ポケモンGO&地域

2019年8月21日 (水)

Frankfort North Brakewater Light(灯台50)

Img_dsc_0142s.jpg

 Manistee Lighthouse を見た後は、州道22を北上してFrankfortへ向かいました。

(↑近くのビーチからみた灯台)

Img_dsc_0129s.jpg

(↑防波堤と灯台)

 Frankfort North Brakewater Lightはフランクフォートの港の北の防波堤の先端にある灯台。
最初の灯台は、木製の桟橋に木製の四角錐型の塔と木製のキャットウォークと全て木製で、初稼働が1873年。

Img_dsc_0119s.jpg

 1912年に木製の桟橋の先にコンクリートの土台を作ってその上に鋳鉄製の四角錐の塔(現在の塔)が建てられ、1919年に電化。
1930年に港にコンクリート製の南防波堤と北防波堤が建設され、1932年に桟橋から北防波堤の先端(現在の位置)に塔が移された。
 2010年のコーストガードの灯台整理縮小に伴い、2011年には灯台の所有がフランクフォート市に移転され、現在はフランクフォート市が管理している。

Img_img_6803s.jpg

 現在の塔は北防波堤の先端にあるのだけれど、防波堤の高さと水面の高さがほぼ同じで、防波堤は打ち寄せる波で濡れた状態でした。

Img_dsc_0125s.jpg

 桟橋の先の塔の手前数メーターの所は、防波堤が完全に水没していました。

 

続きを読む "Frankfort North Brakewater Light(灯台50)"

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

Manistee Lighthouse(灯台49)

Img_dsc_0080s.jpg

 8月16日は、が有給を取ったのでバイクでツーリングに出かけました。
 今年の夏はどこにも旅行に行っていなかったので、家族でドライブ旅行の予定でしたが、飼い猫のうちシロ猫の調子が暑さと高齢のため食慾がなく、自力で食べられないため給仕する人が必要なので、怪獣が残ることになりました。
 2人で行くなら、バイクで行こうという事になり、ツーリングになりました。

Img_dsc_0088s.jpg

 今回行ったのはミシガン湖畔にある2か所の灯台です。
ミシガン湖の灯台を選んだ理由は、2017年秋のミシガン湖岸ツーリング旅行で近くまでいっていたけれど、日没後で訪れることができなかった灯台だったからです。

Img_dsc_0093s_20190818114601.jpg

 最初に訪れたのは、Manistee Lighthouse。
 現在のManistee Lighthouseはマニスティ―市にある灯台で鋳鉄製。
 最初の灯台は1870年に稼働をはじめたが、1871年の火事で焼けてしまい、1872年に再建。
1875年にマニスティー港にある2つの桟橋のうち南の桟橋に移動。

Img_dsc_0095s.jpg

 1927年に北の桟橋に鋳鉄製の現在の灯台が建設され電化されるとともに、鉄製のキャットウォークを設置、その後オートメーション化されたが現在もキャットウォークの残っている数少ない灯台(ミシガン州では4か所のみ)。

Dsc_0101s

(↑現在南の桟橋の先端にある塔)

 北の桟橋に塔が移ると、南の桟橋にあった灯台守の住宅付きの灯台は取り払われ、代わりに南の防波堤の先に塔が作られた。

Img_6785s

(↑近くのビーチからみた灯台)

 

 

続きを読む "Manistee Lighthouse(灯台49)"

| | コメント (2)

2019年5月24日 (金)

マウント・ラシュモア&Urgent Care訪問顛末記

Img_dsc_0115s.jpg

 フィールド・オブ・ドリームスのロケ地(アイオワ州)を訪れた後は、サウス・ダコタ州にあるマウント・ラシュモア(4人の大統領の顔が山に彫られた場所)に行くことにしました。

(↑アベニュー・オブ・フラッグズ)

Img_img_4650s.jpg
 

アイオワ州の北西の角はサウス・ダコタ州に接しているのだけれど、お隣同士とは言えフィールド・オブ・ドリームスののロケ地はアイオワ州の南東でマウント・ラシュモアはサウス・ダコタ州の西側にあるので、750マイルくらい、移動に11時間くらいかかります。
 ノンストップの11時間なので、給油やトイレや食事などの時間も考えると12時間くらい。
移動だけで丸1日かかってしまうので、その日のうちに観光までは無理だろうという事で近くのラピッド・シティーに1泊して翌日マウント・ラシュモアに行くことにしました。

Img_dsc_0110s.jpg

 マウント・ラシュモアはラピッド・シティから南西に車で30分くらいの場所にあります。
入場料金は無料でしたが、駐車料金に10ドルかかりました。
(詳しい情報はナショナル・パークのサイト(英語)を参照してください。)


Img_4648s

(↑↓グランドビュー・テラスの下にあるビジターセンター)

Img_4654s

 エントランスを入ると通路を進むとインフォメーションセンターとトイレ、次にギフトショップとカフェ(カフェでは名物のトーマス・ジェファーソンのアイスクリームを売っています)、アベニュー・オブ・フラッグズ(アメリカ50州の州の旗がかかげられている)、グランドビュー・テラス(テラスの真下がビジター・センター)、テラスの奥の下にひな壇式の屋外劇場があります。

Moruparkmap2018marketplace2

(↑施設のマップ
マウント・ラシュモア・ナショナルパークのサイトより引用)

Image2_7

(↑マウント・ラシュモアのポケモンGOのジム)
Image3_4

(↑↓マウント・ラシュモアの彫刻とポケモンのAR画像)

Img_4642s

 私たちが訪れた日は、前日と当日と翌日に雪が降ったりやんだりの風の強い日でかなり寒かったので、名物のアイスクリームは食べませんでした。
 もう少しゆっくり見て回りたかったのだけれど、旅行以前から耳が痛いと言っていたが旅行中に更に痛みが悪化して観光どころではなくなって、近くのUrgent Care(緊急外来?)に行くことにした。

 

続きを読む "マウント・ラシュモア&Urgent Care訪問顛末記"

| | コメント (3)

2019年5月21日 (火)

映画『Field of Dreams』ロケ地2

Img_4581s

(↑室内ツアーの入り口になっているキッチン側の出入り口お勝手口?)

 室内のツアーはキッチン側の入り口からスタートします。
入り口で靴を脱ぐか、靴カバーを着けて室内に入ります。
Img_4580s

(↑お勝手口から入ってキッチンとの間にある洗面台)

Dsc00080s

(↑主人公のレイが畑で声を聞いて戻って来たシーン。
キッチン側からお勝手口にかけてのショット)

 映画の中で主人公のレイが畑で声を聞いた後、家に戻ってくるシーンで↑の洗面台を使っているのですが、映画ではキッチンからのショットで洗面台が写っておらず、ツアーに訪れた多くの人が、「ここに本当に手洗い場があったんだ」(映画では写っていないので手を洗う演技をしているのかと思っていた人も…)とコメントするそうです。

Img_dsc_0062s.jpg

(↑キッチン)
Dsc00088s

(↑映画のシーンの中のキッチン)

Img_img_4572s.jpg

(↑ダイニング。
キャビネットやダイニングセットやラグが映画の撮影当時とは違っているがほぼ忠実に保存されている。)

Image1_11

(↑映画の中でのダイニングのシーン)

Img_dsc_0058s_1.jpg

(↑リビングからダイニングをみたところ
勝手口からダイニングの入り口のところ(画像の左より)にガイドさんが写っている)

 ツアーのガイドさんは映画のゴーストプレーヤーが着ていたのと同じデザインの野球のユニフォームを着て案内してくれる。
私たちがツアーに参加した時のガイドさんは地元ダイアーズビルの出身で、映画が公開された1989年にはまだ生まれていなかったのに、映画やロケについては良く知っていて、ツアー客の質問などにもよく答えていたのには感心しました。

Img_dsc_0060s_1.jpg

(↑2階に続く階段)

Dsc00090s

(↑ボストンに行くかどうかで口論になった階段でのシーン)

 ツアーは1階のみで、2階部分は現在事務所になっているので見ることはできませんでした。

Img_img_4567s.jpg

(↑リビングの出窓からみた球場)

Dsc00091s

(↑リビングの出窓のシーン)

Img_4584s

(↑ポーチのブランコ
映画撮影時に比べると植木などが大きく育っている)

Dsc00078s_1

(↑映画の中のポーチのシーン)

Img_4579s

(↑ダイニングに飾られていたゴーストプレーヤーの写真とサイン。
ゴーストプレーヤーたちは皆ダイアーズビル出身で、元野球選手だった方たちだそうです。)

Img_dsc_0067s.jpg

(↑リビングのソファーとテレビ)

 ツアーは30分くらいの長さで、ガイドさんによると訪れる外国人は日本とオーストラリアからの観光客が多いらしい。
ツアーのお値段は大人一人20ドルと高めだけれど、映画撮影時のトリビアやロケ地その後の話などがきけるので、参加する価値はあると思います。
 特にフィールド・オブ・ドリームスの映画のファンなら、ガイドさんに質問も色々できるので、ぜひツアーに参加するのをお勧めします。
私たちも、「あのシーンはこのアングルで撮影されたのか」とか、「あの窓はあのシーンに使われていたなぁ…」「ダイニングの窓は球場とは反対側を向いていたんだ…」とか、映画のシーンを思い浮かべながら回りました。
旅行から自宅に戻った後、もう一度DVDを見直して、リビングとダイニングはどう繋がっていたのかとか、キッチンとダイニングの位置関係とか、撮影時には冷蔵庫のマグネットや子どもの絵などもっと沢山の小道具が置いてあったとか、キッチンのキャビネットの中がシンクを挟んで右と左で逆になっていたとか、色々細かいことなども確認しながら観られて面白かったです。

 今年は映画が公開されて30周年記念という事で、6月、7月、8月、9月にかけて特別イベントが開催されるそうです。
詳しい情報はフィールド・オブ・ドリームス・ムービーサイト(英語)で見ることができます。

 

続きを読む "映画『Field of Dreams』ロケ地2"

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

3月のポケモンGOプレイ  ポケモンGO 66

Img_2196s 冬学期が終わり、の大学の卒業式に参加するために、以前に住んでいた州に旅行に行っていたので、暫くブログの更新をお休みしていました。

 旅行の記事は画像が整理されていないので、でき次第徐々にUPすることにして、今回と次回はまだ記事にしていなかった3月と4月のポケモンGOのプレイについて書こうと思います。

3月の伝説レイド(ディアルガ)

 3月の伝説レイドのポケモンは『ディアルガ』でした。
期間は2日~28日までで、私は5回レイドに勝って4匹捕獲に成功、怪獣は4回レイドに勝って3匹捕獲できました。

Image1_3

(↑ディアルガ・レイドの様子)
Image2_1

(↑ディアルガ捕獲画面とAR画像、ステータス画面)

バトルウィーク

Image1_4 (↑バトルウィークのお知らせ)

 3月5日〜3月12日までバトルウィークで格闘タイプのポケモンが出やすくなっていて、バトルウィークの特別なリサーチ・タスクや『ワンリキ』と『マンキー』の色違いが実装されましたが、学校が忙しくてあまりプレーできなかったので、どちらの色違いも捕獲できずに終わりました。

ランチタイム・レイド&レックウザ・レイド

 バトルウィークの終了後すぐの13日の12時~13時まで、ランチタイム・レイドのイベントがあり、EXジム以外のジムは殆どすべて伝説レイドのディアルガのレイドになっていましたが、私のクラスの都合で参加できませんでした。

 また、15日の夕方~18日の夕方までレックウザのレイド・ウィークエンドが開催されていましたが、こちらも1度も参加することなくイベントが終わってしまいました。
Image1_5

(↑春分の日のイベントのお知らせ)

 レックウザ・レイドと入れ替わりで3月19日~3月25日まで春分の日のイベントがスタート。草タイプのポケモンが多く発生しイベントに合わせたフィールドリサーチもでていました。特に新しい色違いの実装もなく、盛り上がりに欠けるイベントでした。

3月のコミュニティーデー(キモリ)

Image1_6 (↑コミュニティーデーのお知らせ)

 春分の日イベントの期間中の週末の23日にコミュニティーデーのイベントが開催され、今月は草タイプのポケモン『キモリ』が大発生し、色違いも実装されました。
Image3 (↑大量発生したキモリとキモリ関連のフィールドリサーチのタスク) 

今回のコミュニティーデーは世界のどこでもタイムゾーンに関係なくローカル時間の23日の15時~18時の間に開催されました。

Image2_2 (↑色違いのキモリ)

 色違いのキモリは私のアカウントで7匹、怪獣のアカウントで10匹捕獲できました。

天候リサーチ

Image2_3 (↑色違いのハスボー)

 コミュニティーデーの1週間後の土曜日(30日)には、フィールドリサーチのタスクを達成するとハスボーが出る天候リサーチのイベントがありました。
Image1_7 (↑達成するとハスボーが出るタスク)

 今までの『ヒンバス』や『パールル』のフィールドリサーチのイベントでは、開催時間が3時間でしたが、今回は11時~20時までの9時間と長い期間だったので、開催中ずっとプレーするのではなく、買い物のなどの合間にポケモンGOをプレーできて、負担が少なかったのが嬉しかったです。
 色違いのハスボーが実装されるということだったので、ポケストップを回して70以上のタスクを達成しましたが、色違いは私が2匹、怪獣が3匹のみでした。(ヒンバスは0なので、それに比べればまだマシかも…)
Image3_1 (↑色違いのポワルン)

 イベント期間中は通常フォームのポワルンも大発生、こちらも色違いが出るということだったので、見つけたら片っ端からタップして確認して、色違いだったら捕まえるを繰り返して私は19匹、怪獣は13匹捕獲に成功しました。

ギラティナ・レイド

 ディアルガ・レイドとほぼ入れ替えで、去年のハロウィンの頃に登場した『ギラティナ』のアナザー・フォルムが伝説レイドに戻ってきて、4月2日には、新たにオリジン・フォルムが登場しました。
 アナザー・フォルムは捕獲済みだったので、レイドには参加しませんでした。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

国立アメリカ空軍博物館5<br>ポケモンGOのスナップショット

Image1_2

 博物館周辺の公園と館内にもいくつかポケモンGOのジムとポケストップがありました。

Image2

 屋内は博物館のフリーWi-Fiが使えたのですが、電波の状況が悪く、一部ポケモンGOがプレーできない場所もありました。

Img_2691s

(↑Curtiss P-40E Warhawkとサメハダー )

Img_2716s

(↑Lockheed P-38L Lightningとカイオーガ)

↑似てる?↓

Img_2744s

(↑Messerschumitt Me 262A Schwableとマンタイン)

Img_2819s

(↑Bell UH-1P Iroquoisとメガニューム)

↑似てる?↓

Img_2875s

(↑McDonnell Douglas RF-4C PhantomⅡとサメハダー)

Img_2665s

(↑コイル)

Img_2703s

(↑トゲキッス)

Img_2913s

(↑オオスバメ)

Img_2802s

(↑ダンバル)

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

ポケモンGOとアイスクリーム

Image1 今年の夏はポケモンGOついでに、見かけたアイスクリームショップでアイスを食べてみようということになった。

(↑『ブルー』と『ニドラン♂』とストロベリーアイスクリーム)

Image2(↑計り売りのソフトクリーム屋さんで、『マダツボミ』とアイス)

Image3(↑ソフトクリーム屋さんと、『イルミーゼ』
ここはバニラとチョコレートとミックスの3種類のフレーバーしかなかった)

Image4(↑デイリークィーンにて、ブリザードとパイナップルサンデーと「わ~ぃアイスだぁ!」と喜ぶ『ロゼリア』)

Image5(↑コールド・ストーン。
ジェラードのお店とストロベリージェラードと『マグマッグ』)

Image6(↑ソフトクリーム屋さんとパイナップルソフトと『ハブネーク』)

Image7(↑モールの中のカフェで、
ストロベリーアイスと『ケンタロス』)

Image8(↑モールの中のハーゲンダッツ。
マンゴーシャーベットと『タマザラシ』)

Image9(↑カップケーキ屋さんで夏季限定売っていたブルームーンアイスと『オタチ』と『コラッタ』)

続きを読む "ポケモンGOとアイスクリーム"

| | コメント (3)

2018年7月18日 (水)

怪獣のパスポートの更新1
デトロイト・ルネッサンスセンター

Img_9285s 2013年に期限切れ後再取得していた怪獣のパスポート(5年もの)が7月で期限が切れるので更新のためにD市にある日本国総領事館に行ってきました。

 今回はパスポートの期限が切れていなかったので、必要なものはパスポートと写真とグリーンカードのみでした。

Img_9283s(↑領事館の入っているルネッサンスセンター・ビル群)

 領事館はデトロイト川の西岸のデトロイト・インターナショナル・リバーフロントにあるルネッサンスセンタービル群の中に位置している。

Image2(↑ルネッサンスセンターのポケモンGOの地図画像とジムのフォトディスク画像)

 ルネッサンスセンターはGM(ゼネラルモータース)の本社で、真ん中のセンタータワー(73階)がマリオットホテル、周りを取り囲むように4つのタワー(39階)100(南西)、200(北東)、300(北西)、400(南東)があり、中央のタワーと4つのタワーはアトリウムで繋がっていて、アトリウムの中にはセンタータワーをぐるっと取り巻く円型のメザニン(バルコニーのようなもの)があって建物間の行き来に使う廊下のような感じ。

Image3(↑中央タワーと4つのタワーを連結しているメザニンのポケモンGOのAR画像とポケストップの画像)

 メザニンの下とアトリウム1階部分はGMの車の展示場やフードコートになっていた。
デトロイト川に面した側には、温室のような建物タワーの間のスペースに設けられていて、レストランやフードコートになっている。

Img_9271s(↑一番手前:温室のような建物。
手前から2番目:タワー300とタワー400
奥から2番目:中央タワー
一番奥:タワー200とタワー100)

 温室のような建物からデトロイト川の方向の出口を出ると、道を挟んで川沿いに遊歩道のような細長い公園がある。

Img_9276s(↑ルネッサンスセンターのデトロイト川側にある遊歩道状の公園
奥に写っているのがカナダとアメリカの国境にかかるアンバサダー橋)

Img_9270s(↑対岸はカナダ)

Image1(↑遊歩道状の公園のポケモンGOのAR画像と地図画像)

Img_9293s(↑デトロイト川の反対側のジェファーソン通りに面した側のルネッサンスセンター
タワー100とタワー200、奥に少し写っているのが、21階建てのタワー500とタワー600。
ルネッサンスセンターの前にモノレールの駅がある)

Img_9280s(↑メザニン部分
日本総領事館はタワー400の16階にある。)

 今回はパスポートの更新について書くつもりでいたのだけれど、ルネッサンスセンターの紹介をしているうちに長くなってしまったことと、更新の申請はしたけれど、新しいパスポートがまだ受け取れていないので、続きは新しいパスポートの受け取りが済んで(多分1週間後)から書く事にします。

よろしくm(._.)m

 

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

沖縄旅行 その8
石垣島観光7
その他の観光スポットなど

Img_8386s(↑サザンゲート・ブリッジ)

石垣港周辺

 今回の旅行では、石垣島の市街地はお土産品を買いに行ったくらいで、観光は殆どしなかった。
 ホテルの多い埋め立て地以外の市街地は古くからの町で、道路も狭く駐車スペースも殆どない。
 駐車場に停めて歩いて観光も可能だけれど、気温が30℃を超える高温多湿の炎天下を歩いて回る気にはなれなかったのが一番の理由。

Img_8393s(↑登野城漁港側の防波堤)

 市街地で観光に行ったといえば、サザンゲート・ブリッジで渡って行く人工の埋め立て島『南ぬ浜(ぱいぬはま)緑地公園』へ行ったくらい。
 ここには人工ビーチもあるのだけれど、こんなに市街地から近いのに、産業廃棄物置き場が近くにあってイメージが良くないためか、地元の人ばかりか観光客も全然いない。

Img_8388s(↑登野城漁港の防波堤から南ぬ浜緑地公園方向を眺めたところ)

 市街地から歩いて来れない距離ではないのだけれど、サザンゲート・ブリッジの傾斜がきつく、影も休憩所もないので、車で行った方がいい。
(どうせ車を出すなら天然のビーチへ…と思ってしまうのも仕方がない。)

Image2_2(↑南ぬ浜緑地公園のポケモンGOの画像)

 この公園にも、ポケモンGOのポケストップが幾つかとジムが1カ所あった。
↑の一番右のニョロモのAR画像の背景をよく見ると…

Img_8398s 対岸の石垣港に船が何隻か停まっている。

Img_8394s もしかして、琉球海運のフェリーの傍に写っているのは、海上保安庁の巡視船?

Img_8399s 尖閣列島(尖閣列島は石垣市)の問題があるからなのか、写真をパッとみただけで9隻も写っている。

 そう言えば、中国や台湾や韓国からの観光客も多く、特に中国からの観光客は超大型フェリーで団体でやって来て、スーパーやドラッグ・ストアやお土産品店で買い物するのを見かけた。
(中国や台湾の観光客の多い店では、免税のレジもあったりした。)
 巡視艇や黒髪&黒い目だけれど日本語の通じない観光客ので溢れかえるお店を見ると、沖縄って国境の県(島)なんだよなぁ…と思う。

バンナ公園

Img_8370s(↑バンナ公園の展望台からの眺め。
奥に崎枝半島が見える)

 石垣の市街地から崎枝や川平方面に向かうには、海岸線沿いに(観音堂や唐人墓のある)冨崎を回って行くコースと、バンナ岳を越えていくコースがある。
(バンナを通って行くコースの方が距離は短い)

Img_8573s(↑石垣ダム)

 バンナ岳周辺は公園として整備されていて、遊歩道や展望台や遊具のある大きい公園などもあり、地元の人がジョギングやサイクリングなどで利用したり、子ども連れで遊びに行く公園。

Img_8570s(↑セイシカの橋)

 バンナ公園内には、日本最南端の石垣ダムがあり、ダム湖にはセイシカの橋という吊り橋がかかっている。

Img_1368s(↑カンムリワシ展望台)

 セイシカの橋の近くにはカンムリワシ展望台があり、ダム湖と橋を見下ろす事ができる。

Image1_2(↑左:セイシカの橋
右:同じ場所のポケモンGOのAR画像)

Img_8491s(↑蓮見台)

 バンナ公園は5つのゾーンに分かれているが、石垣ダムとは別のゾーンに遊具やMBXのコースやローラースケートのコースやグランドゴルフ場などのある子どもふれあいゾーンがあって、そこにも展望台があるので行ってみた。
 展望台は周りの木が茂りすぎていてあまり眺めはよくなかったが、近くに蓮見台があって蓮の花が咲いていた。

Image2_3(↑左:蓮の花、右:水連の花)

 ちなみに、蓮見台の入り口にはポケモンGOのジムがあったが、蓮見台は電波状況が悪くAR画像の撮影はできなかった。

Img_8437s(←天然記念物のセマルハコガメ?)

 子どもふれあいゾーンの隣のゾーンは蛍の名所のホタル街道(遊歩道)とホタル滝展望台があるので行ってみた。

 ホタル街道はジャングルの中の道という感じで、昼間に行ったにも関わらず薄暗かった。
(昼間だったので、蛍は出ずに蚊が沢山でた。
蛍を見たい時は虫よけはつけられないだろうから、長袖長ズボンでいくしかないかも…)

 ホタル街道を歩いていたら、天然記念物のセマルハコガメらしきものに遭遇。
 スマホで写真を撮ろうとするけれど、歩くスピードの速いこと…2枚写真を撮ったところで、アッという間にジャングルの中に消えてしまった。

底原ダムと於茂登トンネル

Img_8441(↑底原ダムの堤)

 石垣島の市街地のある太平洋側が表、東シナ海側に面した側を『裏石垣』と呼ばれることもあるが、島の中心部分に於茂登岳があるため、昔は”表”から”裏”へ行くには海岸沿いをぐるっと東周りか西周りでまわって行っていたが、1987年に於茂登トンネルが開通して、表から裏への移動距離(と時間)が短縮された。

Img_8443s(↑底原ダム)

 市街地から米原ビーチに行く時に於茂登トンネルを通るコースを使ったので、於茂登トンネルの(市街地側から見て)手前にある底原(そこばる)ダムも見て行くことにした。

Img_8447s(↑底原ダムの説明の看板)

 底原ダムは1992年に竣工、案内の看板によると、当時は日本一の長さのダムだったよう。
 メインの観光スポットではないためか、私たちが行った時は中国人?のカップルが一組いるだけだった。

Image1(↑底原ダムのポケストップと地図画像)

Img_8450s(↑裏石垣側(北側)の於茂登トンネル入り口)

 於茂登トンネルは(ウェブサイトによると)全長1174m片側1車線のトンネルで、歩道も含めた幅が8メートルのトンネル。

Image4(↑於茂登トンネル入り口のポケモンGOのジムのフォトディスクの画像とAR画像)

 トンネルの裏石垣側(北側)の入り口には、シーサーの壁画があるが、周りの木が生い茂って顔が半分以上隠れてしまっていたが、ポケモンGOのジムのフォトディスクの画像は木が生い茂る以前の写真で、シーサーの顔がはっきり写っていた。

米原ビーチ&キャンプ場

Img_8666s(↑米原ビーチ)

 於茂登トンネルを抜けて県道79号線を西方向に曲がって少し行くと米原部落があってもう少し行くと米原ビーチがある。

Img_8664s 透明度も高く、シュノーケリングに人気のスポットらしい。
(私たちはダイビングもシュノーケリングも体験しなかった。)

 ビーチにはハブクラゲについての看板もあった。
ハブクラゲの触手の刺胞の毒性は強く、刺されると激痛がはしり、ショックを起こすこともあり、過去に死亡例も3件あるらしい。
(ハブクラゲ注意の看板は米原ビーチだけでなく、怪獣が海水浴した底地ビーチなど殆どのビーチにあって、底地ビーチには刺された時の対策用の酢が2ℓのペットボトルに入ってビーチ近くの箱にあちらこちらにおかれていた。)

Img_8660s(↑ビーチにあったハブクラゲに注意を呼びかける看板)

 米原ビーチに隣接して、米原のキャンプ場がありシャワーや流し台なども整備されている。
 キャンプ場から茂みを抜けるとすぐビーチで、キャンプ・ロットによってはビーチの見えるロットもある。

Img_8654s(↑↓米原キャンプ場に咲いていたホウオウボクの花)

Img_8659s 米原ビーチとキャンプ場から県道をハサンで山側には国の天然記念物に指定されている米原ヤエヤマヤシ群落があり、ビーチと山が近くで両方観光できるスポットになっている。

Image1_2(↑米原ビーチと米原キャンプ場でのプテラのAR画像)
 

続きを読む "沖縄旅行 その8
石垣島観光7
その他の観光スポットなど"

| | コメント (3)

2018年7月 3日 (火)

沖縄旅行 その7
石垣島観光6
石垣島鍾乳洞

Img_1274s 今回からまた沖縄旅行の記事に戻ります。

 石垣島鍾乳洞は石垣島の市街地から少し外れたところのバンナ公園に向かう途中にあります。

Image2(↑石垣島鍾乳洞にあったポケモンGOのジムのフォトディスク)

 近くに八重山鍾乳洞動植物園という別の鍾乳洞もあるらしいのだけれど、スーパーにあった無料案内の観光ガイドには石垣島鍾乳洞が載っていたのでこちらの方に行くことにした。

 営業時間は9:00~18:00まで、入場料金は大人1080円、小人540円(2018年5月現在)でした。

Img_1358s(←駐車場から鍾乳洞入り口に向かう通路に咲いていたハイビスカス:怪獣撮影)

 駐車場から鍾乳洞の入り口に向かう通路は石垣島で見られる熱帯植物が植えてあって、ちょとした植物園のようになっていた。

Image3(↑鍾乳洞の入り口の建物に展示?されていたオオゴマダラの蛹)

 鍾乳洞の入り口の建物の中には、オオゴマダラの蛹と蝶とヤシガニがそれぞれ展示されていた。

Image1(↑上:オオゴマダラ
下:ヤシガニ)

Img_8523s 入り口の建物を抜けたらいよいよ鍾乳洞へ…

Img_8527s 洞内の温度は一年中ほぼ一定で23℃くらいで、湿度は90%。
(ずいぶん前に紹介したテンパノーガス・ケイブの洞内の平均気温が約11℃なので、それと比べるとかなり高温)

Img_8536s 私たちが行った日は外気温が30℃を超える真夏日だったため、洞内に入ると涼しく感じましたが、クーラーのように涼しいという感じではなく生暖かい感じでした。

Img_8537s 洞内の温度が高いためか、鍾乳石の成長速度が3年で1㎜で、世界最速の成長速度らしい。

Img_8551s 洞内では記念撮影のサービス(有料)あったが、私たちは利用しなかった。

 ヤエヤマオオコウモリも洞内に生息しているらしいのだけれど、私たちが行った時は見る事ができなかった。

Img_8557s 洞窟の出口は食堂とお土産品店と体験教室に繋がっていて、買い物や食事が楽しめるようになっていました。

余談:

 市街地から石垣島鍾乳洞に向かう道路沿いの右側に、ネットの口コミで評判の島豆腐のお店『とうふの比嘉』に入る舗装されていない道路がある。
 販売と小さな食堂のスペースがあって、豆腐料理が食べられる(駐車場あり)。
朝6時30分~午後3時までの営業ですが、売り切れたら終了でお昼頃には売り切れてしまっていることも…

 住所は
〒907-0023 沖縄県石垣市石垣570
です。
 県道208号線からさとうきび畑の中に入る脇道を入ったところにあるのですが、県道からの入り口に木の看板があるだけで、お店は県道からは見えないのでレンタカーなどで行く時は注意です。
(住所を入れても、ナビと実際の場所のずれがあることもあるらしいです。)

 私も石垣島滞在中に1度だけ行ったのですが、お店の写真を撮っていないので、画像なしです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧