生中。

Image14(↑リサーチ機能の追加で冒険ノートやメダルにもリサーチ機能関連の表示が追加されるようになった。)

 ポケモンGOのアプリには(大まかな説明はあるけれど)元々詳しい遊び方の説明はなく、今までも手探りでプレーしてきたのだけれど、今回のリサーチ機能も遊びながら使い方を知るしか方法がなさそう…

( T_T)トホホ…

 私は試行錯誤が好きなので、何とか楽しんでプレーできているけれど、せっかちなは大雑把な説明から自分で方法を見つけていくのが面倒くさいみたい。
 新しい機能が追加されるにつれて、プレーする回数が減り、(のスマホでポケモンGOにログイン出来なくなってしまった)今は全く遊ばなくなってしまった。
 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧